カードローンの借り換えとは?初めてでも分かる借換えの基本

カードローン借り入れ

近年は政府のマイナス金利政策を発端に、稀に見る超低金利時代に突入しています。

それもあって、既存のローン契約を見直し、低金利のローンに借り換えるケースが多く見られるようになりました。

その代表的なものと言えば、高額借入の住宅ローンが挙げられるでしょう。

しかし、低金利のあおりに関係なく、おすすめしたいのがカードローンの借り換えです。

今回はこのカードローンの借り換えとはどのようなものなのかを理解してもらい、その優位性や失敗しない借り換え方法について説明していきます。

上限金利が適用されているカードローン利用者なら、確実にメリットの出る借り換えが可能です。

ぜひ最後まで目を通してもらい、賢いカードローン利用を実現するサポートにしてください。

この記事を読んで分かること
  • カードローンの借り換えとは?
  • カードローン借り換えのメリット・デメリット
  • 借り換え利用のカードローンを賢く選ぶコツ
  • カードローンと借り換え専用ローンの違い

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、その名の通り、今契約しているカードローンからさらに条件のいいカードローンへ乗り換えすることを指します。

条件に関しては様々な面で比較することができますが、一番重要になってくるのは、今利用しているカードローンよりも低金利のカードローンへ乗り換えるという点に尽きるでしょう。

金利にフォーカスすると、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が確実に金利面では有利ですが、それでも他のローン商品と比べれば、適用金利は桁違いに高いのが事実です。

よって賢くカードローンを利用するためにも、できるだけ低金利のカードローンへ借り換えて利用することが一番重要なポイントとなってくるでしょう。

以下ではカードローンの借り換え方法と、カードローン借り換えの優位点について説明していくことにします。

借り換えには2つの方法がある

カードローンの借り換えには、下記の2つの方法が存在します。

  • 1社のカードローンを他のカードローンに借り換える
  • 複数のカードローン借入をまとめて、1つのカードローンに借り換える

1社のカードローンを他のカードローンに借り換える

今利用しているカードローンよりも、低金利なカードローンに借り換える方法。

複数のカードローン借入をまとめて、1つのカードローンに借り換える

複数あるカードローンの借入をまとめて、1つのカードローンに借り換える方法。

特に複数あるカードローンの借入を1つにまとめて借り換える場合には、高額の借入となるため、1社から1社へ借り換えるよりも、さらに高い金利メリットが受けられる可能性が高くなります。

カードローンで複数の借入がある人には、まさにおすすめの方法と言えるでしょう。

ただしカードローンを1つにまとめる借り換え方法は、高額の借入となることから、1社から1社へ借り換えるよりも確実に審査は厳しくなるので、申し込みしたとしても必ず審査を通過できるわけではありません。

