銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いを比較

お金を借りるためにカードローンに申込みしようと考えたとき、ほとんどの方が銀行カードローンか消費者金融カードローンを比較します。

それぞれテレビCMでも放送されているので認知度が高く、誰もが知っているカードローンだからです。

一般的に銀行カードローンは低金利だけど審査が厳しい、消費者金融は審査は甘いけど金利が高いなど、どちらもメリット・デメリットがありますが、実際には銀行カードローンは思っているほど審査は厳しくありません。

ここでは、より深く知ってもらうために銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いについて解説していきます。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いを比較

カードローン各社の金利と借入限度額の一覧です。

■カードローン比較一覧
商品 金利(年率) 利用限度額(極度額)
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
地方銀行 千葉銀行カードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5% 10~500万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円

(最終更新日:2017年11月現在)

融資スピード重視なら消費者金融

今日中にお金が必要になり、多少金利が高くてもすぐに融資を受けたい方であれば消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンであれば審査最短30分、融資まで早くて40分の業者も多くあります。審査状況によって時間は異なりますが、早ければ30分程度で借入できたという口コミもあります。ノーローンに至っては審査最短20分と公式ホームページにも載っていますからね。

アコムとプロミスは審査・融資スピードが早く、アイフルとSMBCモビットは、申込みした後に電話で急いで融資を受けたいと伝えると優先的に審査をしてくれます。

■カードローン審査・融資
商品名 審査時間 融資まで
消費者金融 プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短30分
アイフル 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
ノーローン 最短20分 最短即日
銀行 みずほ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
三井住友銀行カードローン
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン
じぶん銀行カードローン じぶんローン
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング
オリックス銀行カードローン

※審査状況や申し込み時間帯によっては、審査の連絡が翌営業日以降となる場合もございます
※申込方法によって融資までの時間は異なります

参考記事⇒「即日融資カードローンを比較!今日中にお金借りれるのはどこ?

銀行カードローンは金利が低い

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

一番高い金利を比較すると、多くの消費者金融の上限金利は18%なのですが、銀行カードローンだとおよそ14.5%程度で借入れできます。

消費者金融の場合、100万円を超える借入れで金利が15%になるのに対し、銀行カードローンでは100万円超の借入れなら12%台で借入することができます。

低金利で利息を少なくしたいなら銀行カードローンがいいでしょう。

無利息サービスを利用して利息0円

無利息サービスとは一定期間の利息が無料になるサービスのことです。消費者金融では、アコム、プロミス、アイフルの30日間無利息や、ノーローンの1週間なんどでも無利息が有名です。

■無利息カードローン一覧
商品名 金利(年率) 期間 開始日 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 30日間 初回出金日の翌日から ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
アイフル 4.5~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
ノーローン 4.9~18.0% 7日間 初回借入日の翌日から 特になし
(完済日の翌月以降も適用)
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間 初回借入日から ・はじめてご利用の方

※無利息サービスについては各詳細ページをご覧ください。

例えば、30日間無利息であれば、借入額がいくらであっても30日間は利息が発生しません。

30日間の期間内に返済してしまえば、金利0%、利息0円で利用できるのです。

短期間の借入れなら、金利の高さを気にすることなくカードローンを使えるので、次の給料日までの繋ぎや、すぐには返済できないけど30日以内には完済できるという方に有効です。

借入限度額

大手のカードローン会社では、借入限度額はだいたい500万~800万円に設定されています。中には、ジャパンネット銀行のように限度額1,000万円も借りられるところもあります。

高額融資になるほど金利を低く借入れすることができますが、カードローン利用者の借入額の平均は約50万円というデータもあるので、そこまで気にする必要はないかと思います。

銀行と消費者金融で借入限度額の優劣はありませんが、800万円以上の借入れとなると対応できるのは銀行カードローンのみとなります。
ビジネスや事業の運転資金の場合は借入できない場合もあるので、そのときはビジネスローンも視野に入れておくといいでしょう。

消費者金融は銀行より審査基準は甘い?

