闇金に借りたお金が払えない…ヤミ金融に借金返済できない時の対処法

お金の悩み

「闇金融(ヤミ金)からは絶対にお金を借りてはいけない」「闇金業者と関わるとろくなことがない」、これは誰もが思っていることです。

しかし、実際に闇金からお金を借りてしまう人は今も存在しますし、中には消費者金融と闇金融の違いすら分かっていない人もいるようです。

闇金はからなぜお金を借りてはいけないのか、闇金融業者からお金を借りてしまったらどうなってしまうのかなど、闇金の手口や実態について解説していきます。

闇金融(ヤミ金)とは

そもそも闇金融(ヤミ金)とはどのような業者なのでしょうか?

消費者金融を闇金融と勘違いしている人も多いようですが、闇金と消費者金融は全く異なる業者です。

闇金は貸金業者として登録していない業者

お金を貸すことを営業目的で行う場合には、国や都道府県への登録が必要です。

登録をするには、各店舗に貸金業務取扱主任者という国家資格を持った人を設置するなど厳しい決まりがあり、それらを全てクリアしなければなりません。

登録を受けた貸金業者は、貸金業法を守って法律遵守の上、金融庁の監督を受けて業務を行います。

消費者金融とは登録貸金業者ですので、法律遵守で業務を行う安全な業者です。

一方、闇金とは貸金業者の登録を受けていない業者ですので、法律を守ることも金融庁の監督を受けて業務を行うこともありません。

闇金は貸金業法を守らない業者

闇金は無登録で貸金業を行う業者ですが、無登録ということは法律のルールを守らない業者ということです。

闇金が法律を守らないということは、金利や広告や督促などのあらゆるルールを破って業務を行っています。

具体的には闇金からお金を借りてしまうとどのような被害があるのでしょうか?

闇金は利息制限法を守らない

お金を貸すに当たっての上限金利は利息制限法という法律によって、以下のように定められています。

利息制限法に基づく上限金利
元本額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

このルールに則って、消費者金融では上限金利を18.0%に設定していることが多いのです。

しかし、闇金の場合にはこの金利のルールを守らないので、利息制限法の上限金利をはるかに超える高金利を設定しています。

10日で10%(トイチ:10日で1割の金利)というのは当たり前のようになっており、中には10日で30%という闇金融業者も存在します。

10日で10%ということは1ヶ月で30%、1年間で360%ということですので、元金の3倍以上の金額を利息だけで支払っていかなければならないことになります。

闇金は広告規制を守らない

貸金業法では、広告に関するルールも定められており、「絶対審査に通る」「審査なしで融資」などの不確定な情報を確定的に解釈できるような文言を使用することは禁止されています。

しかし、闇金はこのルールを守らないので「100%即日融資」などの確定的な文言でお金がない人を誘っています。

街中で「審査なしで即日融資」などの看板を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

このような確定的な文言を使っている業者は全て闇金ですので、いくらお金がなくても絶対に連絡をしてはいけません。

闇金は督促の規制を守らない

貸金業法では督促についても細かな決まりがあります。

具体的には「本人以外に支払いを約束させる行為」「合理的な理由がない自宅への訪問」「早朝・審査の督促」「支払う約束をしたのに督促すること」「張り紙」などは法律によって禁止されています。

そのため、消費者金融のカードローンを延滞した時に「〇〇日までには支払います」と約束してしまえば、その日まで督促は行われませんし、自宅に訪問してくることもなく、本人以外にローンの内容を話すこともありません。

闇金はこれらのルールも守らないので、早朝・深夜の督促、自宅玄関に「金返せ」の張り紙、会社への督促電話などを行って、あらゆる手段を講じてお金を回収しようとしてきます。

闇金融業者の手口とは

前述したように、闇金は違法な金利を設定し、暴力的・脅迫的な取り立てを行いますが、このような行為が違法であるということは闇金もよく理解しています。

違法な行為の上で債務者にお金を支払いさせ続けるために、闇金は精神的に追い込む手口を使ってきます。

具体的な闇金の手口について解説していきます。

法外な金利を設定し利息しか払えない状況を作る

闇金の金利は法外です。

闇金から年利360%のローンを10万円借りてしまった場合、利息負担だけで年間36万円にもなります。

1ヶ月あたり3万円の利息を返済するだけでも、お金のない人には精一杯ですので、闇金から1度お金を借りてしまうと、利息の支払いだけしか行うことができず、元金の10万円を返済することができません。

