フリーターのカードローン審査

フリーターがカードローンの審査を受けたら、どれぐらい審査に通れるのでしょうか?

大手消費者金融では10人申込みしたうち4~5人程度審査に通るので、できればその平均レベルには近づきたいものですよね。

しかしフリーターの場合、必ずそのレベルまで行く保証はありません。

なぜなら他の属性の申込者に比べてフリーターは金融業者の評価が低いからです。

しかし審査の受け方次第ではフリーターがそのハンディをカバーできないわけではありません。

今回の記事では、どのようにすればフリーターがカードローンの審査に通って借りられるのか、そのポイントやコツなどを詳細に解説します。

フリーターがカードローン審査に通るために

フリーターというのは、社会の構成員のうち、どのような特徴を持った層を指してこのように呼ばれるのでしょうか?

またフリーターはカードローンを申込みして審査を受けることができるのでしょうか?

この章ではまずフリーターの定義、その社会的評価、そしてカードローンにどうしたら申込みできて審査が受けられるかを紹介します。

カードローンはフリーターでも審査してもらえる

結論から先に述べれば、カードローンはフリーターでも申込みができて審査をしてもらえます。

カードローンの審査は条件審査なので、金融機関が設けた一定の基準さえ満たすことができれば、誰でも申込みできてカードローンは借りられます。

要はフリーターがその条件を満たせられるかどうかが審査通過のポイントになるのです。

そのポイントについては、あらためて下記「フリーターがカードローンの審査に通るコツ」で詳細解説します。

フリーターとは?

フリーターとは、日本で正社員以外の就労雇用形態(バイトなど)で生計を立てている人を指す言葉で、定職に就かず自由な時間をできるだけ確保したい等のニーズがある労働者層のことです。

一般的には学生は含まれません。また最初から働く意思のないニートとも違います。

フリーターは正社員と比べて、昇給やボーナス、退職金がないため、年間収入も低いのが特徴です。

ただしフリーターでもやる気があって貢献が会社に認められれば正社員になれる道もありますし、本人の能力次第では正社員以上の収入を得ているフリーターもいます。

※フリーターとは英語でなく和製造語です。一説では、フリーランス・アルバイターから略されてフリーターと呼ばれるようになったともいわれています。

フリーターの社会的信用度

フリーターの社会的信用度は、会社勤務の正社員と比べても相対的に低いです。

フリーターの場合、仮にバイトで働いていても時給制がメインであり、月給制の正社員と比べて安定性で劣ります。

雇用の安定面でも、正社員は原則定年までの雇用を前提とした就労形態ですが、フリーランスは雇っている会社の都合で簡単に首切りされます。

このように給与と雇用の面だけ取り上げても、フリーターは正社員に比べてかなり劣るので、社会的信用度も低くならざるを得ないのです。

フリーターにも色々なレベルがある

ところでフリーターにも色々なレベルがあることをご存知ですか?

フリーターといっても同じ人間なので、労働者としての能力や働きに対する意欲には個人差があります。

したがって同じフリーターとしてひとくくりにすることも難しく、じつにさまざまなタイプがあるのでここでは大まかにそれを3つのグループに分けてみました。

正社員より稼いでいるフリーター

一般正社員より特殊な分野の労働スキルや能力を保持し、それを活かしながら複数の顧客より安定的に仕事を確保して、正社員より稼いでいるフリーター層がいます。

フリーターの特徴を活かし、正社員のように会社の労働時間や就業ルールに縛られることなく、自由な時間を自分のスキルの伸長にも使うことができます。

それでさらに正社員より大きな稼ぎが期待できるのもこのフリーター層の長所です。

万年フリーター

万年フリーターというのは、バイトフリーターとなって以降、10年以上もその状態が変わらず、また月ベースでの収入も低いまま、ほとんどライフスタイルに変化のないフリーターをいいます。