メリットが高いカードローンの借り換えですが、この点はよく理解しておくようにしてください。

消費者金融でのカードローン借り換えは総量規制の例外

カードローンの借り換えは、消費者金融、銀行とどちらのカードローンでも利用することができます。

そこで心配になるのが、消費者金融でのカードローン借り換えです。

消費者金融をはじめとする貸金業者では、個人への貸付を年収の3分の1以下とした総量規制という法律を遵守することが義務付けられています。

たとえば現在の年収が300万円であれば、消費者金融のカードローンで借入できるのは100万円までとなります。

となれば既に100万円の借入がある人は、消費者金融のカードローンでは借り換えができないということになってきますよね。

しかし借り換えのための借入は総量規制の例外として認められており、消費者金融でも総量規制のくくりなくカードローンの借り換えが可能です。

できるならば消費者金融のカードローンよりも金利に優れた銀行カードローンで借り換えをしたいところですが、もちろん審査を通過できない人も出てくるでしょう。

カードローンの借り換えで審査に不安がある人にとって、消費者金融のカードローンが利用できるのは大きなメリットとなってきますよね。

カードローン借り換えのメリット・デメリット

カードローンの借り換えは主に低金利を狙ってのもので、それが借換えの一番のメリットとなってきます。

しかしカードローンの借り換えメリットは金利面だけではありませんし、押さえておいて欲しいデメリットも存在するのです。

ここでは、そのカードローン借り換えのメリットとデメリットについて分かりやすく説明していきます。

カードローン借り換えのメリット

カードローンの借り換えメリットは次の3つが挙げられます。

  • 返済利息を減額できる
  • 毎月の返済額を減額できる
  • お得なサービスが利用できる

それではこれらカードローン借り換えのメリットについて詳しく解説します。

返済利息を減額できる

金利が低くなることで受けられる一番のメリットは返済利息の減額です。

金利が低くなれば、カードローンで発生する支払い利息は確実に小さくなります。

実際にカードローンで50万円を46回払いで借入した際に、異なる金利で発生する返済利息の総額を比較してみることにしましょう。

金利が低いと返済負担も軽くなる
金利 返済総額 返済利息総額
18.0% 695,756円 195,756円
15.0% 660,462円 160,462円

この表は左右にスクロールできます。

確実に返済利息の総額が減っていることが見て取れます。

カードローンの返済総額は、この返済利息の総額がいくらになるかで違いが出てくるので、返済総額を減らしたいのであれば、返済利息総額を減らすしか手はありません。

となれば低金利へのカードローン借り換えは、賢いカードローン利用をするための基本中の基本とも言えるでしょう。

毎月の返済額を減額できる

カードローンの返済は負担の少ない最低返済額(約定返済額)が設定されているため、基本的には余裕を持って返済することができます。

しかしこの最低返済額は借入額に応じて上昇するため、中には借入が高額になり返済負担が大きくなってしまったという人もいることでしょう。

これも低金利のカードローンへ乗り換えることで、一気に問題を解決することも可能です。

先ほどと同じ条件でカードローンを借り換えした場合、毎月の返済額は下記のようになります。

キャプション
金利 毎月返済額
18.0% 15,125円
15.0% 14,358円

この表は左右にスクロールできます。

上記は借入額が50万円と低いうえに金利の差も小さいため、毎月返済額の大きな減額の効果は見られませんが、金利差が大きければ大きいほどこの減額効果は大きくなってきます。

お得なサービスが利用できる

これは借り換えを検討する際にはあまり重要とされていませんが、カードローンを借り換えることで、今までには利用できなかったサービスが利用できる可能性も考えられます。

ノーローンのように期間限定ではなく、継続的に利用できる無利息サービスなどがそれに当たるでしょう。

あくまで金利にこだわって借り換えしたうえでの、補足的なメリットではありますが、条件が合えばこのような利用者にとってメリットの高いサービスが利用できる可能性も出てきます。

中にはこれらサービス利用を目当てに借り換えしたり、新規申込したりする人もいるくらいです。

金利引き下げを目的にしている人は、サービス利用を重視する必要はありませんが、このようなメリットが受けられる可能性があることは覚えておきましょう。

カードローン借り換えのデメリット

次にメリット以上に押さえておいて欲しい、カードローン借り換えのデメリットです。

カードローン借り換えはメリットばかりではありません。

メリット以上にデメリットをよく把握しておく必要があります。

カードローン借り換えのデメリットは下記の2つです。

  • 再審査を受ける必要がある
  • 審査落ちする可能性がある

それではこれらカードローン借り換えのデメリットについて詳しく解説します。

再審査を受ける必要がある

カードローンの借り換えで一番厄介なのが、乗り換え時に再度審査を受ける必要があるという点です。

借り換えするには、現在利用中のカードローン借入を全額返済できるだけの借入上限額を勝ち取る必要があります。

しかしカードローンの初回申込時にいきなり数百万円単位の融資枠が設定されるはずもなく、借入上限額は30万円~50万円程度、適用金利は一番高い最高金利が適用されるのが一般的です。

1社から1社への借り換えで、現在のカードローン借入が少額の場合ならば問題ないでしょうが、借入額が50万円を超える場合には、よほど申込者の属性(年収や勤続年収など)や信用情報が高く評価された人でなければ、まず希望限度額が通ることはないでしょう。

