カードローンの審査は年収が低いと審査で不利?

カードローン審査

カードローンを利用しようと思う時、一番気になることが「自分はお金を借りることができるのだろうか」ということではないでしょうか。

私もお金を初めて借りる時に、「年収これだけしかないのに、本当に借りることができるのかな」ととても不安になりました。連絡が遅いところだったので、2、3日ヒヤヒヤしたのを今でも思い出します(今のカードローンは審査がとても早いので、こんなにやきもきすることはありません)。

カードローンの審査において、年収はどのような影響を及ぼすのでしょうか。また、年収によって借りられる額は決まってしまうのでしょうか。そして年収が高ければ何の問題もないのでしょうか。カードローンを利用する前にちょっとでも不安を解消しておきたいですよね。

ここでは、カードローンにおける年収と審査の関係を詳しく解説していきます。

年収が高いとカードローンの審査に通りやすい?

一般的には、年収が高いと借りやすいです。特に公務員といった安定的な職業についている人には、どの金融機関もお金を貸したがります。引っ張りだこです。

けれども、「年収が高い=必ず借りられる」とも限りません。なぜなら、年収だけが重要という訳ではないからです。

先ほど公務員はどこの金融機関でも貸したがるという話をしましたが、公務員は借りやすいが為に、逆に金融事故(お金を返せないこと、返済日に口座にお金が入っていないこと)も多く、過去に金融事故を起こしている場合には、いくら年収が高くても借りることはできません。

※金融事故を過去に起こしたことがあるかどうかの成績表みたいなものが存在します。それが「信用情報」。「ブラックリスト」と呼ばれることもあります。

逆に年収が低くても、今までにクレジットカードなどの支払いできちんと支払いをしてきた実績があるような人は、審査でプラスに働くこともあります。また、クレジットカードの取引経験がない人だと、「この人はきちんと支払いができるのか」不安に思われて、審査にマイナスに響くこともあります。

若い人は取引の経験がなくても、あまり気にしなくていいかもしれませんが、ある程度、歳を重ねている人で金融取引経験がゼロだと、ローンやクレジットカードを作れない事情(破産など)があるのかと勘ぐられてマイナスになることもあります。

そういうわけなので、「年収が低いから無理」という風に考える必要はありません。カードローンの審査では信用情報など年収以外の別の要素が重要になってくるわけです。

年収のせいで借りられないということはありませんが、年収によって借りられる額は変わってきます。その根拠は総量規制という法律。

カードローンで借りられる額は年収次第?総量規制とは

総量規制とはざっくりいうと、「貸金業者(消費者金融や信販会社等)は年収の3分の1までしかお金を貸してはいけませんよ」という法律です。

昔、あちこちでお金を借りて返せなくなる人が大量発生。社会問題になりました。その問題を受けて、国が「あんまり高い金利で貸してはいけないよ。その人が返せない額を貸してはいけないよ」と法律を改正しました(貸金業法)。

過払金請求のテレビCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。あれは、昔、貸金業者が取りすぎていた利息分を利用者に返す、というものです。

これから新規でカードローンを利用する人にとっては、そんな高い金利で利用できないので過払金請求は関係のない話ですが、きちんとしていない金融機関(いわゆる闇金ですね)で借りると、とんでもない金利を設定されてしまうので、きちんとしたところで借りるようにしたいところです。

総量規制によると具体的には、年収300万円の人が審査の時に「150万円貸してください」といった場合には、審査落ちする可能性が高くなります。

※減額で審査通過することもあります。例えば、「150万円は無理ですけど、30万までなら借りられますよ」という結果になる、ということです。

けれども、「年収の半分もカードローンで調達したいなんて、この人は一体どうしたんだろう」と疑問に思われて、審査落ちすることもあるので、「可能な限り、いっぱい!」と多くを申し込みするのはやめましょう。

年収に比べて、多くの借り入れをしたいような時は、まずは「目的別」のローン利用を検討することをオススメします。学費であれば教育ローン、車であれば、マイカーローンなどです。

また、病気や介護といった事情があるような場合には、民間の借り入れを検討する前に、市役所などで生活福祉資金貸付制度といったような公的なものを検討しましょう。

銀行カードローンは総量規制対象外

「年収の3分の1だったら必要な分には足りない!」そういう人もいると思います。例えば、専業主婦などであれば、そもそも年収というものが存在しません。そうしたら総量規制の対象となる貸金業者から借りることはできません。

