銀行カードローンの審査落ちた理由!落ちる原因

銀行カードローンの審査落ちた理由!落ちる原因

銀行カードローンに申し込んでもすべての人が審査を通るわけではありません。銀行が設けた基準を満たさなければ審査に落ちてしまいます。

銀行カードローンの審査に落ちた理由や原因の多くは、収入が安定していない、勤続年数が短い、個人信用情報がブラックなどが挙げられます。

改善には多少なりとも時間がかかりますが、条件を整えてから銀行カードローンに申し込めば誰にでも借りられるチャンスはあります。

この記事では、銀行カードローンの審査に落ちる理由や落ちた原因について解説します。

銀行カードローンの審査に落ちる可能性を少しでも減らせるように、的確にアドバイスさせていただきます。

目次

銀行カードローンの審査に落ちた理由

銀行カードローンも最終的には申込者の総合力で審査をおこないます。

もちろん完璧な条件をそろえたカードローン申込者ばかりではないので、ときには一部の条件を満たせなくて審査落ちする場合もあるでしょう。

しかし、何が原因で審査落ちしたか分かる人と、知らずに、あるいは知ろうともしないで、また、申込みを繰り返し審査落ちする人とでは、最終的な結果も違ってきます。

できれば審査落ちした場合でも、その原因を探って改善や対策を打ちながら、次の銀行カードローンの審査ではぜひとも通過したいものですね。

この章では、銀行カードローンの審査落ちの原因や理由、個人でできる対策まで説明します。

審査に落ちた理由1.安定継続した収入がない

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、安定継続した収入がないことが挙げられます。

「安定継続」の意味は、毎月1回の頻度で収入が入ってくることを意味し、1回当たりの金額が大きくても、入ってくるのが不定期ならそれに該当しません。

したがって無職で収入がない人は、最初から銀行カードローンの申込対象外ですが、本人に「安定継続した収入」があれば、正規・非正規雇用などの雇われている身分に関係なく申し込みが可能です。

ただし、銀行カードローンの場合、一部の銀行では、当初から申込みできる収入金額に最低基準の金額を設けている銀行もあるので、申込前にそのルールに抵触しないかどうかよく調べてから申し込んでください。

審査に落ちた理由2.勤続年数が短い

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、勤続年数が短いことが挙げられます。

銀行カードローンの場合、最低限どれくらい勤続年数が必要かというと、1年程度は必要だと理解してください。もちろん3年以上あれば問題ありません。

一方、消費者金融では勤続年数の取り扱いはかなり弾力的で、特に大手消費者金融では、仕事を開始してから数ヵ月以内、もっと弾力的な業者では就職後、1回の出勤実績があればOKとなる先まであります。

しかし、銀行カードローンの場合は勤続年数の取り扱いもオーソドックスなので、さすがに消費者金融のような対応までは期待できません。

勤続年数は属性の中でも重要な評価項目なので、銀行カードローンの申込みでは、きちんと基準を満たした状況で申込みするよう心がけてください。

審査に落ちた理由3.申込金額が収入に比べて高すぎる

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、申込金額が本人の収入に比べて高すぎることが挙げられます。

申込額が高すぎるということは、申込人が借金に対して意識が低いか、もともと性格が雑であまり計算が得意でないタイプなので、どちらの場合でも、審査担当者に良い印象を与える相手ではありません。

そのようなタイプには、審査担当者も貸出リスクを強く感じるので、本音としては融資したくないでしょう。その結果、審査落ちの対象リストに乗ってしまいます。

申し込みに際して、自分の収入に即した節度ある申込額を記入するようにしましょう。

審査に落ちた理由4.年収の3分の1を超えてしまう

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、借入総額が年収の3分の1を超えてしまうことが挙げられます。

銀行カードローンの場合でも、今回の申込額を含めて、貸出総額で本人年収の3分の1を超えてしまうと審査落ちする可能性が高くなります。

もともとこの項目は総量規制を受けている消費者金融にしかなかったもので、申込者が注意すべき事項でした。

しかし、すでに銀行でも銀行カードローンの自主規制の影響で、この理由による審査落ちも現実化しているのです。

さらに、すでに銀行の公式サイトに「限度額は本人収入の3分の1までとする」とはっきり表記している先まで現れています。

申込者としても、今後は銀行カードローンの審査においてその動きを意識して申し込まないと、思いがけず銀行の規制に引っ掛かってしまい、審査に落ちてしまうケースもあるかもしれません。

申込金額は年収の3分の1以内に収まるように意識して申し込んでください。

審査に落ちた理由5.他社借入の件数が多すぎる

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、他社借入の件数が多すぎることが挙げられます。

銀行カードローンに申し込んだ時点で他社借入の件数が多すぎると、高確率で審査に落ちます。

他社借入件数が多いというのは大方の場合、本人がすでに多重債務者の状態に入っていることを示しており、それを自行でわざわざ追加で融資してその状態を悪化させようとする銀行なんてありません。

