au PAY スマートローンを借りるメリット・デメリット

au PAY スマートローンを借りるメリット・デメリット

au PAY スマートローンは、auブランドで有名な通信会社大手KDDIのグループ企業で消費者金融のKDDIフィナンシャルサービス(株)から新しくリリースされた個人向けキャッシング専用のローンです。

au PAY スマートローンとは一体どんなローンなのでしょうか?そして私たちの生活にau PAY スマートローンはどのように役立つのでしょうか?とても気になりますね。

au PAY スマートローンの提供元であるKDDIフィナンシャルサービスは、KDDIの子会社「au フィナンシャルホールディングス(株)」の系列下にあり、ローンの販売もauユーザー専用となっています。

また、利用者に親近感を持ってもらうため、ローン金利が年8.0%〜18.0%、最大限度額50万円とあえてスペックを絞りこんでおり、auユーザーが使い過ぎや金利の支払いを気にせず、気軽に安心して使えるローンです。

借り入れ・返済ともにすべて手持ちのスマートフォンからおこなえるのでローンカードを持つ必要もなく、秘匿性も高いのでとても使い勝手がよくなっています。

この記事では、au PAY スマートローンの基本的な使い方や利用上でのメリット・デメリット、そしてどんな人にau PAY スマートローンはおすすめなのかを徹底的に解説します。

au PAY スマートローンはどんなローン?

au PAY スマートローンは、「すべての手続きをスマホで完結でき、その後の借り入れ・返済に関してもスマホのみで利用できる」がコンセプトのローンです。

もちろん自宅や勤務先からau PAY スマートローン「会員さま専用サイト」にアクセスさえすれば、パソコン・スマホだけで借り入れや返済までもがおこなえます。

au PAY スマートローンは1万円から借り入れできるので、頻繁に借り入れや返済を繰り返しているヘビーユーザーほど利用価値の高いローンといえるでしょう。

auユーザー向けのローンにはauじぶん銀行カードローン「じぶんローン」という商品もありますが、銀行カードローンは審査基準が高いため、auユーザーであるというだけでは必ずしも審査に通るとは限らず、借入も容易ではありませんでした。

しかし、au PAY スマートローンは消費者金融のキャッシングであり、また、当初より借入限度額を最大で50万円と少額であることから、銀行カードローンに比べて審査に通る可能性や、より広範囲の職業に就いている人が利用できることに大きな期待がもてます。

KDDIグループはau WALLETを核に一大au経済圏の確立を標榜し、顧客がすでに社会インフラとなっているスマホを活用して、au経済圏の中ですべての経済活動が完結できることを目指しています。

au PAY スマートローンも、その経済活動を支えるツールのひとつとして、今後の役割が期待されているのです。

au PAY スマートローンの商品概要

au PAY スマートローンの商品概要は以下の通りです。

まずは、au PAY スマートローンの概要を一覧表にまとめてみたのでご覧ください。

KDDIフィナンシャルサービス(株)
のキャッシングローン商品概要
商品名au PAY スマートローン
契約期間2年(自動更新)
資金使途原則自由(事業性除く)
入会条件 ・「au WALLET クレジットカード」を持っていないこと(含むau WALLET ゴールドカード)
・au携帯電話、auひかり、auひかりちゅらのいずれかを個人契約していること
・入会受付時、満20歳以上70歳以下の人
・毎月安定した収入があること
・会社員、公務員、個人事業主、アルバイト・パート、年金受給者(年金以外に安定した収入のある人)
貸付利率8.0%〜18.0%(実質年率)
※審査に応じて個別に適用金利を決定
極度額1万円〜50万円(設定可能単位1万円)
利用限度額1万円〜50万円(設定可能単位1万円)
審査時間申込み完了から最短30分審査
即日融資最短即日融資
無利息期間なし
遅延利率20.0%(実質年率)
収入証明書同社と他社を合わせて利用限度額が100万円を超える場合必要
担保・保証人不要
保証会社なし

※auひかりちゅらとは、沖縄限定の光回線で沖縄県民に人気のあるインターネット回線のこと。

au PAY スマートローンを借りられる人

au PAY スマートローンが借りられるのはどのような人たちなのでしょうか?

