ビジネスローンとは何?メリット・デメリットをわかりやすく解説

ビジネスローン(事業者ローン)とは、事業者を対象とした金融商品を指します。

事業者への融資は銀行が得意とする分野ですが、ノンバンク系の貸金業者も参入するなど、資金を調達したい事業者にうってつけのローンです。

ビジネスローンは比較的に高額の融資となるケースが多く、一般のローンとは審査基準も異なります。また、ビジネスローン特有のメリットやデメリットがあるので、借りる前にしっかりと学んでおきましょう。

この記事では、ビジネスローンとは何かについて解説します。

ビジネスローンの仕組みや特徴についても触れていますので、事業資金を調達されたい方はぜひ参考にしてください。

ビジネスローンとは何?

ビジネスローン(事業者ローン)とは、事業者が事業のための資金を借りるときに利用する資金調達方法のひとつです。

具体的には、事業者が金融業者にビジネスローンを申し込んで、金融業者は審査をおこない通過した先に対して融資をおこないます。

以前はビジネスローンというと、かなり狭い範囲で使われていた時代もありましたが、現在は銀行、信用金庫も含めて多くの金融機関が取り扱う商品となっており、どんどん認知度を上げているローン商品です。

ビジネスローンとファクタリングの違い

ビジネスローンとともに近年、資金調達方法として事業者の間で利用が進んでいるのがファクタリングです。

ここでは簡単にビジネスローンとファクタリングの違いを説明します。

ビジネスローンとはその名の通り、事業者に対する融資のことです。金融業者の審査を受けて、審査に通るとその資金を事業資金に使うことができます。もちろんローンなので借入後は金利とともに元金を返済する義務が発生します。

一方で、ファクタリングとは売掛金を使った資金調達方法です。商売人のあいだには、昔から「掛売り」という支払いを延べ払いする慣行があり、業者が商品を納入、あるいはサービスを提供したあとに、その対価を相手に一定期間支払い猶予します。

これを売掛(うりかけ)と呼び、その支払い猶予した代金のことを売掛金といいます。

通常売掛金は1~2ヵ月後には回収できますが、売掛を承認した側からするとその間、売上代金が入らないことになるので、その分、自社の他の支払に対して資金を肩代わりしなければなりません。

しかし、多くの中小企業は常に資金不足の状態にあるので余裕資金がないのが現実です。そこで売掛金を使った資金調達方法としてファクタリングが登場します。

売掛債権を持っている業者は、その売掛金の回収期日を待たずにその債権をファクタリング会社に売却すると、ファクタリング会社はその売掛金の審査をおこない、審査に通れば手数料を引いて買取りし、残金を利用者の銀行口座に振込してくれます。そうすれば業者は売掛金の回収期日前に資金が手に入るので、その資金を他の目的に利用できます。

これが基本的なファクタリングの仕組みです。つまり、ビジネスローンは融資であり、ファクタリングとは債権の売買(譲渡)である点が両者の大きな違いです。

ビジネスローンを利用できるのは法人や個人事業主(自営業)

ビジネスローンが利用できる対象者は事業を営んでいる法人と個人事業主・自営業です。

ビジネスローンは個人が利用できるローンではありません。なぜならビジネスローンの利用目的は事業資金だからです。

以下では資金の利用目的に応じて適切なローン商品を紹介します。

個人事業主や自営業で借入目的が個人利用ならカードローンがおすすめ

個人事業主や自営業の方が個人利用を目的に借り入れするならカードローンがおすすめです。

個人向けに発行されているカードローンはたくさんあります。ただし、業者によって審査の難易度も違うので、もし個人事業主や自営業が借りるとすると、一番に消費者金融、次に銀行カードローンを選べば審査で通りやすくなるでしょう。

参考自営業や個人事業主がカードローン審査に通る方法

法人の経営者も個人利用が目的ならカードローンが利用できる

法人を代表する経営者もまた、事業者のひとりです。法人経営者が個人利用を目的にローンを借りるとすると、資金使途自由のフリーローンや目的別ローンも借りられますが、もちろんカードローンも利用できます。