申込者がこれを避けるには、例えば枠だけの契約があれば事前に解約しておくとか、借入残高が少ないカードローンがあれば大きな極度額のものに借入れをひとつにまとめて契約数を減らしておくなど、少しでも件数を減らしておく対策が効果的です。

審査に落ちた理由6.在籍確認ができなかった

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、在籍確認ができなかったことが挙げられます。

銀行がいろいろな方法を駆使して在籍確認を試みても、最終的に在席確認が取れなったときは銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。

ただし、そういうケースはまれですが、一方で申込者が銀行に十分な情報を提供していなかったために在籍確認が取れないこともあります。

申込者にそのようなリスクが感じられるなら、できるだけ銀行と事前にコミュニケーションを取って、確実に在席確認が取れるよう協力してください。

審査に落ちた理由7.申込内容に嘘が混じっていた

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、申込内容に嘘が混じっていたことが挙げられます。

カードローンの申込内容に嘘が混じっていて、銀行にその事実が判明した時点で即審査に落ちてしまいます。

銀行は相互信用と相手に対する信頼感をベースに商売をしているので、申し込みで嘘をつくというのはそれ自体が相手に対する裏切り行為です。当然、銀行カードローンの審査を受ける資格もありません。くれぐれも銀行に嘘をつく行為だけは控えましょう。

審査に落ちた理由8.個人信用情報に傷がある

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、個人信用情報に傷があったことが挙げられます。

カードローンの審査で銀行が個人信用情報機関に信用照会した結果、登録された情報の中に無視できない情報が入っていたら審査落ちの対象になります。

無視できない情報とは、債務整理、代位弁済や強制解約などの金融事故、62日以上の長期延滞(滞納)情報です。

さらに銀行は現在の返済に関する遅延も敏感なので、過去の直近数ヵ月のあいだに返済回数で2~3回、遅延が発生していたらほぼ審査落ちします。

銀行カードローンは遅延回数に対しても消費者金融以上に評価が厳しいです。この信用情報の取り扱いに関しては、銀行カードローンの審査を通りたければあまり甘く考えない方がいいと思います。

審査に落ちた理由9.過去に銀行でトラブルを起こしていた

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、申込先の銀行と過去にトラブルがあったことが挙げられます。

銀行カードローンを申込み予定の銀行及び関連会社の過去の信用取引で、トラブルを起こしていた場合、審査落ちの可能性が高いです。

外部機関である個人信用情報機関では、それぞれ登録情報毎に保存期限が決められており、その期間が過ぎると情報が抹消されて確認できなくなります。

しかし、トラブルを起こされた銀行や関連会社では、その情報をブラック情報として行内および銀行グループ内で永久保存している可能性が大です。

信用会社としても、同じ申込人からの再度のトラブルは避けたいので、情報を永久保存することで、顧客から定期的に申込みされる信用商品の貸出審査に再利用しています。

したがって、その銀行と過去の取り引きで金融トラブルを起こした記憶のある人は、その銀行カードローンは避けて、他社に申し込むしか選択肢はありません。

審査に落ちた理由10.短期間に複数のカードローンを申し込んだ

銀行カードローンの審査に落ちた理由として、短期間に複数のカードローンを申し込んだことが挙げられます。

信用商品を短期間にいくつも申し込むと、多重申込みと判断されて審査に落ちてしまう可能性があります。なお、この信用商品には、カードローンのほか、クレジットカード、その他のローン(住宅ローンやマイカーローンなど)も含まれます。

どれくらいを短期と定義するかは会社ごとに異なりますが、おおむね1~2ヵ月間に3社以上の申し込みがあると、この基準に当てはまると思ってください。

通常なら資金面に余裕のある人はこのような異常な申し込み方をしないので、お金に逼迫(ひっぱく)している人か、貸したらすぐに金融トラブルを起こす人、と銀行の審査担当者なら判断します。

また、短期間の複数申込みは、最初の審査に落ちたら、次々と連鎖反応で審査に落ちやすく、また、審査落ちの情報すべてが、個人信用情報機関に6ヵ月間保存されるので、情報が抹消されない限り、その後もずっと審査にマイナスの影響を及ぼすことになります。

一方銀行カードローンでは、6ヵ月間に2社以内の申込みならそれほど審査に影響はないと考えています。

くれぐれも時間的余裕をもって申込みするようにしてください。

銀行カードローンの審査に落ちたらどうしたらいい?

運悪く銀行カードローンの審査に落ちたらそのあとはどのように対応されるでしょうか?

続けて他行のカードローンに申し込みにいきますか、それともしばらくは申し込みを控えますか?おそらく判断は人それぞれだと思います。申込者の置かれている条件も考え方も人まちまちなので判断も違って当然です。

ただし、続けて申込みに行ったり、やめたりするのも判断のひとつではありますが、改善策を打ちながら次のチャンスを待つのも対策のひとつだと思いませんか?

