アイフルの審査に落ちる理由・落ちた原因

アイフル

アイフルの審査で落ちるには何らかの落ちる理由や落ちた原因があります。

ただアイフルも貸金業者なので、いくら審査に落ちる理由や落ちた原因を申込者が「教えて欲しい」と頼んでも絶対教えてくれません。

もちろん教えないのには貸金業者としての正当な理由がありますが、それはさておき、分からないからといってそのままいくら他のキャッシング業者に申込みしてもさらに審査落ちする可能性もありますよね。

そこでこの記事では、アイフルの審査でなぜ落ちるか(落ちたか)、その理由や原因を探るとともに、落ちた場合にはどうするか、あるいは落ちないようにするにはどんな対策をしたらいいか、詳しく解説します。

アイフルのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

アイフルの審査に落ちる理由・落ちた原因

アイフルの審査に落ちる理由や落ちた原因には、大きく分けて以下の8つの要因が絡んでいると考えています。

ただし中には単独の理由で落ちる場合もあり、また複数の原因が絡み合って審査落ちする場合もあるでしょう。

以下で個々の理由や原因について、詳しく解説するととともに、あわせてアイフルで審査落ちしないための対策も提案します。

アイフルの申込み条件に不一致

アイフルの申込み条件に合っていない人が申込みすると審査落ちする場合があります。たとえば申込み年齢や最終利用可能年齢などです。

アイフルでは申込みできる年齢は「満20歳以上」となっていますが、中にはこの申込み条件さえきちんと確認せず申込みする人もいます。

申込時、満年齢18~19歳の人が、仮に働いていて安定した収入があったとしても、アイフルに申込みすれば年齢制限で落ちてしまいますよね。

同様に申込み条件の中に「なお、取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます」という条項もあります。

高齢化の進展で最近は消費者金融でも最終利用年齢を外すところも出てきていますが、アイフルではまだこのような条項を残しています。

つまりアイフルの利用者でも満年齢が70歳に達するとキャッシングが利用できなくなるので、もしこの年齢に近い人(たとえば満69歳の人)がアイフルに申込みしても、審査落ちする可能性が高くなっているのです。

申込み条件をきちんと確認してから申込みするようにしましょう。

スコアリングで足切り点に達していない

スコアリング(属性審査)というのは、申込者個人の持つ属性をアイフルの審査基準に沿ってスコア化、その合計得点がアイフルの足切り点を通過した人を合格者とする採点方式です。

※属性とは、一般にあるものに対し共通して備わっている性質や特徴のことです。これをキャッシングの属性審査に当てはめると次のような項目が対象となります。年齢、収入、勤務先、雇用形態、勤務年数など。

もしこのスコアが足切りラインに達してなければ、申込者はその段階で審査落ちして次の段階に進むことができません。

スコアはその人が持つ属性を業者が独自の審査基準で総合評価した結果です。

しかし審査に落ちてもアイフルは結果内容について教えてくれないので、どの属性が低く評価されたか、詳しく知ることができません。

落ちた要因として、「重要な属性の評価が著しく低かった」、あるいは「複数の属性が低く評価された」結果、基準点に到達しなかった可能性も考えられます。

以下でこれらの原因についてさらに掘り下げて説明します。

重要属性の収入が不安定または収入不足

属性審査の中でアイフルが最も重視している属性が収入です。

もしアイフルが申込者の収入が不安定だと判断するとか、希望限度額に対しあまりに収入水準が低く不足していると判定したら、審査落ちする場合があります。

一般的に収入が不安定だと判定される職業といえば、たとえば水商売関係、歩合給の労働者、農業従事者、自営業者(含むフリーランス)などがあります。

もちろん例外もありますが、これらの職業は貸金業者に収入が不安定と判断される職業の代表なので、申込者の職業がこれらに該当すれば審査落ちの可能性が高くなるでしょう。

これに比べると、収入不足は必ずしもデメリットになるわけではありません。

たとえ本人収入が低くても、アイフルが収入の安定性を認め、かつ収入に見合った限度額を許可すれば、審査に通すことは可能です。

そのほか審査に落ちる理由として、申込者は「安定した収入を確保している」と思って申込みしたにも関わらず、アイフルが「安定していない」と判断して審査落ちする場合も考えられます。

