アイフルの審査に通りにくい人の特徴

アイフルの審査に通りにくい人の特徴

アイフルの審査の通りにくい人は、審査を通過できる可能性は残っているものの、個人信用情報や属性などに何かしらの問題があり、このままでは審査を通ることが難しい方です。

ようするに審査に通るか通らないかの当落線上にいるわけですが、アイフルの審査に通りにくい人の特徴から評価の弱い面を見つけて強化することで、審査に通りづらい状態を改善することができます。

この記事でわかること
  • アイフルの審査は通りにくいのか?
  • アイフルの審査が通りにくいのはどんな人?
  • 審査が通りにくくなる主な原因

本記事では、アイフルの審査に通りにくい人の特徴について解説します。

アイフルの審査に通らなかった方だけではなく、これからアイフルの申し込みを控えている方もぜひ参考にしてください。

アイフルのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

アイフルの審査に通りにくい人の特徴

アイフルの審査に通りにくい人はどのような特徴をもっているのでしょうか?

このテーマで着目してほしいのは、アイフルの審査にまったく通らないのではなく、「通りにくい」という点にあります。少しの努力、きっかけ、改善により審査に通る確率を上げられるというのがミソです。

アイフルの審査が通りにくい人の特徴と、通りにくくなっている原因を探ってみましょう。

通りにくい人の特徴①個人信用情報に傷がある

金融業者との取引において、過去もしくは現在、申込者が自分の個人信用情報を汚していたら、アイフルの審査は通りにくいです。

アイフルのカードローンは無担保無保証型の個人融資です。

申込者の融資が焦げ付いたとき、アイフルが損失をカバーする方法は何もないので、融資を決定するのは本人の信用と支払能力がすべてとなります。

特に無担保型ローンの審査では、信用というのは支払能力以上に重視されますが、信用というのは目に見えない分、外部から審査するのも難しいです。

そこでアイフルとしても、申込者の信用を測るモノサシとして活用しているのが、自社が加盟している信用情報機関CICとJICC(日本信用情報機構)の登録情報です。

信用情報機関には、個人の信用商品に関するあらゆる情報が網羅されているので、その項目をチェックすることで、申込者の信用の程度を推し量ることができます。

その点ですでに自分の信用情報を汚している人は、程度にもよりますが、アイフルの審査に通りにくい状態になっています。

アイフルが信用情報チェックで特に確認するのは以下の3つの情報です。

  • 異動情報(ブラックリスト)
  • 返済遅延の情報
  • ローンやクレジットカードなどの申込情報

以下で詳しく解説します。

長期延滞・債務整理・代位弁済・強制解約

長期延滞・債務整理・代位弁済・強制解約、これらの4項目は異動情報、通称ブラック情報と呼ばれています。

信用情報機関にこれらの登録があれば申込者の信用度はゼロと判断され、アイフルの審査に通ることはまずありません。

長期延滞は過去の各種返済で3ヵ月以上返済が遅れて、そのまま滞納状態になっている状態のことです。

債務整理とは要するに借金を法的に整理した記録のことで、具体的には破産や自己再生等の手続きがこれに当たります。

代位弁済というのは、申込者が返済不能になり、金融業者の債務を保証会社に肩代わりしてもらった記録のことです。

強制解約というのはカードローンやクレジットカードの利用状況が悪く、最終的に業者にその信用商品を強制的に解約されてしまって使えなくされた事実を指します。

これらの情報はすべて利用者が金融業者に金銭的被害を与えてしまった過去の記録であり、業者としても再度取引はしたくない相手です。

また、これらの情報は登録機関で5年~10年間保存されているため、本人が保存期間中に何度申込みを繰り返しても、都度申込みを受けた業者がこの情報を確認するので、審査落ちするという結果になります。

