カードローンの審査に落ちた理由

カードローンの審査に落ちた理由

カードローンの審査に落ちた理由を知りたくても、カードローン会社はその理由については教えてくれません。

カードローンに申し込みされた方のうち約50%以上は審査に落ちてしまった人なので、カードローンの審査に落ちるというのは決して珍しいことではありません。

しかし、カードローンの審査に落ちた理由をある程度は知っておかないと、今後どのような対策をとればいいのかわからないですよね。

続けて別のカードローンに申し込んだとしても、改善策を見出せないままであれば審査落ちを繰り返してしまうだけです。カードローンの多重申込みは個人信用情報に傷をつける行為ですのでおすすめしません。

この記事でわかること
  • カードローンの審査に落ちた人の特徴
  • カードローンの審査に落ちた理由
  • 審査に落ちたあとにやるべき改善策

本記事では、カードローンの審査に落ちた理由について解説します。

カードローンの審査に1回落ちたけど、まだ諦めきれずに2回目の審査にも挑戦したいという方はぜひ参考にしてください。

カードローンの審査に落ちた理由

カードローンの審査に落ちた理由を説明します。どれか1つでも該当すると、即審査落ちするような致命的なものばかりです。

審査に落ちないためにできる対策としては、このような状態にならないように日頃から万全の注意を払いながら未然に防止するしか方法はありません。

カードローンの審査に落ちた理由のいずれかに思い当たる節がないか、よく考えながら読み進めていってください。

安定した収入がないから審査に落ちた

カードローンの審査に落ちた理由の1つとして、「安定した収入がない」ことが挙げられます。

カードローンは借りたら毎月返済していくことが必須条件なので、その安定した返済財源(収入)がない方には業者は貸すことができません。

カードローン会社の「安定した収入」の定義とは、「毎月1回継続的に安定して一定額の収入が入ってくること」です。

この原則は、正社員、パート、アルバイト、自営業者や会社経営者など、誰が申し込んでも同じです。たとえ一回あたりの収入金額がいくら大きくても、収入が入ってくる頻度が不定期では業者は「安定した収入」とみなしてくれません。

カードローンを申込予定の方は、審査落ちを防ぐため、自分の収入がどのようなタイプか、事前に見極めたうえで申込みを検討しましょう。

異動情報(金融事故情報)の登録があった

金融業者の信用情報機関への照会で、申込者に異動情報の登録があったとき、それがカードローンの審査に落ちた原因となります。

異動情報とは金融事故情報のことで、具体的には3ヵ月または61日以上の長期滞納、破産等の債務整理、代位弁済(保証債務履行)、強制解約(ローン、クレジットカード、携帯電話等)などを指します。

いずれも業者との過去の取引で、本人が業者に金銭的被害を与えた記録であり、このような登録がある方は業者も取引をできるだけ避けたい相手です。

異動情報まで登録されてしまう方というのは、そもそも金融取引に最後まで責任が持てない方が多く、このような方と融資取引をしても、再び同じ被害を受けてしまう可能性があります。

そのため、ほぼすべての業者が異動情報の登録がある方に対しては審査で落としてリスクの回避を図ります。

総量規制(年収の3分の1)を超過していた

申込者にすでに総量規制に触れるような他社債務があれば、それがカードローンの審査に落ちた理由となります。

貸金業法における総量規制では、消費者金融等の貸金業者は貸出総額で申込者年収の3分の1を超える融資をすることを禁じられています。

カードローンの受付時に、申込者の借入総額がすでに年収の3分の1を超えていたら、残念ながら消費者金融の審査は通りません。

また、消費者金融を避けて銀行カードローンを申し込んだとしても、結論はあまり変わらないでしょう。

なぜなら、最近の銀行カードローンは自主規制により総量規制の主旨に則ってカードローンの審査をしており、年収の3分の1を超えて融資することを抑制しているからです。

唯一の例外は銀行法で規制を受けていない信用金庫や信用組合、JAバンク(農業協同組合)、労働金庫等で、これらの金融機関のカードローンは、今のところ、銀行カードローンほど審査は厳しくはありません。もちろん年収制限もありません。

債務が多すぎて銀行や消費者金融で借りられない状態の方は、まずはこれらの業者に相談されてはいかがでしょうか。

少なくても中小消費者金融や闇金にいきなり借入れに行くより安全だと思います。

他社借入の件数が4社以上

カードローンの申込時にすでに他社借入件数が4件以上あれば、それがカードローンの審査に落ちた原因となります。

他社借入件数が4件以上あるというのは、いわゆる多重債務者状態だといえます。

過剰貸付を抑制するため国が貸金業者に対し総量規制や自主規制を強いているぐらいであり、すでに多重債務者状態である方に対して、積極的に対応してくれるような業者は闇金やルーズな中小貸金業者除き、まずありません。

自分が現在どの程度カードローン契約をしているか、振り返ってみて、すでに4件以上の契約数ならば、追加の申込みをしてもまず審査に通らないので、対策として、ローンのおまとめを検討するか思い切って法的債務整理を検討してください。

