アイフルの審査は通りやすい?通らない?

アイフルの審査は通りやすいのでしょうか?それとも通らない?

これはアイフルの申込みを考えている人なら誰でも最初に思い描く疑問ではないでしょうか。

申込みしたらもちろん、審査をスムーズに通って早くカードローンを手に入れたいと思います。

しかしこれはアイフルの側からいうと、それほど簡単なものではありません。

貸金業者として融資する以上、最後には金利も含めてきちんと元金を回収する必要があります。

回収できず融資を焦げ付かせてしまうと、アイフルとしてもその損失分をカバーするため、他の利用者の金利を引き上げるなどして対策しなければなりません。

しかし業者としては商売をしているので、それはできるだけ避けたいところです。

そこでアイフルとしても審査を厳格化して貸出リスクを下げようとします。

ただしすべての申込者に対し審査を厳格にすると、たしかに貸出リスクは下るものの、それを嫌って申込者が減って他社に流れるというジレンマが生まれます。

そこでジレンマを避けて、アイフルの申込者を増やしつつ、同時に貸出リスクを下げるのがまさに審査のツボとなります。

今回の記事はそのアイフルの審査について、どのような人がアイフルの審査に通りやすい人か、また逆に審査に通りにくい(通らない)人か、その特徴を中心に詳しく解説します。

アイフルのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

アイフルの審査は通りやすいのか?それとも通らない?

アイフルの審査は通りやすいか、それとも通らないかというと、簡単に断言することはできません。

まさに申込者次第だといえます。

しかしアイフルの申込者数は膨大です。

もし一人ひとりに時間を掛けて審査していると経営があまりにも非効率になります。

そこで経営効率化の観点から、審査で問題ない人は最小限のチェックでどんどん通すとともに、一方できちんと審査する必要のある人は徹底して時間を掛けているのです。

それが申込者によって審査時間が大きく異なる理由です。

アイフルの審査基準は大きく分けて3つの項目からできています。

属性審査(スコアリング)、信用情報審査、そして在籍確認です。

これらの審査を迅速かつ厳格に行うことでアイフルは、貸出リスクの低い、いわゆる信用力や返済能力が高く「審査が通りやすい」個人に貸出することができるようになります。

次章では、どのような特徴を持った申込者が「アイフルの審査に通りやすい」のか、詳しく解説します。

アイフルの審査に通りやすい人の特徴

アイフルの審査に通りやすい人の特徴は下記の4つに集約することができます。

  • 信用情報
  • 他社債務
  • スコアリング
  • 勤務状況

これらはどれを欠いても審査に不利に働くので、全体としてまんべんなく満たせる人がまさにアイフルの審査に通りやすい人といえるでしょう。

信用情報がきれい

個人の信用情報がきれいな人はアイフルの審査に通りやすい人です。

アイフルを含む金融業者は、申込みを受けると審査でまず申込者の信用情報を外部の信用情報機関へ照会します。

なぜならいくら申込者の属性(収入や勤務先、勤務年数等)が評価できても、肝心の人物としての信用に問題があれば、融資をしても後でトラブルを起こされる可能性が高いからです。

貸していったんトラブルを起こされたら、業者としてもその対応に貸出の何倍ものエネルギーを費やせられます。

それならできればリスクは入り口で食い止めたいのが本音ですよね。

そして防止のための具体的方法が外部信用情報機関への信用照会なのです。

金融業者が加盟する信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に申込者の個人情報を問合せすれば、本人の信用商品に関する履歴はほとんど分かります。

具体的には、過去から現在までの利用履歴(クレジットヒストリー)や申込み情報、そして異動情報、いわゆるブラック情報などです。

アイフルでも異動情報や本人の信用に問題がありそうな利用履歴が確認されると審査を通すことができません。

逆をいえば、このような本人の信用を落とす情報の登録がなく、信用情報がきれいな限り、アイフルの審査に通りやすくなるのです。

他社の債務が少ない

申込時、他社の債務が少ない申込者はアイフルの審査に通りやすい人です。

他社の債務といえば2つの視点、他社契約件数、他社債務残高から考える必要があります。

まずアイフルが他社の契約件数がどれくらいから問題ありと考えるか、その基準は公表されていないので断言することはできません。

しかし通常、申込み前にすでに他社で3~4社もカードローンの契約数があると、すでに多重債務者と見なせるので、アイフルとしてもあまり貸したくはないのではないでしょうか?

