アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査の流れと審査基準

アコム

アコム「働く女性のカードローン」は、アコムの女性専用レディースカードローンです。

女性専用カードローンなので、働く女性の割合が多いアルバイト・パートや派遣社員の方にも人気のある金融商品として、これまでにのべ250万人の女性に利用されています。

しかしアコム「働く女性のカードローン」を手にするためにはアコム所定の審査を通る必要があります。

「審査」と聞くと、それだけでも不安なのに、申込みするのが女性だとさらに躊躇してしまいますね。でも審査に不安はつきものです。

アコム「働く女性のカードローン」の審査の流れや審査基準を知れば、申し込み前の不安は吹き飛び、安心して審査を受けることができます。

このページでは、アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査の流れと審査基準を詳しく解説。

働く女性の皆さんが自信を持って申込みができるよう、アコムレディースローンの審査に通るコツや落ちる人の傾向とその対策などもご紹介します。

この記事を通じて、一人でも多くの女性がアコム「働く女性のカードローン」を手にして有効活用されることを期待しています。

アコムレディースローン「働く女性のカードローン」
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査

アコム「働く女性のカードローン」は、その属性が女性で、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パート等という労働形態に関係なく、働いていて、継続、かつ安定した収入が見込める方なら誰でも申込みができるカードローンです。

パソコンや手持ちのスマホから24時間申込みができ、大手消費者金融のアコムが提供しているローンなので、平日だけでなく、土日祝日にも審査が受けられます。

まずはじめに、アコム「働く女性のカードローン」の審査の流れについて詳しく解説します。

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査の流れ

アコム「働く女性のカードローン」は、幅広い年齢層の女性に利用者されており、申込み方法も多彩です。

近年はスマートフォンの普及により、申込者の多くがインターネット経由での申込みを利用しています。

この記事でも、インターネットから申込みして、アコム「働く女性のカードローン」の審査を受ける流れを中心に解説します。

インターネットから申込みの審査の流れ

アコム「働く女性のカードローン」をインターネットから申込みした場合の審査の流れは以下の6段階から成っています。

  1. アコム公式サイトから申込み(24時間申込み可能)
  2. 申込み完了後、アコムから本人にメールや電話で申込み内容の確認
  3. 審査開始(本人確認書類の提出、必要に応じて収入証明書の提出)
  4. アコムから審査結果の連絡(メールまたは電話)
  5. 契約手続き
  6. 借入れ

借入れ方法としては主に2つあり、ひとつは振込融資(振込キャッシング)にて借入れする方法、もうひとつは店舗窓口、自動契約機(むじんくん)、郵送等でローンカードを受取り、アコムATMまたは提携先ATMから借入れする方法です。

またアコムレディース「働く女性のカードローン」は、ネットの利用が苦手な女性、あるいは申込みや審査を受けることに不安がある女性に対し、便利なサービスを提供しています。

それが「女性専用ダイヤル(0120-39-9197)」です。

「女性専用ダイヤル」では、アコムの女性スタッフが申込者からの電話での申込みや様々な問い合わせ、質問に親身になって対応してくれるので、少しでも不安のある方は、安心して「女性専用ダイヤル」に電話して気軽に相談してみてください。

なおアコムの「女性専用ダイヤル」では、夜間や混雑時は男性スタッフが対応することがあります。

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査は女性に有利?

アコム「働く女性のカードローン」の審査について、申込予定の女性が感じる疑問が「アコムレディースの審査は女性に有利なのか」ではないでしょうか?

わざわざローン商品名に「働く女性の」と付いているくらいだから、「女性なら審査に有利に違いない」と思い込んでも無理はありません。

審査は一種の試験であり可能なら誰でも有利に取扱いしてもらいたいと願うのは当然です。

しかし残念ながら、アコム「働く女性のカードローン」の審査で、「女性」あるいは「働いている女性」という条件だけでアコムが審査を有利にしてくれるという保証は一切ありません。

