銀行カードローンの審査に通らない人の特徴

銀行カードローンの審査に通らない人の特徴として、安定した収入がない、勤続年数が極端に短い、個人信用情報に傷がある、などが挙げられます。

銀行カードローンはそれ以外にもさまざまな視点から総合的に審査しますが、より重視されている項目はどれなのでしょうか?それこそが銀行カードローンの審査を通るための鍵となります。

この記事でわかること
  • 銀行カードローンの審査に通らないのはなぜ?
  • 銀行カードローンの審査が通らない人の傾向
  • 審査に通らないときの対策

本記事では、銀行カードローンの審査に通らない人の特徴について解説します。

銀行カードローンの審査に通らない人の特徴や傾向を分析すれば、通りやすくなるためのヒントが見えていますので、ぜひ参考にしてください。

銀行カードローンの審査に通らない人の特徴

銀行カードローンには仮審査と本審査がありますが、より重要なのは保証会社がおこなう仮審査です。

仮審査で審査に通らない人・通りにくい人にはどのような特徴があるのでしょうか?

通らない人の特徴①個人信用情報ブラック

信用情報に自己破産・個人再生・長期延滞・強制解約などの事故情報がある人は絶対に銀行からお金を借りることはできません。

先ほど述べたように、官報記載情報は10年間KSCには記録されるため、消費者金融よりもブラックに対して厳しい審査を行っています。

通らない人の特徴②多重債務者

銀行カードローンは多重債務者に対してとても厳しい審査を行っています。

一般的に、多重債務者とはカードローンやフリーローンなどの無担保の借入金が4本以上ある人を示しますが、銀行カードローンでは2本以上の借入があると審査に通るのはかなり厳しくなると考えた方がよいでしょう。

金融庁は銀行に対して、多重債務者を救済するように求めています。

このため、消費者金融よりも他社債務の本数に対する目線が銀行の方が厳しいのです。

通らない人の特徴③消費者金融から借り入れがある

どこからも借り入れがない人が「お金を借りたい」と考えたとき、どこから借り入れを検討するものでしょうか?

一般的には信用のある銀行へ最初に申し込むというのが普通ではないでしょうか?

このため、銀行は消費者金融から借入がある人に対して「銀行の審査に落ちた人」とか「銀行から借りられない何か特別な事情がある人」というネガティブな目線で審査します。

つまり、消費者金融からの借り入れがあるというだけで審査では不利になってしまうのです。

通らない人の特徴④申込情報が多い

信用情報に記録されている申込情報が多い人も審査に通りにくいと考えましょう。

ローンの申し込みが多いということは、それだけお金に困っている事情があるということです。

また、信用情報に記録されている他社債務が少ない人でも「隠れた借金があるのかもしれない」という目線で見られてしまいます。

消費者金融の場合は1ヵ月に3回以内の申込情報がある程度であれば審査に通ることがありますが、銀行カードローンは、蓄積された申込情報が累計で3回以上あると審査に通過することは難しくなります。

厳しい審査をおこなう銀行カードローンは、他社の審査に落ちた人をわざわざ自社の審査に通過させるというようなことは行っていません。

通らない人の特徴⑤クレジットヒストリーに遅れが散見

信用情報に記録されている借入金やクレジットカードなどの支払いに関する情報であるクレジットヒストリーに遅れが多い人も審査に通過することは困難です。

消費者金融では1年間に4~5回程度の遅れであれば審査に通過できる可能性がありますが、銀行カードローンの審査においては、年間2回を超える遅れがあると審査に通らないことがあります。

クレジットヒストリーは他の情報と合わせて総合的に判断されるため、遅れが多くても審査に通過できる場合もありますが、それでも銀行の方が消費者金融よりも厳しい目線で審査をおこないます。

参考カードローンの審査に通らない人の特徴

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

監修:手塚大輔/金融コンサルタント兼ライター

この記事の監修者

知っ得!カードローン編集部
知っ得!カードローン編集部編集長
「知っ得!カードローン」の編集長。執筆歴8年のカードローン専門ライター。消費者金融、銀行カードローンを含め3枚のカードローンを保有。生活困窮者や自己破産者を救いたい一心で記事を書いています。