そういう意味で、他社契約件数は少なければ少ないほど、アイフルの審査は通りやすいといえます。

一方他社債務残高に視点を移すと、こちらは割と明快に目安が立てられます。

アイフルは貸金業者として総量規制の量的制限を受けているので、最大でも本人年収の3分の1を超えて融資することができません。

さらに同業他社ですでに借り入れがあった場合、この残高が融資総額に加算されるので、アイフルが貸せる融資額はさらに低くなります。

つまり逆をいえば、アイフル申込み時にもし、まったく他社に借り入れがないか、あっても借入残高が低ければ、アイフルの審査が通りやすくなるのです。

ちなみにアイフルは、外部の信用情報機関へ信用照会した時、他社契約件数や借入残高も同時に確認するので、申込者が「どうせ分からないだろう」と高をくくってウソを申告しても、全部分かってしまいます。

そういう意味ではウソを申告することは審査には逆効果なので絶対やってはいけません。

属性審査でスコアリングの結果が高い

アイフルのカードローン審査の基本は属性審査(スコアリング)です。

このスコアリングで高スコアが取れた人ほど、アイフルの審査が通りやすくなります。

属性審査とは、申込者の属性(年齢、収入、勤務先、勤務年数等)をアイフルの審査基準に沿ってスコア化し、一定以上の得点が取れた人を属性審査の合格者とする方式です。

またどの属性を高くあるいは低く、相対評価するかは業者ごと取扱いに差があり、それがまた金融業者の独自性の違いともなっています。

ちなみにこのスコアリングの内容についてはどの業者も公表していません。

また最近のスコアリングは、審査の効率化からすべて自動審査となっており、申込者自らパソコン、スマホ経由でネット申込みすれば、瞬時にスコアが計算され結果が分かるシステムになっています。

アイフルの場合も、スコアリングで足切り点を設けているので、この基準点以下のスコアでは次の審査段階に進むこともできず審査落ちします。

しかし申込者のスコアが基準点を超えてスコアが高ければ高いほど審査が通りやすくなっています。

勤務状況が安定している

アイフルでは申込者の職場での勤務状況が安定し、また勤務年数が長いほど、審査に通りやすくなっています。

アイフル含む消費者金融は小口・短期融資が基本です。

そのため、申込者の収入が大きく返済能力の高い人は大きな限度額のカードローンが利用できますが、アイフルの主な利用者はそのような高限度額利用者ばかりではありません。

多くが限度額30万円~100万円クラスまでの利用者です。

そうなるとアイフルの審査のポイントも、単に本人収入の高さだけでなく、申込者が同じ職場でいかに長く安定して勤めているかが重要になります。

またそれはアイフルが求めている「安定した収入」を確保している根拠にもなるのです。

その点で、収入に対し返済のバランスが取れていて、かつ働いている職場で一定の勤務実績があれば、その人はアイフルの審査に通りやすい対象者だといえるでしょう。

雇用形態はアイフルの審査であまり気にしなくて良い

アイフルの審査においては、申込者がどのような雇用形態(正社員、パート等)で働いているか、ほとんど気にする必要はありません。

アイフルの申込者が一定の職場で長く働いているとしてもその雇用形態はバラバラです。

正社員の人もいれば、パート・アルバイト、あるいは契約社員・派遣社員の立場の人もいることでしょう。

では雇用形態はアイフルの審査において重要な要素なのでしょうか?

