誰でも通るカードローンなんてあるの?

カードローン審査

「自分は審査に通らないかも…。誰でも通るカードローンはないかな?」

審査に通る自信が無いからという理由で、誰でも通るカードローンを探している人も多いのではないでしょうか?

しかし、誰でも通るカードローンなど存在しません。

ローンにも申込条件があり、申込条件に該当していない人は絶対に審査に通りません。

またカードローンの審査はリスクの高い人を選別する作業ですので、リスクの高い人も審査に通らないのです。

誰でも通るカードローンを探すよりも審査に通りやすくなる努力をした方が賢明です。

誰でも通るカードローンが存在しない理由と、すぐにできる審査に通りやすくなるコツについて詳しく解説していきます。

誰でも通るカードローンは存在しない!その理由とは?

カードローンには年齢や仕事の有無などの申込の条件が設けられています。

この条件に該当しない人は、どんなに収入が高くても資産家でも絶対に審査に通過することはありません。

「申込条件がある」というだけで、誰でも通るカードローンが存在しないことがわかるかと思います。

申込年齢が決められている

カードローンには申し込み可能な年齢というものが決められています。

上限年齢は69歳くらいまでが一般的ですが、カードローンによっては70歳以上になっても申し込みができるローンもあるので上限年齢は幅広くなっています。

しかし、20歳未満の未成年はどのようなカードローンでも申し込みができません。

未成年者は単独で法律行為ができないので、お金が借りられないからです。

このように、カードローンでは絶対に申し込みができない年齢が定められているので、対象年齢外の人が申し込むと即座に審査で落とされます。

誰でも通るカードローンは年齢という観点から存在しないのです。

収入のある人しか借りられない

カードローンは収入のある人しか借りることはできません。

ほどんどのカードローンの申込基準には「安定継続した収入があること」という条件が記されています。

専業主婦でもないのに無職の人がカードローンに申し込んでも、勤務先名が空欄である時点で即刻審査に落とされてしまいますので、勤務先の有無という観点でも誰でも通るカードローンは存在しません。

総量規制が決められている

消費者金融には総量規制の決まりがあり、消費者金融などの貸金業者からの借入金は総額で年収の3分の1までしか借りることはできません。

どんなに収入が高く、返済に問題がないと考えられる人でも、すでに年収の3分の1の総量規制の枠を使い切ってしまっている人は、その時点で絶対に審査に通ることはできません。

消費者金融には総量規制の決まりがあるので、この点からも誰でも通るカードローンは存在しないことになるのです。

申込条件を満たしていればカードローンは誰でも通る?

それでは「申込条件さえ満たしていれば誰でも通るカードローンはあるのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか?

残念ながらこちらもあり得ません。

審査がある以上は落ちてしまう可能性がありますし、形だけの審査で誰でも通していたら、カードローンを発行する消費者金融は倒産してしまいます。

誰でも通るカードローンが存在しない理由を詳しく解説していきます。

返済能力がないと審査には通らない

貸金業法では、申込者を審査して返済能力の有無を調査することが義務付けられています。

これはお金を借りる人が借りすぎてしまうことがないように、返済能力の範囲内までしか融資をしないように国が貸金業者へ求めているためです。

返済能力がない人に対して融資をしてしまったら、借主が借りすぎになってしまうので、このような人へ融資をすると金融庁から行政処分を課されてしまう可能性があります。

審査の結果、返済能力がないと判断された場合には審査に通ることができないので、誰でも通るカードローンは存在しません。

誰でも通していたら消費者金融は倒産する

そもそも、カードローンが誰でも通るものであるなら、返済能力がない人も借りることができてしまいます。

例えば1円も返済能力がない人に対してお金を貸してしまったら、そのお金は返済されずに、カードローン会社は貸し倒れとなってしまい損失が発生します。

顧客へ貸しているお金というのはカードローン会社の大切な資産ですので、資産を守るためにも誰でも通るカードローンは存在しません。

リスク許容度に見合った人しか審査に通らない

金利というものはリスクヘッジです。

つまり、リターンに見合ったリスクまでしか背負うことができません。

金利が18%のカードローンであれば、18%の確率で貸し倒れが発生すると判断できる人までしか融資が受けられません。

審査とは、申込者のリスクがどの程度なのかを判定する行為ですので、審査の結果、カードローン会社が許容できるリスクの人までしか融資をしません。

例えばリスク許容度が18%のカードローンに申し込みをおこなった人が、審査の結果、リスクが20%と判断されたら審査には通りません。

大手消費者金融の審査通過率は40%~50%程度ですので、実に半分以上の人がリスクを許容できないと判断されて審査に落とされてしまうのです。

申込者の全員が、許容できるリスクの範囲内であれば誰でもカードローンに通りますが、現実にはそれほど審査は甘くはないので、誰でも通るカードローンは存在しません。

カードローン以外に誰でも通る方法はある?