au PAY スマートローンの対象者は、au IDを持っていて、auの各種サービスやコンテンツを利用しているユーザーです。

au PAY スマートローンは、ドコモやソフトバンクのユーザーはもちろん、au IDを持たない一般の人も利用することができません。

仮にau IDを持っていたとしても、上記の入会条件をすべて満たすことができなければau PAY スマートローンは借りられません。

しかし、満20歳以上かつ毎月安定した収入があれば、パートやアルバイトでも利用できるのがau PAY スマートローンです。

職業や年齢を問わず、幅広い層に利用できるのがau PAY スマートローンといえます。

au PAY スマートローンは消費者金融であり総量規制の対象

au PAY スマートローンの提供元はKDDIフィナンシャルサービスです。

このKDDIフィナンシャルサービスは、2014年10月にauユーザー向けのクレジットカード「au WALLET クレジットカード」を販売している会社でもあり、すでに会員数が400万人に達しています。

そしてKDDIフィナンシャルサービスは、2017年6月にauユーザーのローンニーズに応えて、貸金業者(消費者金融)として関東財務局から認可を取り、auユーザー限定のau PAY スマートローンの販売を開始しました。

ご存知のように消費者金融は総量規制の対象となる業種です。したがって、au PAY スマートローンは総量規制を受けることとなり、融資額を他の業者の貸出額と合わせて、総額で本人年収の3分の1以内に収める必要があります。

しかし、au PAY スマートローンは他の大手消費者金融の商品とは異なり、当初より利用限度額を最大50万円までに抑えているため、同業他社よりも総量規制から受ける影響力は少ないものと考えています。

au PAY スマートローンはカードローン?

au PAY スマートローンはカードローンに分類されるのでしょうか?

利用限度額を設定して、個人向けに融資をおこなうのがau PAY スマートローンの基本機能なので、広義の意味ではカードローンの一種だともいえます。

ただし、au PAY スマートローンはカード発行なしのため、専用ローンカードは発行せず、手持ちのスマホだけで借り入れ・返済できる新しいタイプのキャッシングサービスです。

通常「専用カード発行あり」のカードローンでは次のようなデメリットがあります。

  • カードを自動契約機で受取り→ローンカードの発行に手間や時間がかかり手続きも面倒
  • カードを自宅へ郵送→郵送物による家族バレの心配

au WALLETスマートローンはスマホだけで借りられるので、郵送物もなく、家族にバレる心配も一切ありません。また、カードという現物の発行もないので紛失、盗難や不正使用にあう心配もありません。

au WALLETスマートローンはカードレスでキャッシングが可能なので、極めて秘匿性の高いローンだといえます。

「スマホだけで簡単にローンを利用したい」「郵送物に不安があるのでローンの申込みが心配」などのニーズがある方にとって、au WALLETスマートローンはまさにおすすめのローンといえるでしょう。

au WALLET プリペイドカードとスマートローンの違い

auユーザーに対する金融商品にはすでにau WALLET プリペイドカードがありますが、au WALLETスマートローンとの違いはどのようなものでしょうか?

また、au WALLET プリペイドカードの利用者にとって、au WALLETスマートローンとの併用にメリットはあるのでしょうか?

au WALLET プリペイドカードとは、先にお金をカードにチャージして買い物や食事に使うタイプのカードです。したがって、手元にお金がないとそもそもチャージができないというデメリットがあります。

場合によっては、今買いたいものがあっても、次の給料日までプリペイドカードの利用を控えねばなりません。

一方、au PAY スマートローンは個人向けのキャッシングローンなので、利用者が必要なときにすぐにお金を借りられるというメリットがあります。

流動性の高い現金が借り入れでタイムリーに手に入るので、急に欲しいものができたとしても、購入機会を失うリスクをカバーできます。

これがau WALLET プリペイドカードとau PAY スマートローンの機能の大きな違いです。

au WALLET プリペイドカードとau PAY スマートローンは、それぞれの機能にも長所と短所がありますが、相互利用することでその時々の資金繰りに応じて臨機応変に対応ができます。