元金を返済することができなければ、延々と年間36万円の利息を支払っていかなければなりません。

このように、闇金はお金のない人に一度お金を貸し付け、利息を半永久的に支払わせ続けることを目的としています。

払うまで執拗に取り立てを行い精神的に追い詰める

そもそもお金がない人に、高金利でお金を貸し付けるのですから、支払いは滞る可能性があります。

このため、闇金は脅迫的な取り立てを行い、精神的に徹底的に追い詰めていき、「お金を払えば救われる」という精神状態にさせ、闇金への支払いだけは優先して行うように仕向けるのです。

昼夜に渡る督促、子供への付きまとい、自宅への張り紙、会社への電話などで精神的に追い込み、お金のない人にお金を貸し付けるのが闇金の手口です。

最近はSNSを活用して取り立てを行う

闇金からお金を借りてしまうと、最近やSNSでも被害にあう可能性があります。

Facebookなどで人間関係を把握し「友人の〇〇さんにバラす」などと脅すようです。

さらには、お金を借りた人のSNS上の友人にDMを送り、「〇〇さんがお金を返してくれないから、立て替えてほしい」などと友人に督促するケースもあるようです。

またネット上に「〇〇が金を返さない」などと書き込まれてしまうこともあるようです。

このように一度闇金からお金を借りてしまうと、リアルな人間関係だけでなくSNS上の人間関係まで手を伸ばし「お金を払わなかったら社会的に孤立する」という精神状態へ追い込まれてしまうのです。

闇金業者からお金を借りてしまったら

闇金からお金を借りてしまったら、「お金を支払えば救われる」という精神状態になるように徹底的に精神的に追い込まれますし、家族や会社の人にも大きな迷惑をかけてしまいます。

「お金を支払えば救われるけど、支払うお金がない」こんな場合にはどのように対処すべきでしょうか?

絶対にお金を払わない

お金があってもなくても闇金には絶対にお金を支払ってはいけません。

お金を払うことで「こいつからはまだ取れる」と判断して、督促はエスカレートしますので、怖くても毅然とした対応で「違法金利は支払えない」と対応することが大切です。

警察に通報する

次に警察にも通報しましょう。

警察は嫌がらせだけで事件性がないのであれば消極的ですので、積極的に解決してくれるわけではありません。

しかし、暴力的な取り立てに関しては証拠を抑えれば動いてくれる可能性がありますし、警察に相談するだけでも1人で支払いを拒絶しているよりも精神的にはかなり楽になります。

電話での督促を録音するとか、訪問の様子を撮影するなどして、早めに相談した方がいいでしょう。

弁護士に相談する

闇金問題を根本的に解決したいのであれば、弁護士に相談するのが確実です。

ほとんどの闇金は弁護士が介入した時点で逃げてしまいますので、悪質な取り立てはなくなり、それ以上お金を支払う必要は無くなります。

とは言え、これまで支払ったお金が返ってくることはありませんので、相談するのであれば早めに相談した方がいいでしょう。

闇金融で借金するよりも安全なカードローンで借りる

闇金からお金を借りる人の多くが、銀行や消費者金融の審査に落ちてしまったとか、審査に通過することを諦めてしまったという人がほとんどです。

しかし、1社の審査に落ちたからと言っても、他のカードローン審査に通過できないとは限りません。

闇金に手を出すことは、どんなにお金がない時でも絶対にNGですが、どうしてもお金が必要な時は、諦めずに消費者金融などのカードローンに申し込みをしてみてください。

消費者金融であれば銀行よりも審査は柔軟

「銀行カードローンの審査に落ちたから、もう闇金から借りるしかない!」と考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、銀行カードローンの審査は非常に厳しく、審査通過率は消費者金融の半分くらいと言われています。

銀行カードローンの審査に落ちたからと言って、正規の業者からお金を借りることを諦めず、銀行で借りられなかったら、次はアコムやプロミスやアイフルなどの大手消費者金融へ申し込みをしてみるようにしましょう。