このようにカードローンやフリーローンなどの方法で、誰でも通るローンは存在しません。

しかし、カードローンの申込条件を満たしておらず、無職で信用情報がブラックなどの絶対に審査が通らないような人でも誰でも通る方法が2つ存在します。

この2つは誰もが利用できる方法ではありませんが、該当する人なら必ずお金が借りられる方法です。

生命保険の契約者貸付

生命保険に加入しており、その生命保険に解約返戻金があるという人は解約返戻金の範囲内で保険会社からお金を借りることが可能です。

これを契約者貸付と言いますが、契約者貸付で借りたお金をもしも返済できない場合には、保険契約が失効して、解約返戻金が返ってこないだけです。

保険会社からすると、これまで契約者が積み立てたお金の一部を貸し付けているだけですので、リスクはありません。

このため、契約者貸付は解約返戻金さえあれば審査なしで誰でも通ります。

預金担保貸付

銀行に定期預金を預けているという人は、その定期預金を担保にして、定期預金の金額の範囲内で融資を受けることが可能です。

こちらも返済できない場合には担保になっている自分の定期預金が、借入金残高と相殺されるだけですので、銀行にリスクはありません。

資金使途が反社会的な行為に使われるなどのチェックが行われるだけで実質的な審査はありません。

なお、銀行によっては預金者の同意があれば他人の預金を担保にして融資をしてくれる場合もあります。

この場合、信用情報がブラックで、自分に資産が1円もないような人でもお金を借りることができます。

取り扱うかどうかは銀行の判断次第ですが、親の預金などであれば融資に応じてくれる可能性も決して低くはないので、自分の名義では審査に通らないけど、親には預金があるという人は両親や銀行へ相談してみましょう。

「誰でも通るカードローン」は闇金

「誰でも審査に通る」と街中の看板やスポーツ新聞などの広告欄で見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

「誰でも通る」と広告に表記するのは違法行為です。そのため、このような広告を出している業者は100%闇金だと考えて問題ありません。

闇金なら誰でも通りますが、絶対にお金を借りることは避けてください。

闇金なら誰でも通る

闇金でお金を借りるなら、誰でも通ることができます。

むしろ闇金はどこからもお金を借りられず、「誰でも通るカードローン」を探している人をターゲットに融資していると言えます。

闇金は法律を守らないので、どこからも借りられない人に対してお金を貸して利益を得ているのです。

しかし、闇金からお金を借りてしまうと後から非常に恐ろしい思いをするので気をつけてください。

法外な利息が待っている

お金を貸す際、金利の上限は利息制限法という法律によって定められており、以下の金利を超える融資をおこなうことは違法です。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円以上100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

闇金は利息制限法を守らないので、上記の金利を大きく上回る金利で融資をおこないます。

10日で10%が当たり前なので、実に年利360%もの高金利で融資をしていることになるのです。

10万円を借りても利息だけで年間36万円もするので、これほどの高金利では利息だけしか支払えず、いつまでたっても元金が減りません。

これがまさに闇金の狙いです。闇金は利息だけしか払えないような違法な金利を設定し、延々と利息だけを支払わせ続けることを目的としています。

精神的にキツい督促が待っている

闇金からお金を借りてしまったら「お金がないから払えません」では済まされません。

早朝から深夜まで、携帯や自宅や会社などにずっと督促の電話がかかってくることは当たり前で、自宅への訪問や張り紙による督促、インターネットやSNSへの書き込み、子供への付きまといなど、ありとあらゆる嫌がらせをおこない、お金を払うまで徹底的に精神的に追い込まれます。

