絶対審査が通る消費者金融のキャッシングとは?

カードローン審査

お金に困っているときほど冷静な精神状態ではいられません。そのため「絶対審査通る」という甘い言葉に惹かれてしまうのも無理はありません。

絶対審査通る消費者金融やキャッシングのサービスを探している人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、絶対審査に通る消費者金融やキャッシングなんてこの世には存在しません。

カードローンなどのキャッシングサービスには必ず審査があり、審査がある限り絶対審査通ることはないのです。

「絶対審査に通る」という文言に騙されて、闇金や個人間融資掲示板に騙されないように十分に注意する必要がります。

絶対審査通る消費者金融はありませんが、比較的に審査に通りやすいキャッシングやカードローン、審査に通りやすくなるコツは存在します。

絶対審査に通るキャッシングの注意点と、審査に絶対落ちないためのポイントについて解説していきます。

絶対審査通る消費者金融やキャッシングはない

冒頭述べたように、絶対審査通る消費者金融やキャッシングのサービスなどはこの世に存在しません。

審査は法律によって定められた行為ですので、審査に絶対通ると最初から謳っている行為そのものが違法なのです。

「絶対審査通る」と謳っている消費者金融やキャッシングサービスには十分に注意し、絶対にお金を借りてはいけません。

キャッシングには必ず審査がある

消費者金融のカードローンやキャッシングには必ず所定の審査があります。

貸金業法という法律には「返済能力の調査」という項目があり、融資をする前には顧客の信用や収入を調べて返済能力を審査し、返済能力に見合った融資を行うことが定められています。

融資前に審査をすることは法律による絶対的な決まりごとなのです。

審査を行う以上、通る人もいれば落ちてしまう人もいます。そのため、絶対審査通るというのは絶対にあり得ないことなのです。

絶対審査通るはありえない

顧客の返済能力を調査する審査ですが、審査基準に関しては各社で異なります。

もしかしたら、信用情報がブラックの人でも審査に通過できるキャッシングもあるかもしれません。

しかし、各社審査基準は異なると言っても、どんな消費者金融でも絶対に守らなければならない決まりがあります。それが総量規制です。

総量規制とは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超えてはならないという決まりです。

これも貸金業法によって決まっている法律のルールですので、例えブラックでも審査に通るキャッシングがあったとしても、総量規制のルールだけは守らなければなりません。

したがって、すでに年収の3分の1を超える借入がある人は、どんな人でもどんな会社からでもそれ以上のお金を借りることはできないので、この点からも絶対審査通る消費者金融やキャッシングはあり得ないことになります。

絶対審査に通るは闇金

このように、貸金業法を守って業務を行っている会社で絶対審査通ることはあり得ません。

そのため絶対審査通ると言っている業者は闇金です。

闇金であればどんな人でも借りることができる可能性が非常に高いのは事実ですが、闇金からお金を借りてしまうと後が本当に大変になってしまいます。

詳しくは後述しますが、とにかく「絶対審査通る」と謳っている業者は闇金ですので絶対にお金を借りてはいけません。

個人間融資掲示板なら絶対借りられる?

個人間融資掲示板という「お金を借りたい」という人と「お金を貸したい」という人がマッチングしてお金の貸し借りをする掲示板があります。

ここで「お金を借りたい」と書き込むことで、「お金を貸しますよ」という人からリプがあり、高い確率でお金を借りることができます。

しかし、こちらもかなりの高い確率で闇金であると考えて間違いありません。

個人間融資掲示板は「絶対審査通る」と言っても過言ではありませんが、やはりここでもお金を借りることは避けるようにしましょう。

個人間融資掲示板についても詳しくは後述します。

闇金が絶対審査通る理由

闇金なら絶対審査通ることができます。

その理由は、闇金は取り立て行為など法律を一切守らないので、無理やりにでもお金を支払わせて膨大な利益を上げることができる仕組みになっているためです。

闇金なら絶対審査に通ることはできますが、借りた後が本当に大変です。

お金のない人に無理やり払わせる

闇金が絶対審査通る理由は、金利が膨大で督促のルールを守らないためです。

闇金の金利は法律を完全に無視し、10日で1割(トイチ)というのが当たり前です。

10日で1割の年利は360%ですので、リスクの高い人へ審査なしで融資しても採算が合うのです。

さらに、闇金は取り立てについても法律を守りません。

貸金業法では督促についてのルールが定められており、例えば合理性もないのに早朝や深夜の督促や、勤務先への督促や、自宅への訪問は禁止されています。

闇金はこのルールを完全に無視します。早朝や深夜の督促は当たり前で、勤務先の電話も督促で1日中鳴り続けます。

自宅には「金返せ」の張り紙が貼られ、子どもに対して付きまといを行うこともありますし、インターネットに「金を返さない」と個人名を書き込まれることもあります。

このように、徹底的に嫌がらせを行い、お金のない人に対して無理やり支払わせるため、闇金はお金のない人でも絶対審査に通るのです。

「絶対審査通る」に騙されてはダメ

闇金は確かに絶対審査通るのですが、借りた後は家族も職場にも大きな迷惑がかかってしまいます。

弁護士に依頼すれば取り立ては止まりますが、弁護士に依頼することもタダではありません。

「絶対審査通る」に乗せられて、闇金からお金を借りてしまうと、精神的にも経済的にも後で非常に大変になってしまうので、闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