そこでこの章では、その効果的な改善策について方法をいくつか考えてみました。

審査に落ちたらしばらくは申し込みを控える

ひとつの銀行カードローンの審査に落ちたあとは、しばらく申し込みを控えるにも対策のひとつにはなります。

なぜなら、申し込みや審査に落ちた情報はその金融機関を通じて全国銀行個人信用情報センターに登録され、続けて他行の審査では必ず信用情報の照会するので、直近で他の銀行カードローンの審査に落ちたことを知ることとなります。

通常はこのようなネガティブな情報を見て好意的に判断してくれる金融機関などまずありません。必ず悪い方向で判断するので次の審査に悪く影響します。

そういう意味では、申込情報は6ヵ月間が信用情報機関における保存期限なので、最低6ヵ月以上は期間を空けてから他行に申し込みすれば、その影響は最低限にすることができます。

審査に落ちた原因を特定して改善する

銀行カードローンの審査に落ちた場合、急いで他行のカードローンを申し込まずに、一度立ち止まって「なんで審査に落ちたのか?」その原因を考えるのも対策のひとつです。

その原因が解明も改善もされず放置されたまま次の申し込みをおこなっても、また、同じ理由で審査落ちする確率が高いです。なぜなら、同じような審査基準の高い銀行カードローンを申し込むからです。

それだけに、まずは落ちた原因を突き止めて、時間をかけてそれを補強するのも、最終的には銀行カードローンの審査に通る近道だと思います。急がば回れの精神で徹底して原因追及してみてください。

返済管理を徹底、信用状態を維持する

ほとんどの人は、銀行カードローンを申し込む前から、すでに多くの信用商品の利用実績があると思います。

その中には、クレジットカードの決済、携帯やスマホの端末料金の分割返済、学生時代に借りた奨学金の返済なども含まれます。

それらの信用商品の利用のうち、過去の返済で遅延や長期間滞納した体験はありませんか?

まったく記憶になくて銀行カードローンの審査に落ちたとしたら、他の何かに原因があります。少なくとも信用情報が原因で審査に落ちたというわけではありません。

そのため、もし信用情報以外の原因で落ちたとしたら、その原因を突き止め、補強したら次の審査では通ることもできるかもしれません。

しかし、最初の銀行カードローンの審査に落ちたあとに返済遅延や金融事故を起こして自分の信用情報を傷つけてしまったら、いくら他の面を補強してもすべての努力が無駄になります。

それだけに、次にあらためて銀行カードローンの審査を受けるまでは、すべての契約中の信用商品の返済管理を徹底して、絶対自分の信用情報を傷つけないよう、しっかり維持する努力を続けてください。

銀行カードローンの審査に落ちるのはなぜ?

銀行カードローンの審査を受ける場合、その仕組みを知っておくことはとても大事です。

なぜなら、仕組みも知らずに闇雲に銀行カードローンの審査を受けても落ちる確率が上がるだけだからです。

ただし、すべてを知らなくてもいいのです。ポイントを絞って理解すればそれで十分、あとはそれに沿ってしっかり審査の対策を立てましょう。

銀行カードローンの審査は保証会社が絡む

銀行カードローンは原則、無担保無保証扱いの個人向け融資ですが、担保や保証人がいらない代わりに、その申込条件に保証会社の審査と保証を受けることが必ず付いてきます。これはすべての銀行カードローンに共通した条件です。

なぜ保証会社が必要かというと、銀行は保証会社に審査と保証を委託しているからです。もちろん銀行でも申込時に申込要件のチェックなどの簡単な確認はしていますが、審査そのものは保証会社にほぼ丸投げしています。

また、カードローン貸出後、仮に利用者が返済不能になった場合、保証会社は銀行に対し、その借入れ残金を本人に代わって返済し(代位弁済)、代わりにその求償権を銀行から獲得して、以後利用者に返済を求めることになります。

また、銀行カードローンの保証会社は、消費者金融、信用保証会社、クレジットカード会社、信販会社などいろいろありますが、カードローンの種類によって銀行は審査と保証業務を銀行グループ内の関連会社に委託する場合と消費者金融などの外部に委託する場合があります。

いずれにしても、銀行カードローンは保証会社がセットになることは必須の条件で、この保証会社の存在が銀行カードローンの審査を複雑かつ厳しくしている原因でもあるのです。

それだけに申込者は利用したい銀行カードローンがどのような業態の保証会社をつけているかを事前によく調べて申し込みする必要があります。

銀行カードローンの保証会社一覧
銀行保証会社
三井住友銀行カードローン・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」・アコム株式会社
みずほ銀行カードローン・株式会社オリエントコーポレーション
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」・オリックス・クレジット株式会社
楽天銀行カードローン「スーパーローン」・楽天カード株式会社
・株式会社セディナ
住信SBIネット銀行カードローン・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
・住信SBIネット銀カード株式会社
オリックス銀行カードローン・オリックス・クレジット株式会社
・新生フィナンシャル株式会社
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」・アコム株式会社
ソニー銀行カードローン・アコム株式会社
ジャパンネット銀行ネットキャッシング・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
イオン銀行カードローン・イオンクレジットサービス株式会社
・オリックス・クレジット株式会社