返済遅延は頻度による

返済遅延とは、業者と申込者の間で約束した毎月の返済日に遅れて返済をする行為です。

返済遅延は、最終的には毎回返済しているので、長期延滞ほど悪質ではないですが、業者に対し利用者の信用を損なう原因のひとつになります。

また、返済遅延は遅延の都度、業者内部で記録として残るとともに、信用情報機関にも通知されて一定期間登録保存されます。

また、この記録も、異動情報と同様、他社からの信用照会で確認可能なので、あまり遅延の頻度が多いと他のローンやクレジットカードの審査にも悪く影響します。

特に銀行ローンの場合、返済遅延といっても取り扱いは厳格であり、2~3回程度遅れるだけで本人の信用は相当低下したと思っても間違いありません。

また、これは消費者金融でも取り扱いは同じです。もちろん遅延が何回目から返済遅延として信用情報機関に報告するか、業者によって取り扱いに差はあるものの、いったん情報機関に登録されてしまうと最低限6ヵ月間記録は消えません。

それだけに、返済管理を徹底して返済遅延を起こさないことが自分の信用を傷つけない一番の対策になるのです。

短期間の多重申込み

アイフルでは信用情報の問い合わせで「他社の申込状況」という項目もチェックします。

これでもし他社で短期間に複数申込みしていることがわかると審査に通りにくくなります。

これはあくまで筆者の目安ですが、1ヵ月間にもし3社も集中して申込みがなされていれば、さすがにアイフルとしても警戒感を持つことになるでしょう。

通常の金融取引では、そのような申し込みする人は常識が欠けていて信用性に乏しいと判断されるからです。

信用情報機関では申込情報は6ヵ月間保存されるので、短期間に申込みを集中させる行為は余計に目立ちます。申し込みのサイクルをよく考えてから申し込むようにしましょう。

通りにくい人の特徴②他社債務が過大

他社に債務があるからといってアイフルの審査が通らないわけではありません。

また、銀行カードローンの審査に比べて大手消費者金融の審査はやや弾力的であり、他社債務があっても審査には通ります。

しかし、他社債務が一定レベルを超えるとさすがアイフルでも審査が通りにくくなります。

それは他社契約件数が常識的なレベルを超えた場合、あるいは総量規制に触れるような本人年収の3分の1近くをすでに他社債務が占めていた場合などです。

特に本人年収が低くなればなるほど、アイフルでの審査余力もなくなるのでさらに審査に通りにくくなります。

アイフルで審査を受ける場合、自分の他社債務を十分把握してから審査を受けるようにしてください。

通りにくい人の特徴③年収を無視した高限度額の申し込み

自分の年収を無視して大きな希望限度額を申込みすると、アイフルの審査が通りにくくなるので注意が必要です。

アイフルの審査も申込段階からすでに始まっていると考えてください。

その際、申込みで年収が300万円の人が、希望限度額を50万円と書いている人と、150万円と書いている人と、どちらがアイフルに対しイメージが良いか分かりますか?

もちろん限度額50万円と書いている人です。

なぜならそれは貸金業者の審査がどのようなものか、本人がよく分かっているとアイフルが判断するからです。

申込時に希望額を150万円と書いている人の中には、借金に対する意識が相当薄い感覚の人も混じっています。

その希薄な意識が申告してきた希望限度額にも現れているとアイフルは判断するのです。

貸金業者というのは本人の信用性を特に重視します。

借金に対する意識が薄い人は、貸出リスクが高い人として、アイフルの審査でも通りにくいのです。

通りにくい人の特徴④在籍確認ができない

在籍確認ができないとアイフルの審査も通りにくいです。

在籍確認というのは、金融機関共通の審査手続きで業者が申込者の勤務先(自営の場合は自宅)に電話をかけて、本人が在籍して本当に働いているかどうか確認します。

在籍確認で収入の発生源も同時に確認できるので、この手続きは審査の重要項目になっており、在籍確認なしにカードローンは利用することができなくなっています。

ところが申込者の中にはさまざまな勤務形態の人が存在しており、すべての人がスムーズに在籍確認できるわけでもありません。

もちろんアイフルとしてもできるだけ個別に申込者の事情も聞きながら在籍確認ができるよう協力しています。

しかし、それでも職場の事情とか本人の無理な希望(在席確認なしでカードローンが欲しいなど)によって在籍確認が難しいと判断すると、アイフルとしても審査を通すのが難しくなります。

