車検費用が払えない…車検代を支払うお金がないときの対処法

お金の悩み

自動車に乗っているとガソリンやオイル交換などの維持費がかかります。

「憧れの車を買ったけど維持費が高い!」そう感じている人も多いのではないでしょうか?

大きな自動車ほど維持費は高いので、憧れの車を買ったのはいいけれど維持ができない…という人も少なくありません。

そして自動車の維持費の中で最も高いのが、車検(自動車検査登録制度)にかかる費用です。

車検費用は10万円以上するのが当たり前。高額な支出を伴う費用ですので、手元にある程度まとまったお金がないと車検代が払えません。

車検を受けずにそのまま車検切れの車に乗るリスクは非常に甚大です。

車検を受けないとどんなリスクがあるのか、そして車検費用が払えないときの対処法について詳しく解説していきます。

車検費用はいくらかかる?

車検にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?。

車検には絶対に支払いが必要な法定費用と、自動車屋さんによって異なる費用の2つに分かれます。

車検費用の相場と、車検代を節約する方法をご紹介していきます。

車検にかかる法定費用の相場

車検にかかる法定費用は以下のように相場が決まっています。

車検の法定費用の相場
費用 金額
自賠責保険料 軽自動車:26,370円
乗用車:27,840円
重量税 2,500円~75,600円
印紙代 1,100円~1,800円

重量税はその名の通り、自動車の重さに応じて比例する税金ですので、車体が大きいほど税金は高くなります。

以下は、車の大きさに応じて車検にかかる法定費用の総額一覧です。

  • 軽自動車:3万円~4万円
  • 小型乗用車:4万円~8万円
  • 普通乗用車:5万円~11万円

車体の大きな車になると、車検代のうち法定費用だけで軽く10万円を超えてしまいます。

また、このほかに自動車屋さんやディーラーなどに車検を通さなければいけないので、その業者に支払う費用も別途必要になります。

この費用はどこへ車検を出すかによって金額は大きく異なり、1万円で済む会社もあれば10万円以上かかる業者もあります。

さらに自動車が古くなり部品の交換が必要になると、さらに費用が増えてしまうこともあります。

車検代を節約する方法

車検代を節約する方法としては、整備点検費用が安い場所へ車検に出すことです。

ディーラーであれば部品の交換などは純正部品を使うので必然的に車検代は高くなります。

また、民間車検場がない自動車工場へ車検に出すと、車検場へ自動車を持ち込む人の足代などが発生するので、その分だけ車検代は高くなります。

整備点検費用を安くするためには、民間車検場がある自動車工場へ車検に出すか、自分で車検場に車を持ち込む(ユーザー車検)かのいずれかの方法で車検を行いましょう。

また、できる限り必要最小限の整備で車検を行なってほしいとあらかじめ業者に依頼しておくことで、車検代を低く抑えることができます。

車検の知識がないからといって、ディーラーなどにお任せで依頼してしまうと、整備点検費用だけで10万円を超えてしまうこともあります。

車検が切れた車を走らせるリスク

車検切れの自動車で公道を走ると刑罰の対象になります。免停になると仕事にも支障をきたしてしまう可能性もあります。

「お金がない」という安易な理由で車検を受けないと、車検代以上の金銭的リスクを背負ってしまうということに注意しましょう。

車検費用を払えないと、具体的にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

車検切れの自動車で公道を走っていることが警察に見つかってしまうと刑罰の対象になります。

6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられるため、車検代よりも高いお金を支払わなければいけません。これなら最初からちゃんと車検を受けておけばよかったと後悔することになるでしょう。

車検切れの自動車を運転すると一発で免停になる

車検切れの自動車を運転していると一発で免停になってしまいます。

車検切れの点数は6点ですので即免停ということです。

前歴がない場合には30日間の免停で済みますが、仕事に自動車が欠かせない人は30日間の免停であっても仕事に支障が出るでしょうし、最悪の場合は会社をクビになってしまうかもしれません。