個人融資掲示板でお金を借りられる理由

個人間融資掲示板でも「お金を貸して欲しい」書き込めば、絶対審査通ると言っても過言ではないほど高い確率で、いろんな人から「お金を貸します」とリプがあります。

しかし、顔も合わせないような掲示板で絶対審査通るということには必ず裏があります。

個人間融資掲示板で絶対審査通るのはどんな理由があるのでしょうか?

闇金の窓口となっている

個人間融資掲示板で「お金を貸しますよ」と書き込んでくるのは大抵闇金です。

闇金にとっては、どこからもお金を借りることができない人は格好のターゲットですので、個人間融資掲示板でターゲットを探しているのです。

しかし、個人間融資掲示板では、闇金は闇金であることを悟られないために、困っている人を助けたい善人を装って近づいてくるので、お金を借りた後に「闇金だった」と気づくことも少なくありません。

個人間で融資をする場合の金利は109.5%と上限が法律で決まっていますが、もちろん闇金はこの金利は守りませんので、10日で10%以上の高い金利でお金を借りることになってしまいます。

一度個人間融資掲示板を通して闇金からお金を借りてしまったら、やはり、精神的に追い込まれる督促が待っています。

女性の体目的でお金を貸す

最近多いのが、女性の体目的で個人間融資掲示板でお金を貸す人です。

「お金を貸して欲しい」と書き込むと、「まず写真を送れ」と要求され、写真を見て気に入ると、融資に応じます。

大抵、融資は面談で行われ、融資の際に体の関係を迫られ、「返済も面談で行うこと」と決められて、返済の都度体の関係を要求されるというものです。

この場合には法外な金利は取られることはあまりないようですが、個人間融資掲示板は新たな売春の窓口となっていることにも注意する必要があります。

投資目的の人はほとんどいない

個人間融資では109.5%という高金利で融資ができるので、お金がある人にとっては優良な資産運用先でもあります。

わずかですが、実際に資産運用目的で個人間融資掲示板を利用している資産家もいるようですが、「お金を貸しても逃げられてしまう」という事例も少なくないようで、今では真面目にお金を貸してくれる人はほとんどいないようです。

お金を貸す側にとっても個人間融資掲示板は信頼できないので、真面目に法律の範囲内でお金を貸そうという人は個人間融資掲示板にはほとんど存在しません。

個人間融資掲示板は闇金か売春の温床になっているので、「絶対審査通る」などと期待せず、利用しない方が懸命です。

消費者金融やキャッシングに絶対審査通るコツ

絶対審査通るとは断言できませんが、消費者金融のカードローンやキャッシングなどで絶対審査に通る自分を作っていくことは可能です。

審査の基準は各社で異なりますが、基本的には以下のポイントをしっかりと抑えている人はかなりの高い確率で審査を通過することが可能になります。

絶対審査通るためのポイントについてご説明していきます。

仕事をする

消費者金融には総量規制というルールがあるので、専業主婦以外で収入がない人は消費者金融や銀行からお金を借りることはできません。

絶対に審査を通過したければまずは仕事をすることです。

消費者金融のカードローンやキャッシングはパートやアルバイトなどの非正規雇用者でも審査に通過できることがありますが、正社員の方が審査に通過しやすいことは間違いありません。

できれば正社員として就職してから申し込みをした方がいいでしょう。

最低でも1年、できれば3年以上は働く

カードローンやキャッシングサービスは「〇〇円まで借りることができる」という枠を作って、この枠の範囲内でキャッシングと返済を繰り返し、長期間利用する商品です。

そのため、現在の収入が今後も継続的に見込まれるということを前提として審査が行われるので、審査で重視されるのは収入の安定性です。

そして収入の安定性を測るための指標が勤続年数です。

消費者金融のカードローンやキャッシングの審査に絶対通るためには、最低でも勤続年数1年以上はあった方がいいのですが、3年以上あれば審査では「収入の安定性が高い人」と判断されてプラスの材料になります。

勤続年数が3年未満という人は、勤続年数が3年を経過してからカードローンなどのキャッシングに申し込んだ方が審査には有利になります。

クレジットカードを期日通りに払う

信用情報にはクレジットカードの支払状況が記録されており、これが審査でかなり重視されます。

クレジットカードの支払状況に遅れが多い人は「支払いにルーズな人だから、カードローンの返済にも遅れる可能性が高い」などと判断されてしまうのです。

反対に、支払いを期日通りに行っている人は「支払いには厳格な人だからカードローンの返済にも遅れない」とポジティブに判断されます。

お金があってもなくても支払いにルーズな人はルーズですし、期日を守る人は守るので、返済を期日通りに行うかどうかはこれまでのクレジットカードの返済実績が重視されるのです。