カードローンは個人利用の範囲内で資金使途自由なので、フリーローン同様おすすめです。

参考法人経営者が個人向けカードローンの審査を通る方法

事業資金が目的ならビジネスローンがおすすめ

もし法人および個人事業主の資金の利用目的が、個人利用でなく事業資金なら、筆者としてもビジネスローンをおすすめします。

法人はいうまでもなく、ビジネスローンの場合は、個人事業主や自営業に対しても審査が非常に弾力的で専用商品も作られており、個人向けカードローンと比べても利用価値が高いです。

あくまで借り入れにおける資金の目的が事業資金なら、ビジネスローンを選ぶようにしましょう。

ビジネスローンの特徴と種類

この章ではまずビジネスローンの特徴とその形態、そしてどのような金融機関が取り扱いしているか紹介します。

また、金融機関別にそのビジネスローンはどんな特色を持っているか、また、金融機関によってビジネスローンの審査の難易度には差があるのかなど、詳しく解説します。

ビジネスローンの特徴は迅速な審査と高金利

ビジネスローンの特徴は、一番に迅速な審査スピード、そして高金利があります。

一般的に審査スピードは金利の高さと反比例の関係になる場合が多く、この例としてビジネスローンとよく比較されるローンに銀行のプロパー融資、信用保証協会付き融資、日本政策金融公庫融資があります。

これらの融資の特徴は、低金利、高額融資ですが、審査には2週間~1ヵ月程度かかるものが多く、急ぎの資金には間に合いません。

一方ビジネスローンは、申込みすると審査が早い先では、同日中に認可されて資金が借りられる業者もあり、資金を急ぐ事業者には極めて便利なローンとなっています。

ただし、その分、金利は割高であり、長期間借りると支払金利もかさむため、短期利用に向いているローンといえるでしょう。

また、審査スピードが早いだけ、銀行融資などに比べて審査書類も少なく、準備するのが簡単なのもビジネスローンの特徴です。

審査方式はスコアリングまたはアナログ審査

ビジネスローンの審査方式は、スコアリングまたはアナログ審査の2つの種類があります。

申込みする業者によって審査スタイルが違うので、業者の審査態勢をよく調べて申込みする必要があります。

スコアリング審査とは、法人、個人事業主の持つ属性(業歴、事業規模、財務内容など)を金融業者の審査基準でスコア化してその点数を審査に反映させる方式です。主に銀行や信用金庫、大手ノンバンクなどが標準で採用しています。

アナログ審査とは、審査担当者が申込事業者と直接面談をおこない、その結果を審査に反映させる方式です。機械化が進んでいない中小の金融業者が取り入れている審査方式であり、スコアリングのようにマニュアル化していない分だけ個別の事業者の事情や要望なども取り入れて審査してくれるメリットもあります。

どちらの審査方式がよいかは個々の申込者の条件や要望にもよりますが、スコアリング方式の方が標準化の進んでいる分、担当者による審査結果のばらつきも少なく、また、アナログ審査に比べて審査結果が早く得られるのもメリットです。

ビジネスローンには証書貸付とカードローンがある

ビジネスローンには融資形態として証書貸付とカードローンタイプがあります。

また、金融機関によって、両方のタイプが利用できる先と片方のタイプしか利用できない先もあります。

証書貸付は1件ごとに融資審査するタイプなので、特に資金を急がないとか、あるいは最初に借りる予定の金額が決まっていて一定期間内で定期的に返済したいニーズを持つ事業者向きです。

一方カードローンタイプは、一定の極度額の範囲内で繰り返し反復して借入できるので、必要な時すぐに資金が借りたい、あるいは急な資金繰りに備えたい先に向いています。

適宜、自分のニーズに合わせて使い分けるのが利用上のコツです。

ビジネスローンを取り扱う金融業者の種類

ビジネスローンといえば以前は限られた金融業者が取り扱うローン商品でした。

しかし、現在はメガバンクも含めて、多くの金融機関が取り扱うようになっており、事業者にとって主要な資金調達手段のひとつなっています。

ここでは取り扱い金融業者別にビジネスローンの特徴を説明します。

ビジネスローン会社

事業者を対象にビジネスローンを専門に取り扱いとしている金融業者がこのビジネスローン会社です。

消費者金融同様、預金業務を扱っておらず、貸金専業者なのでノンバンクと呼ばれています。銀行融資と比べると、審査が迅速で即日融資も可能な先も多いです。

一方、金利は消費者金融並みに高金利であり、長期利用には向いていません。あくまで運転資金やつなぎ資金など、短期利用向きのローンといえるでしょう。法人、個人事業主のどちらも利用できる先がほとんどです。