本人もその状態から抜け出すため特別努力しているわけでもなく、本人を雇っている会社も今以上の能力発揮を期待していないので同じ状態が続いているのです。

一次的フリーター(最終正社員、自営者等を目指す層)

フリーターの中には、あくまでフリーターとしての処遇を一次的なものとしてとらえ、なんとか正社員になることや、自営者となり一攫千金を夢見ている層もいます。

これを便宜的に一次的フリーターと呼びます。

この層はフリーターとしての状態をあくまで一次的ととらえているので、この層の中から懸命に努力して正社員になっていく人や、事業者として大きく伸びていく人もいるでしょう。

もちろん成功すれば、一次的フリーターの時よりはるかに高い社会的評価が受けられるようになります。

フリーターに対する貸金業者の評価とは?

前述したように、同じフリーターといってもそのレベルには差があることが分かります。

ではフリーターに対する貸金業者の評価とは一体どのようなものでしょうか?

じつは決して高いものではありません。

むしろあらゆる労働者層の中ではかなり低く評価されているグループに入るといえます。

個人に対するローン審査では、金融機関は常に「本人に安定した収入があるかどうか」一番に重視して審査します。

しかしこの点からだけ見ても、フリーターは正社員でもなく会社経営者でもないので、安定性でかなり劣ります。

金融機関として総じてフリーターを低く評価するのは仕方ないと考えています。

正社員より稼いでいるフリーターでも審査に通るとは限らない

そうはいいつつ、実際には正社員より稼いでいるフリーターがいることも事実です。

では他の不安定なフリーターに比べて、正社員より稼いでいるフリーターがカードローン審査を受けて審査に通ることはあるのでしょうか?

筆者としては必ずしも確実に通ることはないと考えています。

その理由は、たとえそのフリーターの収入が高くても、それが将来に渡り長期間続く保証は何もないからです。

ある意味それがフリーターの弱点だと思います。

金融機関が個人ローン審査において重視するのは、「安定継続した収入」と「借入・返済のバランス」です。

一次的に収入が多くても、それが長期間続くことが金融機関から見ても担保されない限り、業者はやはりフリーターに対する評価を下げざるを得ません。

そのため、正社員より稼いでいるフリーターでも、業者判断でカードローンを申込みして審査に落ちるということも起こりうるのです。

フリーターがカードローン審査に通るコツ

では一般的に低く評価されるフリーターがカードローン審査にうまく通るコツはないのでしょうか?

ここでもう一度審査の基本に立ち返ってみましょう。

カードローンの審査に通るには、各貸金業者の審査基準を満たす必要があるということを説明しましたよね。

要するにフリーターであっても、個々の審査基準を満たせるような実績を作ればいいわけです。

そこで以下で10個の視点から、フリーターの属性を踏まえてどのようにすれば審査に通りやすくなるか、そのポイントやコツを解説します。

バイト・パート等で安定した収入を確保する

フリーターがカードローン審査に通るには、一番に安定した収入を確保する必要があります。

金融機関が属性審査で重視するポイントも「安定した収入」なので、フリーターもこれを確保することなしにカードローン審査を通過できません。

そのためにはフリーターも働いて収入を得る必要がありますが、すぐに正社員にはなれないので、アルバイトやパート等、非正規雇用者の身分で収入を確保することになります。

そしてフリーターも、正社員に比べて賃金水準は低いものの、一定期間勤務実績を積むことで「安定した収入」という金融機関が求める条件を満たせるようになるのです。

収入証明書を最初から用意しておく

また収入に関し、フリーターがカードローンを申し込む場合、収入証明書を最初から用意しておけば審査がスムーズに進む可能性があります。

現在大半の金融業者では、50万円以下の限度額の申込みでは原則所得証明書の提出が不要です。(※審査状況に応じて収入証明書の提出を求められる場合もあります。)

