お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

アコムは審査甘い(緩い)?それとも厳しい?口コミや評判まとめ

消費者金融の中で契約者数、融資残高ともに最多を誇るアコムですが、多くの人が利用しているローンであるため「お金を借りるならアコムで借りたい」と考えている人が多いようです。
口コミや体験談では、「他社に借金があるけどアコムの審査に通った」「本日中にアコムで借りられた」などの甘い評判をよく見かけますが、インターネットの情報はどこまで信じてよいのでしょうか?
実際のところ、アコムは誰でも借りられるほど審査が甘いわけではありません。甘い気持ちでアコムへ申し込みしても、そう簡単には審査を通してくれません。
アコムは他社のカードローンと同様に厳格な審査を行っており、厳しい審査を通過した者のみ、アコムを借りられるのです。
この記事では、アコムの審査は甘い(緩い)のか?それとも厳しいのか?口コミや評判の情報をまとめてみました。
審査が甘いカードローンの特徴や危険性などについても紹介します。

アコムの審査は甘い?

アコムは審査が甘いわけではありません。
アコムはしっかりと審査しており、厳格な審査基準に通過した者しかお金を借りられません。アコムの審査は誰でも簡単に通るほどは甘くありません。
しかし、以下のような理由からアコムは審査が甘いのではないか?と誤解されてしまうことがあります。

アコムは無利息期間があるから審査甘い

アコムには無利息期間があります。
このため、「一定期間利息をもらわなくても借りてほしいとアコムは考えている」と思う人が多いことからアコムの審査が甘いと考える人がいるようです。
無利息期間はリスクの低い初めての顧客を誘導するためのアコムの戦略です(後述)。このため、無利息期間があるからといってアコムの審査が甘いというわけではありません。

アコムは審査が早いから甘い

テレビCMでもおなじみですが、アコムの審査は最短30分で回答があります。
審査の時間は銀行カードローンなどよりも早いといえますが、これは顧客の利便性追求のためにアコムの審査のシステムがコンピュター化されているためです。
審査の回答が30分という短時間で出るからといって、アコムの審査が甘いというわけではありません。

アコムは即日融資可能だから審査が甘い

アコムは申込日当日にお金を借りられる即日融資に対応しています。すぐにお金を借りられることから、アコムは審査が甘いと考えている人が多いようです。
しかし、アコムは自動契約機による即日カード発行や振込融資によって迅速な融資を可能にしているだけで、即日融資だからといって審査が甘いと考えることはできません。

50万円以下の契約なら原則収入証明書なし

アコムは50万円以下であれば収入証明書が不要となっています。このため「50万円以下の申込であれば審査が甘い」と考えている人が多いようです。
しかし、消費者金融であるアコムは貸金業法という法律に則って、50万円以下であれば収入証明書が不要となるだけです。
これは他のほとんどの消費者金融で同じような対応となっており、必ずしもアコムだけに限った対応ではありません。
50万円以下が収入証明書不要だからといってアコムが審査に甘いというわけではありません。

アコムの審査は甘くない

ここまで述べてきたように、アコムの審査は決して甘くはありません。
また、アコムは他のローンと比較して、以下のような理由によって審査が厳しくなっています。

アコムは審査通過率が業界No1ではない

「アコムは審査通過率が高い」などと一般的に言われますが、実際のところデータでみればそれほどアコムの審査通過率が高いわけではありません。
2018年4月〜5月の大手消費者金融3社の審査通過率は以下のようになっています。

大手消費者金融3社の成約率(新規貸付率)
消費者金融 2018年4月 2018年5月 平均
アコム 43.4% 46.3% 44.85%
プロミス 46.4% 47.3% 46.85%
アイフル 44.9% 48.2% 46.55%

参考資料▼

このように2018年4月においては、大手消費者金融3社の中でアコムは審査通過率が最も低くなっているのです。
ただし、この翌月の5月の審査通過率は46.3%へ上昇していることから、必ずしもどの会社の審査通過率が低いとか高いのかということを一概に言うことはできません。
消費者金融や銀行や保証会社は、その時々の会社の収益状況に合わせて審査の通過率を毎月微妙に変動させています。
例えば3月などは年度末でその年のノルマを達成させるために、通過率が上昇するなどとよく言われます。
つまり、一律に甘い審査を行うのか、厳しい審査を行うのかということではなく、会社都合で通過率は変わっているのです。
このためアコムの通過率が他のカードローンよりも高いというわけではありません。
プロミスやアイフルと同じようにそれなりに厳しい審査を行っています。