※au WALLET プリペイドカード信者やキャッシュレス派の人は、au PAY スマートローンで借りたお金をプリペイドにチャージすれば財布もかさばらずスマートに利用できます。しかもプリペイドの利用残高に応じてau WALLET ポイントが貯まるなどさらにお得です。

au PAY スマートローンのメリット

この章では、au PAY スマートローンのメリットを取り上げます。

au PAY スマートローンの主な利用上のメリットは以下の5つです。

郵送物なし・カードレス「Web完結」

au PAY スマートローンのメリットの1つ目はネットからWEB完結申込みできるという点です。

申し込みフォームへの面倒な入力作業も、au IDの利用で自動的に一部の個人情報がフォームに反映され、申込みも簡素化・スピードアップできます。

一般的に消費者金融では、総量規制で50万円を超える限度額を申込みすれば、本人確認書類に加えて所得証明書の提出が必要ですが、au PAY スマートローンでは、最大でも利用限度額が50万円に設定されているため、個人ローンの申し込みが初めてでも、同業他社に借り入れがなければ収入証明書の提出が不要になる可能性があります。

ただし、提出の要否はKDDIフィナンシャルサービスの判断によるので、他社に借り入れがなくても、KDDIフィナンシャルサービスに要求されれば収入証明書を提出しなければなりません。

スマホ1台で借り入れから返済すべて対応

au PAY スマートローンの2つ目のメリットは、スマホを使ってローンカード不要(カードレス)で借り入れ、返済のすべてができる点です。

スマホ1台ですべての取引に対応できるので、カードがあることで借り入れが家族にバレるなどの心配がありません。さらにカード紛失、盗難、不正使用などの懸念もなくなります。

スマホを使用して、セブンイレブンのATMからスマホ上に表示されたQRコードを読み取るだけで借り入れ・返済ができます。

au PAY スマートローン専用アプリをKDDIフィナンシャルサービスの公式サイトから事前にダウンロードしておけば、いつでもセブンイレブンのATM取引を利用できます。

au WALLET 残高にチャージすればキャッシュレスで利用可能

au PAY スマートローンの利用メリットの3番目は、借り入れたお金をそのままau WALLET 残高にチャージ(すれば)、(すぐに)キャッシュレスですぐに使える点です。

au WALLET 残高にチャージされた分は、「au PAY」や「au WALLET プリペイドカード」を通じてキャッシュレスで買い物や支払いに利用できるので重宝します。

さらに利用した金額に応じてau WALLET ポイントとして貯まり、それも再度買い物や支払いに使えるのも副次的なメリットです。

最短即日融資も可能

au PAY スマートローンの4番目のメリットは、審査時間がとても短いことです。早ければ申し込みから最短30分で審査完了の通知がメールで届きます。

前日の夜間あるいは当日の午前中までに申し込みを済ませておき、金融機関の営業時間内で審査結果が得られるように工夫すれば、振込での即日融資も可能です。これは消費者金融ならではのサービスであり、申し込みしたその日のうちにお金を借りたい人や、借り入れを急ぐ人にはとても便利なシステムです。

ただし、申込時間や審査状況によっては、審査回答が翌日以降になることもあるので、だれもが「最短30分審査回答・即日融資も可能」でないことだけは理解しておいてください。