その場合、頼りになるものが銀行のカードローンです。銀行は総量規制の対象外となるので、銀行カードローンであれば、年収が低くても、収入がなくても借りられる可能性があります。また、銀行のカードローンの方が、一般的には、貸金業者のカードローン(キャッシングと言われることも多い)よりも金利が低いことも多いです。

年収が低くても借りられる、金利も低い、となれば利用しない手はないかもしれません。現時点(2018年1月)では、銀行のカードローン利用者の半分が年収の3分の1以上をカードローンで利用しているという調査報告もあります。

魔法のような銀行カードローンの落とし穴

金利も低い傾向にあり、年収も不問。銀行のカードローンはまるで魔法のようです。けれども、そこには落とし穴も。

「マイナス金利」という言葉を聞いたことはありますか?ここでは、そんなに難しい話をするつもりはありません。ただ、このマイナス金利は銀行の収益を圧迫しているものだ、くらいに思っていてくれたらいいのです。

このマイナス金利のせいで銀行は住宅ローンといった、様々なローンがとにかく儲かりません。だから、カードローンを貸したい。住宅ローン金利が1%前後をうろうろする中、カードローンは10%という金利を取れる稼ぎ頭。優等生。だから、どこの銀行もカードローンの取り組みを強化したわけです。

結果として、再度、借金を抱えた人が増加。国はそれを問題視しました。「銀行にも総量規制をかけてやろうか」と。

現状、銀行には総量規制はありません。けれどもテレビCMは自主規制。一時よりもテレビでカードローンCMを目にする機会は減ったのではないでしょうか。

また、独自に総量規制を設定し始めた銀行もたくさん存在します。だから、今、総量規制対象外だからといって、銀行で年収の3分の1以上の借り入れをしようとしても、審査落ちする可能性は高いと考えられます。

銀行のカードローンを選ぶ際にも、総量規制については頭に入れて審査に臨むようにしましょう。そうでないと「なぜ落ちたのか」をもんもんと悩むハメになるかもしれません。

年収から借りられる金額の予測ができる!目安はいくら?

貸金業者(消費者金融や信販会社等)では総量規制により年収の3分の1までしか貸せないという話をしてきました。

じゃあ、逆にいうと「年収がわかれば、借りられる額がわかるの?」と思われる方もいるのではないでしょうか。年収が300万円であれば100万円。年収が600万円であれば200万円、という風に。

けれども、実際には年収だけでいくら借りられるかを判定するのは難しいです。なぜなら、審査では年収だけではなく、職業や今までの金融取引(クレジットカードの利用歴や各種ローンなど信用情報に基づくもの)など様々な要素が絡み合っていて、「こういう人だったら、◯◯万円まで貸せるな」というのは、金融機関によって独自に計算されるからです。

総量規制はあくまでも上限。なので、年収が300万円だからといって、必ずしも最初から100万円貸してくれるというわけではありません。この100万円という数字は最終的に借りられる上限額。最初は少ない金額からスタートすることがほとんどです。

取引をする中で「この人は借りたお金をきちんと返せる人だな」と判断されて、少しずつ貸してもらえる額は上がっていきます。付き合って行く中で、少しずつ信用も積み重ねて行く必要がある、というわけなのです。

年収が高いとカードローンの金利的には有利になる

年収が高くても、借りられる上限枠が広がるだけで審査には大きく影響しません。けれども、もう1点、年収がカードローンへ影響を与えることがあります。それが金利です。

カードローンの金利は大体「5%〜17%」という幅がある表記になっています。「できれば、低い金利で借りたい。最低金利を利用したい」と思うでしょうが、大体の人は最低金利での利用は不可能です。また、最初から最低金利で利用できる人は、全くいない、ゼロと言っても過言ではありません。というのも、借り入れ枠(限度枠のこと)と金利は比例するからです。

借り入れ枠が大きくなればなるほど、金利は低くなる仕組みになっています。総量規制があるので、年収が高い人でなければ、大きい借り入れ枠を設定することはできません。また、年収が高いからといって、すぐに大きい借り入れ枠を設定してくれる訳ではないので、年収が高くても比較的高めの金利からスタートすることになります。

だから、「年収が高い=金利が低い」という単純な図式は成り立たないわけです。年収が高くて、なおかつ、何回か借りてきちんと返済している人だけが最低金利に辿りつけるというわけです。

年収の高低は審査にはほとんど影響しないけれど、金利と借入額には影響してくるということです。

ちなみに、借り入れ枠は取引をしているうちに最大で総量規制のライン(年収の3分の1)まで増額されますが、枠はただの上限ラインなので、上限まで全部借りる必要は当然ありません。借り入れ枠が増額されれば、それに従って、金利は下がっていく仕組みになるので、借り入れ枠の増額はプラスに考えましょう。けれども、枠が広がったからといって、不必要な借り入れには要注意です!

