アコムの借り入れ方法(借り方)

アコム

アコムのカードローンは借り方が豊富でとても使いやすいと評判です。利用シーンに応じて多種多様な借り入れ方法から選択できます。

カードローンの借り入れ方法と言えば、ローンカードを使ったATM借り入れが有名です。

新しい借り方として振込キャッシングが採用された今でも、利便性の高さからATMで借り入れをする人が減ることはありません。

しかし使い勝手や利便性ばかりにこだわった借り入れはあまりおすすめできるものではありません。

そこで今回はアコムの借り方を徹底検証していき、利用者にとってどの借り入れ方法が最もメリットが高いのかを解説します。

この記事で分かること
  • アコムの借り入れ方法の種類
  • 借り入れ可能時間
  • 即日で借りる方法
  • 借り入れの最短ルート

アコムのキャッシング・カードローン
お急ぎの方&はじめての方はコチラ

アコムの借り入れ方法(借り方)

カードローンの借り入れで一番求められるのは、借り入れ方法の利便性です。

しかし利便性と言っても、どのような借り入れ方法が使いやすいのかについては、個人的な主観や生活スタイルが影響してきます。

よって、どのような借り入れ方法に利便性を感じるのかは人それぞれで異なるのが実情です。

その点、アコムは現在考えられる借り入れ方法が全て網羅されているので、誰が利用しても利便性の高い借り方を見つけることができるでしょう。

  • 振込キャッシング
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 全国のアコム店頭窓口

ですが、ここで注意してもらいたいのが、アコムの各借り入れ方法のメリット・デメリットです。

自分にとって一番利便性が高いと思う借り入れ方法を選んだとしても、思いもよらないデメリットが発生する可能性があります。

利便性はもちろんのこと、アコムで賢い借り入れをするためにも、自分が一番いいと思った借り入れ方法のメリット・デメリットをよく把握しておく必要があるでしょう。

それではアコムの借り入れ方法の種類や特徴を見ていきながら、そのメリット・デメリットを説明していくことにします。

アコムの振込キャッシングで借り入れ

アコムは振込キャッシングで借り入れが可能です。

近年までカードローンの借り入れは、ATM借り入れを利用する人が一番多かったのですが、最近はインターネットバンキング利用者が増えたこともあり、この振込キャッシングを利用する人が増えてきました。

振込キャッシングならば、ローンカードを持ち歩く必要はありませんし、契約完了後はローンカード到着を待たず、すぐに借り入れすることも可能です。

※アコムの借り入れをお急ぎの方は、カード到着前に振込み融資も可能です。他社のカードローンでは未対応のところもあるので注意のこと。

振込キャッシングは、パソコンや携帯があればどこからでも借り入れができるため、今後はさらに利用者が増加することが見込まれます。

アコムの振込キャッシングは、手数料無料で利用できる点も見逃せないメリットと言えるでしょう。

アコムでは下記いずれかの方法で振込キャッシングによる借り入れが可能です。

  • インターネットで振込申込
  • 担当者受付で振込申込
  • アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)で振込申込

それではアコムの振込キャッシングで借り入れする方法について、詳しく見ていくことにしましょう。

インターネットからの振込

アコムで振込キャッシングを利用する際には、事前に1つだけよく理解しておいて欲しい注意点があります。

それはインターネットからの振込キャッシングだけに限らず、このあと説明する2つの振込み方法も同様に、当日に現金を手にするためには、借り入れを申込む時間帯が重要になってくる点です。

振込キャッシングは銀行間のやり取りが必須となるため、基本的には銀行営業時間内に借り入れの申込みを完了しなれば、当日に指定口座へお金が振り込まれません。

振込みによる借り入れを銀行営業時間外におこなった場合、振込が反映されるのは銀行の翌営業日となってしまうのです。

仮に金曜日の15時以降にインターネットで振込みの申込みをすると、口座にお金が振り込まれるのは翌々々日の月曜日となります。

当日入金されるのは、原則14時30分までの振込み借り入れ分までです。

これは振込キャッシングを利用する人にとって、大きなデメリットとなってしまいますよね。

ただし、アコムでは振込指定口座を楽天銀行にしておけば、原則24時間365日いつでも振込キャッシングにて借り入れが可能です。

アコムで振込キャッシングを利用する際には、楽天銀行を振込指定口座にしておくと、インターネット振込ならではの利便性を最大限に活用できます。

楽天銀行口座なら24時間365日いつでも振込みによる借り入れが可能

アコムでは楽天銀行の口座をお持ちの方に限り、原則24時間365日いつでも振込キャッシングが利用できます。

楽天銀行の振込時間
金融機関名 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:49 受付完了から約1分