審査はあくまでアコムの審査基準に基づき厳格に行われており、男女の性別の違いによる取扱いの差は一切ないと考えてください。

ただアコムキャッシングの利用者に男性が多いのは事実であり、アコムも何とか女性利用者を増やそうと、女性専用ローン「働く女性のカードローン」を作り、「女性専用ダイヤル(0120-39-9197)」も準備して、女性が利用しやすい環境づくりに努力しているのです。

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査基準

アコム「働く女性のカードローン」審査の流れが分かったところで、この章では同じく、アコム「働く女性のカードローン」の審査基準を取り上げます。

消費者金融の利用層は幅広く、正規雇用者から非正規雇用者層まで様々です。

一方、アコム「働く女性のカードローン」の利用者は女性ですが、その中にはパート・アルバイトや派遣社員として働いている女性も多く含まれていると考えています。いわゆる非正規雇用者です。

アコムの審査基準は、銀行カードローンの審査基準に比べ、概ね対応が弾力的であると筆者は考えていますが、それでも最低限満たしておかねばならない審査基準はあります。

以下では、働く女性のうち、非正規雇用者でも必ず満たしておかねばならないアコム「働く女性のカードローン」の審査基準について詳しく解説します。

「3秒診断」から審査の重要項目が分かる

アコム「働く女性のカードローン」の審査基準の説明の前にひとこと。

アコム「働く女性のカードローン」の審査を受ける前に、アコムでは簡単な質問に答えるだけで「借入れ可能か」どうか、すぐに分かるシステムが公式サイトにあります。それが「3秒診断」です。

「3秒診断」では3つの項目を入力するだけで「借入れ可能か」どうか答えてくれます。

ちなみにアコムの「3秒診断」の入力項目は以下の3つです。

  • 年齢
  • 年収(総支給額)
  • カードローン他社借入状況(残高、除く銀行借入)

これらの入力項目から、審査に関して別の重要なことが分かります。

それはアコムでは審査において、この3つの項目をとても重要視しているということです。そうでないと、わざわざ「3秒診断」にこの3つの項目を採用しませんよね。

上記3項目はこれからの解説でも随所に登場してきます。アコム「働く女性のカードローン」における重要な審査項目として、しっかり記憶しておいてください。

※3秒診断は、借り入れを検討される際の目安であり、実際のお申し込み時の審査結果と異なる場合があります。

参照【お借入れ可能?】3秒診断|アコム公式

スコアリングで本人の信用度・支払い能力を判定

アコム「働く女性のカードローン」の審査基準の1番目はスコアリングです。

スコアリングは、申込みしてきた女性本人の信用度・支払い能力、いわゆる総合的な財力を数字に置き換えて判定する診断方法のひとつで、昔から個人ローンの審査方法として伝統的に用いられてきた手法です。

申込者から提供された個人情報をその属性ごとにスコア化して、その合計スコアがアコムの足切りスコアを超えればスコアリングの合格者となります。

ただしスコアリングはあくまで審査基準のひとつに過ぎず、それで「審査に通った」と喜ぶのは早計です。

アコム「働く女性のカードローン」の審査では、もっと重要度の高い審査基準が待ち受けています。

近年のスコアリングは、申込者がアコム公式サイトの申込みフォームから自分の個人情報を入力すれば、そのまま自動的に判定されるようになっており、結果のスコアが出るのは極めて早いです。これもまた審査の迅速化につながっています。

信用情報機関で本人の信用度をチェック

カードローン審査において、スコアリングよりもさらに重要なのがこの信用情報審査です。

これがアコム「働く女性のカードローン」の2番目の審査基準となります。

信用情報審査では、申込者の個人情報をアコムが外部の信用情報機関に問い合せして、本人の個人情報に問題がないか確認します。

もちろん問題がある情報が登録されていれば、内容によって審査落ちのリスクがあります。

具体的な問題のある信用情報に関しては、以下の章【アコム「働く女性のカードローン」の審査に通らない要因と対策】の中でさらに詳しく解説します。

在籍確認の手続きで勤務先を確認

アコム「働く女性のカードローン」の3番目の審査基準がこの在籍確認です。

在籍確認が取れないと、審査が終わらず、アコム「働く女性のカードローン」を借りることができません。

在籍確認とは、アコムの審査担当者が申込者の女性の勤務先に電話をかけて、職場の受け答えから「本当に本人がその勤務先に在籍して働いているかどうか」確認する手続きです。