クレジットカードの支払状況は信用情報に過去24ヶ月分記録されていますので、絶対審査通るためには24ヶ月間、期日通りにクレジットカードを支払った後に申し込みをしてみるといいでしょう。

他社借入を減らす

他社借入があると、消費者金融のカードローンやキャッシングの審査では不利になります。

特にカードローンなどの使い道自由なローンの借入件数が多い人は、借金の返済を借金で行う傾向があり、借金がどんどん膨らんでしまう可能性があるので審査で不利になるのです。

少額のローンは無理をしてでも完済するなどして、借入件数をできる限り減らしてから申し込みをした方が審査には通りやすくなります。

絶対審査通るキャッシングはないが通りやすくはできる

合法の業者で絶対審査通るというカードローンやキャッシングはありません。

しかし、審査には難易度というものがありますので、審査が厳しいカードローンもあれば、審査が緩めのカードローンやキャッシングサービスは存在します。

銀行よりも消費者金融

銀行カードローンには保証会社がついており、保証会社に入る保証料収入は多くても7%~8%程度です。

つまり銀行カードローンではリスク7%~8%程度の人までしか融資をすることができないのです。

一方、消費者金融のカードローンなどのキャッシングには保証会社がついていません。

金利18.0%であれば18.0%全てが消費者金融の売り上げになるので、リスク18.0%の人までは融資をすることができます。

消費者金融の方が銀行カードローンの保証会社よりも利益率が高いのでより多くのリスクを背負うことができます。

消費者金融であれば絶対審査通るわけではありませんが、収益率の観点で見れば銀行よりも消費者金融の方が審査に通りやすいということは言えるでしょう。

大手消費者金融よりも中小の消費者金融

世の中にはテレビCMやYouTube広告などで見かける有名な大手消費者金融以外にも、名前を聞いたことがない中小の消費者金融が多数存在します。

大手の消費者金融の審査に落ちたら、次は中小の消費者金融に申し込むことで審査を通過できる場合があります。

普通の人は「お金を借りよう」と考えたときに、まずは認知度が高い大手の消費者金融へ申し込みを行います。

中小の消費者金融に申し込みをする人の多くが大手の審査に落ちた人ですので、中小の消費者金融が大手と同じ基準で審査をしていたら中小の消費者金融は融資をする顧客がいなくなってしまいます。

このため、中小の消費者金融は独自審査という審査を行い、大手の審査に落ちた人でも審査に通過できることがあるのです。

独自審査では信用情報や属性情報だけで判断するのではなく、申込者の人間性や社会的な背景や借金を作った事情なども勘案して審査を行うので、大手で信用情報ブラックというだけで審査に落ちた人でも「過去に金融事故を起こしたようだが、今は反省して真面目に働いているから返済には問題ない」などと判断されて審査に通過できることもあるのです。

中小消費者金融なら絶対審査通るというわけではありませんが、審査基準が大手とは異なるので、大手消費者金融の審査に落ちても中小消費者金融であれば審査に通過できる場合もあります。

まとめ

絶対審査通る消費者金融のカードローンやキャッシングなどは存在しません。

法律を守った登録貸金業者である限りは審査は絶対に行うので、審査に落ちることもあれば総量規制に引っかかることもあります。

絶対審査通るのは闇金と個人間融資掲示板だけで、そのような業者からお金を借りてしまうと、後から絶対に「借りなければよかった」という事態になってしまいますので、「絶対審査通る」という業者からは絶対にお金を借りてはいけません。

「絶対貸します」「100%融資」と言っている時点で闇金だと判断した方がいいでしょう。

貸金業法を守った合法の業者の中に絶対審査通るという会社はありませんが、審査が厳しいローンや緩いローンは存在しますので、銀行がダメなら大手の消費者金融、大手消費者金融がダメなら中小の消費者金融というように、難易度を下げて申し込みをすればどこかで審査に通ることができる可能性はあります。

また、審査に通りやすい自分を作ることはそれほど難しいことではないので、絶対審査通る消費者金融を探すよりは、まずは審査に通りやすい自分作りに注力するようにしましょう。

この記事の執筆者情報

・手塚大輔/金融ライター
地方銀行に8年間勤務。住宅ローン、カードローン、フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資や創業融資など幅広い業務を担当。投資信託、個人年金、国債販売なども取り扱い経験あり。資格はファイナンシャルプランナー、簿記2級、証券外務員資格を保有。現在は飲食店のオーナーを務める傍ら、金融関係のコンサルタントおよびプロのライターとして大手メディアに数多く寄稿。PRO Crowd Worker「TOP class」