この表は左右にスクロールできます。

楽天銀行口座なら、毎日21分間のシステムメンテナンス以外はいつでも振込キャッシングで借り入れが可能です。

振込みの受付完了後、約1分という早さで振込が完了するのが、大きな特徴でありメリットです。

ただし、不定期のシステムメンテナンスが行われている可能性があるので、特に夜間ご利用の際には、事前に楽天銀行公式サイト「ご利用時間・システムメンテナンス」にて確認しておきましょう。

アコムの振込キャッシングを最大限に活用するためには、楽天銀行の口座が必要です。

楽天銀行には下記のようなネット銀行ならではのメリットがあるので、アコムの申込みを期に、楽天銀行の口座を開設してみてはいかがでしょうか。

  • ATM手数料無料(最大月7回)
  • 他行振込手数料無料(最大月3回)
  • 楽天スーパーポイントが貯まる

三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の受付時間と振込時間

楽天銀行口座なら、アコムで24時間365日いつでも振込キャッシングが利用できると説明しましたが、実は「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」の3行も、受付時間が長くて便利です。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」の受付時間と振込時間は下記の通りです。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の振込時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
月曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から約1分
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から約1分
土日祝日 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から約1分
20:00~23:49 当日9:30頃

この表は左右にスクロールできます。

「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」いずれかの口座を持っており、上記の振込時間で十分という人ならば、楽天銀行の口座開設は必要ないでしょう。

また、この3行も定期的にシステムメンテナンスが行われているので、アコムの振込キャッシング利用時には注意が必要です。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のシステムメンテナンス時間
金融機関名 曜日 時間
三菱UFJ銀行 毎週第2土曜 21:00~翌7:00
三井住友銀行 毎週日曜 21:00~翌7:00
ゆうちょ銀行 不定期 不定期

この表は左右にスクロールできます。

特にゆうちょ銀行を振込みの指定口座にされる方は、システムメンテナンスが不定期におこなわれるので、振込キャッシングを利用する前にゆうちょ銀行公式サイトで確認するようにしてください。

振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関

アコムではモアタイムと称して振込実施時間の拡大を行っており、平日に限り通常よりも受付時間を拡大しています。

振込実施時間拡大(モアタイム)の振込時間
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

上記はモアタイムに対応する金融機関の口座をお持ちの方に限ります。まずは自分の振込口座がモアタイムの対象となっているのかをアコム公式サイトで確認してください。

参照【アコム公式】振込みによるお借入れについて

その他金融機関(コアタイム)

その他金融機関(コアタイム)の受付時間と振込時間は下記の通りです。

他金融機関(コアタイム)の振込時間
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日・祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

コアタイムでは、平日の受付時間は9時~14時29分まで、土日や祝日は翌営業日に反映されることになるので、借り入れをお急ぎの方は注意してください。

電話からの振込みによる借り入れ

アコムでは電話で振込キャッシングの申し込みが可能です。

パソコンやスマートフォンの入力が面倒だという方は、電話で振込みの借り入れを申込みした方が利用しやすいかもしれません。

担当者受付

アコムでは、以下の電話(フリーコール)から、担当者受付を経由して振込による借り入れが可能です。

電話番号:0120‐629‐215
利用可能時間:9時~18時

担当者受付からの振込みは、インターネットの振込と比べていくつかの違いがあるので注意が必要です。

受付時間は9時から18時となっており、インターネットでの振込のような24時間365日の対応はできません。

担当者受付を利用した振込の受付時間および振込実施時間の目安は下記の通りです。

電話(担当者受付)による振込時間
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜~金曜 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日正午頃
土日祝日 9:00~18:00 翌営業日正午頃