借りられる額ならいくら借りても大丈夫?

総量規制は利用者保護!返せない額を貸すような悪徳業者は滅びろ!というわけで、基本的には、返せないような大きな額の貸付を禁止することで、国は利用者保護をはかっています。ありがたい話です。

じゃあ、借りられる額ならいくら借りても大丈夫?生活は守られる?注意が必要なことは、総量規制で定められた年収の3分の1というのは、総支給額の3分の1ということです。手取りではありません。

総支給額というのは、所得税や住民税、年金、社会保険料などの諸々を引く前の金額です。源泉徴収票を見ている人ならわかると思いますが、結構な額を引かれています。色々引かれたあとの金額が手取りです。

個人的には、借入額の上限は「手取り額」の3分の1に設定すべきだと考えています。そう考えると、総支給の4分の1くらいが妥当なのではないでしょうか。だから、借りられるからといって、枠いっぱい借りてしまうことにはくれぐれも注意が必要です。

また、ここで注意が必要なのは、意外にも年収が高い人です。年収が高い人は、金利も低いし、利用額も高く、有利な条件が揃っているように思われますが、実際には、高所得者ほど破綻が多いのです。というのも、年収が高いと税金や社会保険料も高くなっていくからです。

けれども、貸す側はそれとは関係なく、総支給額の3分の1まで貸してくれます。意外と、高所得な人の資金繰りが失敗して破産してしまうロジックがここにあるというわけなのです。金利が低いといっても、借入額が大きければ、利息負担分は当然大きくなりますしね。

年収で嘘の申告をしてもいいの?

「年収は少ないけれど、借りる必要がある、嘘をついたらだめ?」少額の借り入れであれば、証拠書類(源泉徴収票)をだす必要もなく、嘘をつく誘惑にかられるかもしれません。正直、初めての借り入れで他所の金融機関で年収申告をしていなければ、嘘を見抜く方法はありません。

ですが、他の金融機関での申し込みでバレることもありますし、バレたら「年収が少ないから」で断られるのではなく、「嘘つきだから」で断られることになります。もちろん、その理由については教えてはもらえませんが…。

嘘をついて借りることができたところで結局、返せない額を借りてしまうと後で自分が困ります。審査における嘘はデメリットであっても、メリットはないと心得ておきましょう。

では「自分の正確な年収を覚えていない」という場合はどうでしょうか。この場合は、ざっくり月の手取りを12ヶ月かけて申告すれば大きく外すことはないでしょう。過少申告は問題にならないことがほとんどです。

手取りであれば、総支給額よりも少なく見積もることができるので、まず問題ないと思われます。結果として、借入額は減ることになりますが、私個人としては、手取りの3分の1程度の借り入れが適正だと考えているので、それで問題ないと思います。それじゃ困る、という場合には、きちんと自分の年収を調べましょう。

カードローン審査と年収の関係|まとめ

カードローンを利用する時に年収のことが気になる人が多いと思い、年収と審査の話をわかりやすくまとめてみました。

  • カードローンを利用する時には、年収は大事。だけど、年収以外の要素(信用情報)とかもあるので年収が高ければそれでOKということはない。
  • カードローンの借り入れ上限は年収の3分の1。総量規制があるから。
  • 借りられる額であれば安全、ということはないので、自分の手取り額を見て判断しましょう。
  • 「念のためたくさん」借りるのではなく、必要額を借りることをオススメします。

カードローンを利用する時には、年収が低いことをそんなに気にする必要はありません。年収に応じた結果でカードローン会社はお金を貸してくれるからです。その数字は総量規制というルールで守られた数字なので、利用者としてもありがたい制限と言えるでしょう。

けれども、総量規制は全ての人に対しての画一的なルールです。年収が高い人は、税金や社会保険料が高いこともあるでしょう。趣味などにお金がかかる人もいるかもしれません。全ての人が年収の3分の1を借りても大丈夫、というわけではないのです。

いくらまでならお金を借りられるのかを考えるより、自分の中でどのくらいなら返済に困らないかをしっかり考えることが最も重要です。返済が苦しくて生活費が回らない…という事態を避けるためにも、返済プランをしっかり立てて、計画的にカードローンを活用しましょう。

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

アコムのカードローン・キャッシング
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間