しかしこれだけは両者の認識の違いなのでどうすることもできません。

このようなケースでは、当面の対策として、本人がさらに長く勤務年数を増やし、より収入が増えたタイミングでアイフルに再申込みするしか方法はないと考えています。

複数の属性評価が低かった

スコアリングでは、評価の低い属性が複数重なった結果、基準点に到達しなかった場合、審査落ちする可能性があります。

ただしアイフルではその理由や原因を教えてくれないので、実際のところ、何が原因で審査落ちしたか、特定するのが難しいです。

一方消費者金融の場合、銀行カードローンに比べて当初のスコアリングで落ちるリスクはかなり低いと考えています。

なぜなら消費者金融は小口・短期融資を基本とする貸金業者なので、まずは多くの審査対象者を必要とするからです。

初期審査のスコアリングでどんどん申込者を落としていたら、それこそ最終審査通過者がいなくなってしまいますよね。

そのためスコアリングの足切り点も銀行カードローンに比べてやや高めに設定しています。

一方でその分貸出リスクが上がるので、高めの金利を適用することで両者のバランスを取っています。

もし消費者金融で審査落ちするとしたら、むしろその原因はスコアリング以外にある場合が多いのではないでしょうか。

スコアリングの段階で審査落ちした場合、たとえ原因の特定が難しくても、のちに重要属性である収入や勤務年数等を強化することでアイフルの属性審査を通過することは決して難しいことはない、筆者はそう考えています。

他社債務が過大

申込時に他社の債務が過大なため、アイフルの審査に落ちてしまうことも原因として考えられます。

また他社債務には質的な面と量的な面があり、質的な側面が他社債務件数です。

申込前に他社でローン契約しているのがどれくらいまで適切か、アイフル自身の判断と社会的常識という両面の判断があり断定するのは難しいと思います。

ただし通常カードローンは2社も契約していれば日常使用できるので、申込者にそれ以上契約件数があればアイフルでも慎重審査に切り替える可能性は高いです。

また量的な面では、アイフルの申込前にどれぐらい他社借入額があるかも審査に影響します。

さらに消費者金融は総量規制も受けており、一人に対しあまり多く貸出ができないという制約もあります(詳しくは下記で解説予定)。

当初から他社で大きな額を借りていると、さすがにアイフルとしても慎重に審査するようになり、審査落ちの原因となってしまいます。

信用情報に問題あり

アイフルの信用情報機関への問い合わせにおいて、申込者の信用情報に問題があった場合、審査落ちの原因になります。

「信用情報に問題あり」にも色々タイプがありますが、以下の5つのケースもその審査落ちの理由になります。

  1. 異動情報が登録されていた
  2. 返済遅延が何度かあった
  3. 過去にアイフルでトラブルを起こした
  4. 信用情報がホワイト
  5. 短期間に複数社へ申込み

異動情報が登録されていた

異動情報というのは別名ブラック情報と呼ばれ、金融機関としてもこの情報登録があれば、「最も貸出リスクの高い個人」と判断する情報のひとつです。

もしこれらの情報が信用情報機関で確認できればアイフルでも審査に通すことはありません。

異動情報とは、具体的には3ヶ月以上の長期延滞、破産等の債務整理、代位弁済、強制解約等の金融事故情報のことです。

これらは過去に利用者が該当の金融機関に対し金銭的被害を与えた証拠でありその記録なので、業者としてもこれらの情報を確認すればわざわざ審査に通すことはないでしょう。

必ず審査落ちする理由と考えてください。

返済遅延が何度かあった

返済遅延とは、金融機関と申込者が約束した毎月の定例返済日を超えて、利用者が勝手に返済日を遅らせて返済をする行為のことをいいます。

最終的にはたしかに返済はしているものの、実質契約違反なので、業者としても簡単に見過ごすわけにもいきません。

他社で返済遅延しているかどうか、アイフルが信用情報機関に問い合せすればすぐわかるので、返済遅延が繰り返されているようだと、これが原因でアイフルの審査も落ちる場合があります。

過去にアイフルでトラブルを起こしていた

申込者本人は自分のしたことを都合よく忘れてしまっている場合もありますが、過去にアイフルで金融トラブルを起こしていた場合も審査落ちの原因になります。

人間の記憶とは時間の経過とともにあいまいになるようできており、昔のことを長く正確に記憶していることもできません。

そのため申込者がアイフルで過去に利用実績があり、その時にトラブルを起こして利用停止になっていても、それから10年以上も経過していれば、そのことを忘れてまた申込みする場合もあります。