罰金にせよ、免停にせよ、10万円~20万円程度のお金が払えないという理由で車検を受けないということは、それ以上に大きいリスクを背負うことになるのです。

車検が切れていると自賠責保険も切れている

車検が切れの自動車を公道で走らせるというだけで刑罰の対象になりますが、車検が切れているということは自賠責保険も切れるということでもあります。

これはこれで甚大なリスクを背負わなければならないことに注意が必要です。

自賠責保険が切れている自動車を走らせるリスクと、自賠責保険が切れた自動車で交通事故を起こしたときのリスクについても理解しておきましょう。

保険に入っていても自賠責部分は自己負担

例え民間の任意保険に加入していたとしても、民間の任意保険が保障の対象とするのは、自賠責保険では保障することができない範囲に限られています。

つまり、自賠責保険に加入していれば保障を受けることができた部分に対しては自己負担になってしまうのです。

50万円以下の罰金または1年以下の懲役

自賠責保険が切れている自動車を走らせているというだけで、50万円以下の罰金または1年以下の懲役が課せられます。

自賠責保険切れの車を運転することによる罰金の費用は、間違いなく車検代よりも高額になってしまいます。

90日の免停

さらに自賠責保険が切れている自動車を走らせると6点が課せられるので、やはり一発で免停となります。

しかも自賠責切れと車検切れの点数を合わせると12点なので計90日間の免停になります。さすがに3ヶ月も免停になると仕事に支障をきたすことは間違いありません。

50万円以下という高額な罰金が課せられたうえで、90日間も自動車を運転することができないので、経済的なリスクは計り知れません。絶対に車検切れの車で運転してはいけません。

車検費用が払えないときの対処法

車を持っている以上、「お金がない」という理由だけで車検を受けないと、生活に支障をきたすだけでなくさまざまなリスクを伴います。

では車検費用を払えないときは、どのように対処すればいいのでしょうか?

車検代を払うお金が手元にないときは、以下のいずれかの方法で対処するしかありません。

自動車を売却する

車検代が払えないし、べつに車がなくても生活に支障がないという場合には、思い切って自動車を売却してしまうという方法もあります。

手元にお金が入りますし、維持費もかからなくなりますので、お金を貯めたい人には一石二鳥かもしれません。

車検代が貯まるまで待つ

車検が切れたからといって、すぐに車検を受ける必要はありません。

車検が切れてしまったらその自動車を走らせることができないというだけです。

普段から自動車には乗っていないという人や、移動手段を電車やバス、自転車などで代用できるという人は、車検代が貯まるまで車検を受けるのを待って、その間は自動車を運転しないという方法もあります。

特に最近は地方都市であってもマイカー通勤を禁止している職場も多いので、自動車は必ずしもなくてはならないものではなくなってきています。

車検を通さずとも最低限の生活を維持することに支障がない場合には、お金が貯まるまで車検を待ち、その間は車に乗らないという方法が最も現実的です。

クレジットを利用する

現金で車検費用が払えない場合、クレジットを利用して車検代を払うという方法もあります。

大きな自動車整備会社やディーラーでは、車検費用を支払うためのクレジットが用意されているため、クレジットカードで車検代を支払うことも可能です。

この方法なら、車検費用が手元になくても車検代を支払うことができます。

どうしても手元にお金がないという場合にはクレジットの利用を検討してみてください。ただし、クレジットの金利は18.0%程度になることが一般的なので、金利手数料の負担は覚悟しなければなりません。

分割にしてもらう

自動車工場の方と個人的に親しいような場合には、車検費用の支払いを分割にしてもらえないか交渉してみましょう。

この方法は自動車工場との信頼関係が構築できている場合のみ有効ですが、車検代が払えないと自動車を差し押さえられることもあるので、しっかりと期日通りに支払える場合のみ交渉してみましょう。