銀行カードローンと消費者金融の審査の違い

銀行カードローンの審査が、消費者金融の審査と違う点は以下の5点です。

法律(銀行法or貸金業法)の違い

消費者金融の審査は貸金業法の下に行われ、銀行カードローンは銀行法の下に審査が行われる。

保証会社の有無

消費者金融の審査は直接その会社がおこなうが、銀行カードローンの場合は銀行でなくて、その保証会社が審査する。

総量規制

消費者金融は総量規制を受けているので、他社を含む貸出総額で本人年収の3分の1を超えて貸出できないが、現状、銀行カードローンではそのような規制はない。

ただし、2017年~2018年にかけて、銀行カードローンでは総量規制のルールに沿う自主規制の流れができてきたので、銀行カードローンといっても審査でその影響を無視できなくなっている。

金利の違い

銀行カードローンの平均貸出金利(新規扱い、限度額100万円未満)は年14.0%台、一方消費者金融の金利(同左)は年18.0%と約4.0%の開きがあり、金利の差がそのまま審査の厳しさの差になっている。

限度額設定の自由度

銀行カードローンは融資の限度額設定に収入などの制限が少なく、消費者金融に比べて限度額設定の自由度が高い。

ただし、すでに大手の銀行では利用限度額を本人年収の3分の1以内に制限するとか、すでに公式サイトで表記している先もあり、今後はこの動きがさらに他行に波及していく可能性も高い。

審査に落ちやすい銀行カードローンの見分け方

同じ銀行カードローンでも審査基準には違いがあり、その差がそのまま審査の厳しさの差になっています。

各行の審査基準は一切公表されていないので比較するのは難しいのですが、審査基準が厳しい銀行カードローンを見分けるには一種のコツがあります。

筆者の考える見分けのコツを解説します。以下のような状況にある銀行カードローンは他行より審査が厳しい可能性があります。

他行と比べて上限金利が低い

銀行カードローンの上限金利が他行と比べてかなり低い場合。

保証会社が1社のみ

保証会社の数が1社しかない、あるいは保証会社が銀行グループの保証会社・信販会社等のみの場合。

年収に基準を設けている

申込条件に具体的な年収が記載されている銀行カードローン。例えば「年収200万円以上の方」など。

申込対象者の上限年齢が若い

カードローンの申込年齢の条件で申し込みの最終年齢が他行比でかなり若い場合。

※銀行カードローンの申込最終年齢は平均満65歳前後だが、例えば満60歳のような場合。

アルバイトやパートの表記がない

商品概要書に、「アルバイトやパートでも申込可」などの具体的な表記がない銀行カードローンの場合。

銀行カードローンの審査も銀行の規模・地域性で変わる

銀行カードローンの発行先もメガバンクから地銀、ネット銀行までいろいろあります。

そのため、銀行の規模や営業地域の違いでも審査の基準も変わってきます。その違いを知っておくこともまた、銀行カードローンの審査を成功に結び付けるコツだと思います。

メガバンクやネット銀行のカードローンと、地域性の強い地方銀行が発行するカードローンのあいだにも審査基準にかなりの差があります。

メガバンクやネット銀行のカードローンは申し込みの対象者が日本全国なので、シンプルに本人の支払い能力や信用力に基づき審査をしていると考えています。

一方、地方銀行はカードローンの申込者がすでにその銀行に預金などの個人取引があることも多く、審査においては本人の取引履歴も重視のうえで、さらに申し込みできる対象者の範囲を自行の営業区域内に限定するなど独自のスタイルを取っています。

また、ネットの発達で全国どこからでも申込みできるようになった近年、地方銀行の中でも体力のある地銀はネット支店を設けて、全国から銀行カードローンの申込者を募集しています。

このように、同じ銀行カードローンといってもさまざまな特色を持つ銀行があるので、申込者は自分のニーズや属性、住んでいる地域などによっていろんなタイプのカードローンが選べる状況です。

また、どの銀行を選ぶかで審査の結果も違ってくることでしょう。どれが自分に最も合ったカードローンかしっかり研究してから申込みするようにしましょう。

銀行カードローンの種類
カードローン商品名金利(年率)借入限度額(契約極度額)
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%10万円~500万円
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%10万円~800万円
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」3.5%~12.475%30万円~800万円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」1.9%~14.5%10万円~800万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10万円~1,200万円
オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%最高800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」1.7%~17.5%10万円~800万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング2.5%~18.0%10万円~1,000万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10万円~800万円
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%10万円~800万円
セブン銀行カードローン14.0%~15.0%10万円~100万円
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」1.9%~14.7%10万円~1,000万円
千葉銀行カードローン1.7%~14.8%10万円~800万円
横浜銀行カードローン1.5%~14.6%10万円~1,000万円
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」3.9%~14.9%10万円~800万円

