アダルトサイトの高額請求が払えない…料金が払えない時のリスクと対処法

課金式のアダルトサイトをついつい利用しすぎてしまった。

ライブチャットがやめられずに気付いた時には請求額が数十万円になってしまった。

アダルトサイトから高額請求を求められた時、手元にお金がなかったらどうなってしまうのでしょうか?

いくらアダルトサイトがいかがわしい業者と言っても、利用規約に同意して課金したのですから、利用した分は支払わなければなりませんし、支払わない場合にはペナルティが待っています。

アダルトサイトの代金を支払うことができない場合の対処法について解説していきます。

\Webなら最短1時間融資も可能/
プロミスのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

アダルトサイトから架空請求が来たら

アダルトサイトから身に覚えのない請求(架空請求)が来た場合には、むしろ絶対にお金を支払ってはいけません。

自分一人で対処するのが怖い時には、国民生活センターなどの相談窓口を利用するようにしましょう。

国民生活センターなどに相談する

アダルトサイトから身に覚えがない請求(架空請求)が来た時は、国民生活センターに電話をして対応を相談してください。

あまりにも業者からの督促がしつこい場合には相談員が請求業者に対応してくれることもあります。

自分一人で対応することができない場合には国民生活センターなどのプロの手を借りることも大切です。

身に覚えのない請求は絶対に払ってはいけない

悪徳サイトからの身に覚えのない請求(架空請求)は絶対に支払ってはいけません。

一度支払ってしまうと、その後も督促があり、金額も督促方法もどんどんエスカレートしてしまいます。

アダルトサイトからの請求があっても、身に覚えがなければ払う必要はありませんし、対応する必要もありません。

サイトを進んでいくと、突然「有料ページです」などと表示されることもありますが、このような場合でも料金を支払う必要はありません。

徹底的に無視するか、不安な場合には公的機関へ相談するようにしましょう。

アダルトサイトを実際に利用したら支払義務がある

実際にアダルトサイトを利用した場合には、支払義務がありますし、支払わない場合にはペナルティを課せられてしまいます。

場合によっては会社にバレて、社会的な信用を失ってしまうこともあります。

利用したアダルトサイトの料金支払いを怠った場合のリスクはどのようなものなのでしょうか?

運営業者からメールで督促が来る

基本的にこのようなサイトはメールアドレスを登録することでアカウントを開設しますので、料金未払いの連絡はメールで来ることになります。

料金を期日までに支払わないと、何度もメールで督促が来ることになります。

電話番号を知られている場合には電話で督促

本人確認のために携帯電話の番号を伝えていた場合には、携帯電話にも再三督促が来ることになります。

このような業者の督促はしつこいので、支払うまで何度も何度も電話がかかってくることになります。

振込などの後払いは信用情報には影響しない

振込などの後払いの方法で課金されたお金を支払う場合には信用情報には影響しません。

アダルトサイトの業者は個人信用情報機関には加盟していないためです。

長期間支払いを怠ったとしても、ローンやクレジットカードのように、信用情報機関に加盟している会社への支払いに遅れたわけではないので、契約内容は信用情報に登録されません。

そのため、支払いに遅れても遅れた記録が信用情報に記録されるわけでもなければブラックリストになることもありません。

ブラックリストにならないが支払い義務はある

アダルトサイトの後払い料金を支払わなかったからと言って、信用情報がブラックになるわけではありません。

しかし、だからと言って料金を払わなくてよいと言うわけではありません。

このようなアダルトサイトは反社会的勢力が運営していることも多いため、支払いをしなければ闇金からお金を借りた時のような脅迫的な取り立てを受ける可能性もありますし、金額が大きな場合には法的手段で回収されることもあります。