また金融事故情報でさえ信用情報機関で登録保存される期間は最長10年です。

そのため申込者が過去のトラブルを忘れてアイフルに再申込みする可能性は否定できません。

しかしアイフルは貸金業者なので、いくら昔のトラブルといっても社内では個々のトラブル情報に関しては永久保存されています。

最近は情報の検索も瞬時にできるので、過去にトラブルを起こした人を特定化するのも簡単です。

過去にアイフルでトラブルを起こしていた人がアイフルを再度利用できる可能性はまずないでしょう。

信用情報機関の利用履歴がホワイトだった

申込者の信用情報機関における利用履歴(クレジットヒストリー)がまったく登録されていない場合、アイフルで審査落ちする場合があります。

現代社会では普通の社会人で信用履歴においてホワイトであることはほぼありえないのが常識です。

たとえばクレジットカードひとつ取り上げても、社会のあらゆる場面で決済に利用されています。

利用の有無に関わらず、ほとんどの人が財布の中に最低1枚くらい持っていますよね。

そうなると信用商品の利用履歴が信用情報機関に一切登録がないというのはかなり特殊なケースであることが分かります。

そこで申込者の信用情報がホワイトだと、業者としても「なぜ登録がない?」「過去の異動情報の保存期間が過ぎたばかりでホワイトなのではないか?」と疑いの目を持っても当然ですよね。

貸出リスクがある人をできるだけ避けたいのは貸金業者の本音です。

自分の利用履歴がホワイト状態の人は、審査落ちを防ぐために、まずクレジットカードで利用実績を作ってからアイフルの申込みを検討してください。

短期間に複数申込みしていた

アイフル申込み前に申込者が短期間で複数他社申込みしていることが信用調査で分かると審査落ちする場合があります。

短期間複数申込みとは、たとえば1ヶ月の間に3社以上申込みしているようなケースです。

このような申込みは一般的に常識のある人はしないので、短期間のうちに複数他社に申し込みしていた場合、その人は貸金業者にとっても信用リスクが高い個人と見なされます。

もちろん筆者もカードローン審査に通るため複数申込みの必要性を否定はしません。

しかし信用情報機関では申込み情報は最低6ヶ月間保存されるので、できるだけ申込みの期間を空けて申込みする方がアイフルの審査落ちのリスクを避けられると考えています。

在籍確認ができない

アイフルの審査で在籍確認がうまくできないと審査落ちする場合があります。

在籍確認は貸金業者が申込者の勤務先に電話を掛けて「申込者が申告した勤務先で在籍して本当に働いているかどうか」確認する手続きです。

また信用情報審査とともにアイフルの審査で最も重視される項目のひとつです。

そのためアイフルが勤務先に何度電話してもつながらないなど、相手が応答してくれないと、在籍確認が取れないので、それが理由で審査落ちするケースがあります。

通常勤務先に電話を掛けて電話がつながらないことはまれですが、中には会社の規模が小さく日中は全従業員が外に出て対応不可な場合もあるでしょう。

しかしその場合でも申込者がアイフルに協力して対応すればどうにかなる話であり、よほどの場合を除き、在籍確認で職場の社員が電話に出られない場合はありません。

さらに申込者がアイフルに非協力的で、在籍確認に抵抗するとか、在籍確認なしで済ませられないかしつこく要求してきた場合は、その姿勢からアイフルも怪しさを感じて審査で落とす場合もあります。

審査が終わるまでは、在籍確認を含めてきちんとアイフルに協力する、この姿勢がアイフルに評価され審査通過できる第一歩です。

総量規制に触れる(触れた)

貸金業者を規制している法律、総量規制に触れる(あるいは触れた)場合、アイフルの審査に落ちる場合があります。

総量規制は主に消費者金融、信販会社を対象に、融資の量的側面から規制する法律ですが、具体的には融資総額が申込者本人の年収の3分の1を超えて貸出することができません。

そのためアイフルに申込みした人が、すでに他社で年収の3分の1を超えて借り入れしているか、3分の1ギリギリの融資を受けていた場合、アイフルが貸出しても総量規制に触れるので追加融資ができません。