銀行カードローンの審査内容

銀行カードローンの審査を受けるには、申込者はまずはその審査の流れと審査基準を知っておいた方が抱く不安が少なくて良いと思います。

各行の銀行カードローンで共通した審査の流れと審査基準は大まかには以下のようなものです。

銀行カードローンの仮審査と本審査

一般的に、銀行カードローンの審査は仮審査と本審査から構成されており、まずは仮審査でスコアリング審査が行われ、次にそのスコアリング審査の通過者に対して本審査が行われます。

本審査では主に以下の3つを中心に審査が行われ、最終的に申込み者に対する審査可否の決定、及びカードローンの限度額・適用金利が決められ本人宛て通知されます。

銀行カードローンの本審査の内容
  • 各種書類の目視でのチェックと申込内容の精査
  • 個人信用情報に基づく審査
  • 勤務先への在籍確認

スコアリング審査

仮審査で行われるスコアリング審査とは、カードローン申込者から提供された個人情報を、審査機関がその属性ごとに統計的処理をおこないスコア化(点数化)、各銀行が決めた基準点(足切りスコア)を超えた人を次の本審査に送る審査のことをいいます。

この審査をするのはカードローンの保証会社で、多くは大手消費者金融が兼ねており、自社の持つ膨大な取引データと個人キャッシングに関する審査ノウハウを活かして、スコアリング審査で本審査への対象者を絞り込みます。

個人信用情報に基づく審査

銀行カードローンの本審査で重要な役割を持つのがこの信用情報です。

申し込みを受けた各銀行はカードローンの審査にあたり加盟する指定信用情報機関・全国銀行個人信用情報センター(通称:KSC)に信用照会をおこない申込者本人の信用情報をチェックします。

信用情報の主なチェック項目は債務整理(自己破産、任意整理、民事再生)、代位弁済や強制解約の有無、62日間以上の返済遅延(滞納)の有無などです。

これらは異動情報(通称ブラック情報)と呼ばれる金融事故に関する情報であり、申込者に対しこれらの情報のひとつでも登録があればスコアリング結果に関係なく即審査に落ちます。

各行の信用照会ではあわせて申込者の過去2年分の返済状況や信用商品の申込情報もチェックして異常がないかを調べます。また、信用情報は提携関係にある信用情報機関(JICCとCIC)の情報も利用して与信判断に活かします。

指定信用情報機関の種類
  • 全国銀行個人信用情報センター(通称:KSC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)

勤務先への在籍確認

銀行カードローンの審査の手続きで、外部への信用情報照会とともに大事なのがこの在籍確認です。

在席確認では銀行が(具体的には保証会社が)申込者の勤務先または自宅(自営業者のケース等)に電話をかけて、本当に本人がその先に在籍して働いているかどうか確認します。

もちろん在籍が確認できないと、カードローン契約もできないしローンカードも発行できません。

また、消費者金融では勤務先に電話をかけられることでカードローンの申し込みを職場に知られることを嫌う申込者に配慮して確認書類で対応するケースもありますが、銀行カードローンではそのような対応はありません。基本はすべて電話にて在籍確認が行われると考えてください。

電話をする際にも、銀行は銀行名を名乗って勤務先に電話をかけますが、最近は消費者金融の対応に沿って銀行名でなく担当者の個人名を名乗って電話する銀行も少数ですが出てきています。

いずれにしても、銀行カードローンを契約できるためには在籍確認は審査で欠かすことのできない手続きなのです。

在籍確認のタイミングは審査の最終段階

在籍確認で銀行から職場に電話がかけられるタイミングは審査のどの段階なのでしょうか?

一般的には在籍確認は審査の最終段階で行われることが多く、その理由は、在籍確認の電話をした後、もし審査結果が不合格だったら、せっかく電話した意味がなくなってしまうからです。

銀行としても手続きで余計な混乱を引き起こしたくないので、審査の大勢が決まった段階で在籍確認の電話をかけることにしているのです。

ただし、電話をかけるタイミングについては、銀行によって弾力的に対応してくれる可能性もあり、もし申込者に特別な事情があり、早めに在籍確認してもらった方がより確実に在席確認ができるなら、申込みの後、すぐに銀行に電話をかけて相談されるようおススメします。