金額が大きな場合には財産の差し押さえ

アダルトサイトの請求金額が数十万円程度になる場合には、業者が裁判所へ申し立て、財産の差し押さえが行われる可能性があります。

財産の差し押さえと言っても、その対象になるのはほとんどの場合で給料です。

給料が差し押さえられると、裁判所から勤務先に差し押さえの通知が行くことになります。

すると、勤務先に「アダルトサイトを利用し、その料金未払いで差し押さえが行われた」ということがバレてしまうことになります。

給料の差し押さえは、4分の1までしか行われないので、生活はできるかもしれません。

しかし、問題は「アダルトサイトを利用してトラブルを起こした」ということが勤務先にバレると、会社に居づらくなってしまうと言うことと、出世に影響してしまうという点です。

信用情報には影響しなくても、勤務先にバレてしまうというのが最も大きなデメリットですので、「差押予告通知書」などが届いた時には、早急に料金を支払うようにして下さい。

クレジットカード決済のサイト利用料を払えない場合

前述したように、後払い方式のアダルトサイトは今やほとんどありません。

後払いの料金は利用者が踏み倒す可能性があり、差し押さえなどを行うのにもコストがかかるので、業者にとって確実に回収できる、クレジットカード決済で行われることが一般的なのです。

そのため、クレジットカードで決済するアダルトサイトがほとんどですが、クレジットカード決済で利用したアダルトサイトの料金を支払わない場合のリスクはさらに深刻です。

決済はクレジットカードで終わっている

クレジットカード決済でアダルトサイトの料金を支払う場合は、業者との決済はクレジットカード会社が行うので、カード番号を入力し、サイトを利用して課金されると自動的に支払いは行われます。

このため後払いのように、反社会的勢力に借金を負っていることと同じという状況は避けることができます。

しかし、利用料金の支払義務はカード会社に対して負うことになるのです。

クレジットカードを支払うことになる

クレジットカードで決済したアダルトサイト利用料金はクレジットカード会社に支払わなければなりません。

この請求は他のカード利用代金と一緒にされて、カード支払日に支払う必要があります。

つまり、アダルトサイトの料金未払い=クレジットカードの料金未払いになるのです。

クレジットカードを支払いを延滞すると

クレジットカードで支払ったアダルトサイト利用代金を用意することができず、カードの支払いを延滞してしまうと信用情報に記録されてしまいます。

ここが後払いでアダルトサイトを利用した時との大きな違いになります。

クレジットカード会社はアダルトサイト運営会社とは異なり、個人信用情報機関に加盟しているため、事態は深刻になってしまうのです。

信用情報に傷がつく

クレジットカードはたった1日支払いに遅れるだけでも信用情報に遅れたという情報が記録されます。

クレジットカード会社が加盟するCICにはクレジットヒストリーという情報があり、期日通りに支払うと「$」、期日に遅れると「A」と記録されます。

「A」の記録が多いと、他のローンやカードの審査で「支払いにルーズな人」と判断されて審査で不利になってしまいます。

クレジットヒストリーで「A」の記録がついていることはブラックではありませんが、この情報は24ヶ月間信用情報に記録され、他のローン審査に影響することになります。

61日に達するとブラックになる

支払いの遅れが61日に達すると、延滞という情報が信用情報に記録されます。

これは金融事故情報ですので、このカードの利用代金を全て支払ってから5年間、信用情報に記録されてしまいます。

この情報が記録されている間は、いわゆるブラックという状態になってしまうので、銀行や大手消費者金融の審査には通過できませんし、クレジットカードを作ることも保証会社付きの賃貸住宅を借りること、スマホの分割払いも不可能になってしまいます。

クレジットカードを利用してアダルトサイトの代金を支払わないことの方がリスクが高いのです。

カードが強制解約になる

信用情報に「延滞」と記録され、ブラックになった時点で、そのクレジットカードは強制解約になり、利用残高は一括返済請求されてしまいます。

なお、強制解約も金融事故情報として、信用情報に5年間記録されてしまいます。

ほかのカードも強制解約になる可能性がある

1つのカードが強制解約になると、他のカードの契約にも影響することがあります。

クレジットカードは途上与信と言って、カード契約者の審査を定期的に行っています。

途上与信で他のカードが強制解約になっていることが知られると、そのカードも強制解約になり、一括返済請求が行われる可能性があります。

アダルトサイトをクレジットカードで利用して、その代金が支払えないということだけで、他のカードまで悪影響が連鎖するリスクがあるのが恐ろしい所です。

財産の差し押さえが行われる

一括返済請求が行われた時に代金を支払うことができない場合には、通常は「分割の場合には毎月いくらなら支払うことができるのか」などの話し合いが行われることになりますが、それでも支払うことができない場合には財産の差し押さえが行われることがあります。

