ブラックでも通るカードローンはある?元銀行員が解説

ブラックでも通るカードローンはあるのでしょうか?

「自分はブラックだからどうせカードローンの審査には通らない。」そう考えて、最初から借入を諦めている人は多いかと思います。

しかし、「自分はブラック」と考えている人の中には、クレジットカードを数日延滞しただけで信用情報がブラックになると勘違いしている人も少なくありません。

自分がブラックかどうかは、ブラックの定義をしっかりと理解して、信用情報を確認してみなければ分かりません。

また、ブラックでもカードローン審査に通過できる可能性はゼロではありません。

ブラックとは何か?ブラックでも審査に通るカードローンはどんなカードローンなのかについて詳しく解説していきます。

カードローンはブラックでも通る?~ブラックの定義

ブラックでも通るカードローンを探す前に、まずはブラックの定義について理解しておきましょう。

「ブラック」とか「ブラックリスト」というのはあくまでも一般的な通称で、実際に個人信用情報に「ブラック」と記載されているわけではありません。

個人信用情報にどんな情報が記載されたらブラックになるのか、まずは解説していきたいと思います。

ブラックリストというリストはない

ブラックリストという言葉をよく聞きます。

勘違いをされている人がいますが、「ブラックリスト」というリストはありません。

返済などに大きな問題があり、ブラックリストというリストに名前が載ってしまったら、二度とお金が借りられないと考えている人も多いようですが、ブラックリストというリストなどそもそも存在しません。

ブラックとか、ブラックリストという言葉はあくまでも通称です。

では、ブラックとは何なのでしょうか?

ブラックとは金融事故情報がある人

ブラックとは、個人信用情報に金融事故の情報が記録されている人を指す通称です。

金融事故とは以下のような情報です。

  • 自己破産や個人再生や任意整理などの債務整理
  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済

これらの情報は、長期間お金を返済しなかったか、借りたお金を踏み倒したり減額したりする行為です。

これらの金融事故を起こしてしまうと、信用情報に金融事故情報として一定期間記録されていますので、これらのネガティブな情報が個人信用情報に記録されている人を「ブラック」と呼ぶのです。

クレジットカードを数日延滞した程度では信用情報に金融事故情報が記録されるようなことはありません。

金融事故情報は5年から10年で消える

金融事故情報は個人信用情報へ永遠に記録されるわけではなく、一定期間しか記録されません。

日本国内の信用情報機関は、主にクレジットカードの情報を集めるCICと、主に消費者金融の情報を集めるJICCと、銀行や消費者金融などの情報を集めるKSC(全国銀行個人信用情報センター)という3社が存在します。

CICとJICCはどんな情報でも5年間までしか保存しません。

KSCは自己破産と個人再生に限っては10年、その他の情報は5年間保管しています。

なお、5年とか10年のカウントが始まるのは、事故を起こした債務が消滅してからです。

例えば代位弁済を受けた債務を完済するまで3年かかったとすると、完済してから5年間は信用情報に金融事故情報が記録されるので、合計8年間もブラックの状態が続きます。

これらの所定の保存期間が経過すれば、個人信用情報から金融事故情報は削除されるので、ブラックの状態からは解放されます。

申込ブラックはブラックではない

ブラックと似たような言葉として「申込ブラック」という言葉があります。

カードローンなどに申し込みをすると、信用情報機関に「申し込んだ」という情報(申込情報)が記録されます。

あまりにも申込情報が多いと「よほどお金に困っており、何かしら事情を抱えている人」などと判断されるので、審査には非常に不利になってしまいます。

この申込情報が多い人のことを「申込ブラック」と言いますが、申込情報はCICとJICCは6ヶ月間、KSCは1年間しか記録しない情報なので、当該期間が経過すれば申込情報は信用情報から消えますし、申込情報が多い人でも、申込回数が多いことに合理性があれば、特に審査では問題にならないこともあります。

通常の「ブラック」と呼ばれる情報と「申込ブラック」とでは、全く異なる情報ということも理解しておきましょう。

カードローン申込み前に自分がブラックか確認する方法

このように、ブラックの定義とは、自分の個人信用情報に金融事故の情報が記載されている人を指します。

信用情報に金融事故情報が記載されているかどうかをまずは確認した上で、ブラックでも通るカードローンを探すべきでしょう。

自分の個人信用情報は簡単に確認することが可能です。

自分の信用情報を本人自ら確認することを「本人開示(または情報開示)」と言います。

3つの個人信用情報機関の本人開示(情報開示)の方法を確認していきましょう。

CICで本人開示(情報開示)する方法

CICで本人開示(情報開示)する方法は非常に簡単です。

  1. クレジットカード契約で使用した電話番号から0570-021-717へ電話をして受付番号を取得する
  2. インターネット上で個人情報と受付番号を入力
  3. スマホやPCの画面上で開示情報を確認