結論からいえば、それほど重要ではありません。

むしろアイフルの中では重要度からいえば低いほうの審査項目ともいえます。

アイフルの利用者層は幅広く、正社員からパート・アルバイト、派遣社員から個人事業主までいるので、その点で雇用形態についてはほとんど気にしなくてよいレベルです。

申込時の年齢基準を満たし、安定した収入と一定の勤務実績さえあれば、アイフルのカードローンを申込みできて審査が受けられます。

ただし繰り返しますが、申込み時点で申込者の個人信用情報が汚れていればこの限りでありません。

アイフルの審査に通りにくい(通らない)人の特徴

前章ではアイフルの審査に通りやすい人の特徴を上げましたが、この章では逆にアイフルの審査に通りにくい(通らない)人の特徴を取り上げて詳しく解説します。

以下で取り上げる6項目のうち、どれかに申込者が該当する場合、アイフルの審査が通りにくく(通らなく)なります。

信用情報を汚した人は審査に通りにくい

金融業者との取引において、過去もしくは現在、申込者が自分の個人信用情報を汚していたら、アイフルの審査は通りにくいです。

アイフルのカードローンは無担保無保証型の個人融資です。

申込者の融資が焦げ付いたとき、アイフルが損失をカバーする方法は何もないので、融資を決定するのは本人の信用と支払能力がすべてとなります。

特に無担保型ローンの審査では、信用というのは支払能力以上に重視されますが、信用というのは目に見えない分、外部から審査するのも難しいです。

そこでアイフルとしても、申込者の信用を測るモノサシとして活用しているのが、自社が加盟している信用情報機関CICとJICC(日本信用情報機構)の登録情報です。

信用情報機関には、個人の信用商品に関するあらゆる情報が網羅されているので、その項目をチェックすることで、申込者の信用の程度を推し量ることができます。

その点ですでに自分の信用情報を汚している人は、程度にもよりますが、アイフルの審査に通りにくい状態になっています。

アイフルが信用情報チェックで特に確認するのは以下の3つの情報です。

  • 異動情報(ブラック情報)
  • 返済遅延情報
  • 他社の申込み情報

以下、詳しく解説します。

長期延滞・債務整理・代位弁済・強制解約は審査通過が厳しい

長期延滞・債務整理・代位弁済・強制解約、これらの4項目は異動情報、通称ブラック情報と呼ばれています。

信用情報機関でこれらの情報登録があれば「申込者の信用度ゼロ」と判断され、アイフルの審査に通ることはまずありません。

長期延滞は過去の各種返済で3ケ月以上返済が遅れて、そのまま滞納状態になっている状態のことです。

債務整理とは要するに借金を法的に整理した記録のことで、具体的には破産や自己再生等の手続きがこれに当たります。

代位弁済というのは、申込者が返済不能になり、金融業者の債務を保証会社に肩代わりしてもらった記録のことです。

強制解約というのはカードローンやクレジットカードの利用状況が悪く、最終的に業者にその信用商品を強制的に解約されてしまって使えなくされた事実を指します。

これらの情報はすべて利用者が金融業者に金銭的被害を与えてしまった過去の記録であり、業者としても再度取引はしたくない相手です。

またこれらの情報は登録機関で5年~10年間保存されているため、本人が保存期間中に何度申込みを繰り返しても、都度申込みを受けた業者がこの情報を確認するので、審査落ちするという結果になります。

返済遅延は起こした頻度による

返済遅延とは、業者と申込者の間で約束した毎月の返済日に遅れて返済をする行為です。

返済遅延は、最終的には毎回返済しているので、長期延滞ほど悪質ではないですが、業者に対し利用者の信用を損なう原因のひとつになります。

また返済遅延は遅延の都度、業者内部で記録として残るとともに、信用情報機関にも通知されて一定期間登録保存されます。

またこの記録も、異動情報と同様、他社からの信用照会で確認可能なので、あまり遅延の頻度が多いと他のローンやクレジットカードの審査にも悪く影響します。

特に銀行ローンの場合、返済遅延といっても取扱いは厳格であり、2~3回程度遅れるだけで本人の信用は相当低下したと思っても間違いありません。

またこれは消費者金融でも取扱いは同じです。

もちろん遅延が何回目から返済遅延として信用情報機関に報告するか、業者によって取扱いに差はあるものの、いったん情報機関に登録されてしまうと最低限6ケ月間記録は消えません。