差し押さえが行われると、やはり勤務先にバレてしまう可能性がありますが、債権者はあくまでもカード会社ですので、アダルトサイトを利用したということまではバレないかもしれません。

アダルトサイト利用料が払えない場合には

アダルトサイトを実際に利用した場合には、料金を支払わないと、最悪のケースとして給料の差し押さえが行われてしまう可能性があります。

とは言え、アダルトサイトの料金は数万円から、高くても20万円くらいですので、それほど用意するのは難しくありません。

料金を支払うお金が手元にない場合には以下の方法でお金を用意しましょう。

不要なものを売却して資金を作る

自宅の不要な洋服やブランド品やゲームなどを売却すれば10万円以上になることは珍しいことではありません。

料金を払うことができない場合には、自宅の中のモノを一度見直して、不要なものがないかどうか確認し必要ないものは売却してしまいましょう。

リサイクルショップよりもオークションやメルカリの方が高く売ることはできますが、入金までには時間がかかるので、ネットで売却する際には、期日までの時間を逆算して売却するようにしてください。

即金の単発バイトでお金を稼ぐ

数万円程度のサイト利用料であれば、休日などを利用して即金の単発バイトをすることでもお金を用意することができます。

今は「タイミー(Taimee)」などの単発バイトサイトも珍しくありませんので、このようなサイトで即金バイトを探し、働いてアダルトサイト利用代金を稼いでしまうのが最も堅実な方法です。

アダルトサイト利用料金を借りられるのはカードローンだけ

不用品の売却やバイトでもアダルトサイト利用代金を用意することができない場合には、あまりオススメはできませんが金融機関からお金を借りるしかありません。

なお、金融機関からお金を借りてアダルトサイト利用代金を支払う場合にはカードローンしか利用することができません。

カードローンは使い道自由で資金使途確認資料も必要ないので、事業資金以外は何にでも使用することができます。

金利は大手消費者金融で18%程度と高いですが、アダルトサイト利用代金はいくら高くても10万円程度ですので、金利18%で10万円借りた場合の利息は1日あたり49円と、非常に低コストです。

会社にアダルトサイトを利用していたことがバレてしまうリスクと比べれば安いコストと言えるでしょう。

またアコムやプロミス、アイフルやレイクALSAなどの大手消費者金融には無利息期間があるので、給料日までにお金が足りないなどの短期間だけの利用であれば利息負担ゼロで借りられます。

短期間の利用であれば無利息のカードローンでアダルトサイト利用代金を借りるというのは有効な手段だと言えます。

また、すぐにお金を用意しなければならないような緊急時には、即日融資に対応するカードローンが早くておすすめです。

即日融資のカードローンなら、最短今日中に借入も可能です。

お急ぎならこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

アダルトサイトの高額請求が払えない|まとめ

アダルトサイト利用代金を支払うことができないと、最悪のケースとして給料を差し押さえられて、会社にアダルトサイト利用代金を払っていないことがバレてしまう可能性があります。

利用した覚えのないものは払っていけませんが、利用した場合には支払いを行う必要があります。

不要なモノを売却したり、バイトでお金を稼いで支払うことができない場合にはカードローンで支払う方法もあります。

短期間であれば、有効に利用することができますが、カードローンでアダルトサイトを利用することが恒常的になってしまうと、借金地獄になってしまう可能性があるので、くれぐれも短期間だけの利用とするようにして下さい。

お急ぎならこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