他社で審査落ちた人はアコムでも厳しい

先ほど述べたように、アコムは他社と比較して審査が甘いわけではありません。
このため、プロミスやアイフルの審査に落ちた人がアコムへ申し込んだとしても審査通過は難しいでしょう。

初回に高額の借り入れは難しい

アコムは年収の3分の1以内まで利用することができますが、最初から総量規制ギリギリの金額を借りることは一般的に難しくなっています。
例えば年収300万円の人が最初からギリギリの100万円までの融資を受けることは非常に困難です。初めてアコムを利用する人は、アコムにとって信用できるかどうかわからない人です。
このため、最初は少額の融資を行い、返済に問題がない人に対しては追加融資によって融資金額を増やしていくという段階的な方法によって融資を行っていきます。
初めての人に対して高額の融資を行うほどアコムの審査は甘くはないのです。

審査が甘いローンやキャッシングとは?

そもそも審査が甘いローンと言われるものにはどのような特徴があるのでしょうか?
審査が甘いローンの特徴を以下の6つのケースで考えてみましょう。

多重債務者に審査が甘いローン

借金が多い人でも審査に通過できるローンは、審査が甘いローンです。
多重債務が社会問題と化している現在、銀行も消費者金融も借金の有無には非常に敏感です。
具体的には銀行カードローンでは、カードローンやフリーローンなどの無担保で使い道自由なローンの借入本数が2本以上あると審査通過は非常に難しくなりますし、消費者金融でも他社借入が3社以上ある人は、審査の通過が非常に困難です。
多重債務が簡単に利用できるほどアコムの審査は甘くはありません。

信用情報がブラックでも通るローン

審査の際には必ず最初に信用情報への照会を行います。ここでは、事故情報とクレジットカードや借入金の支払状況を主に確認しています。
事故情報とは、過去に自己破産や個人再生や代位弁済や強制解約などの事故の情報がある人です。
信用情報に傷がある人のことをブラックとよびますが、このようなブラックの人の審査通過はほぼ不可能です。
また、クレジットカードや借入金の支払状況に遅れが多い人の審査通過も難しくなります。
このような人でも審査に通過できることができるローンがあれば審査に甘いローンといえますが、アコムは信用情報がブラックな人が利用できるほど審査に甘くはありません。

アルバイトやパートでも大金を借りられるローン

アコムはパートやアルバイトの人でも申し込むことができます。また、10万円程度の少額であれば実際に融資を受けることも可能です。
しかし、それ以上の高額の借入になると、正社員の人でないと審査に通過することは一般的に難しくなります。
パートやアルバイトの人でも何十万円も借りられるローンがあれば、審査が甘いローンといえるかもしれませんが、アコムはパートやアルバイトの人が何十万円も借りられるほど審査に甘くはありません。

他社で審査落ちした人に緩いローン

カードローンは他社の審査に落ちた人に対して、自社で融資を行うことを嫌がる傾向にあります。
他社の審査に落ちたということは、信用情報などでは問題がなかったとしても、他社の社内ブラックなど目に見えないリスクが潜んでいる可能性があるためです。
このため、他社の審査で落ちた人は、他へ申し込んでも審査には通過できないことも少なくありません。
他社の審査に落ちた人を審査に通過させるカードローンがあれば審査が甘いローンといえるかもしれませんが、アコムは他社の審査に落ちた人が簡単に利用できるほど審査に甘くはありません。

年収が低くても審査を通してくれるローン

年収が少なくても簡単に審査に通過できれば審査が甘いカードローンといえるかもしれません。しかし、カードローンの審査においては年収と借入額などは密接に関係しています。
特に消費者金融であるアコムが他社からの借入額との合計で年収の3分の1までしか融資をしない(総量規制)ため、例えば年収が100万円しかないのであれば33万円までしか借りることはできません。
総量規制を遵守しているアコムで借りられる上限金額は年収の3分の1まで*(他社借入を含む)。そのため、年収の低い人でも簡単に高額の借入ができるほどアコムの審査は甘くはありません。