ただし、繰り返しますが、銀行カードローンの場合、消費者金融のような書類による対応はまず無理なので、在籍確認の対応で過大な期待も抱かないようにしてください。

銀行カードローンで審査落ちしないコツ

どのような事柄であれ、工夫するとか、そのコツを飲み込んで実行すれば、ものごとは上手くいく場合があります。

これは銀行カードローンの審査を受ける場合でも同じです。

そこでこの章では、銀行カードローン審査に通りやすくするコツについて詳しく解説します。

銀行カードローンの限度額を低くして申込む

まず銀行カードローンの審査に通る一番のコツは、申込みの限度額をより低くして申込みすることです。

カードローン審査にあたり、申込者は自分の希望限度額を申請できますが、自分の収入レベルなど無視したとんでもなく高い限度額を書く人がいます。

しかし、これなどは、まさに審査に逆効果で、審査担当者に悪いイメージを与えるだけの効果しかありません。

カードローン審査で大事なことはまず審査に通ることです。

そのためにはまず、必要最低限の額を申込みして、審査担当者も許可しやすいカードローン案件にすることです。

一旦銀行カードローンを借ることができれば、あとは借入・返済実績を積み上げて、将来増額申請で対応することもできるようになりますので、まずは限度額を低くして申込み、審査突破を図ってください。

勤務先の情報は正確に

審査を通りやすくするコツの2つ目は、申し込みフォームに入力する勤務先はできるだけ正確に入力することです。

カードローンの審査において、勤務先や勤続年数は本人の信用力や支払い能力を示す重要な個人情報です。

それを雑に記入することは、自ら自分の信用を落とすような行為であるため審査にも悪く響きます。

「勤務先を正確に書く」とは、例えば勤務先の名前に株式会社が付いていれば必ず付けて入力する、住所は省略せず最後まで正確に入れる、電話でも本社と自分の勤務している部署が別ならば、必ず両方の電話番号を入力するなどを指します。

勤務先データを正確に入力することで、審査担当者からの再確認の手間を省くことができますし、正確に書く行為、それ自体が審査評価の対象なので、申込者にとっては二重にメリットがあります。

銀行カードローンの申し込みでは嘘をつかない

審査を通りやすくするコツの3番目は絶対嘘はつかないことです。

これなどは、カードローン審査に限らずどのような場でも基本中の基本なのですが、案外嘘をつくことに罪悪感もなく鈍感な人がいるのも事実です。

特に銀行カードローンの申込みは、申込書の記載内容が基本的に自己申告なので、安易な気持ちや見栄で嘘を書く人がいます。

程度の軽い嘘なら愛嬌で済みますが、審査の肝心なポイントである本人収入を必要以上に盛ってみるとか、すでに退職して無職にもかかわらず以前勤務していた会社を申告するとか、ひどい場合は虚偽の書類を作って銀行に出すとか、繰り返しますがこのような嘘はすべてアウトです。中には銀行により犯罪とみなされ、警察に告発されて取り返しがつかないような事態も発生します。

とにかく銀行カードローン審査では嘘は確実にバレますので、くれぐれもそのような行為をせずに正直な申告に徹してください。

銀行カードローンの審査に関するよくある質問

筆者はもともと地方銀行に約30年勤めていた銀行員です。

そのため銀行カードローンを含む個人ローンについては、実際の販売体験や審査の実務経験がたくさんあります。

そこで筆者の体験談も踏まえて、銀行カードローンの審査に関する質問コーナーを用意しました。銀行カードローンを申し込むうえで参考になれば幸いです。

銀行カードローンは審査が厳しい?

結論から先に言えば、銀行カードローンで審査が甘いカードローンなどひとつもありません。

審査を甘くして貸倒ればかり起こされては、保証会社としても多少の保証料収入など、数件の貸倒れで吹き飛んでしまうし、銀行にしても信用で成り立っている会社なので、その発生率にはとても神経質だからです。

ところで、銀行カードローンが保証会社を付けているのはかなり昔からあるシステムです。

また、保証会社に保証審査をさせるのも、銀行では古くから行われてきました。

ただ銀行カードローンの利用者ニーズに応える形で、カードローンの種類は確実に増えてきました。

そのため昔に比べて、銀行カードローンを利用できる対象者の層はかなり広がっています。

また、提携している保証会社の数も増えて、現在では多い銀行だと3社もあります。

そこでそれらを踏まえて、元銀行員から見た銀行カードローンの申込みのコツをお教えします。

銀行は保証会社を審査の難易度に応じて使い分けており、銀行グループ内の信用保証会社やカード会社が保証会社になっている場合、一般的にそのカードローンの審査基準が一番高いカードローンになっています。

一方、保証委託を外部の大手消費者金融や信用会社に委託しているカードローンは審査基準も緩やかで、より多くの対象者が利用できるようになっています。

ただし、その分だけ外部に保証委託のカードローンは金利が高めで、逆に銀行グループ内の会社が保証する銀行カードローンは比較的に低めに設定されています。

したがって申込者は、各銀行の保証会社をチェックして、どれが自分の属性に最も自分にあったカードローンだとか、あるいは銀行を選ぶ場合、保証会社の数が多い銀行カードローンの中から選べば、それだけ審査通過の確率が上がるようになります。

アルバイトやパートは審査に落ちやすい?

