交通事故の修理代が払えない…相手から車の修理費を請求されたとき

車の交通事故は誰にでも起こることです。

運悪く交通事故を起こしてしまい、相手の車の修理代金を請求されたとき、相手の自動車を修理する必要があるのに手元にお金がなかったらどうしたらよいでしょうか?

また「自動車保険に入っているから安心」と思っている人も、保険に入っていても修理代金を自分が負担しなければならないこともあります。

自動車交通事故の修理代金を払わなければならないのはどんなケースか、また自己負担が生じた時に手元にお金がない場合の対処法について解説していきます。

\Webなら最短1時間融資も可能/
プロミスのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

交通事故の修理代は自動車保険で全額賄えないことがある

自動車保険に入っているからといって、必ず安心というわけではありません。

自動車保険の契約内容によっては、自己負担が生じてしまうケースもあるのです。

交通事故を起こすと、保険会社が適正な修理代金を算定します。

しかし、この算定額よりも相手が請求してきた修理代金の方が大きくなってしまうことがあります。

算定額は相手の車の価値なども加味されるので、保険会社が相手の請求する修理代金より少ない金額しか払えないということがあるのです。

例えば相手が「修理代金として60万円必要」と言ってきているのに、保険会社が算定した修理代金は「40万円までしか払えない」となってしまったら、差額の20万円は自己負担が生じてしまいます。

交通事故を起こした時にこのような事態になるのを防ぐために「対物超過修理補償特約」という特約が保険契約についているかどうか確認しましょう。

また、自分の車を直す時に自己負担が生じないように保険契約に「免責金額」がいくらになっているのかも確認するようにしましょう。

交通事故の際に自己負担が生じるかどうかについて非常に重要な対物超過修理補償特約と免責金額について詳しく解説していきます。

対物超過修理補償特約

対物超過修理補償特約とは、前述した保険会社が算定した修理金額よりも相手が請求する車の修理金額が多かった場合には、超過した分も保険で賄うことができる特約です。

この特約がついていれば、基本的に交通事故の際に相手の車を修理する費用で自己負担が生じる可能性はありません。

保険契約時には対物超過修理補償特約を付けておいた方が安心です。

免責金額に注意

車両保険に入っている場合には免責金額に注意しましょう。

免責金額とは、「保険で設定している免責金額については保険会社の責任を免れますよ」というものです。

例えば免責金額が10万円の場合には、10万円をオーバーする分に関してしか補償を得ることができないのです。

自分の車の修理に40万円かかる交通事故を起こした時に、免責金額が10万円の車両保険に加入していれば、30万円までしか補償してくれないのです。

車両保険に入っていても、必ずしも自己負担なしで自分の車を修理できるわけではないという点に注意しましょう。

補償内容によっては自己負担が生じることも

このように、せっかく自動車保険に加入していても、補償内容によっては相手の車も自分の車も全ての修理代金を保険でカバーできるわけではなく、自己負担が生じる可能性もあるのです。

もちろん、保険に入っていない場合には全額が自己負担になってしまいます。

事故した相手が修理代の交渉に応じないとき

相手の車の修理代金が自動車保険による補償よりも高い場合には、減額の交渉などをして双方が納得できる形で和解するのが一般的です。

この交渉は保険会社が対応することが一般的ですが、自分で交渉するケースもあるかと思います。

しかし、このような交渉に相手が一切応じてくれないこともあります。

その場合には、以下の方法を提案することで、支払可能な形へ変えることができる場合もあります。

こちらから修理代を提案する

相手の請求する修理代金は、自動車屋さんによっても異なることがありますし、相手が金額をふっかけてくるケースもあります。

そこで、こちらも自動車屋さんに修理の見積もりを依頼して、こちらが取った見積もり金額で「このくらいの金額でいかがですか?」と修理代金を提案してみましょう。

補償の範囲内でも車が修理できることを相手がわかれば、自動車保険の補償範囲内の金額で和解に応じてくれる可能性があります。

分割での支払いを交渉する

相手の請求額が高額で一括での支払いができない時には分割での支払いを交渉するという方法もあります。

誠意を持って「毎月〇〇万円のお支払いでお願いできないでしょうか?」と交渉すれば交渉に応じてくれることもあります。

金融機関からお金を借りるのではなく、個別に分割で支払うことで利息もかかりませんし、毎月の給料の中から車修理代金を清算することができる可能性があります。

自分の車代金は自己負担をしなければならない

交通事故を起こすと修理が必要になるのは相手の車ばかりではありません。

自分の車も修理が必要になるケースが多く、自分に過失がある交通事故であれば、相手の車の保険で修理することはできません。

車両保険に加入していないと自己負担で修理

車両保険に加入していれば、自分の保険から自分の自動車を修理することができます。

ただし前述した免責金額には注意してください。

免責金額がある場合には、車両保険に加入していても免責金額分だけは自己負担をしなければなりません。

車両保険に加入していない場合には、全ての修理代金が自己負担になってしまいます。

車の修理代が払えないときは?

手元に自動車修理代金がなく、分割などの交渉に応じてもらえない場合にはどうすればよいでしょうか?