カードローンの借り換えを検討している人は、1社または複数社まとめて借入が高額になる場合、希望限度額の適用が難しいことを覚えておきましょう。

審査落ちする可能性がある

もう一点よく理解しておいて欲しいのが、借り換え目的で新規カードローンに申し込んだとしても、必ず審査を通過できるわけではないという点です。

カードローンの審査難易度は、低金利を適用しているところほど高くなってきます。

消費者金融のカードローンよりも、金利面で有利な銀行カードローンの方が審査の難易度が高いのは周知の事実です。

よって申込者の属性や個人信用情報の内容次第では、即審査落ちとなりカードローンを借り換えることができない可能性も出てきます。

個人信用情報に返済問題と見られる情報があれば、まず審査を通過することはないでしょう。

また現在利用しているカードローンの借入額が高額な場合には、更に審査通過は厳しくなってくることも必至です。

カードローン借り換えは実現できれば確実にメリットを生み出しますが、申し込む人によっては審査通過が簡単ではないと覚えておいてください。

借り換え時のカードローン選びのポイント

カードローン借り換えの基礎知識を理解してもらったところで、次にカードローンの借り換えで失敗しないための選び方やポイントを説明します。

ここまでの説明で「要は低金利のカードローンへ借り換えすればいいんでしょ?」と考えている読者も多いことでしょう。

確かにカードローン借り換えの鉄則は、今よりも低金利のカードローンへ乗り換えることです。

しかし金利ばかりを気にしていては、折角のカードローン借り換えも十分な効果を得られず、逆に失敗となるケースも出てきます。

そこでカードローン借り換えで失敗しないために注意して欲しいのが次の2点です。

  • 返済期間
  • 最低返済額

低金利のカードローンに借り換えしても、上記の2点をおざなりにしていると、借り換え前よりも条件が悪くなる可能性が出てきます。

それではこれら2点がいかに注意しなければならないのかを、説明していくことにしましょう。

返済期間が伸びていないか?

カードローンの借り換え時にまず確認して欲しいのが、借り換え後の返済回数です。

基本的には借り換え前の返済残回数と、借り換え後の返済回数が同じでなければ、低金利のカードローンへ借り換えたことで得られる、支払利息の減額効果を最大限に得ることはできません。

金利15.0%で100万円の借入残高があるカードローンから、金利12.0%のカードローンに借り換えたとしましょう。

しかし返済期間が伸びてしまえば、下記のようにカードローン借り換え前よりも返済利息の総額は高くなってしまうのです。

キャプション
金利 返済回数 毎月返済額 返済総額 返済利息総額
15.0% 46回 28,716円 1,320,953円 320,953円
12.0% 60回 22,244円 1,334,653円 334,635円

この表は左右にスクロールできます。

毎月の返済額だけを見れば、カードローンを借り換えするメリットがあると判断できますが、それだけでは本当にメリットのある借り換えとなっているかどうかは判断できません。

カードローンの借り換え時には返済期間がどう設定されるのか、それによって返済利息総額がいくらになるのかをしっかりと確認するようにしましょう。

最低返済額がいくらに設定されているか?

カードローン借り換え後の返済期間は、借り換え先の最低返済額がいくらになるのかによって大きく違ってきます。

最低返済額は借入額に応じて異なりますが、基本的には無理なく返済できる額に設定されているのが一般的です。

利用者は無理なく返済できるので大きなメリットのようにも感じますが、この最低返済額のメリットは裏を返せばデメリットにもなってきます。

毎月の返済額が少なければ少ないほど、借入元本に充当する返済額が少なくなるため、返済期間が長期化してしまい、その結果多くの利息を支払うことになってしまうからです。

先に説明した返済期間が借り換え前より長期化するのは、この最低返済額が少額に抑えられているケースで多く見られます。

低金利へのカードローン借入となれば、確実に毎月の返済額は減額できますが、重要なのはそれが低金利カードローンへの借り換えで得られた結果なのか、それとも最低返済額が少額に抑えられ、返済期間が長期化したことによる結果なのかの判断です。