営業日は銀行ではなくアコムのものとなりますが、上記のように電話による振込依頼は、平日の9時から14時までの受付分しか即日で入金されず、それがインターネット振込と大きく違う点です。

しかも、インターネット振込のようにスピーディーなものではなく、混雑時には電話が繋がらないとか、アコムの業務状況に左右されるなど、振込時間の予測がつかないのも問題となってくるでしょう。

以上のことからも、アコムで振込キャッシングを利用するなら、インターネット振込が断然おすすめなのは明らかですね。

アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)

電話で振込の申込みを希望される方は、アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)で借り入れも可能です。

電話から振込を申し込みたいが、アコムの担当者と直接話すのが嫌だという人もいることでしょう。

そんな人におすすめなのが、このアコムプッシュホンサービスです。

アコムプッシュホンサービスの連絡先は以下のとおりです。

電話番号:0120‐134‐567
利用可能時間:0時10~23時50分

アコムプッシュホンサービスは音声自動対応ですから、音声ガイダンスに沿って操作するだけで、振込みによる借り入れの申し込みが完了できます。

アコムプッシュホンサービスの受付時間と振込時間は下記の通りです。

アコムプッシュホンサービスの振込時間
曜日 受付時間 振込実施の目安
月曜~金曜 0:10~9:00 当日正午頃
9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~23:50 翌営業日正午頃
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日正午頃

アコムプッシュホンサービスは担当者受付よりも受付時間は長くなっていますが、やはり振込キャッシングの利便性を十分に活かしきれる借り入れ方法とは言えません。

この対応で問題ないという人以外は、インターネット振込からの借り入れをおすすめします。

アコムATMで借り入れ

振込キャッシングの借り入れ方法について理解してもらったところで、次は最も利用者の多いATM借り入れについて説明していきます。

まずはアコムATMの借り方からです。

ATMからの借り入れで一番気になるのが手数料ですが、アコムATMならばその心配はいりません。

アコムATMは手数料無料で借り入れすることができます。

アコムATMが設置されていない店舗が一部あり、毎週月曜の1時から5時30分まではメンテナンスのため利用停止となりますが、手数料無料な上、コンビニATM並みに使い勝手がいい点は、大きなメリットと言えるでしょう。

アコムATMは自動契約機(むじんくん)のある店舗には必ず設置されているので、契約後、ローンカードを発行してすぐに借り入れすることもできます。

稼働台数も全国56,128台(2018年3月現在)と多く、駅前等の人が集まるところに設置されているので、なかなか見つからないということもありません。

人目が気になって利用できないという人もいるでしょうが、利便性の高いATM借り入れを手数料無料で利用できるのは、見逃すことができない借り入れ方法と言えるでしょう。

アコムATMは原則24時間365日いつでも利用できますが、一部の店舗では利用時間に制限があるので注意してください。

日常の行動範囲内にあるアコムATMをお探しの方、稼働時間を詳しく知りたい方は、下記のアコム公式サイトにて検索することができます。

参照【アコム公式】店舗・ATM検索

アコムの提携ATMで借り入れ

カードローンの借り入れ方法として最も利用頻度が多いのが、コンビニATMをはじめとする提携ATMでしょう。

コンビニならどこでもあるので、店舗を探して回る必要はありません。また、原則24時間365日いつでも利用可能なので、一番使い勝手がいい借り入れ方法と言えます。

しかし、この提携ATMは利便性の高さを誇る一方、利用時に押さえておいて欲しい注意点があるのも確かです。

  • ATM利用手数料がかかる
  • 対応ATMが決まっている
  • メンテナンス等によるサービス停止時間がある
  • 千円単位で借入できるATMが限られている