消費者金融としてはキャッシングの金利が低い

au PAY スマートローン5番目のメリットは、消費者金融のキャッシングとしては同業他社より金利が低くなる可能性があることです。

au PAY スマートローンの公式サイトでは、金利は年8.0%〜18.0%(審査に応じて個別に適用金利を決定)と表示されています。

他の消費者金融では借入限度額が50万円以下の場合、カードローン金利が上限の年18.0%となることが多いです。

しかし、au PAY スマートローンでは、当初から限度額が最大でも50万円に設定されているので、審査の結果、適用金利が年8.0%となる場合もあります。

これは銀行カードローンにも匹敵する低金利なので、au PAY スマートローンが消費者金融のローンであることを考慮すれば、利用上の大きなメリットといえますね。

au PAY スマートローンのデメリット

au PAY スマートローンのメリットに続いて、次はデメリットを取り上げます。

au PAY スマートローンのデメリットは主に以下の4つです。

デメリット
  • 利用限度額が最大50万円まで
  • 総量規制の対象
  • 提携先のセブン銀行ATMは利用手数料が発生する
  • 無利息サービスがない

各項目については以下で詳しく解説しますが、au PAY スマートローンのデメリットについては、KDDIフィナンシャルサービスも競争力維持の視点から、今後も段階的に改善されていく可能性があります(新サービス導入や期間限定キャンペーンなど)。

今後もau PAY スマートローンの動きをよく観察しておきましょう。

利用限度額が最大50万円まで

au PAY スマートローンの利用限度額は最大50万円です。

これは利用者によって評価が分かれるところですが、限度額50万円は利用者によっては物足りない限度額かもしれません。そういう意味ではデメリットともいえます。

ただし、その限度額の不足をカバーする方法はいくつもあります。例えば他の限度額の大きいカードローンを契約して併用する、一時的にクレジットカードについているキャッシング枠を使うなどです。

au PAY スマートローンにはこのローン特有のコンセプトがあります。利用者はそのコンセプトをよく理解したうえで効率よく活用するようにしましょう。

総量規制の対象

au PAY スマートローンの提供元は消費者金融のKDDIフィナンシャルサービス株式会社です。

KDDIフィナンシャルサービス株式会社は、他の貸金業者と同様に貸金業法による総量規制を受けています。具体的には、他社の借り入れを含む貸出総額が本人年収の3分の1を超えることができません。

au PAY スマートローンの審査において、すでに他社借入れがあれば、その融資額がau PAY スマートローンの限度額の決定に強い影響を与えることになります。

とりわけau PAY スマートローンは、当初から最大限度額が50万円と小さいため、高限度額の他社カードローンよりも総量規制の影響を強く受けがちです。

審査の結果、最悪の場合にはau PAY スマートローンが借りられないことも起こります。これはau PAY スマートローンにとって大きなデメリットです。

提携先のセブン銀行ATMは利用手数料が発生する

au PAY スマートローン利用上のデメリットのひとつが、この提携先セブン銀行ATMの借り入れや返済を利用するたびに手数料がかかることです。

具体的には以下のような基準で利用手数料が1回ごと100円〜200円(税別)かかります。

セブン銀行ATMの利用手数料
条件1回あたり
借入または返済金額が1万円以下の場合100円(税別)
借入または返済金額が1万円を超える場合200円(税別)

他社が自社ATMおよび提携先ATMを使った借り入れや返済で手数料を無料対応しているのと(他社のカードローンが自社ATMおよび提携先ATMの手数料を無料にしているのと)比べると、au PAY スマートローンのこの対応は確かにデメリットです。

一方、1回当たりの借入金額を大きくして、利用回数を意識的に少なくすれば、支払手数料を減らすこともできます。

また、セブン銀行ATMでの返済ではなく、取引金融機関からの口座振替(口座引き落とし)を利用すれば手数料はかかりません。

au PAY スマートローンでは、ATM利用手数料がかかるということを前提に、工夫して支払手数料の節約に努めましょう。

無利息サービスがない

au PAY スマートローンの4番目のデメリットは、消費者金融にもかかわらず「無利息サービス」がない点です。

アコム、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アイフルなど、主要な大手消費者金融においては、「30日間無利息サービス」はすでに多くの顧客が周知の付帯サービスです。