相手の車をこちらの過失で壊しているのですから「お金がないから払えない」では済まされません。

交通事故による車の修理代金を支払わないと裁判沙汰になる可能性があり、場合によっては財産を差し押さえられてしまうこともありますので、早急に修理代金を用意する必要があるのです。

借入を検討する

手元にお金がない場合には、ローンなどの借入を利用するしかありません。

親や知人などから個人的に借りることができれば利息もかかりませんが、誰もがそのような頼れる人が近くにいるわけではありません。

個人的に借りることができないという人は金融機関のローンを利用して修理代金を借りるしかありません。

もちろん、「親や知人に迷惑をかけたくない」という人は最初からローンを利用することもできます。

金融機関から修理代金を借りる場合には、自分の車を直すのか、相手の車を直すのかによって利用できるローンが異なります。

どのようなケースでどのローンを利用すべきなのか、しっかりと理解をしておくようにしましょう。

自分の車修理代金はマイカーローンで対応

自分の車を修理するための費用は銀行のマイカーローンで借りることができます。

ほとんどのマイカーローンは自動車の修理費用にも利用することができるので、交通事故によって壊れた自分の車を修理するための費用にも使用することができます。

金利は2%~4%前後と非常に低金利ですので、低いコストで車を修理することができます。

車両保険を使用すると、翌年から保険料が大きく上がってしまいます。

場合によってはマイカーローンの利息負担よりも保険料の引き上げ分の方が大きくなってしまうこともあるので、車両保険を使用するよりもマイカーローンを借りて修理してしまった方が安くなることもあります。

マイカーローンの審査に通らないときは?

マイカーローンは低金利ですので、審査は比較的厳しくなります。

マイカーローンの審査に通過できない時には、マイカーローンよりも金利の高いフリーローンに申し込みをしてみましょう。

フリーローンの審査にも通過できない場合にはカードローンを利用し、それでも審査に通過できないのであれば消費者金融のカードローンというように、金利が低いものから高いものへ順番に申し込みをすればどこかで審査に通過できるかもしれません。

※短期間での複数ローン申し込みは自身の信用情報を汚す恐れがあるため、むやみやたらに申し込みしないように注意してください。

もちろん、どのローンでも自分の車の修理代金に利用することができます。

相手の車の修理代金を借りる方法

相手の車の修理代金を借りる方法は、自分の車の修理代金を借りるよりも選択肢が限られてしまいます。

具体的にはフリーローンとカードローンという2つの方法しかありません。

フリーローン

フリーローンは見積書などの金額の範囲内までしか借りることができず、見積書の支払先への支払いにしか使用することができないローンで、多目的ローンとも呼ばれます。

交通事故の修理代金は見積書が出る使い道ですので、フリーローンで事故相手の自動車修理代金を借りることが可能です。

カードローン

カードローンは事業資金以外には何にでも使用することができるローンですので、もちろん相手の車の修理代金にも利用することができます。

金利は高いですが、審査があらゆるローンの中で最も緩やかなので審査を受けやすいということがメリットです。

無保険で反社会的勢力の人の車などにぶつけてしまった場合には、すぐにお金を払わないと、どんな嫌がらせを受けるか分かりません。

このような時も、即日融資に対応しているカードローンであれば20万円~30万円程度のお金はすぐに用意することができます。

参考即日融資カードローンおすすめ6選

金利は高いですが、大手消費者金融カードローンには無利息期間がついているので、次のボーナスまで借りたいなどの短期間だけの利用ではフリーローンよりも利息負担が少なくなることもあります。

【無利息のカードローンで50万円を借りた時の利息】
例)50万円×18%÷365日×30日=0円
※30日間無利息ローンの場合

参考無利息期間ありのカードローン【キャッシング金利0円】

マイカーローンでは相手の車の修理代に対応できない

相手の車を修理するための費用はマイカーローンでは借りることはできません。

マイカーローンの金利がなぜ低いかといえば、自動車という生活に不可欠な物を購入する資金で、いざ返済に困った場合には自動車を売却して返済に充てることができるためです。

この前提は自分が所有する車であるから成り立つことです。

事故相手の車をマイカーローンで低金利で融資をしても、自分にとっては大切なものではないので、返済に困った時に簡単に返済を投げ出してしまう可能性があります。

このため、マイカーローンで事故相手の車を直すことはできません。

事故相手の車を直すための費用を借りることができるローンはフリーローンとカードローンだけです。

お急ぎならこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

自動車事故の修理代が払えない|まとめ

交通事故を起こした時に保険に入っていなければ修理代金は全て自己負担になります。

しかし、保険に加入していたとしても修理代金を自分が用意しなければならないこともあります。

このような場合に手元にお金がなければ借りるしか方法はありませんが、自分の車を直すのか相手の車を直すのかによって利用することができるローンは異なるという点に注意が必要です。

自分の車を直すのであればマイカーローンが利用できますが、相手の車を直す場合には使い道自由なカードローンとフリーローンしか利用することができません。

交通事故は誰にでも起こり得ますので、しっかりと任意保険に加入し、できるだけ自己負担が生じないように保険内容や特約についても確認するようにしましょう。

迷ったらこのカードローン

\はじめてのアコム!借入審査は最短30分/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