審査基準は様々~1社に落ちても諦めない

1社の消費者金融の審査に落ちたとしても、他の消費者金融の審査に通過することができないとは限りません。

審査基準は消費者金融各社でそれぞれ異なるので、例えばプロミスの審査に落ちたとしてもアコムで審査に通過できるようなこともあるのです。

安易に「100%融資OK」などの怪しい業者に申し込むくらいであれば、安心できる消費者金融を何社かトライしてみればどこかで審査に通過できる可能性は決して低くはありません。

中小消費者金融であれば大手に落ちても借りられることも

消費者金融といえば、テレビやYouTubeのCMでも有名なアコムやプロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなどの大手を連想する人が大多数です。

しかし、世の中には名前を聞いたことがないような消費者金融が無数に存在します(※積極的に広告を打ち出していない中小規模の消費者金融や地域密着型の街金融業者など)。

このような業者であれば、大手消費者金融の審査に落ちてしまっても審査に通過できる可能性があります。

大手消費者金融は審査のスピードを重視するため、スコアリング審査という審査を行っています。

スコアリング審査とは、一定の法則に基づいて申込者を点数化していき、基準点を超えた人だけが審査通過となる審査です。

一定の法則に基づいているので、誰が審査しても同じ結果になり、審査にかかる時間が短いというメリットがありますが、その分、過去の情報にとらわれがちになります。

例えば、スコアリング審査では過去の情報の蓄積である個人信用情報を重視するので、個人信用情報に金融事故があるブラックの人は審査に通過することが非常に難しくなります。

しかし、過去には金融事故を起こしたけど、今はしっかりと働き返済に問題がないという人も中には存在するはずです。

中小の消費者金融はまさにこのような人を融資の対象としているので、機械的なスコアリングではなく、人の判断による独自の審査方法で柔軟に対応しているので、大手のスコアリング審査に落ちてしまった人に対しても積極的に融資をすることがあるのです。

例えば、信用情報はブラックでも、今は返済に問題ないと判断できれば審査に通過できることもあるのです。

独自審査では、申込者の人間性まで審査することがあるので、審査は長くなり、「なぜ借金をしたのか」「今はどんな仕事をして奥さんは働いているのか」など、あまり聞かれたくないことまで根掘り葉掘り聞かれることもあります。

「もうパチンコはやめなさい」などと説教されることもありますが、それでも大手の審査に落ちた人も借りることができる可能性があるのです。

大手の審査に落ちたからといって闇金に手を出す前に、中小の消費者金融にトライしてみましょう。

なお、闇金の中にはホームページに「登録貸金業者を装った闇金にご注意ください」などと正規の業者に偽装した闇金も存在します。

名前を聞いたことがない中小消費者金融と取引をする時には必ず金融庁の「登録貸金業者検索サービス」に照会をかけ、取引を検討している業者が正規の登録貸金業者かどうかという確認を怠らないようにしてください。

ここで検索することができない業者は闇金ですので絶対に取引をしないようにしてください。

まとめ

どんなにお金がなくても闇金には絶対に手を出してはいけません。

そして、闇金融からお金を借りてしまっても、絶対に闇金融業者にはお金を支払ってはいけません。

「お金がないならサラ金に行って借りてこい!」などと脅されることもあるかもしれませんが、闇金にお金を返すために消費者金融からお金を借りるなど本末転倒です。

闇金にはどんな状況でも絶対に手を出してはいけませんが、どうしてもお金が必要な場合には、まずはカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

カードローンは会社によって審査基準が異なるので1社に落ちても他社では審査に通過できることもあります。

銀行カードローンに落ちたら大手消費者金融へ、大手に落ちたら中小へという順番に申し込みをしていけばどこかで審査に通過できることもあります。

この記事の執筆者情報

・手塚大輔/金融ライター
地方銀行に8年間勤務。住宅ローン、カードローン、フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資や創業融資など幅広い業務を担当。投資信託、個人年金、国債販売なども取り扱い経験あり。資格はファイナンシャルプランナー、簿記2級、証券外務員資格を保有。現在は飲食店のオーナーを務める傍ら、金融関係のコンサルタントおよびプロのライターとして大手メディアに数多く寄稿。PRO Crowd Worker「TOP class」

お急ぎならこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