しかし、無利息サービスがau PAY スマートローンにはない点だけを取り上げれば、確かにデメリットといえます。

金利というのは直接利用者の懐具合を痛める行為だけに、他社のように初回1回限りでも、一定期間の金利がタダになるのは嬉しいことですよね。

ただ無利息サービスがないというだけで、au PAY スマートローンが他社のローンより劣ると診断するのも早計です。

個人ローンは利用者の個人的ニーズに照らし、そのスペック全体を総合的に判断して初めて適正に評価できます。

au PAY スマートローンには無利息サービスはないものの、それをカバーしてさらに上回るたくさんの利用メリットがあるのも事実です。

メリットデメリットをよく理解して、au PAY スマートローンの申し込みを検討しましょう。

au PAY スマートローンを他社カードローンと比較

この章ではau PAY スマートローンと大手有名カードローン(消費者金融・銀行)の金利と限度額を比較して一覧表形式にまとめてみました。

さらに、同じauユーザーを利用者のメインターゲットとするauじぶん銀行カードローン「じぶんローン」との比較も行っております。

相互比較を通じてau PAY スマートローンの良さを感じていただければ幸いです。

au PAY スマートローンと他社カードローンの金利および限度額を比較したのが以下の表です。

au PAY スマートローン比較
カードローン・キャッシング金利(年率)借入限度額(契約極度額)
消費者金融au PAY スマートローン8.0%〜18.0%1万円〜50万円
アイフル3.0%〜18.0%最大800万円
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円
プロミス4.5%〜17.8%1万円〜500万円
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円
レイクALSA4.5%〜18.0%1万円〜500万円
J.Score(ジェイスコア)0.8%〜15.0%10万円〜1,000万円
銀行みずほ銀行カードローン2.0%〜14.0%10万円〜800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%〜14.6%10万円〜500万円
三井住友銀行カードローン4.0%〜14.5%10万円〜800万円
りそな銀行カードローン「りそなカードローン」3.5%〜12.475%10万円〜800万円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」1.9%〜14.5%10万円〜800万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%〜14.79%10万円〜1,200万円
オリックス銀行カードローン1.7%〜17.8%最高800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」1.7%〜17.5%10万円〜800万円
ジャパンネット銀行カードローン2.5%〜18.0%10万円〜1,000万円
ソニー銀行カードローン2.5%〜13.8%10万円〜800万円
イオン銀行カードローン3.8%〜13.8%10万円〜800万円
セブン銀行カードローン14.0%〜15.0%10万円〜100万円

au PAY スマートローンのスペックの特徴をこの比較表だけできちんと述べることは難しいです。

au PAY スマートローンは限度額が最大50万円までなので、限度額以内に限っていえば、適用金利が年8.0%〜18.0%の範囲内と、他の大手消費者金融より低金利で利用できる可能性が高いです。

また、ローンの利用ターゲットがauユーザー限定なので、すでにau携帯電話の機種代および通信料金の支払い、au光などのインターネット回線の支払いを通じて、KDDIフィナンシャルサービスに返済状況を把握されています。

そこで返済面で特に問題がなければ、「信頼できる申込者」として、au PAY スマートローンの審査にも有利に働くでしょう。ひいてはau PAY スマートローンの適用金利を低くすることも可能です。これは他のカードローンにはないメリットといえます。

au PAY スマートローンの利便性、付帯サービスに関しては、無利息サービスがないのを除き、他大手消費者金融が提供するものとほぼ遜色ないレベルにあると考えています。

加えてカードレスキャッシングなので、借り入れから返済まですべての取引を自分の仕事や時間帯に縛られることなく、自宅のパソコンや手持ちのスマホから簡単におこなえるのもau PAY スマートローンの魅力です。

au PAY スマートローンとauじぶん銀行カードローンを比較

続いては、au PAY スマートローンとauじぶん銀行カードローン「じぶんローン」のスペック比較です。

ともにauユーザーをメインターゲットにしているので、ローンの競合相手のようにみえますが、逆に両社(および両ローン)は補完関係にあると考えています。

その理由は、両社は設立時期が異なるものの各々通信大手KDDIと強い関連があること、業態が消費者金融と銀行と異なること、そして商品スペックでも金利、限度額に大きな違いがみられることなどです。