闇金なら誰でも通るのですが、借りた後が本当に大変ですので「誰でも通るカードローン」などという言葉に騙されて闇金からお金を借りないようにしてください。

誰でも通るカードローンは存在しないが審査に通りやすくすることは可能

誰でも通るカードローンは存在しませんし、あるとしても闇金だけです。

誰でも通るカードローンを探しても、最後は闇金に当たるだけなので、危険で無駄な努力と言えるでしょう。

誰でも通るカードローンを探すくらいなら、少しの努力でカードローンの審査に通りやすくなるコツがあるので、こちらを実践した方がよほど現実的です。

簡単にできる、カードローンの審査に通りやすくなるためのポイントを説明していきます。

必要最小限の金額に申し込む

カードローンは必要最小限の金額で申し込んだほうが審査に通りやすくなります。

個人間の場合でも「10万円を貸して欲しい」と言われると「返済してもらえるかな?」と考えてしまいますが、「1万円を貸して欲しい」と言われれば、信頼できる人なら気軽に貸してしまうことがあります。

このように、少額の融資のほうが多少はリスクが高くても審査に通ることがありますので、カードローンの申込時には本当に必要な最小限の金額で申し込むようにしましょう。

カードローンは増額もできるので、後から追加でお金が必要になった時に、今よりも信用が上がっていれば限度額を増やすことも可能です。

クレジットカードを期日通りに支払う

信用情報にはクレジットカードの支払状況が過去24ヶ月分記録されています。

24ヶ月間ですべて期日を守っている人は「支払いに関してしっかりとした人」という判断をしてもらえるので、カードローンの審査で大きくプラスです。

24ヶ月間すべてではなくても、信用情報に「期日を守った」という記録がある人はやはり審査でプラスに寄与します。

カードローンの申込前の数ヶ月間だけでもいいので、毎月1,000円でも100円でもクレジットカードを使用して、期日通りに払っていくだけで審査にはプラスです。

できる限りカードの支払期日を守った状態を継続したうえでカードローンへ申し込みしましょう。

他のカードローンに申し込みを控える

信用情報にはローンに申込みをした情報も記録されています。

この申込み情報が信用情報に多く登録されている人は「お金に困った事情を抱えている」と判断されて審査では不利です。

カードローンに申し込む前には、他のローンなどの申し込みを控え、申込情報が少ない状態で審査を受けた方が有利です。

申込情報は消費者金融や信販会社への申し込みが6ヶ月間、銀行や信用金庫への申込が1年間記録されます。

最後の申し込みから上記の期間が経過してから申し込みをすれば、申込情報が信用情報に何も記録されていないクリアな状態で審査を受けることが可能です。

完済できるローンは無理して完済する

借入件数が多いとカードローンの審査で不利になります。

借入件数が多い多重債務者は、ローンの返済をローンの借入金からおこなう傾向にあります。

1社の返済を2社目のカードローンの借入からおこなってしまうと、すぐに2社目の限度額はいっぱいになり、次に1社目と2社目のカードローンを返済するために3社目のカードローンに手を出すという悪循環になり、借金はどんどん増えていきます。

どこかの時点で審査に通過できなくなると、全てのカードローンが返済不能に陥り破綻してしまうので、借入件数が多い人というのは圧倒的に審査で不利になってしまいます。

ボーナスなどでまとまった収入が入ったら、無理をしてでも完済してカードローンを解約してしまいましょう。

借入件数が減った状態でカードローンへ申し込みをしたほうが審査では有利になるので、申込前に借入件数を減らしておくということも非常に大切です。

誰でも通るカードローンはありませんが、少しの工夫や気遣いで審査に通過しやすい自分を作ることは可能です。

誰でも通るカードローンを探すくらいであれば、簡単にできるこちらの方法を実践してみてはいかがでしょうか?

まとめ

誰でも通るカードローンなど存在しません。

カードローンには申込条件や総量規制があるので、審査を受ける前から絶対にお金が借りられない人も存在します。

審査を受けられたとしても、カードローン会社は商売でお金を貸しているのですからリスクを許容できる人までしか融資をしないので、審査に落ちる可能性も十分にあります。

誰でも通るローンを探すくらいであれば、少しの工夫でできる審査に通過しやすい自分を作る努力をした方がいいでしょう。

なお「誰でも通る」と広告している業者は闇金ですので、絶対に闇金からはお金を借りないようにしてください。

執筆者:手塚大輔/金融ライター