筆者の銀行員時代は、アルバイトやパートの人が銀行カードローンを申し込みに来ても、門前払いで審査どころか受け付けさえしてもらえない状況でした。

なぜなら受付をしたら書類も作らねばならないし、審査の手間もかかるので、適当に理由を付けて門前払いするのが一番と考えるような風潮もあった時代だったので(かれこれ10年前)。

それに比べたら、現在の状況というのは激変に近く、とにかくパート・アルバイトの方でも「安定・継続した収入」があれば、誰でも銀行カードローンに申込みできるという状況です。それだけ審査基準が下がってきた結果といえるでしょう。

最近知り合いの行員数名に、自主規制後の銀行の動きについてヒアリングしたのですが、銀行は今でも銀行カードローンの契約者がのどから手が出るほどほしい状態だそうです。

政府による低金利政策で、事業融資や住宅ローン等、他の融資で金利収入の確保が厳しくなっているだけに、比較的高い金利が期待できるカードローンは、銀行に取ってもやはりドル箱的な金融商品なのでしょう。

ただし、そこには審査があるので、やはりパート・アルバイトの方でも通過しないことには、カードローンは借れません。

でもわずか10年前のことを考えれば、よほど銀行カードローンが利用しやすい時代がやってきていることは事実です。

年収が少ないと審査で落とされる?

年収が少ないから審査に落ちるということは断定できません。

なぜなら、今の銀行カードローンの審査では、多くは「継続安定した収入」さえあれば、正規非正規雇用者関係なく、誰でも申込みできて審査が受けられるからです。

ただカードローンを販売している銀行の中には、申込条件の中に明確に最低の収入基準を金額で設定している銀行や、「パート・アルバイト等の方も申込み可」などの但し書きを入れず、単に「安定した収入のある人」と申込条件を表記している銀行もあります。

仮にこれらの銀行でカードローンを申し込んでも、収入の低い申込者に対しては審査を厳しくする可能性が高いです。

それだけに対策としては、自分がこれから申込み予定の銀行がどのような申込条件を設けているのか、しっかりと事前に確認しておいたほうがいいと思います。

審査に通りやすい銀行カードローンはある?

各銀行は銀行カードローンの審査基準を公表していないので、外部からその基準がわからない以上、審査に通りやすい銀行カードローンを見つけるのは困難です。

しかし、銀行といっても所詮は民間会社として商売をしているので、ローンを利用してくれる顧客が増えないことには儲けもありません。

一方、借入れの審査基準を下げれば確かに利用する顧客数は増えますが、その分貸出リスクも高くなります。

要は銀行も、審査の難易度と確保したい顧客層のバランスの中で商売をしているので、その銀行がどのような姿勢で商売をしているか、見極めるのはとても大事です。

銀行カードローンでも、地方銀行や信用金庫なら、自行の取引先からカードローンの申込みがあれば優先して審査を通し利用してもらうだろうし、流通系の銀行なら自行のグループ内の各社利用者には率先してカードローンも利用してもらいたいでしょう。

あるいはAUやソフトバンクなどのユーザーには、それぞれに適したネットバンクのカードローンもあります。

とにかくまずは、自分が今持っている属性にはどのようなものがあるか、しっかり自己分析してみてください。そしてその属性にマッチした銀行カードローンがないかじっくり探してみましょう。あればそれこそが申込者の審査に通りやすい銀行カードローンといえるでしょう。

・楽天ユーザーなら
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
・みずほ銀行、ソフトバンク、Yahooユーザーなら
J.Score(ジェイスコア)
・AUユーザーなら
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」

銀行カードローンは即日融資できないって本当?

かつては消費者金融同様、即日融資に対応できていた銀行カードローンですが、今はできなくなりました。

理由のひとつは銀行カードローンの審査が厳格化されたからです。

2017年から2018年にかけては、金融庁の指導もあり、メガバンクから大手銀行中心に銀行カードローンの自主規制が進み、販売体制や審査の面で厳格化が進みました。

審査にも新しい手続きが加わり、申込みを受けた銀行は、申込者の個人情報を警視庁に信用照会する必要が出てきたので、その手続きと結果確認のために最低でも2日間(申込日含む)はかかり、実質的に即日融資ができなくなったのです。

もちろんそれで、銀行カードローンのメリットがすべて消えてしまったわけでもなく、即日融資のように資金を急ぐ申込者は別として、これまでのように資金を借りるのに時間的余裕のある人は、引き続き銀行カードローンを申込みして、金利や各種メリットを利用できるようになっています。

即日融資のカードローン
カードローン審査時間即日融資
消費者金融アコム最短30分最短1時間
プロミス最短30分最短1時間
アイフル最短30分最短1時間
SMBCモビット10秒簡易審査最短即日
レイクALSA最短15秒Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込が可能です。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
J.Score仮審査最短30秒最短即日

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

銀行の信用情報の取り扱いは消費者金融より厳しい?