インターネット開示手数料は1,000円(クレジットカード一括払いの場合)です。

※郵送開示:ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)、窓口開示:現金(500円)。

クレジットカードをすぐ用意すれば、この記事を読んでいる方でもすぐに情報開示が可能です。

JICCで本人開示(情報開示)する方法

JICCの本人開示(情報開示)の方法は、スマートフォンや郵送から開示請求をして、郵送にて開示結果が届きます。

ここではスマートフォンから開示請求する手順についてご説明していきます。

  1. スマートフォン開示受付サービス専用アプリをダウンロード
  2. 専用アプリからメールアドレスを送信後、JICCからメールでパスワード発行
  3. パスワードを入力し、個人情報を入力
  4. 本人確認書類をアップロード
  5. 開示手数料の支払方法を選択(コンビニ払いまたはクレジットカード払い)
  6. 自宅に信用情報記録開示書が郵送で届く

開示手数料はスマートフォン、郵送は1,000円。窓口での開示手続きのみ500円です。

CICのようにすぐに確認できませんが、開示請求の手続きはすごく簡単です。

KSCで本人開示(情報開示)する方法

KSCの本人開示(情報開示)は最も面倒です。

請求方法は郵送のみで、以下の3つの書類をKSCまで郵送しなければなりません。

  1. インターネット上でダウンロードした登録情報開示申込書
  2. ゆうちょ銀行で購入した手数料1,000円分の定額小為替証書
  3. 本人確認書類の写しを2種類(運転免許証とパスポートなど)

郵送での開示というだけでも面倒ですが、手数料をゆうちょ銀行の定額小為替証書で支払わなければいけないので、開示請求はかなり面倒になると考えた方がいいでしょう。

3つの信用情報機関は相互に情報を共有しているので、1社の情報を開示すれば自分がブラックでないかどうかはおおよそ分かります。

面倒という人は、CICの1社だけを開示すれば十分でしょう。

ブラックでも通るカードローンはある?

ではブラックでも通るカードローンはあるのか?について解説していきます。

カードローンでは必ず審査があるので、ブラックだと100%審査に通らないと思われていますが、決してそうではありません。

例えば大手消費者金融のカードローンと、中小消費者金融のキャッシングでは、審査手法が異なるので、中小の消費者金融ではブラックでも通ることもあります。

ではなぜ大手のカードローンでは審査に通らず、中小ではブラックでも通ることがあるのか解説していきます。

ブラックを通すなという法律はない

ブラックの人にお金を貸してはいけないという法律がそもそもありません。

しかし、貸金業法では「個人信用情報へ照会して、顧客の返済能力を調査すること」が義務付けられており、審査では必ず個人信用情報が照会されるため、ブラックかどうかは審査をするときに分かってしまいます

ただし、その金融事故情報に対してどのように判断するのかは各社の審査基準に委ねられているので、ブラックだと絶対にお金が借りられないと一概には言えません。

ブラックはスコアリング審査で落とされる

大手消費者金融や銀行のカードローン審査では、スコアリングという方法が用いられています。

スコアリングとは、一定の基準に基づいて顧客を点数化し、総合点が足切りラインを超えた人のみを通す審査方式です。

ブラックという情報が見つかってしまうと、スコアリング審査では「基準外」と判断され審査に落とされてしまいます。

そのため、ほとんどのスコアリングの審査基準では、ブラックというだけで審査落ちにされてしまうのです。

大手消費者金融や銀行のカードローンでブラックの人が審査に通らない理由として、信用情報から金融事故情報が見つかり、顧客がブラックと分かった時点でスコアリング審査の基準外となってしまうためです。

独自審査の中小消費者金融ならブラックでも通ることもある

中小の消費者金融へ申し込みする人の多くが、大手消費者金融のカードローン審査に落ちた人です。

中小消費者金融は大手のカードローン審査に落ちた人からの申込みも多いため、大手とは異なる方法で審査をします。

中小の消費者金融はスコアリングではなく、独自審査という方法で審査するのが一般的です。

独自審査では一定の基準というものが存在せず、一人ひとりの信用情報や属性情報、さらには人間性やライフスタイルまでを加味して総合的に審査します。

このため、ブラックというだけで即刻審査落ちになることはなく、ブラックの人でも審査のテーブルに乗ることは可能です。

独自審査については後ほど詳しく解説していきます。

社内ブラックは絶対に審査通らない

ブラックでも審査に通る可能性があると説明しましたが、まず社内ブラックの人は残念ながら審査に通過できません。

消費者金融などの社内には顧客の情報が蓄積されています。

ここで過去にその会社で金融事故を起こした人は、社内にブラック情報が残っていることから「社内ブラック」と呼びます。

社内ブラックは信用情報の金融事故情報とは異なり、半永久的に残っている情報ですので、過去に同社で事故を起こした社内ブラックの人は、信用情報がブラックでなくても審査に通過することはまず不可能です。

このような場合には、他の会社へ申込をすれば問題なく審査に通過できることも少なくありません。

社内ブラックの情報はあくまでも社内のみの情報ですので、他の会社に知られることはありません。

そのため、過去にトラブルを起こしていない会社であれば、過去に何があったかは知られることなく審査を受けられます。

ブラックでも通る中小消費者金融の独自審査とは?

