お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

消費者金融のカードローン審査通過率ランキング!成約率の高さで選ぶ

カードローンを利用するためには審査を通過しなければいけません。そのため、なるべく審査が通りやすいカードローンを見つけたいと誰もが考えます。
しかし、カードローンの審査基準はトップシークレットなので世間には一般公開されていません。このカードローンは審査を通過しやすいとか、あのカードローンは審査を通過しにくいとか、その判断を素人が行うのは難しいのが現状です。
「銀行カードローンは審査が厳しくて簡単に借りられないから、消費者金融のほうがまだマシだ」なんて言われていますが、実際には審査を簡単に通過できる大手消費者金融など存在しません。
しかし、中には「消費者金融で借りられなかったけど銀行カードローンに申込みしたら審査に通った」といった口コミも見かけるので不思議です。
審査基準は公表されていませんし、どうしたら審査に通るのか知ることもできませんが、一部の会社ではカードローンの審査通過率(成約率)を公表しています。
この記事では、消費者金融のカードローン審査通過率ランキングをご紹介します。

消費者金融のカードローン審査通過率(成約率)

銀行カードローンの人気が高まり、利用者の数が増加する一方で、すべての方が審査に通っているわけではありません。
中には「銀行カードローンの審査に落ちたから消費者金融に申込みしよう」と考える方は多くいます。
そこで気になるのが、消費者金融なら審査に通りやすいのかどうかですね。
審査の通りやすさを計る指標として審査通過率があります。大手消費者金融では審査通過率や成約率を公開していて、公式ホームページにある企業情報のデータブックや月次データ等から誰でも見ることができるようになっています。
審査通過率とは、「新規申込者のうちどのくらい審査に通過したか」を表す指標です。
企業が公開している信用性の高いデータであり、これを見れば「新規貸付に強いカードローン」がどこなのかを知ることができます。
新規貸付に強いということは、カードローンを初めて利用する方に対する貸付けが得意ということを表しています。
カードローン会社の中には、「新規貸付に積極的なところ」や「新規の貸付には消極的だけど他社から乗り換えてくれる方への審査が得意」というように、実は得意・不得意があります。
「審査は受けてみないと分からない」というのが本当のところですが、「新規申込者がどのくらいの割合で審査に通っているか」を知る、参考程度にご覧ください。

消費者金融のカードローン審査通過率ランキング

消費者金融カードローンの審査の難易度を計るため、各カードローン会社のデータを収集して審査通過率をランキングしました。
※カードローンの審査通過率は月々で変動しています

プロミスのカードローン審査通過率

審査通過率ランキング第1位はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド名)。
2018年11月現在では、プロミスの審査通過率は消費者金融の中でトップです。
プロミスでは「成約率」として公開されています。

2018年 審査通過率
9月 45.9%
10月 47.0%
平均 46.45%

参照元:SMBCコンシューマー・ファイナンス月次営業指標
プロミスは若い世代の方に人気のカードローンです。
さらに、プロミスでは女性専用のプロミスレディースキャッシングも用意されており、カードローンの利用が初めてで申し込みに不安を抱えている女性をしっかりとサポート。
カードローンの審査通過率が高いだけではなく、女性支持率の高さもプロミスの特徴です。

プロミス
公式サイトを見る
プロミスのカードローン商品内容
金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

アイフルのカードローン審査通過率

審査通過率ランキング第2位はアイフルです。
アイフルでは「無担保新規成約率」として公開されています。
アイフルは大手消費者金融の中で唯一、貸金業法改正後も銀行グループに属さなかった消費者金融です。
銀行がバックにいないため、一時は経営が危ぶまれていましたが見事立て直しに成功し、審査通過率も高い人気のカードローンとして皆さんに親しまれています。
急ぎの融資を希望する方はアイフルのカードローンがおすすめです。

2018年 審査通過率
9月 46.3%
10月 45.9%
平均 46.1%

参照元:アイフル月次推移
アイフルは高い審査通過率を誇っており、初めて申込みされる方へ積極的に融資を行っていることが分かります。

アイフル
公式サイトを見る
アイフルのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

アコムのカードローン審査通過率

審査通過率ランキング第3位はアコムです。
アコムでは「新規貸付率」として公開されています。

2018年 審査通過率
9月 43.4%
10月 45.0%
平均 44.2%

参照元:アコム株式会社|マンスリーレポート
アコムは一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。
アコムは審査通過率の高さだけではなく、利用者数や貸付残高でも業界トップの数字を叩き出しています。
世間での露出度が非常に多いため、人気や知名度も抜群です。SNSの広告やテレビCMでも目にする機会が多いので、カードローンといったらアコムを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
アコムは消費者金融の最大手として、カードローン業界をリードする存在です。

アコム
公式サイトを見る
アコムのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

SMBCモビットのカードローン審査通過率は?

SMBCモビットはプロミスと同じくSMBCグループの消費者金融です。
プロミスの公開データと合わせてSMBCモビットに関する情報も見ることができますが、残念ながらSMBCモビットの審査通過率までは公開されていません。
SMBCモビットは消費者金融業界で初めて「Web完結申込サービス」を開始。審査で必要とされていた本人確認の電話、勤務先への電話連絡、契約書類の郵送物など、これらの項目がすべてレス化することに成功しました。
Webで契約が完結できるカードローンは申し込みのときに職場や家族にはバレたくないという方から高い評価を得ています。
SMBCモビットのWeb完結は誰にも知られず契約が可能です。

smbcモビット
公式サイトを見る
SMBCモビットのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 最短即日
※申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

まとめ

審査が不安な方は、審査通過率ランキングからカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。
「銀行カードローンの審査に一度落ちてしまった…」という方は、次の審査に落ちてしまうと3回目の審査からは特に厳しく審査されます。
消費者金融なので金利で差を見つけることはできませんが、各社でサービスの特徴は異なります。
安心してカードローンを利用できるように、各カードローンのメリット・デメリットも押さえておきましょう。

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