それだけに返済管理を徹底し、返済遅延を起こさないことが自分の信用を傷つけない一番の対策になるのです。

短期間の多重申込みに注意

アイフルでは信用情報の問い合わせで「他社の申込み状況」という項目もチェックします。

これでもし、他社で短期間に複数申込みしていることが分かると審査に通りにくくなります。

これはあくまで筆者の目安ですが、1ケ月間にもし3社も集中して申込みがなされていれば、さすがにアイフルとしても警戒感を持つことになるでしょう。

通常の金融取引では、そのような申込みする人は常識が欠けていて信用性に乏しいと判断されるからです。

信用情報機関では申込み情報は6ケ月間保存されるので、短期間に申込みを集中させる行為は余計に目立ちます。

申込みサイクルをよく考えて申込みするようにしましょう。

他社の債務が一定レベルを超えると審査に通りにくい

他社に債務があるからといってアイフルの審査が通らないわけではありません。

また銀行カードローンの審査に比べて、大手消費者金融の審査はやや弾力的であり、他社債務があっても審査には通ります。

しかし他社債務が一定レベルを超えると、さすがアイフルでも審査が通りにくくなります。

それは他社契約件数が常識的なレベルを超えた場合、あるいは総量規制に触れるような本人年収の3分の1近くをすでに他社債務が占めていた場合などです。

特に本人年収が低くなればなるほど、アイフルでの審査余力もなくなるのでさらに審査に通りにくくなります。

アイフルで審査を受ける場合、自分の他社債務を十分把握してから審査を受けるようにして下さい。

年収を無視して大きな限度額を申込むと審査に通りにくい

自分の年収を無視して大きな希望限度額を申込みすると、アイフルの審査が通りにくくなるので注意が必要です。

アイフルの審査も申込段階からすでに始まっていると考えて下さい。

その際、申込みで年収が300万円の人が、希望限度額を50万円と書いている人と、150万円と書いている人と、どちらがアイフルに対しイメージが良いか分かりますか?

もちろん限度額50万円と書いている人です。

なぜならそれは貸金業者の審査がどのようなものか、本人がよく分かっているとアイフルが判断するからです。

申込時に希望額を150万円と書いている人の中には、借金に対する意識が相当薄い感覚の人も混じっています。

その希薄な意識が申告してきた希望限度額にも現れているとアイフルは判断するのです。

貸金業者というのは本人の信用性を特に重視します。

借金に対する意識が薄い人は、貸出リスクが高い人として、アイフルの審査でも通りにくいのです。

在籍確認ができないと審査に通りにくい

在籍確認ができないとアイフルの審査も通りにくいです。

在籍確認というのは、金融機関共通の審査手続きで、業者が申込者の勤務先(自営の場合は自宅)に電話を掛けて本人が在籍して本当に働いているかどうか確認します。

在籍確認で収入の発生源も同時に確認できるので、この手続きは審査の重要項目になっており、在籍確認なしにカードローンは利用することができなくなっています。

ところが申込者の中には色々な勤務形態の人もおり、すべての人がスムーズに在籍確認できるわけでもありません。

もちろんアイフルとしても、できるだけ申込者の個別事情も聞いて在籍確認できるよう協力しています。

しかしそれでも職場の特殊事情とか、本人の無理な希望(在席確認なしでカードローンが欲しいなど)によって在籍確認することが難しい場合、審査を通すのが難しくなります。

在籍確認は金融業者にとって審査の要(かなめ)です。

アイフルでも最終的に在籍確認が取れないと審査に通りにくい(通らない)と理解しておいて下さい。

他社の審査に落ちていると審査に通りにくい

アイフルの審査において、すでに他社の審査に落ちていると審査に通りにくいです。

申込みがあればアイフルは、申込者の個人信用情報を外部機関に問合せしますが、その時に他社の審査落ち状況もチェックします。

貸金業者の審査というのは、基本的にネガティブ審査であり、もっといえば減点審査です。

100点満点の状態から、本人の信用に問題点があればどんどん減点していきます。

その点で、他社の審査落ち情報はその減点項目の最たるものです。

そもそも何か理由がなければ審査落ちしないので、アイフルとしても「この申込者は何が原因で他社の審査に落ちたのか」徹底してチェックします。

そして落ちた原因を推測し、もしそれでも不明な点があれば、さらに審査で申込者に直接確認した上で、アイフルが申込者の説明に納得できなければ審査で落とす結果となります。