それではアコムの提携ATM利用時に押さえておいて欲しい注意点について詳しく解説します。

ATM利用手数料がかかる

アコム提携ATMからの借り入れで一番のデメリットは、下記のように借入金額に応じてATM利用手数料が発生する点です。

提携ATMの利用手数料
借入金額 手数料(税込み)
1万円以下 108円
1万円超 216円

手数料額を見れば大した金額のように思えませんが、実はこのATM利用手数料は決して見逃すことはできない額面なのです。

消費者金融のカードローンは、数あるカードローンの中でもとりわけ高金利と言われていますが、この手数料額はその高金利が生み出す利息をも超える額面となっています。

アコムから10万円を年18.0%で借り入れして、30日間で返済したとしましょう。

この時に発生する支払利息は約147円になります。

つまり、高金利と言われる消費者金融のカードローン金利よりも、ATM利用手数料のほうが高いというわけです。

たった数十円の差ではありますが、軽く考えることはできませんよね。

しかも何年にも渡ってアコムの借り入れを利用するとなれば、この手数料の総額は当然積み重なっていきます。

毎月108円として、12ヶ月で1,296円、そして10年間で12,960円の出費が掛かってくることを考えれば、無駄な出費はなるべく抑えたいところです。

それよりもコンビニATMの使いやすさにメリットを感じている人が多いのが実情でしょうが、提携ATMからの借り入れではカードローンの利息よりも高い手数料が発生してしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

対応ATMが決まっている

提携ATMというくらいですから、当然アコムの借り入れで利用できる提携先金融機関・コンビニエンスストアのATMは限られています。

提携先金融機関・コンビニエンスストアのATMを初めて利用する場合、アコムのステッカーが貼ってあるかを確認してみましょう。

アコムのカードローンが利用できる提携ATMには、アコムのステッカーが貼られています。

旅行などで初めて訪れた地で、借り入れする際には大きな目印となるでしょう。

アコムの提携先金融機関・コンビニエンスストアのATMは下記の通りです。

アコムの提携ATM一覧
金融機関 借入 返済・入金
三菱UFJ銀行 カードローン カードローン/クレジット
セブン銀行 カードローン カードローン/クレジット
E-net カードローン カードローン
ローソン銀行 カードローン カードローン/クレジット
イオン銀行 カードローン カードローン/クレジット
北海道銀行 カードローン カードローン/クレジット
北陸銀行 カードローン カードローン/クレジット
東京スター銀行 カードローン カードローン/クレジット
八十二銀行 カードローン
第三銀行 カードローン カードローン/クレジット
広島銀行 カードローン カードローン/クレジット
西日本シティ銀行 カードローン カードローン/クレジット
福岡銀行 カードローン カードローン/クレジット
親和銀行 カードローン カードローン/クレジット
熊本銀行 カードローン カードローン/クレジット
クレディセゾン カードローン カードローン/クレジット

この表は左右にスクロールできます。

(2019年1月16日現在)

上記を見れば、全国どこに行ってもアコムの借り入れで困ることはありませんね。

銀行の提携ATMの場合、稼働台数の問題があるため、コンビニATMほどの利便性が感じられないのが実情です。

アコムは提携している金融機関があまり多くないので、首都圏、もしくは一部地域の利用者しか恩恵がないのも残念なところですね。

システムメンテナンス等によるサービス停止時間

アコムの提携ATMでは、毎週月曜日の1時~5時30の間はシステムメンテナンスのため借り入れができません。

またそれ以外にも、下記の提携ATMではそれぞれ定期的にシステムメンテナンス等を行うため、アコムのシステムメンテナンス以外にも、利用できない時間帯が別にあるので注意が必要です。

  • セブン銀行:全日23時50分~0時10分
  • イオン銀行:全日23時45分~0時10分

システムメンテナンスは夜間におこなわれていることがほとんどです。夜中に提携ATMを利用される際には、事前に各金融機関の公式サイトなどで利用時間を確認しておいたほうがいいでしょう。