しかし自営業者やフリーターの場合、そもそも金融機関に収入の安定性で不安を持たれており、正社員に比べて収入チェックのため時間が掛かります。

それを申込み前に収入証明書、できれば公的書類を2期分以上準備しておいて、申込みと同時に出すことで、フリーターでも「安定した収入」があることが示せます。

申込みを受けた金融機関も、それで収入チェックは済ませられるので、さらに審査を早めることができます。

収入証明書を準備できる人は、ぜひ申込前に用意してから審査に挑んで下さい。

1年以上勤務実績を確保する

フリーターがカードローンの審査を受ける場合、職場での一定の勤務実績を示すことで審査に通りやすくなります。

ただしその場合、バイトやパートの雇用形態でも転職を繰り返していては、それを金融機関は通算で勤務実績と見なしてくれないので注意して下さい。

勤務期間の算定については、あくまで1ヶ所の勤務先での勤務実績がベースとなります。

また消費者金融では、勤務実績に関して銀行より緩めに判定してくれますが、それでもフリーターなら最低6ヶ月ほどの勤務実績は作っておいてほしいです。

さらに銀行カードローンなら1年以上勤務実績を確保しておけばまず合格ラインです。

一定期間の勤務実績は安定した収入を確保している証明にもなるので、二重の意味でカードローン審査の強いアピール材料となります。

信用情報にキズを付けない

フリーターがカードローン審査を受ける上で、自分の信用情報をきれいな状態に保ち、キズを付けないことがとても大事です。

金融機関がローン審査で申込者の個人信用情報を信用情報機関に問い合せして確認するのが審査の重要な手続きになっています。

そのため信用情報機関に登録された情報内容によっては審査落ちの場合もあります。

特に「異動情報」、通称ブラック情報が登録されていると、即審査落ちの対象になるので、このような情報が登録されていないことが望ましいです。

異動情報がブラック情報といわれるゆえんは、申込者が過去に金融機関に対し金銭的被害を与えた事実の記録なので、さすがに金融機関としてもそのような人に貸出するわけにはいきません。

また異動情報の種類には、「長期滞納」「債務整理」「代位弁済」「強制解約」などあり、これらの登録があるといずれも即審査落ちの対象となります。

その他信用情報の登録であればまずいものとして、「返済遅延」「過大な他社債務」などあり、いずれも起こした回数や程度によって金融機関が「問題あり」と判断すれば審査で落とすことになります。

この信用情報チェックに関してはローン申込者共通の審査事項であり、フリーターもまぬがれることはできません。

信用情報の豆知識・なぜ「異動情報」と呼ばれるか?

なぜ金融事故情報が「異動情報」と呼ばれるかというと、申込者が起こしたその行為により「ローン債権が異動される」ことからこう呼ばれています。

たとえば、申込者が銀行カードローンを借りていて、長期滞納し最後には払えなくなった場合を取り上げてみましょう。

銀行カードローンには保証会社が付いており、滞納状態が続けば銀行は最終的に保証会社に対しローン残金の代払いを求めます。

すると保証会社が債務者に代わり銀行に申込者の債権を払いますが、これを「代位弁済」といいます。

そして代位弁済と同時にローン債権は銀行から保証会社に「異動」するので、以後はローン債権を得た保証会社が滞納者に対し債権の回収請求するようになります。

このようなことから、金融事故情報を総称して「異動情報」と呼ぶようになってきたのです。

貸金業者が確実に在籍確認を取れるよう協力する

フリーターがカードローンの審査を受ける場合、貸金業者が確実に在籍確認を取れるよう協力すれば、審査に通る可能性が上がります。

在籍確認は金融機関が申込者の勤務先に電話を掛けて在籍を確認する手続きです。審査の重要手続きのひとつであり、これ抜きにカードローンを利用することはできません。

フリーターの場合、業者が電話を掛ける先は本人がバイトやパートで働いている職場です。

ただフリーターは正社員と比べて社内での存在感が薄く、電話を取った社員によってはフリーターの存在すら知らない人もいるかもしれません。

運悪くその社員に電話が当たると、「そのような方は当社にいません」と答えてしまう可能性も十分あります。

それでは在籍確認ができないのでカードローンも借りられずフリーターも困ってしまいますよね。

したがってこのようなリスクを下げるため、申込者も早めに職場内で「在籍確認の電話があれば対応お願いします」とできるだけ多くの方に協力をお願いしておくほうがいいでしょう。