勤務先への在籍確認がとれなかった

審査の途上で在籍確認が取れなかった場合、それがカードローンの審査に落ちた原因となる場合があります。

在籍確認が取れない理由はいろいろあります。

  1. 勤務先の在籍期間が短く、そもそも社内で存在が認められていない
  2. 派遣社員だが派遣元では登録のみで派遣先で勤務した実績がない
  3. 勤務先が個人宛ての電話を一切取り次いでくれない
  4. 会社の代表電話だけ申告し、自分の在籍している部署の連絡先を登録していない
  5. 無職なのに元勤務先の情報を申告していた

上記の中には、申込者が登録内容を修正したり、社内に根回しをしておくなど早めに対応することで在籍確認が取れるようになる事例もありますが、対応が遅れたり放置したりしているとカードローンの審査に落ちる原因となります。

「勤務先が個人宛ての電話を一切取り次いでくれない」のような場合なら、在籍を証明する確認書類(社会保険証や社員証等)をカードローン会社に提出することで例外的にカバーする方法もあります。

在籍確認は、本人の勤務先での在籍を確認することで収入元をチェックする大事な審査手続きなので、カードローン会社も絶対欠かすことができません。

在籍確認が取れなければ、最終的に高い確率でカードローンの審査に落ちると考えてください。

カードローン会社と過去にトラブルを起こした

カードローンの審査で、申込みした金融業者の過去の取引で申込者がトラブルを起こしていたことが分かると、それがカードローンの審査に落ちた原因となります。

また、これはトラブルを起こした先が申込みしたカードローン会社のグループ会社や関連会社だったケースでも同じ結果になります。

このような金融トラブル情報は内容によって信用情報機関に登録されることもありますが、信用情報機関ではルールでそれぞれ情報の種類ごとに保存期間が決められています。

そのため保存期間が過ぎれば個別の情報も信用情報機関から登録抹消されるものの、トラブルを起こされた業者の社内ではその情報を半永久保存しています。

また、近年はグループ内の会社間でリスク関連情報を共同利用するのも一般的です。

そのため、申込者がいったん、その業者またはグループ会社で金融トラブルを起こしてしまえば、たとえ10年以上過ぎて再度同じ業者で信用商品を申込みしても審査で簡単に落とされるということになります。

カードローンをどうしても借りたいなら、最低限トラブルを起こしていない他社で申込みするようおすすめします。

偽造書類を提出したことがカードローン会社にバレた

カードローンの審査途中、または申込みの段階で、偽造した書類を出したことをカードローン会社にバレたら、それがカードローンの審査に落ちた原因となります。

偽造書類とは、実際の就労実態がないにもかかわらずアリバイ会社に頼んで嘘の源泉徴収票を作ってもらったり、偽物の健康保険証(社会保険証)を作ってもらったりすることです。

偽造した書類を金融業者に出すこと自体犯罪です。しかし、世の中には法律に疎い方や、また、偽造書類を作ることに何の罪の意識もなく平気でこのような行為をする方もいます。

もちろん業者が偽造に気づきその事実を警察に告発すれば事件化するので、その後は業者への対応だけでは済まなくなります。

また、犯罪と認定されるとこの種の情報はすぐに金融業者間で共有されるので申込者の信用は地に堕ちてしまうでしょう。

したがってカードローンを健全に利用したい方だけは絶対このような愚かなことをしてはいけません。偽造書類を作るくらいなら、まだ正当に申込みして審査で落ちたほうがマシです。

一回くらい審査に落ちてもカードローン会社の審査基準はバラバラなので、別の業者に申込みすれば審査に通る可能性もあります。

闇金の利用がカードローン会社にバレた

申込者が過去あるいは現在、闇金を利用していた(または利用している)ことが申込み業者にバレたときも、それがカードローンの審査に落ちた原因となります。

筆者は元銀行員なので、各種ローンの申込みや審査の機会を通じて、闇金からお金を借りていた顧客と対面し相談を受けた経験を多く持っていますが、実は闇金を利用した方の多くは性格的には善人が多いのです。しかし、その善人で温和な性格がお金を借りる場面では仇となって自分を苦しめることになります。

こういう方は金銭の貸し借りに対する責任感やリテラシーが低いため、闇金を利用することにあまり罪悪感を覚えないタイプなのです。

したがって闇金を借りていたことが、取引先の銀行や親族などに知られたときにはすでに借り過ぎでほとんど信用回復が不可能な状態になっています。

このような方がカードローンを申込みしても審査に通ることはまずありません。残念ながらこのような人は自らローンを利用するのは不向きな方です。

借金することに不向きなタイプの方に、必要以上に借金させないためにも、また、絶対闇金を利用させないためにも、家族間でこの方の借金に目を光らせ、適宜チェックする誰かの存在が必要となります。

早さよりも金利で選びたい

\楽天会員ランクに応じて審査優遇/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

監修:nobu shige/元銀行員

この記事の監修者

知っ得!カードローン編集部
知っ得!カードローン編集部編集長
「知っ得!カードローン」の編集長。執筆歴8年のカードローン専門ライター。消費者金融、銀行カードローンを含め3枚のカードローンを保有。生活困窮者や自己破産者を救いたい一心で記事を書いています。