消費者金融

消費者金融は、個人向けカードローンを主として取り扱いしている金融業者であり、貸金業者として総量規制を受けています。

一方で個人事業主・自営業向けのカードローンも発行しており、利用限度額はビジネスローン会社と比べてやや小さくものの、審査も弾力的で特に事業規模の小さい事業者に利便性は高いです。

ただし、金利は個人向けキャッシングと同じく割高であり、やはり短期利用に向いています。

信販会社

割賦販売・クレジットやクレジットカードを主として扱う信販会社もノンバンクの一種ですが、こちらの会社でもビジネスローンを取り扱いしています。

信販会社の場合、ビジネスローン会社や消費者金融ほど審査は弾力的でもないですが、その会社のクレジットを利用中で、借入を急がず審査を受けられる事業者なら、審査に通りやすく利用価値はあります。

また、事業者カードローンとして利用できる先も多く、今は使う予定はないが、急な資金の借り入れ用として一枚持っておくのもいいでしょう。

借入金利の水準はビジネスローン会社、消費者金融と銀行、信用金庫のあいだ程度です。

(高い)

  • ビジネスローン会社
  • 消費者金融
  • 信販会社
  • 銀行、信用金庫

(低い)

銀行・信用金庫

銀行及び信用金庫も現在ではビジネスローンの取り扱い先です。

また、銀行ではメガバンクから大手地銀、ネット銀行まで幅広く取り扱いしています。

ただし、他の金融業者ほど利用できる対象者は広くなく、多くは何らかの利用条件が付いています。

  • 法人だけ利用でき個人事業主は利用できない
  • 保証会社の保証を必要とする
  • 金融機関の営業地域内の事業者に利用限定
  • 決算実績は必ず2期以上必要
  • 納税未納、赤字決算、債務超過などの先は利用できない

ビジネスローンの取り扱い業者の中で最も金利は低いのですが、いろいろな制約条件がついているので利便性がまだ低いのがこのローンの特色です。

ビジネスローンを取り扱う金融業者の難易度

やや乱暴なランキングなのですが、ビジネスローンの取り扱い業者ごとに審査の難易度を弾力的な順に並べてみると、ビジネスローン会社>消費者金融>信販会社>銀行・信用金庫となります。

ただし、法人か個人事業主か、あるいは事業規模や財務内容などでも事業者間には評価で大きく差があるので、やはり最後は実際にビジネスローン審査を受けてみないと結果が分からないというのが実態です。あくまで審査を受けるうえでの目安にしてください。

ビジネスローン会社には必ずサギ業者がいるので要注意

ビジネスローン業者の中にはサギ業者が紛れ込んでおり、関わると危険なので絶対関係を持たないよう注意してください。

事業者であれば、本来なら事業資金を借りるときは低金利や大きな融資額を期待できる銀行融資や公的融資を優先するはずです。

しかし、ビジネスローンを借りるとなると、すでに事業運営が厳しくなっているとか、財務内容が悪化して銀行融資などが借りづらくなっていることが予想されます。

それでなければわざわざ金利の高いビジネスローンを借りようとする説明がつきませんからね。

しかし、事業者の資金繰りが厳しくなって精神的にあせる状況に追い込まれると、そのすき間を狙ってつけこんでくる悪徳業者がいます。

これらの業者がいわゆるサギ業者で、法律を守らず法外な違法金利で貸付行為をおこなう違法業者です。

特に慢性赤字や債務超過で資金繰りが厳しい事業者が、借り入れであせるあまり、このような違法業者と接点を持つと、相手も最初は甘く対応しその状態から抜け出せないようにして、最後まで事業者を食い物にしてしまいます。

その事業者の行きつく先は会社の倒産か、経営者自身の破滅です。

このようなことにならないためにも、事業者はくれぐれも違法業者との関わりを持たないよう肝に銘じて行動してください。

この記事の監修者

知っ得!カードローン編集部
知っ得!カードローン編集部編集長
「知っ得!カードローン」の編集長。執筆歴8年のカードローン専門ライター。消費者金融、銀行カードローンを含め3枚のカードローンを保有。生活困窮者や自己破産者を救いたい一心で記事を書いています。