在籍確認の結果、働いていないことが分かると、申込みフォームに入力した収入も実は存在しないことになり、さすがにアコムもそのような方には融資できません。

それだけに在籍確認はアコムではとても重要な審査手続きとなっているのです。

ただしアコムでの在籍確認は電話だけでなく、ケースによっては電話に代えて、確認書類のチェック(健康保険証+運転免許証または社員証+所得証明書等)で行われることもあります。

本人の希望や信用度、認可限度額の大きさ、勤務先の状況等からアコムが総合的に判断し、電話より確認書類での対応が手続きでスムーズに行くと判断した場合のみ対応してくれます。

依頼しても応じてくれない場合もあるので、この点、拡大解釈だけはしないようにしてください。

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査時間

アコム「働く女性のカードローン」の審査で、女性申込者が強く関心を持つ項目のひとつが「審査に掛かる時間」や「審査の受付時間」ではないでしょうか?

審査を受ける身としては、審査中は結論が分かるまで落ち着かないので、「早く結論を出してほしい」と思うのも無理はありません。

じつはアコム「働く女性のカードローン」の審査時間はそれほど長いものではありません。

審査が特に問題なくスピーディに進んだ場合、申込みから最短30分ほどで審査結果が得られます。

これはアコム「働く女性のカードローン」の申込者にとって、審査の緊張から解放される時間が短いということであり、ありがたいことですよね。

ただし申込者の全ての方がこのように審査が短時間で終わるわけではありません。

申込みした時間帯、本人の信用度、審査の込み具合等で、審査時間が長くなりますし、審査の結果が申込みした当日でなく翌日以降となる場合もあります。

アコム「働く女性のカードローン」の申込み方法別、受付時間は以下のとおりです。

アコム「働く女性のカードローン」の審査受付時間
申込み方法 受付時間 借入れ
インターネット 24時間365日 即日借入れが可能*2
店頭窓口 9:30~18:00(土日祝日は休業)*1
自動契約機(むじんくん) 8:00~22:00(年中無休、ただし年末年始期間は除く)
電話 24時間365日

この表は左右にスクロールできます。

※1.一部店舗では営業時間が異なります。
※2.申し込み方法や時間帯、契約方法、審査状況などによって異なります。

アコムで審査が行われる時間帯に関しては、公式サイトには表記がありませんが、上記の申込み方法別、受付時間から推測すると、審査が実施される時間帯はおおよそ朝9時~夜21時(含む土日祝日)だと考えています。

もし申込当日に少しでも早く審査結果が欲しいなら、審査が混みそうな平日の昼以降、土日祝日を避けて、平日の午前中、あるいは前日の深夜時間帯などに申込みすれば混雑が避けられていいと思います。

アコム「働く女性のカードローン」は即日融資にも対応

それではアコム「働く女性のカードローン」は申込みしたら当日中に融資を受けられるでしょうか?

もちろんアコム「働く女性のカードローン」は即日融資にも対応しています。

アコム「働く女性のカードローン」の審査では、申込みから最短30分で審査結果が得られるので、そのあとの手続きもうまくいけば、申込みから最短1時間で即日融資も可能です。

アコム「働く女性のカードローン」は申込み方法に関係なく即日での借り入れも可能なので、審査結果を得たあとに、振込融資による借り入れや、アコムATMまたは提携ATMからローンカードを使って現金を引き出しすれば、その日のうちに借入することができます。

ただしあくまで可能性なので、どうしても申込みしたその日のうちに即日融資が受けたければ、審査が行われている時間帯で、極力早めに申込みされるようおすすめいたします。

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査に通らない要因と対策

アコム「働く女性のカードローン」をいくら手に入れたくても、申込みされた方のうち、一定割合の方が審査に落ちてカードローンを手にすることができないのも事実です。

大きな期待をもって、アコム「働く女性のカードローン」の審査を受けて、もし審査に落ちたら、「どうして私は審査に落ちてしまったのだろう?」「審査に落ちた原因、自分では思い当たらないけど一体何だろう?」と自問自答してしまいますよね。

