クレジットカードとカードローンのキャッシングの違いとは?

カードローンを学ぶ・知る

クレジットカードとカードローンのキャッシング、どちらもよく聞く言葉ですし、現金を借りられるという点では同じものですが、実際は何が違うのでしょうか?

手持ちの現金が不足してしまい困った!と思ったことは誰でも1度は経験があると思います。

  • 明日の携帯電話料金の支払い8,000円が足りない。
  • 海外旅行中に現金が足りなくなってしまった。近くに両替所がなくて困った。
  • 親族の葬儀の費用が100万円以上。振り込み期日が迫っている。
  • 生活必需品の車が故障して修理に多額のお金が必要になってしまった。

こんな時、カードローンとクレジットカードのキャッシング、どちらを利用すればよいのでしょうか。両者の違いを正しく理解して、いざという時に自分にとって適切な方法を選択できるようになっていると安心です。

そもそも2つは違うもの?

利用したことのない人にとって、両者の違いはぼんやりとしたものだと思います。どちらもカードという言葉が入りますし、名称が違うだけで、同じものだと誤解されていることもあります。しかし、両者は明確に別物です。

カードローンはその名の通り「ローン=融資」をうけることを目的としており、お金を借りるためにカードをつくります。

これに対してクレジットカードは、「クレジット=信用」で買い物をするためにつくるカードです。主たる目的が買い物ですので、お金を借りる機能すなわちキャッシングは、“おまけ”のようなものだと考えると分かりやすいです。“おまけ”ですので、この機能はカードによって、ついていることもあれば、ついていないこともあります。

自分の持っているクレジットカードにキャッシング機能がついているかどうかは、毎月の明細書を確認すると分かります。

クレジットカードには、それぞれショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠が設定されており、買い物やキャッシングができる金額の上限が設定されています。キャッシング枠は“おまけ”ですので、通常は、本来の目的であるショッピング枠よりも、小さい金額で設定されます。

例えば、今月のクレジットカードの明細書の記載が

ショッピング枠 100万円
キャッシング枠 50万円
今月のショッピング利用額(請求額) 10万円

というようになっていれば、このカードであと90万円のショッピングをすることができ、50万円のキャッシングをすることが可能です。

ローンは多額、キャッシングは少額?

次に、2つの大きな違いに、借りられる金額の違いがあります。

より多くのお金が借りられるのはカードローンです。

クレジットカードのキャッシング機能はショッピングの“おまけ”のようなものだと書きましたが、多くのクレジットカードのキャッシングの上限金額は50万円に設定されています。

これに対してカードローンでは数百万、多いところでは1000万円のお金を借りることが可能です。

金利が低いのはカードローン?

では、両者の金利は違うのでしょうか?

クレジットカードのキャッシングでは、多くの場合、金利は一律18%に設定されています。

これは、10万円以上100万円未満の貸付に対して課すことができる最大の金利が18%と法律で定められているからです。

クレジットカードのキャッシングの限度額は50万円が一般的ですので、この範囲内であれば、借入金額が多くても少なくても、金利が変わることはありません。

カードローンの場合には、借り入れる金額や、借り入れる人によって金利が変化します。

100万円以上の借り入れに課すことができる最大の金利は15%と決められています。したがって100万円以上の借り入れであれば、当然金利は15%以下となりますし、条件次第でさらに低い金利となります。

では実際にお金を借りたいとなったとき、どちらを選べばよいのでしょうか?

最速で気軽に借りたいなら、クレジットカードのキャッシング

キャッシング枠のついたクレジットカードを持っているのであれば、一番早くお金を借りられる方法はクレジットカードのキャッシングです。

クレジットカード会社は、カード利用者の信用情報(他の金融機関で多額の借り入れをしていないか、過去に返済に遅れたことはないかといった情報)を常時把握していますので、キャッシングの審査のために待たされるということはありません。

自分の預金口座からお金を引き出すのと同じ程度の時間で、現金を借りることが可能です。

携帯電話料金の支払いが足りない、海外で手持ちの現金が足りなくなってしまったという場合にはクレジットカードのキャッシングが便利です。

返済は月々のショッピングの支払いと同様にすることができます。通常はショッピング同様一括払いでの請求がきますが、手続きをすればリボ払い(リボルビング払い)への変更も可能です。

100万円以上のお金を借りたい場合はカードローン

病気や怪我、冠婚葬祭など、100万円以上のお金が必要となった場合には、カードローンの利用がおすすめです。

簡単に早く借りられるからといって、複数のクレジットカードで何か所からもキャッシングをすることは得策ではありません。

カードローンの場合、審査に多少の時間はかかりますが、100万円以上の借り入れであれば、金利が最低でも3%(18%⇒15%)は低くなります。

多額の借り入れであれば、それだけ返済期間も長くなりますので、金利もかさんできてしまいます。後々の返済を楽にするためにも、まとめての借り入れがおすすめです。