千円単位で借り入れができるATM

ATMを利用してお金を借りるとき、借入額の最小単位は10,000円のところが大半です。

本当は5,000円でいいのに、仕方なく10,000円を借りてる方も多いのではないでしょうか。

しかいアコムのATM借り入れならば、1,000円単位で借り入れすることも可能です。

もちろん、全てのATMが1,000円単位の借り入れに対応しているわけではありませんが、アコムATMとセブン銀行ATMのみ対応しています。

セブン銀行ATMはセブンイレブンやイトーヨーカドー等に設置されているATMですから、使い勝手は抜群です。

1,000円単位の借り入れをしたい人にとっては、他社との差別化ポイントとなってくるでしょう。

また、カードローンは必要以上の借り入れをしないことが、無理なく返済するための第一条件となります。

となれば借入最低金額が1,000円のATMから借り入れした方が、借り過ぎも防止できるので絶対におすすめです。

1,000円単位の借り入れの場合には、できるだけアコムATMかセブン銀行ATMを利用するようにしてくださいね。

全国のアコム店頭窓口で借り入れ

以前は全国に有人店舗を拡大していた大手消費者金融も、今では無人店舗数を拡大させる一方で、有人店舗数は縮小傾向にあります。

アコムもその傾向が見られますが、それでも全国に22の有人店舗が稼働中です。

全国のアコム有人店舗
店舗名 住所
札幌駅前支店 北海道札幌市
仙台駅前支店 宮城県仙台市
宇都宮駅前支店 栃木県宇都宮市
大宮西口支店 埼玉県さいたま市
千葉駅前支店 千葉県千葉市
西新宿支店 東京都新宿区
渋谷ハチ公前支店 東京都渋谷区
池袋西口支店 東京都豊島区
立川支店 東京都立川市
相鉄横浜駅前支店 神奈川県横浜市
川崎駅前統括支店 神奈川県川崎市
新潟支店 新潟県新潟市
静岡駅前支店 静岡県静岡市
名古屋駅前支店 愛知県名古屋市
京都駅前支店 京都府京都市
天王寺統括支店 大阪府大阪市
梅田支店 大阪府大阪市
三宮支店 兵庫県神戸市
八丁堀支店 広島県広島市
松山市駅支店 愛媛県松山市
福岡天神支店 福岡県福岡市
小禄支店 沖縄県那覇

有人店舗窓口で借り入れする人は滅多にいませんが、返済に関する相談や、ローンカードを無くしたときの紛失届の処理等も一緒にできるので、有人店舗が近所にあるのとないとでは安心感が全く違ってきます。

緊急時に頼りになる存在なので、最寄りの有人店舗がどこにあるのかくらいは把握しておいたほうがいいでしょう。

アコムのカードローンを最短即日に借りる方法

銀行カードローンにはない、消費者金融カードローンの絶対的なメリットの1つが「即日融資」です。

以前は即日融資に対応した銀行カードローンもいくつかありましたが、審査方法の変更に伴い、今では即日で借りられる銀行カードローンは皆無となっています。

アコムは即日融資に対応している、消費者金融カードローンの1つです。

しかしいくら即日融資に対応しているからといって、申し込めば必ず即日融資が受けられるというわけではありません。

ここでは、アコムで即日融資を受けるために、アコム借り入れの最短ルートをお教えします。

アコム借り入れの最短ルート

アコムには下記のように、いくつかの申込方法があります。

  • インターネット
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口
  • 電話

筆者が長年の経験から一番おすすめするアコム借り入れの最短ルートは、下記のいずれかです。

  1. インターネットから申込み後、ネット契約
  2. インターネットから申込み後、来店契約

振込キャッシングを希望するなら①を、ローンカードでの借り入れを希望するなら②の申込方法をおすすめします。

アコムはインターネットで申し込み後、契約手続きとローンカードの発行を自動契約機(むじんくん)や店頭窓口で行うことも可能です。

よって、通常は郵送となるローンカードを申込当日に受け取ることができます。

契約後の借り入れ方法に併せて、どちらの申込方法を選択するのかを決定するようにしてください。

それでは、②の「インターネットから申込み後、来店契約」を例に挙げて、申し込みから借り入れまでの流れを説明します。

申し込みから借り入れまでの流れ

アコムでインターネット申込み後、ローンカード発行を受けるまでの流れは下記の通りです。

  1. アコム公式サイトの「お申し込み」をクリックして、申込フォームページに移る
  2. 申込者情報の入力(本人情報・自宅情報・勤務先情報・その他情報)
  3. 入力内容を確認し、問題なければ「お申し込み完了」を選択
  4. アコムから書類提出方法の確認メールが届く
  5. 「店頭窓口・むじんくん(自動契約機)」を選択
  6. 提出書類を持って、むじんくん(自動契約機)へ向かう
  7. 書類を提出し、契約完了
  8. ローンカードの発行
  9. 併設されているアコムATMで借入