在籍確認は金融業者にとって審査の要(かなめ)です。アイフルでも最終的に在籍確認が取れないと審査に通りにくい(通らない)と理解しておいてください。

通りにくい人の特徴⑤他社カードローンの審査に落ちている

アイフルの審査において、すでに他社の審査に落ちていると審査に通りにくいです。

アイフルは申し込みがあると申込者の個人信用情報を外部の信用情報機関に問い合わせしますが、そのときに他社の審査落ち状況もチェックします。

貸金業者の審査というのは基本的にネガティブ審査でありもっといえば減点審査です。100点満点の状態から本人の信用に問題点があればどんどん減点していきます。その点でいえば、他社の審査落ち情報はその減点項目の最たるものです。

そもそも何か理由がなければ審査落ちしないので、アイフルとしても「この申込者は何が原因で他社の審査に落ちたのか」徹底してチェックします。

そして落ちた原因を推測して、もしそれでも不明な点があれば、さらに審査で申込者に直接確認したうえでアイフルが申込者の説明に納得できなければ審査で落とす結果となります。

もちろん他社の審査に落ちたからといって必ずしもアイフルの審査に落ちるわけではありませんが、それでも審査に通りにくくなるのは十分に予想できます。

すでに他社カードローンの審査に落ちている状態でさらにアイフルに申し込む場合には、そのようなデメリットもあることを理解したうえでアイフルの審査を受けてください。

通りにくい人の特徴⑥申し込みで嘘をついた

アイフルの申し込みフォームへの入力はすべて申込者の自己申告です。

その自己申告の内容においてアイフルが見過ごせない嘘が混じっていたらかなりの確率で審査が通りにくくなるので知っておいてください。

嘘の具体的事例としては以下のようなものがあります。

  • 収入をごまかして高めに申告した
  • 無職なのに以前の勤務先を申告した
  • 勤続年数を盛った
  • 所得証明書類を偽造して提出した

虚偽の申告にはその他にもいろいろな種類がありますが、具体例として挙げた上記の例はいずれも嘘の中でも悪質と捉えられるケースなので、あえて警鐘を鳴らす意味で取り上げてみました。

もちろん、中には嘘をつく意図などなく、例えば実際の収入が180万円にもかかわらず記憶に頼って適当に200万円と申告する人もいます。ただこの範囲ならまだアイフルとしても「記憶違い」で大目にみてくれるでしょう。

しかし、これが200万円でなく400万円ならどうでしょうか?もちろん記憶違いで済むはずがなく、明らかに意図して嘘を申告したとアイフルもとらえますよね。

他の具体的事例でも、アイフルが申込者に勤務先発行の社会保険証の提出を求めるとか、少し時間をかけて確認書類のチェックをすれば嘘をついたことがバレてしまいます。

アイフルに嘘をついたことがバレると審査に通らないばかりか、その情報が広範囲に拡散されてしまう可能性がある※ので、以後の審査では何度申込みしても審査落ちを繰り返すことになります。

嘘をつかないことがアイフルの審査を通る第一歩ですので、正直に事実のみを申告してください。

※筆者も元銀行員なので、個人情報保護が重視される今の時代、個人に関する情報が組織を超えて簡単に拡散されているとはいいません。しかし、実務の面では、とりわけこのようなネガティブ情報は非公式にやり取りされているのが事実です。筆者も融資実行前に他組織からこの手の情報が手に入ってトラブルの発生をまぬがれた経験があります。

アイフルのキャッシング・カードローン

監修:知っ得!カードローン編集部

この記事の監修者

知っ得!カードローン編集部
知っ得!カードローン編集部編集長
「知っ得!カードローン」の編集長。執筆歴8年のカードローン専門ライター。消費者金融、銀行カードローンを含め3枚のカードローンを保有。生活困窮者や自己破産者を救いたい一心で記事を書いています。