これでは競争しようにも違いがあり過ぎます。同じターゲットを目指してわざわざ競合しなければならない要素は少ないように筆者には見えます。

むしろこれらはすべて個別に特徴を持ったローン会社として、顧客のニーズに沿った営業を展開できるため、両社は競合先というよりむしろ相互補完先といってもよい関係と呼んでもいいのではないでしょうか。

au PAY スマートローンにとって真の競合先はauグループ以外の消費者金融や銀行カードローンであるといえるでしょう。そのような視点から見れば、また、この表の見方も変わってくると思います。

au PAY スマートローンとauじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
カードローン発行元業態金利限度額
au PAY スマートローンKDDフィナンシャルサービス消費者金融年8.0%〜18.0%1万円〜50万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」auじぶん銀行銀行年2.1%〜17.4%10万円〜800万円
※審査判定時にau IDが有効なこと、およびau携帯電話、指定の固定通信サービスが設定されているなど共通条件あり

au PAY スマートローンのキャッシングがおすすめな人

最後にau PAY スマートローンの特徴を踏まえ、どのような方に使ってほしいのか筆者の意見を述べさせて頂きます。

以下のようなタイプあるいは利用ニーズのある人にau PAY スマートローンの利用をぜひおすすめします。

auユーザー

au PAY スマートローンはauユーザー向けのローンですので、まずはauユーザーが一番のおすすめ先です。

au PAY スマートローンの借り入れをau WALLET 残高へのチャージに使うことで、臨機応変に買い物や支払いに対応できるので、必要のない余分な現金を財布に入れて持ち歩く必要もありません。

KDDIがauユーザー向けに設計したau 経済圏は、リアル店舗やネットサービスを含めて現在も拡大中です。

au PAY スマートローンがその機能を通じて、活躍する場はますます広がっているといっても過言ではないでしょう。

少額キャッシング利用者や低金利で借りたい人

au PAY スマートローンは少額キャッシング利用者や低金利で借りたい人にもおすすめです。

消費者金融は銀行カードローンと比べてやや割高な金利がネックですが、au PAY スマートローンはスマホの積極的活用、システムの合理化・効率化などでリーズナブルな金利を実現しています。

もちろんどの程度の金利となるかは最終審査次第ですが、それでも最大限度額50万円のローンで最低金利年8.0%を実現しているのは注目に値します。

1回の利用が数万円以内でも、低金利で使える可能性があるのがau PAY スマートローンの魅力です。ぜひご利用をおすすめします。

カードレスで借り入れや返済を利用したい人

日常的に財布やカード類を持たず、スマホのみカードレスでATMから借り入れや返済を利用したい人にau PAY スマートローンはおすすめです。

政府の主導もあって、世の中は決済がキャッシュレスの方向に大きく舵を切りつつあります。

今はまだ現金信仰の強い日本社会ですが、先行するクレジットカードがすでに、利用者の多いコンビニ、量販店、飲食店などの支払いでキャッシュレス対応ができるようになっています。

現在はPay Pay、楽天Pay、au Payなど、QRコード・バーコードを読み取る形式のスマホ決済は、各社が市場を独占しようと群雄割拠の状態にありますが、遠からずスマホによるキャッシュレス決済がクレジットカードに追いつき一般化する日もやってくるでしょう。

スマホを使って借り入れ・返済をおこなうau PAY スマートローンも、同じスマホを使っている点で、それらの動きを先取りした金融商品のひとつといえます。

来るべきキャッシュレス時代に備えて慣れておくためにも、au PAY スマートローンを早めに手に入れて利用しておくのもよいのではないでしょうか。

まとめ

au PAY スマートローンの基本的な使い方、利用上のメリットやデメリット、どんな人に利用してもらいたいかなどを詳しく解説してきました。

別の記事に、au PAY スマートローンの審査、申込方法、借入方法、返済方法についても解説しているので、気になった方はぜひチェックしてください。

この記事を読まれた方が、au PAY スマートローンに興味を持ち、ぜひ利用したいと思っていただけることを強く期待しています。

NEXTau PAY スマートローンの審査の流れと審査基準

au PAY スマートローン
利用限度額1万円〜50万円(要審査)
金利(実質年率)8.0%〜18.0%
審査時間申し込み完了から最短30分
即日融資
お急ぎならこのカードローン

\みんなが選ぶ!カードローンNo1ブランド/
アコムのカードローン・キャッシング
公式サイトへ

監修:nobu shige/元銀行員