最悪、もう二度とカードローン審査を受けたくないと思ってしまうかもしれません。

そうなると、対策次第では再審査に通る可能性も残っているだけにとても残念です。

そこでこの章では、アコム「働く女性のカードローン」の審査に通らない要因の分析と、審査に通るために申込者が取るべき対策について詳しく解説します。

アコム「働く女性のカードローン」の審査に不安のある方は、ぜひ一部でも事前の対策として活用してください。

収入が安定していない

アコム「働く女性のカードローン」の3秒診断でも確認してもらったように、収入はアコムレディースローンの審査の重要項目です。

申込者の収入が安定していないとアコム「働く女性のカードローン」の審査に落ちるリスクは大きいです。

アコム「働く女性のカードローン」の審査対象は女性であり、収入のポイントは年収の大小でなく、収入の継続性や安定性です。

女性申込者の収入に継続性、安定性があることを、きちんとアコムが認めれば、この属性で審査に落ちることはありません。

一方、歩合給や日給のようなタイプの賃金では、アコムが「安定継続した収入」と見なさない可能性があります。

アコム「働く女性のカードローン」審査を受けるにあたり、自分の収入がどのようなタイプなのか、事前にきちんと見極めておくことが審査対策ともなります。

総量規制に触れる借入額になった

貸金業法における総量規制では、規制を受けている貸金業者の貸出は、他社債務を含み、申込者の年収の3分の1を超えて融資できないルールになっています。

アコムは消費者金融なので総量規制を受けており、アコム「働く女性のカードローン」の審査で、総量規制に触れる貸出となっていないかを必ず確認する義務を負っています。

そこでアコム「働く女性のカードローン」の限度額を含めて、申込みしてきた女性の総貸出額が総量規制のルールを超えた融資額になった場合、アコムとしても申込みを認可できないし、総貸出額が申込者の年収の3分の1以内に収まっていても、アコムの判断で「働く女性のカードローン」の希望限度額が減らされるか、最悪、審査落ちの可能性があります。

この限度額の目安については、総量規制のルールに沿って大まかに自分でも計算できるので、申込予定の方はぜひ計算しておいてください。

そうすれば、他社借入れがあっても返済を続けていけば残高が減るし、十分に貸出余力が出たタイミングで、いつアコム「働く女性のカードローン」に申込みしたらいいのか、対策が立てられるようになります。

個人の信用情報に問題があった

アコム「働く女性のカードローン」の審査で、個人の信用情報に問題があった場合、審査で落ちるリスクがかなり上がります。

カードローンの審査においては、アコムは申込者の個人情報を必ず外部の信用情報機関に照会するので、その結果、登録情報に問題があれば審査落ちの対象となります。

うち、異動情報*3の登録があれば100%審査落ちの対象となり、返済遅延*4の情報が繰り返し登録されていれば、アコムの判断によっては審査に落ちます。

※3.異動情報とは、長期の返済滞納、債務整理、代位弁済、強制解約等の情報(金融事故情報)をいいます。

※4.返済遅延とは、毎月の約定返済日に返済せず、わざと返済期日を遅らせて返済するやり方をいいます。返済遅延に関しては、他社ローンの返済遅延だけでなく、クレジットカード、携帯端末機代金、奨学金等の返済状況も同時にチェックされます。

アコム「働く女性のカードローン」の信用情報チェックでは、このような本人の信用低下につながる情報の登録がないことが審査を通過するための必須条件です。

他社の借入件数が多すぎた

アコム「働く女性のカードローン」の審査で、他社の借入件数が多すぎるとアコムに判断されると、審査に落ちやすくなります。

他社借入件数の過多はローン会社が申込者の信用度を測る物差しのひとつです。

他社借入件数は、アコムが信用情報機関に問い合わせすることで判明しますが、その照会で「他社借入件数が4社以上ある」ことが分かると、アコムも「この女性はすでに多重債務者である」と判断し、審査で落として貸出リスクを回避します。

消費者金融は、銀行カードローンより他社債務の取扱いは若干弾力的ですが、それでも限界はあります。

アコム「働く女性のカードローン」の審査で他社借入件数が3~4社以上あれば、審査落ちを防ぐための対策として、解約や完済で他社契約数が少なくなるまでアコムレディースの申込みを延期したほうがいいかもしれません。