中小の消費者金融の審査手法である独自審査なら、ブラックでも審査に通過できる可能性があります。

スコアリング審査では、一定の法則に基づいてコンピューターが機械的に自動で審査をするので、「信用情報がブラック」という時点で基準に外れてしまうことが多く、ブラックの人は審査に通過できません。

一方で、独自審査であれば人間性なども加味して審査をするので、ブラックでも通ることがあるのです。

独自審査についてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

信用情報は過去の情報

そもそも信用情報とは過去の情報の蓄積です。

つまり、大手カードローン会社のスコアリング審査では、過去の情報だけを判断して「お金を返済できるかどうか」を決めているのです。

例えば、5年近く前に長期延滞をしていれば信用情報はブラックですが、5年も前の情報ですので、もしかしたら今は返済には全く問題がない経済状態かもしれません。

そのような人でも、大手カードローン会社のスコアリング審査では「返済能力がない」と判断されて審査で落とされてしまうのです。

これは少し理不尽な対応だと言えるかもしれません。

過去だけでなく今も審査する

カードローンに申し込む人の中には、過去に返済でトラブルを起こした人でも、今は真面目に働き借金もなく、返済には全く問題がないという人もいるかもしれません。

独自審査でブラックの人が通過できるのは、まさにこのような人です。

過去に返済でトラブルがあっても、今の仕事の状況や、家族の収入状況、人間性、過去のトラブルに対して反省しているかなどをチェックし、「返済は可能」と判断できればブラックでも通ることがあるのです。

過去の情報だけで今の返済能力が判断されてしまうスコアリング審査に対して、今の情報はヒアリングなどでしっかりと審査するのが独自審査です。

独自審査では「過去に何があったのか」「なぜそんなに借金をしたのか」などとあまり聞かれたくはないことも聞かれますし、場合によっては借金をしたことに対して説教をされることもあります。

そのため、独自審査には時間がかかってしまうことが少なくありません。

ブラックでも必ず通るわけではない

このように、中小の消費者金融の独自審査であれば、ブラックでも審査に通過できることもあります。

しかし、ブラックでも審査に通れるかどうかは、あくまでも「今は返済に問題がない」と判断された場合のみです。

信用情報がブラックで、今の収入状況などから考えて返済が不可能と判断されたら、いくら中小の消費者金融でも審査を通過できません。

中小消費者金融の独自審査であれば、ブラックでも必ず通るということではないので、この点には注意してください。

【注意】ブラックでも通ると広告しているのは闇金

中小の消費者金融であれば、確かにブラックでも審査に通過できるかもしれませんが、それはあくまでも可能性の話です。

中小の消費者金融が「ブラックでも審査に通る」などと自ら広告を出すことはあり得ません。

不確定な情報を確定的に表現することは法律によって禁止されていますので、「ブラックでも審査に通る」と広告を出している業者は闇金です。

闇金からお金を借りてしまうと、借入額の何倍もの利息が発生し、返済するまで暴力的・脅迫的な督促が延々と続きます。

「ブラックでも審査に通る」と、誰でもお金が借りられると感じさせる広告などに騙されて、闇金からお金を借りないように注意してください。

ブラックでも通るカードローン|まとめ

ブラックの人には融資をしてはいけないという決まりや法律があるわけではないので、どの金融機関でもブラックでも通る可能性はゼロではありません。

しかし、大手消費者金融や銀行のカードローンはスピードと効率性を重視するために、スコアリング審査を導入しており、スコアリング審査では信用情報がブラックの人は審査に通らないのが実情です。

スコアリングに頼らず、独自審査に重きを置く中小の消費者金融であればブラックでも通る可能性は十分にあります。

このように、ブラックでも通るカードローンはなきにしもあらずですが、ブラックでも通るカードローンありきで業者を探していると、間違って闇金からお金を借りてしまう可能性もあります。

「自分はブラックだから大手のカードローン会社には通らない」などと考える前に、まずは自分の個人信用情報を確認するようにしてください。

CICであればスマートフォンとクレジットカードさえあれば簡単に情報開示できるので、まずは自分が本当にブラックかどうかを知ってから自分でも通る可能性のあるカードローンを探すようにしましょう。