まずは優先的に消費者金融で申込みする

フリーターのカードローン申込みでは、どの金融機関に優先的に申込みするか、を決めることが審査通過の可能性を上げるためとても大事です。

そこで筆者としてはまず消費者金融で申込みすることをおすすめします。

なぜかというと消費者金融の審査ポイントがフリーター向きだからです。

これまで何度か繰り返しているように、フリーターは収入の安定性に問題があるので、銀行のローン審査では自営業者以上に評価が低い職種です。

しかし消費者金融の審査ポイントは、「本人の返済意思確認」と「働いている事実の確認」なので、たとえ申込者がフリーターであって、これらの条件を満たせれば審査通過することは決して難しくありません。

具体的にいえば、「本人の返済意思確認」とは「ローンを貸したら必ず返済する意思があるかどうか」業者が目に見える形で確認できるかということです。

これは消費者金融が信用情報機関へ問い合せすれば、本人が過去に特に問題も起こさず返済を続けてきたか、現在も返済で問題を起こしていないか、すぐにわかることです。

また「働いている事実の確認」とは「在籍確認」の手続きそのものであり、在籍確認が無事に済めばこの条件もクリアします。

消費者金融の審査は、銀行カードローンと重点ポイントが違うので、仮に属性等に多少問題点があっても、上記の2点さえきちんと押さえておけば審査に通って借りられる可能性はあります。

その点からもフリーターがカードローンを申込みする先はまず消費者金融がおすすめなのです。

お急ぎならこのカードローン

アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

アルバイトが申込み可能な銀行カードローンに申込みする

一方で、もし銀行カードローンに申込みたいなら、できるだけアルバイトやパートが申込み可となっている銀行に申込みするようにして下さい。

銀行カードローンの場合、その審査基準は消費者金融よりかなり高くなります。

それだけに最初から銀行での評価が低いフリーターが銀行カードローンを借りるのは容易ではありません。

ただしフリーターでも申込みはできるので、要は審査の受け方次第だと考えています。

銀行カードローンの審査のポイントは「本人の返済能力」です。

申込者が銀行カードローンを借りても、毎月きちんと返済できる能力があること、そして強い返済への意思を示すことができれば、銀行といえどもフリーターに門戸を開いてくれるでしょう。

ただしそのためには、具体的な形で本人に返済能力があることを銀行に示す必要があります。

つまりそれがアルバイト等で「安定した収入がある」「勤務先で一定期間きちんと働いている」事実を示すことなのです。

さらに銀行カードローンでは、申込み対象者で何も指定していない銀行より、最初から「アルバイト・パート」を指定している先を選べば、審査通過の可能性はより高まるでしょう。

返済比率が2割以下の限度額で申込みする

返済比率とは、ローンの年間返済額(元金+利息)を年収で割って出した比率をいいます。

フリーターの場合、この返済比率を2割以下の限度額で申込みすれば審査の通過可能性が上がります。

通常ローン審査では、返済比率が3割~3割5分程度ならカードローンは通る可能性があるといわれていますが、フリーターの場合はさらに厳しめにとらえていた方がいいと考えています。