当然このような申込者はアイフルとしても審査で落とすことになります。

この法律は強行法規なので消費者金融では厳格に運用されています。

自分がすでに総量規制に触れるレベルの融資を受けている人は、アイフルに申込みしても審査落ちして単に自分の信用情報を汚す結果になるだけなので、申込みは当面止めておきましょう。

審査態度に問題あり

申込者がアイフルに対し審査態度が悪かった場合も、審査担当者の心証を悪くして審査落ちする場合があります。

具体的には以下のような態度です。

  1. 担当者の質問に対する態度が非協力的で横柄だった
  2. 常におどおどした姿勢で「何か隠しているのではないか」と疑われた
  3. 審査のプロセスで一定期間までに結論を出さなかった
3.の具体的事例として
  • アイフルから求められた必要書類を出さなかった
  • 借り入れする意思表示を明確にしなかった
  • 在籍確認の協力を求められたが、本人が動かないので確認が取れなかった…など。

このような態度は申込者の信用を失うことにつながるので、審査ではあまり良い結果にならない場合が多いです。

審査中はせめて誠実な態度で臨むようにしましょう。

申込み内容に嘘が混じっていた

アイフルへの申告内容に嘘が混じっていた場合、もちろん内容や程度にもよりますが、それが原因で審査落ちする場合があります。

嘘の内容とは具体的には以下のようなものです。

  • 収入を百万円単位でごまかして高く申告した
  • 現在無職にも関わらず、以前勤めていた勤務先をあたかも勤めているように申告した
  • 勤務年数を大幅にごまかして長く勤めているよう偽装した
  • 偽装会社(アリバイ会社)から調達した嘘の所得確認書類をアイフルに出した…など。

これらは自ら信用を落とす行為なので、なぜ審査に落ちるか説明も不要でしょう。

また一度ウソをついたことがバレるとその影響はその後もかなり長く響きます。

他社で利用中のカードローンやクレジットカードにも悪く影響するかもしれません。

くれぐれも正しい事実を申告してアイフルの審査を受けるようにしましょう。

申込者が反社会的勢力に関係していた

申込者が反社会的組織に属していた、あるいは関係者だった場合、アイフルの審査では間違いなく落ちます。

「金融機関は反社会的勢力とは関わりを持たない」金融機関ではたしかに昔からこの方針はありました。

しかしそれはお題目に過ぎず、最近でも反社会的勢力が一部の銀行と取引を通じて関わっていたことが判明しました。

一方その事実が社会に知らされ銀行も世論から厳しく批判されたことから、それを契機にさらに金融機関と警察の連携が進み、今では反社会的勢力が銀行で新たに口座を開設するとか、ローンを借りることは本当に難しくなっています。

アイフルの対応もまた厳格です。

アイフルでは公式サイトで反社会的勢力に対する基本方針を上げて「会社として一切これらの勢力と関わりを持たないこと」を宣言しています。

※参照元:「反社会的勢力に対する基本方針」|アイフル

さらに金融機関相互の情報に関する連携も緊密化されているので、反社会勢力がこの連携を破ることはかなり難しくなっています。

もちろん申込者自身が反社会的勢力と関わりを持たないことはいうまでもありません。

アイフルは審査に落ちる理由・落ちた原因を教えてくれる?

前章まではアイフルで審査に落ちる理由・落ちた原因を中心に詳しく解説してきました。

それでは審査落ちした人がアイフルに対し、その理由・原因を教えてくれるよう頼んだら、はたしてアイフルは答えてくれるでしょうか?