もちろん他社の審査に落ちたからといって、かならずしもアイフルの審査に落ちるわけではありませんが、それでも審査に通りにくくなるのは十分予想できます。

すでに他社審査に落ちていて、さらにアイフルで申込みする場合、そのようなデメリットもあることを理解した上でアイフルの審査に臨んで下さい。

申込書の内容にウソがあると審査に通りにくい

アイフルの申込みにおいて、申込書への入力・記載内容はすべて申込者の自己申告です。

その自己申告の内容において、アイフルが見過ごせないウソが混じっていたら、かなりの確率で審査が通りにくくなるのでよく知っておいて下さい。

ウソの具体的事例としては以下のようなものがあります。

  • 収入をごまかして(誤魔化して)高く申告した
  • 勤務先を辞めて現在無職なのにあたかも勤めているように旧の勤務先を記入した
  • 勤務年数がまだ半年も経たないのに3年以上勤務しているように書いた
  • 偽造した所得証明書をアイフルに提出した

虚偽の申告にはその他にも色々ありますが、具体例として挙げた上記の4例はいずれもウソの中でも悪質ととらえられるケースなので、あえて警鐘を鳴らす意味で取り上げてみました。

もちろん中にはウソをつく意図などなく、たとえば実際の収入が180万円にも関わらず記憶に頼って書いて200万円と申告する人もいます。

ただこの範囲ならまだアイフルとしても「記憶違い」で大目に見てくれるでしょう。

しかしこれが200万円でなく、400万円ならどうでしょうか?

もちろん記憶違いで済むはずがなく、明らかに意図してウソを申告したとアイフルもとらえますよね。

他の具体的事例でも、アイフルが申込者に勤務先発行の社会保険証の提出を求めるとか、少し時間を掛けて確認書類のチェックをすれば、ウソをついたことがバレてしまいます。

ウソをついたことがバレると、審査落ちどころか、その情報が広範囲に拡散されてしまう可能性がある※ので、以後の審査では何度申込みしても審査落ちを繰り返すことになります。

ウソがないことが申込書記載の基本ですので、アイフルの審査でも正直に事実を申告して下さい。

※筆者も元銀行員なので、個人情報保護が重視される今の時代、個人に関する情報が組織を超えて簡単に拡散されているとはいいません。しかし実務の面では、とりわけこのようなネガティブ情報は非公式にやり取りされているのが事実です。筆者も融資実行前に他組織からこの手の情報が手に入ってトラブルの発生をまぬがれた経験があります。

アイフルは審査通りやすい?通らない?|まとめ

アイフルの審査は通りやすい、それとも通らないという視点から、審査に通りやすい人の特徴、通らない(通りにくい)人の特徴を挙げて、詳しく解説してきました。

アイフルに関わらず、どの金融業者でも、基本的な審査基準を満たすことができれば、審査に通ってカードローンは借りられます。

ただし実際の申込み場面では、初回借り入れでなくすでに他社債務がある、過去に返済遅延した、まだ勤務して数ケ月も経っていないなど、色々な制約条件の下で申込みをして審査を受けなければならない人の方が多いことでしょう。

それでもアイフルの審査は総合審査です。

ひとつの項目が低い評価を受けても、他の審査項目でそれを十分カバーできるのであれば、審査に通ってアイフルが借りられる可能性は残っています。

自分がどの面で強く、どの面が弱いか、十分に自己分析して対策をした上でアイフルの審査通過を目指して下さい。

アイフルのキャッシング・カードローン