最低返済額は変更することはできませんが、繰り上げ返済として余分に返済することは可能です。

もしも最低返済額が影響して、返済期間が伸びてしまい、最終的には返済利息総額が借り換え前よりも高くなるならば、カードローンを借り換えした意味がなくなります。最低返済額による返済に頼っていては駄目です。

借り換え前に申込先のカードローン会社が用意している返済シミュレーションなどを利用して、借り換え後の返済利息の総額がいくらになるのかを必ず確認するようにしてください。

借り換え専用ローンとの違いは?

カードローンの借り換えニーズに対応するため、借り換え専用ローンなるものを販売している金融機関も多く存在します。

借り換え専用ローンには「借り換えローン」「おまとめローン」の2つがあり、借り換え目的に応じて利用するローンを選択することが可能です。

  • 借り換えローン
  • おまとめローン

そこで最後に通常のカードローンの借り換えと、この専用ローンを利用した借り換えには、どのような違いがあるのかを説明していくことにします。

一番の違いは借り換え後に追加借入できるかどうか

カードローンの借り換えと、借り換え専用ローンの借り換えで最も異なる点は、借り換え後に追加融資を受けられるかどうかです。

借り換え専用ローンは返済を目的に開発された金融商品となるため、借り換え後の追加融資を受けることはできません。

基本的には借り換え後は完済まで返済をするのみです。

しかし中にはそれでは困るという人も少なくないでしょう。

特に今よりも低金利でカードローンを利用するために借り換えを考えている人にとっては、全く意味のない借り換えとなってしまいます。

カードローンで高額の借入をしてしまい、返済苦に陥った人ならば、もうカードローンで借金なんてまっぴらだ、できるだけ早く完済したいと考えるでしょう。

そのような場合は、借り換え専用ローンを利用するメリットもあるでしょうが、そうでない前者の場合には、借り換え後も追加融資が受けられるカードローンの借り換えの方がメリットが高いことは明らかですね。

カードローン借り換えと借り換えローンの違い

借り換えローンは1社から1社への借り換えに特化した専用ローンです。

よって基本的にはカードローンの借り換えと同じと考えていいでしょう。

しかも借り換えローンは適用金利が通常のカードローンよりも優遇されているので、高額借入がある人にはおすすめの借り換え方法です、

しかし注意してほしいのは、低金利によってローン審査の難易度が高くなるという点です。

ローンの審査は低金利になればなるほど厳しくなる傾向にあります。

低金利を狙って借り換えローンへ申し込んでみたものの、審査落ちしてしまって借り換えできなかった、というケースも多いでしょう。

となれば低金利での利用を目的とした借り換えならば、通常のカードローン借り換えで低金利のところへ申し込んだ方が、審査通過率が高くなる可能性があります。

借入金額に応じた使い分けが必要となりますが、「低金利で利用したい」という目的ならば、カードローン借り換えの方がおすすめと言えるでしょう。

カードローン借り換えとおまとめローンの違い

借り換え専用のおまとめローンは、複数の借入をまとめて一本化できるローン商品です。

こちらも先程の借り換えローンと同様に、カードローンの借入よりも低金利の適用が受けられる可能性が高くなってきます。

カードローン借り換えでも複数の借入をまとめて借り換えることは可能ですが、おまとめ後の金額が高額になる場合は、おまとめに特化した、このおまとめローンの方が審査は弾力的です。

通常のカードローン借り換えは、おまとめ返済を目的としたものではないため、専用のおまとめローンとは審査基準に違いがあることが予測されます。

借入先が複数あり、それが高額な場合には、おまとめ返済に特化したおまとめローンの方が、借り換えできる可能性は高くなるというわけです。

複数社からの借入を合算した結果、高額の借入となる場合、「カードローン」「おまとめローン」どちらを利用しても審査の難易度は高くなりますが、複数の借入を一本化するという条件に限定すれば、おまとめローンの方がおすすめと言えるかもしれません。