以上がアコムの申し込みから借り入れまでの大まかな流れとなります。

ここでさらに借り入れまでの時間を短縮するために、おこなってほしいのがアコムへの打診です。

審査通過に欠かせないのが在籍確認ですが、通常は書類が提出された後に行われます。

よって、アコムの自動契約機(むじんくん)に到着した後に在籍確認が行われるのが普通なのですが、移動の時間を無駄にしないために、先に在籍確認を依頼することもできるのです。

希望する場合はアコムのフリーコールに電話して、急いでいるので先に在籍確認を済ませて欲しい旨をオペレーターに伝えてください。(フリーコール:0120-07-1000)

これによって、移動時間の何十分かを無駄にすることを防ぎ、借り入れまでの時間を短縮することができます。

土日祝日申し込みの注意点

アコムで即日融資を受ける必要性が出てくるのは、何も平日に限った話ではありません。

土日祝日にお金が必要になることだってあるでしょう。

そんな皆さんも安心してください。アコムなら土日祝日の即日融資も可能です。

しかし土日祝日の即日融資は平日よりも条件が厳しくなってきます。

よって下記の点に注意しなければ、アコムで即日融資を受けることができない人も出てくるでしょう。

  • 在籍確認が取れない場合は平日に持ち越しとなる
  • 楽天銀行口座があればネットキャッシングが利用可能
  • 楽天銀行口座がなければ自動契約機(むじんくん)でカード発行

最後にアコムで土日祝日の即日融資を受けるための、注意点について説明していくことにしましょう。

在籍確認が取れないと平日に持ち越しとなる

アコムに限らず、カードローンの審査通過に必須なのが在籍確認です。

在籍確認が取れなければ、申告した勤務先に勤めていないと判断されてしまうので、確実に審査落ちとなってしまいます。

それほどカードローン会社は在籍確認を重視しているのです。

そこで問題となってくるのが土日祝日の在籍確認です。土日や祝日は勤務先が休みのところが多いため、この在籍確認が取れない申込者も多数いることでしょう。

土日祝日に在籍確認ができないとどうなるのでしょうか?

基本的には勤務先の翌営業日まで審査結果は持ち越しとなり、土日祝日の即日融資は受けることができません。

ですがアコムに直接相談すれば、申込者本人の信用度に応じて、在籍確認前に少額借入が可能な場合もあるという話も聞きます。

誰にでもそのような対応をしてくれるわけではありませんが、土日祝日にお急ぎの融資を希望される方は相談してみるだけの価値はあるでしょう。

会社が土日祝日休みの方は、先に紹介したアコムのフリーコールへ電話して相談してみることをおすすめします。

楽天銀行口座があればネットキャッシングが利用可能

またアコムで契約できたとしても、次に問題となるのが借り入れ方法です。

基本的に振込キャッシングは銀行が休みだと利用できませんが、先に説明したように振込口座が楽天銀行なら24時間365日いつでも振込が可能ですので問題ありません。

楽天銀行の口座開設は、申し込みから1~2週間かかるので、アコム申込時に楽天銀行の口座を開設している人しか対象になりませんが、楽天銀行口座をすでに持っているならば24時間365日いつでも振込キャッシングが利用可能です。

また下記の3行ならば、時間に制限はありますが、土日祝日でも振込キャッシングが利用できます。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の振込時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
月曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から約1分
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から約1分
土日祝日 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から約1分
20:00~23:49 当日9:30頃

この表は左右にスクロールできます。

楽天銀行口座がなければ自動契約機(むじんくん)でカード発行

アコムの振込キャッシングに対応する口座を持っていない方でも、諦める必要はありません。

先に説明したように、アコムの自動契約機(むじんくん)でローンカードの受取りができるので、審査にさえ通過できれば最短即日融資も可能です。

ですが自動契約機(むじんくん)の営業時間は全日8時から22時となっているので、この営業時間内に契約を完了して、ローンカードを発行する必要があります。

営業時間に遅れないよう、早めの申し込みを心掛けてくださいね。

アコムのキャッシング・カードローン