信用情報の取り扱いについて、銀行の信用情報の取り扱いは消費者金融のそれより間違いなく厳しいと考えています。

これは各銀行がカードローン審査の信用照会で利用する全国銀行個人信用情報センター(以下KSC)の登録情報の保存期間を、他の2社の信用情報機関、JICC、CICと比較したらよく分かります。

例えば返済遅延(滞納)はJICC、CICの場合、遅延開始から3ヵ月以上経過したものを滞納と取り扱いしていますが、KSCの場合、遅延から2ヵ月経過した分から滞納として登録しています。

※ただし、銀行の場合は、1~2回遅れても滞納としてKSCに報告している先もあるので、滞納とするかはあくまで個々の銀行判断によります。

つまり、KSCの方が他の2社より滞納に対する取り扱いが厳格なのです。

また、破産等、債務整理情報の信用情報機関の保存期間も、KSCが10年間、一方JICCやCICは5年間とわずか半分です。

これらの事実がKSCの方が信用情報をより厳格に重視して取り扱いしていることを強く物語っています。

また、筆者は銀行内部で仕事をしていたので、銀行の遅延に対する考えもよく分かっていますが、当時でも返済遅延に対する対応は厳格で、もし申込者にわずか2回でも遅延の実態があれば、ほぼ100%はカードローンの申込みも却下されていました。

このように、銀行の返済遅延やブラック情報に対する姿勢はかなり厳格なものがあり、消費者金融の取り扱いに比べてもかなり厳しいと思っていただいた方がいいです。

銀行の勤続年数に対する取り扱いはどの程度?

銀行カードローンの審査で、勤続年数の長さがどれぐらい必要かは、銀行から公表もされていないし、そのため外部からもきちんとした基準を示すこともできません。

ただし、一般的には、勤務開始から1年以上経っていれば勤務実績ありとみなしてくれて、審査であまりハンディはありませんが、それでも勤続年数が長いことに越したことはありません。

筆者が以前銀行に勤務していた時は、スコアリング審査は紙ベースで書類作成していましたが、勤続年数については、長ければ長いほど属性スコアが上がる評価体系になっていましたし、1年以下の勤続年数では評価が最低になっていました。

それだけに銀行カードローンでは勤続年数は最低1年以上ほしいところですが、あくまで勤続年数の評価は個々の銀行判断によるものと考えています。

ただし、審査するのが銀行だけに一部の消費者金融のように「就職して1回でも勤務実績があったら良い」というような弾力的な対応までは期待しない方がいいでしょう。

スーパーホワイトに対する銀行の対応は?

スーパーホワイトとは、銀行含む金融業者がカードローンの申込みを受けて、指定信用情報機関に信用照会したときに、情報機関に一切の登録がない状態の申込人のことを称してこのように呼んでいます。

確かに、一部には「現金オンリー主義」「ローンは借らない」「クレジットカードは持たない」人もいて、信用情報がスーパーホワイト状態の人もいないわけではありません。

しかし、これだけ生活のあらゆる場面に信用商品を使う機会が増えてくると、むしろスーパーホワイト状態を維持するのが難しいと考えるべきです。

それだけに、もし金融機関が信用照会をした時に申込者が「スーパーホワイト」だとすると、金融業者なら別の可能性を疑います。

すなわち、「過去に自己破産をしてその事実が登録されたものの、その信用情報機関における保存期限が過ぎた直前だから、登録がすべて抹消されてスーパーホワイト状態」ではないのかと。

そうなるとまったく話が違ってきて、もちろん銀行によって判断は異なりますが、一般的な銀行員が考えることは、やはり「過去に同じことをした人はまた、同じようなことを繰り返す」です。

私も元銀行員として、この考えには強く同意します。貸出リスクの高い人には、仮に一度法的に整理して借金がなくなったからといって、再度簡単に貸せるものでもないのです。

融資ではできるだけリスクを避けたいのが銀行員の性なので、当然そのような対象からのカードローン申込みは、慎重に審査することになりますし、審査で落ちる確率はかなり高いと考えてもらった方がいいと思います。

まとめ

銀行カードローンの審査に関して、その流れや審査基準、落ちる理由や原因、及びその対策について詳しく解説してきました。

銀行カードローンについては、銀行が販売に積極的になってきた歴史はまだ浅いです。

しかし、ながら比較的短期間に、消費者金融を超える融資残高を伸ばしてしまったために、社会から批判を受けることになり、2017年から2018年にかけて、銀行カードローンの自主規制を行ったことで、その販売体制にブレーキを掛ける結果になってしまいました。

しかし、銀行の信用力を背景に、まだまだ銀行カードローンの商品性は高いものがあります。

金利、高限度額、そして利用の安心感を求める顧客には、まだまだ利用価値のあるのが銀行カードローンだと考えています。

それだけに申込者としては、できれば審査に通って最低1枚、銀行カードローンを持っておきたいものですね。

この記事の内容が、銀行カードローンの審査を受ける方に、ひとりでも多く役立つことを期待しています。

早さよりも金利で選びたい

\楽天会員ランクに応じて審査優遇/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

監修:知っ得!カードローン編集部