残念ながら答えは「ノー」です。一切教えてくれません。

それではアイフルはなぜ申込者の問いに答えてくれないのか、その理由について詳しく解説します。

アイフルは審査落ちの理由や原因は教えてくれない

審査に落ちた申込者がアイフルにその理由や原因をしつこくたずねてもアイフルは絶対答えてくれません。

返ってくる答えは常に「審査した結果です」これだけです。

これは筆者自身、元銀行員だったので、ローン審査の結果を相手に伝える経験を何度もしており、その背景からアイフルの審査担当者の姿勢も分かります。

また同時に、不明な点を質問してどうにかして活路を見出したい申込者の気持ちも痛いほど分かります。

でも申込者の追及姿勢に負けて、落ちた理由を答えたところで担当者にとって良いことはひとつもありません。

なぜなら審査落ちした理由や原因を公開することは、まさにアイフルの審査に関する企業秘密を暴露することにほかならないからです。

アイフルの社員とてたかがひとりのサラリーマンに過ぎません。

社内規則に反してまでそのような軽率な行為をするわけにいかないのです。

アイフルが審査落ちの根拠を教えない主な理由

アイフルの担当者が審査落ちした理由・原因を教えないのは、審査基準を公開することを会社に禁じられているからです。

うかつにその一部でも外部に漏らしたら、その行為を持って社内で罰せられます。

さらに担当者がどんな理屈をつけて説明したところで、審査落ちした人は複雑な気持ちにさいなまれており、素直に聞いてくれるとは限りません。

私の過去の体験でも審査落ちした人の多くが反感的な態度で聞いていました。

そのような状況で下手に回答すればさらに事態を悪化させることが目に見えています。

そこで金融機関の担当者はまさに判で押したように「審査した結果です」としかいわないよう厳しく訓練されているのです。

そうすれば相手も抵抗しても無駄と悟り最後は引き下がらざるを得ません。

こういう時、審査に落ちた人は無駄な抵抗を試みず、素直に自分の弱点を反省し、できるだけ早く次のチャレンジを開始した方がマシだと筆者は考えています。

アイフルの審査に落ちたらどうする?

それではアイフルの審査に落ちた場合、申込者はどのようにしたらいいのでしょうか?

以下で2つの対応策について解説します。

  1. アイフル以外(他社)で申込みする
  2. 時間を空けてアイフルに再申込みする

他社で申込みする

キャッシング業者は一社だけでありません。

アイフルと同レベルの業者もいくつもありますし、業者ランクを下げるとか、業態を変えて別の金融機関に申込する方法もあります。

申込み業者を変えれば、審査基準も異なるので、たとえアイフルで審査落ちしても他社でパスする場合もあるでしょう。

ただしアイフルの審査落ちの理由が、主として信用情報に基づく場合だと、仮に申込先を変えても審査落ちを繰り返す可能性が高いです。

この場合は申込みしても無駄なので、対策として信用情報の登録期間が過ぎて当該情報が抹消されるまで、当面申込みを止めるという方法も考えられます。

しばらく時間を空けてアイフルに再申込みする

アイフルの審査で落ちた後、しばらく間を空けてアイフルに再申込みするという方法もあります。

もちろん審査に落ちたからといってアイフルに再び申込みすることはできます。

ただし初回と2回目の申込み時では、その間に属性を含む申込み条件に何らかの変化がないと、かなりの確率でアイフルの審査にまた落ちる可能性が高いです。

なぜなら初回で一度その条件で審査落ちしているからです。

したがって再申込みはできるのですが、再審査をパスするためには一定の条件を満たす必要があります。

  • 前回のアイフル審査より申込条件で良くなっているものがある(たとえば社内で地位が上がり収入が増加した、より安定度の高い職場に転職できたなど)
  • 金融トラブルなく信用情報がきれいなままである
  • アイフルでこの間、何のトラブルも起こしていない
  • 再申込みのタイミングは最低前回から6ヶ月以上空けている
  • 初回と2回目の申込みの間に他社申込みを繰り返していない…など。

これらの申込み条件を満たし、きちんとした対策が取れていれば、前回もし審査に落ちていても、その努力を認めてアイフルは前向きに審査してくれるでしょう。

アイフル審査落ち|まとめ

アイフルで審査に落ちる理由・落ちた原因として、8つの項目を取り上げ詳しく解説するとともに、あわせて申込者が取れる対策も紹介してきました。

アイフルの審査は、申込条件をきちんと整えて申込みすれば、それほど苦労することなく、審査に通りカードローンを借りられます。

しかしアイフルの審査で、申込者のうち約半数が審査落ちしている実態を踏まえると、原因の多くがやはり上記の8つの項目が絡んで落ちたといわざるを得ません。

ただしその原因に気づくのも、審査に落ちてもまた努力を重ねて弱い点をカバーするのも本人次第だと思います。

この記事が申込者の審査落ちの理由や原因を解明するために貢献できることを願います。

アイフルのキャッシング・カードローン