無職でもお金を借りられるローン

無職の人でもお金を借りられるローンがあれば審査が甘いローンといえるかもしれません。
しかし、専業主婦以外の無職の人がお金を借りられるローンは皆無といっても過言ではありません。ましてやアコムは専業主婦への貸付すら行っていません。
アコムを利用することができる人は、パートやアルバイトでもよいので毎月安定した本人名義の収入がある人だけです。アコムは無職の人が利用できるほど甘くはありません。

審査が甘いローンやキャッシングは危険

そもそも一概に「審査が甘い」とか「審査が緩い」というローンなどありません。
先ほど述べたように審査通過率は会社都合で変動します。また、審査基準はローン会社によってさまざまです。
銀行は他社借入に対して厳しいですが、消費者金融は銀行よりも柔軟です。しかし、消費者金融には総量規制があるため、貸付けの金額にはシビアです。
このように各社で審査基準が微妙に異なるため、ある人にとってはA社の審査が甘く、ある人にとってはB社のほうが審査に通過しやすいことになります。
一概に誰に対しても甘い審査を行うローン会社などこの世に存在はしないのです。

審査が甘い金融業者は闇金の可能性大

審査が甘いローンなどありません。
口コミ投稿や体験談、ネット掲示板などインターネット上では「審査が甘い」「審査なし」などと謳っているローンが数多く存在しますが、このような金融業者は闇金の可能性が非常に高いため、絶対にこのような甘い言葉に乗せられて取引してはいけません。
そもそもこのような甘い言葉を謳っている金融業者は闇金の可能性が高いのですが、甘い言葉を謳っていなくても名前を聞いたことがない業者と取引を検討する前にも、必ず闇金かどうかの確認を行う必要があります。
金融庁のホームページでは「登録貸金業者検索サービス」というページがあります。ここでは金融庁登録の業者や会社名や登録番号から検索することができますし、ここでヒットする業者は金融庁登録の合法業者ですので取引を行っても安心です。
反対にここでヒットしない業者は確実に闇金ですので、絶対に取引をしてはいけません。

アコムの審査は甘くないが厳しくもない

アコムは少額の融資であれば、初めての利用者に対して積極的に融資を行っています。
その理由として以下の2つの点をあげることができます。

  • 初回利用無利息で新規顧客を誘引
  • 初回10万円程度の少額審査が得意

30日間金利0円サービスで新規顧客を誘引

アコムは初めての契約の翌日から利息が30日間無利息になる「30日間金利0円サービス」を実施しています。
短期間だけお金が必要という人にとっては、30日以内に返済してしまえば利息負担は完全に0円になりますので、かなりお得なサービスであるといえます。
これはアコムが新規の顧客を誘導するための戦略です。初回無利息サービスによって、これまで消費者金融を利用したことがない、アコムにとってリスクの低い顧客を誘導して、そのあとも継続的にアコムを利用してもらおうと考えています。
無利息期間があるということは初めてアコムを利用する人に積極的にお金を借りてほしいと考えているということですので、アコムは初めての利用者に対して積極的に融資を行っているといえるでしょう。

初回10万円程度の少額審査が得意

アコムの融資は初回なら10万円程度の少額となることが一般的です。
「短期間に少しのお金を借りたい」という人をターゲットにアコムは無利息期間を設定しているため、10万円程度の少額を最初に借りる場合には、30日間金利0円サービスが利用できるアコムがおすすめです。

まとめ

アコムの審査が甘いと考えている人が多いようですが、アコムの審査は決して甘くはありません。
また、審査通過率も他のカードローンと比較して高いわけではありません。審査が甘いカードローンなどないのです。
審査のポイントが各社異なるか、その時々のローン会社の都合によっても異なります。ただし、アコムは初めてカードローンを利用する方に積極的に融資を行っています。
カードローンを持っておらず、急ぎでお金が必要で、さらに借入希望額が10万円程度という人は無利息期間のあるアコムを上手に活用してはいかがでしょう。
Nextアコムのカードローンを借りるメリット・デメリット

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