その主な理由は金融業者のフリーターに対する評価が他の申込者より低いからです。

そのため最初から返済比率を下げた限度額で申込みすれば、審査通過の可能性は上がることでしょう。

その目安をフリーターでは返済比率で2割以下として欲しい、それが筆者の提案です。

ただし返済比率を計算する場合、すでに他社の借入があれば、その融資額も借入合計額に入れなければなりません。

その場合、キャッシング枠は全額、返済比率の計算に入れて計算する必要があるし、もし他の目的別ローンを借りていたら、それも計算に入れるようにしましょう。

金融機関によって枠の計算方法や、どのローンまで計算に入れるのか、方法は多々ありますが、筆者としてはすべて入れて計算するのが正しい方法だと考えています。

フリーターも返済比率の出し方をよく理解した上で、申込み後の返済比率がいくらになるか、十分シミュレーションして申込み限度額を決め、審査落ちを防ぐようにして下さい。

返済比率=ローンの年間返済額(元金+利息)÷年収
計算例

ローン年間返済額30万円÷年収200万円=返済比率15%

他社債務は極力減らしておく

フリーターがカードローン審査を受ける場合、できるだけ他社債務を減らしておくと審査が有利になります。

他社債務には種類として「他社借入件数」と「他社借入額」がありますが、いずれも金融機関に過大であると判断されると、審査落ちのリスクが高まります。

安全圏の目安としては、他社借入件数はできれば2~3社以内、他社借入額も返済比率で2~3割以内に留めてもらいたいです。

そのため申込み前には、別資金で他社債務を返済しておくとか、未利用のカードローンを解約しておくとか、他社債務を減らす努力をしておいて下さい。

さらに他社債務について大事な点は、申告時に金融機関に嘘をつかないことです。

他社債務は審査のマイナス材料なので、申込者として少なく申告したいという気持ちに駆られるかもしれません。

しかし意図して他社債務を少なく申告しても、信用情報機関へ金融機関が問い合せすれば、他社の借入状況はすべて分かってしまいます。

そのため本人の申告額と調査結果に大きな開きがあれば、「申込者が業者をだます目的で他社債務の申告で嘘をついた」と金融機関に判断され、審査落ちのリスクが高まってしまいます。

くれぐれも他社債務の取扱いには気を付けて対応するようにして下さい。

嘘を申告しない

フリーターが申告時に嘘をついていけないのは他社債務だけではありません。

その他にも嘘をついてはいけない項目はいくつもあります。

たとえば収入額、勤務先、勤務年数などです。

これらはスコアリングや信用情報、在籍確認とも関連性の高い審査の重要項目です。

これらの項目に関し、収入を水増ししたり、勤務先や勤務年数をごまかしたりすることは絶対やってはいけません。

いったん嘘がバレれば、業者に信用度ゼロと判定されて審査落ちする項目ばかりです。

特にフリーターでも審査が通る可能性が高い人ならなおさらもったいないと思いませんか?

つまらない嘘で審査落ちしないよう、事実をきちんと申告して下さい。

短期間の複数他社同時申込みはしない

短期間に複数他社で同時申込みしないこともフリーターが審査を有利にするコツです。

カードローンを数多く申込みすればどこかで審査に通るとばかり、短期間に申込みを繰り返す人がいますが、これは百害あって一利なしの行為です。

決してほめられた行為でないので止めておきましょう。

短期間に複数他社で申込みしていると、個々の申込み情報が次々に信用情報機関に登録されてしまうので、それを見た金融機関としても「貸出リスクが高い申込者」と判断して審査で落としてしまいます。

これはどの金融機関でも取る同じ行動なので、申込みをすればするほど審査に落ち続けるという悪循環に陥ります。

申込みのサイクルは適度に間を空けて申込む、これもフリーターが審査通過率を上げるテクニックです。

フリーターのカードローン審査|まとめ

フリーターがカードローンの審査に通るポイントやコツを中心に詳しく解説をしてきました。

繰り返しますが、フリーターがカードローン審査に通るには、まずバイト等で安定した収入を確保し、継続した勤務実績を作ることが必要です。

またその間、個人の信用情報もきれいなままに保つこともポイントになります。

さらに審査に通りやすい金融業者を優先的に選ぶことも審査通過率を上げることにつながるでしょう。

この記事がフリーターで、今後カードローン審査を受ける予定の方に役立つことを期待しています。

電話連絡なし・郵送物なし!Web完結
smbcモビットのキャッシング・カードローン

公式サイトへ