銀行カードローンは審査に通りにくい、消費者金融は審査に通りやすいとイメージされているかと思いますが、以前ほど差はないと感じます。

消費者金融は自社のカードローンだけではなく、銀行カードローンの保証業務もおこなっています。

■保証会社がおこなうこと

  • 利用者が長期延滞したら保証会社が銀行へ代位弁済する
  • 保証会社は申込者の審査をおこなう

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社はアコム、三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)なんです。

銀行カードローンは保証会社が審査をおこなうため、アコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社になっている銀行カードローンは比較的審査に通りやすいとされています。

また、アコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保障会社になっているカードローンは、金利が高めに設定されていて、その他の保証会社の場合は、金利が低いケースが多いです。

ただ、最終的な審査通過の判断は銀行がおこなうので、やはり銀行カードローンの方が審査が少し厳しいという意見も多いです。カードローン利用者に話を聞くと「銀行カードローンの審査に落ちたけど消費者金融の審査には通った」といったケースが多くありました。

しかし、同じ消費者金融間で申込みをおこなったとしても、「プロミスに落ちたけどアコムの審査には通った」「アコムとアイフルに申込みしたけど審査にどっちも通らなかった」というように、消費者金融カードローンによっても審査通過率は異なるようです。

銀行も消費者金融も審査項目はほぼ一緒ですが、商品によって審査基準は異なります。もしどっちのカードローンにしようか迷っているなら、先に銀行に申込みをして審査に通らなかったら消費者金融に申込みするほうがいいでしょう。

注意点として、1ヵ月間に3件以上の申込みをすると、他社の審査に通らなくなってしまうので、3件申込みをして審査に落ちてしまったら約6ヵ月は申込みを控えるようにしましょう。

大手の消費者金融では専業主婦は借入できない

アコム、プロミス、アイフルでは専業主婦の申込みは受け付けていません。基本的には収入が無い方はカードローンに申込みすることができませんが、専業主婦が消費者金融でお金を借りるときは配偶者貸付で借入することができます。

しかし、通常の申込者に比べて手続きなどが面倒なため、専業主婦不可としているところが多いのが現状です。

銀行カードローンは提携ATMの利用手数料が無料

カードローンは専用のローンカードを使って気軽にコンビニATMなどでお金を引出すことができます。

しかし便利な一方、利用手数料がかかってしまいます。

基本的には1万円以内なら108円、1万円超なら216円も手数料を負担しなければいけません。

毎月1回は返済するので108円の利用手数料、月2回借入れしたとすると216円で合計324円ですね。1年間で3,888円もにしている計算です。

消費者金融カードローンはコンビニATMの利用手数料がかかりますが、銀行カードローンでは無料です。ちなみに3万円を金利18%で借入した場合、利息は443円なので、コンビニATMの手数料とほぼ変わりません。

低金利の銀行カードローン

銀行カードローンの良い部分をまとめました。

  • 銀行ならではの金利!利息負担が軽い
  • 安心の銀行カードローン
  • 提携コンビニATM利用手数料が無料

消費者金融でもおまとめや借り換え専用のカードローンはありますが、金利が高いのでおすすめしません。金利が高いカードローンでおまとめや借り換えをしてしまうと利息の支払い負担を軽くすることができず、状況が悪化してしまう恐れがあるからです。

消費者金融カードローンは即日融資も可能!さらに初めてなら無利息

消費者金融カードローンのメリットは以下の通りです。

  • 即日融資のスピードは銀行よりも早い
  • 無利息期間中は利息0円
  • 融通が利きやすい

即日融資を受けたいなら消費者金融に申込みすれば間違いありません。

審査最短30分、即日融資もアコム、プロミス、アイフル、ノーローンでは最短1時間で融資を受けることができます。

銀行でも即日融資は可能ですが、自社で審査をおこなわず、保障会社に委託していることが多いため、その分審査に時間がかかってしまいます。

また、短期借入を予定している方なら、無利息サービスを利用すれば、期間中は利息の支払いは発生しません。

ノーローンでは1週間なんどでも無利息サービスを提供しているので、「どうせ無利息期間過ぎたら高い利息支払うんでしょ?」という心配もありません。

そして消費者金融は、融通が利きやすいです。申込みしたあとに、フリーコールで「即日融資を受けたいから審査を急いでほしい」と伝えると、審査を優先しておこなってくれます。

審査で必ずおこなう在籍確認の電話も、書類確認で済ませてくれるところもあります。

消費者金融カードローンは金利が高いというデメリットはありますが、「今日中にお金を借りたい」「すぐ完済する予定だ」「銀行カードローンの審査に落ちてしまった」という方は消費者金融カードローンがおすすめです。

2017年4月6日