他社の申込み状況が問題

アコム「働く女性のカードローン」の審査で、アコムに「他社の申込み状況に問題あり」と判断された場合も審査に落ちるリスクが上がります。

アコムも加盟している信用情報機関には、ローン各社から申込み情報が随時報告されており、他社が照会すればその申込み状況が確認できるようになっています。

その照会で、申込者が短期間に申込みを繰り返していることが分かると、その程度によって「この女性はローンの申込みで常識がなく、貸出に対する信用リスクが極めて高い」と判定されて、審査で落とされることがあります。

どの程度が問題視される範囲かというと、たとえば以下のようなケースです。

  • 直近1ケ月間の間に3社以上ローン申込みを繰り返していた
  • 過去数ケ月の間に4社以上の申込みをしていた

信用情報機関において申込み情報が保存される期間は6ケ月間です。

適度に期間を空けて申込みすれば、このように「短期で申込みを繰り返している」とアコムに判断されることも少なくなります。

アコム「働く女性のカードローン」の審査を受けるつもりなら、過去に自分がどのように申込みしたか、一度振り返って申込みを検討してください。

また忘れていて思い出せなければ、自分で信用情報機関に信用照会することもできるので事前活用しましょう。

在籍確認が取れない

アコム「働く女性のカードローン」の審査で、アコムが努力して何度も在籍確認を試みても、最終まで確認が取れなかったら審査に落ちます。

アコムの在籍確認で勤務先の確認が取れない理由は様々です。

たとえば申込者が勤務先の連絡先を誤ってアコムに伝えていたり、勤務先が外部からかかってきた個人からの電話や非通知の電話に一切対応しない方針であった場合は在籍確認が取れません。

ただしこれは、申込者が連絡先の間違いに気づいてアコムに訂正すれば済むことですし、個人名がダメならアコムという会社名で電話をかけてもらうとか、非通知でなく通知でかけてもらえば在籍確認できます。

ただ本人が現在働いていないにも関わらず、別の勤務先を偽って申告した場合はどうにもなりません。在籍確認が取れないので、最終的に審査に落ちることになります。

在籍確認の手続きでは、勤務先との連絡に少しでも不安がある方はアコムとの連携が欠かせません。

アコムに勤務先に関する十分な情報を提供し、在籍確認がスムーズに終わるよう協力態勢を取ってください。

アコムレディース「働く女性のカードローン」の増額審査

アコム「働く女性のカードローン」を継続して利用していると、現在の限度額では足りず「もう少し限度額を増やしたいな」と思う瞬間があります。

そのような時、アコムレディース「働く女性のカードローン」は増額ができるのでしょうか?

もちろん可能です。ただし増額には所定の審査があります。

アコム「働く女性のカードローン」の増額審査に通るには、初めて審査を受けた時と同じ審査基準を満たす必要がありますが、追加された別の審査基準もあります。

この章では、アコム「働く女性のカードローン」の増額審査のポイントとその対策について解説します。

なお限度額(アコムでは契約極度額という)の増額は、アコム公式サイトの会員ページからログインして、「極度額等の変更お申し込み」から増額依頼するか、アコム総合カードローンデスクに電話して相談してください。

<アコム総合カードローンデスク>
電話番号:0120-629-215
受付時間:平日9:00~18:00

アコム総合カードローンデスクへの相談で、担当者受付時間外(18時~翌9時)の間に電話をした場合、音声ガイダンスが流れるので、初めての利用ではダイヤル画面で「1」を押して利用してください。

借入れおよび返済の利用実績を作る

増額審査で最も大事な審査対策は、アコム「働く女性のカードローン」を利用開始後、一定期間に渡り、地道に借入れおよび返済の利用実績を積み重ねておくことです。

その際、利用のコツとしては、最初に1回だけ大きく借りて後は返済だけというような借り方でなく、利用限度額の範囲で繰り返し借入れを行い、またきちんと毎月の期日を守って返済することです。