金融機関からお金を借りる

車検費用は金融機関のローンで借りられます。

自動車屋さんで紹介されるクレジットは金利が高いので、車検代を借りるなら銀行から借りてしまったほうが利息負担は少なくなります。

また、返済方法も多様で自由に選択できるので、毎月の返済を極力抑えたうえで車検代を借りることも可能です。

手元にお金がないから車検費用が払えないという場合には、まずは金融機関へ相談するといいでしょう。

車検費用を借りる3つの方法

自動車を手放さない(手放せない)以上、車検費用は金融機関からお金を借りてでも支払うしかありません。

ディーラーのクレジットを使用する以外に、車検代を金融機関から借りる方法としては、以下の3つのローンが利用できます。

車検費用を借りられる3つのローンの特徴と審査について詳しく見ていきましょう。

マイカーローン

ほとんどのマイカーローンで車検費用を借りられます。

マイカーローンは金利が約2.0%~4.0%と非常に金利が低いローンですので、クレジットと比較して圧倒的に安いコストで車検代を借りられます。

デメリットとしては、低金利のため審査を通るのが難しく、正社員かつ他社借入がまったくないような人でないと借りることができません。

そもそも申込条件に「前年度年収200万円以上」などと記載されていることが多く、パートやアルバイトでは申し込むことすらできない、比較的にハードルが高いローンです。

フリーローン

フリーローンとは資金使途は原則自由ですが、申込時に申告した使い道にしか利用できないローンで、別名「多目的ローン」とも呼ばれています。

申込時に資金使途を「車検代」と記載し、加えて車検の見積書を提出できればOKです。

フリーローンの金利は約5.0%~10.0%と比較的に低い金利で借りられるうえ、信用情報に大きな問題さえなければパートやアルバイトでも審査を通過できる可能性が高い種類のローンです。

マイカーローンもフリーローンも返済期間を7年~10年に設定できるので、毎月の返済負担を極力減らしたい方向けのローンといえます。

マイカーローンの審査に落ちたら、次はフリーローンへの申込を検討しましょう。

カードローン

マイカーローンにもフリーローンにも審査に落ちてしまったら、次はカードローンを利用するという方法もあります。

カードローンは限度額の範囲内で自由に借りたお金を使えるので、もちろん車検費用を借りることも可能です。

信用情報に大きな問題がなければ、フリーローンよりも借りられる可能性が高いローンです。

銀行カードローンの最高金利が約14.0%~15.0%、消費者金融は金利18.0%と高めですが、毎月返済額が少なく設定されているので、20万円くらいの車検代なら毎月の返済額は2,000円~3,000円と非常に小さい負担で借りられます。

「次のボーナスがきたら車検代を払えるのに」というような場合でも、大手消費者金融のカードローンなら無利息サービスが付いているので、無利息期間中に全額完済すれば利息は1円も発生しません。

また、カードローンは限度額の範囲内で何度でも借入と返済ができるので、次に「自動車税が払えない」ときにも残高の範囲内でお金を借りることができます。

マイカーローンやフリーローンの審査に通らない人でも、カードローンなら通過できる可能性があります。どちらのローンでも借りられなかったときの最後の手段としてぜひ活用してください。

お急ぎの方は大手消費者金融のカードローンへの申し込みをおすすめしています。マイカーローンやフリーローンは融資におよそ数日~数週間はかかる見込みです。大手消費者金融のカードローンなら見積書は不要、最短即日融資も可能です。

まとめ

車検の費用は自動車によって差があるものの、高額になる場合には20万円以上の支出になってしまうこともあります。

しかしお金がないからといって車検が切れた自動車に乗ると、懲役や罰金刑が課されるうえ、免停の処分も加わります。

そして車検切れの車は自賠責保険も切れているため、交通事故を起こしたときのリスクは計り知れません。

手元にお金がなくて車検費用が払えない場合、マイカーローンやフリーローン、カードローンなどを利用してお金を借りる方法があります。

お金がないという理由で車検が受けられなかったという言い訳は警察には通用しません。自動車に乗るならお金を借りてでも絶対に車検を受けてましょう。

執筆者:手塚大輔/金融ライター

お急ぎならこのカードローン

\はじめてのアコム!借入審査は最短30分/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