それが真の意味での「借入れおよび返済の利用実績を作る」ことであり、アコムにとって優良顧客であることを意味します。

また増額審査を受けるテクニックとして、たまに限度額一杯借入れして「今の限度額ではやや不足」ということをアコムにアピールすることもいいでしょう(ただし、お借入れは計画的に)。

できれば、利用実績は6ケ月以上作ってからアコムに増額申請するのが望ましいです。

さらにその利用実績を見て、逆にアコムからメールなどで「増額してみませんか?」と問いかけしてくれる場合もあります。

その時はまさに増額の絶好タイミングなので、迷うことなくアコムに増額申請してみましょう。

個人の信用度を落とさない

アコム「働く女性のカードローン」の増額審査でも、初回の審査時と同様、アコムから信用情報機関に対し申込者の信用照会が行われます。

アコムが信用照会する理由は、初回審査から増額申請までの間に「申込者に信用面で何か問題が起こっていないか」を確認するためです。

その間に他社の取引で返済遅延や滞納、あるいは申込者の信用が落ちてしまっている事態が起こっている可能性も十分あります。

もちろん他社でトラブルを起こしたような申込者に対してはアコムも増額申請に応じることはできません。

それどころか、トラブルの内容によっては、アコムも現在利用中の「働く女性のカードローン」の利用限度額を減らすか、利用停止と判断する可能性もあります。

それだけにアコム「働く女性のカードローン」利用中は、絶対に個人の信用を落とさず、無事に増額審査に通るためにも、引き続き自分の信用を維持することが重要です。

在籍確認が取れるようアコムに協力する

アコム「働く女性のカードローン」の増額審査でも、あらためて在籍確認の手続きが行われます。

信用情報の再チェックと同様、在籍確認も再度きちんと行わないと、初回審査以降にローンの利用者である女性の勤務状況に何かの変化が起こっている可能性は十分ありますからね。

たとえば、本人が転職したとか、今は無職になっているとかなどです。

特にアコム「働く女性のカードローン」の利用者は女性であり、そのうち何割かはパート・アルバイトや派遣社員として働いていることから、何度も転職している可能性も十分ありますよね。

もしかしたら転職した結果、収入が増すどころか、逆に収入が下がり、女性の信用度が低下しているかもしれません。

それだけにアコムにとって、手続きとして再度、在籍確認することは審査の絶対要件です。

増額申請する女性も、アコムの在籍確認の必要性をよく理解して、スムーズに手続きが完了するよう協力してください。

まとめ

アコムレディース「働く女性のカードローン」の審査について、審査の流れ、審査基準をメインに詳しく解説してきました。

記事を読まれて、アコム「働く女性のカードローン」の審査に対する不安は解消されましたか?

ただいくら対策してアコムレディースのカードローン審査に臨んでも、審査の決定権を持つのはアコムなので、完全に審査を受ける側が不安を払しょくするのは難しいかもしれません。

それでも何の対策なしに審査を受けるより、きちんと対策してアコム「働く女性のカードローン」の審査に臨むとでは結果に雲泥の開きがあります。

アコム「働く女性のカードローン」に申込みするつもりの方はその努力を絶対軽視してはいけません。

アコム「働く女性のカードローン」の審査を受けて無事に通り、後で振り返ると「あらっ、意外と審査って簡単だった!」と思える働く女性の方がたくさん出てこられることを強く願っております。

NEXTアコムレディースローン「働く女性のカードローン」の商品概要

アコムレディースローン「働く女性のカードローン」
アコムレディース「働く女性のカードローン」
金利 3.0~18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
この記事の執筆者情報

・nobu shige/元銀行員
四国の4大地方銀行のひとつに約30年勤めた元銀行員。銀行員時代は基幹店舗での勤務歴が長くその間の主業務は得意先担当。銀行から企業融資開拓チームメンバーに選ばれ取引拡大に注力。融資業務を通じて中小企業融資から、住宅ローン、カードローンなど個人向けローンにも精通した融資のオールラウンダー。本店勤務もあり労務問題や福利諸制度にも見識あり。銀行員時代に培った幅広い経験と知恵を記事に盛り込み、読者に役立つ記事作りをめざしています。

#レディースローン