カードローン審査の属性と信用情報とは?審査を通過するための条件

カードローン審査

カードローンを利用するときに一番気になるのは審査ですよね。誰しも審査に落ちたくないはずです。

クレジットカードやカードローン、住宅ローンやマイカーローンなどの各種ローンの審査を受けると、信用情報機関にその情報が記録されるため、「手当たり次第に申込んでみる」ということができません。

基本的には1ヵ月間に申込みできるのは3社まで、信用情報機関に記録された申込情報がクリアになるのは約6ヵ月必要です。

短期間で申込件数が多くなりすぎると、逆にあなたの評価を下げ審査を通過することがより困難な状態になります。また申込ブラックといって、どのカードローン会社の審査を受けてもどこも通過できないといったことにもなりかねません。

このような悪循環にならないためにも、しっかりと審査の事を理解してからカードローンの申込みをしましょう。

ここでは、カードローンの審査で重要視される「属性」や「信用情報」ついて解説するとともに、審査を通過するためのポイントをご紹介します。後半部分にはあなたのカードローン選びに役立つ情報も載せているので是非参考にしてください。

漠然とした状態で審査を受けるのは不安ですが、少しでも審査内容を理解することによってその不安は解消します。

カードローン審査の基本

カードローンの審査ではどんな情報をもとにあなたを評価し、審査に通るか通らないかの判断をしているのでしょうか。

審査基準はカードローン会社で異なります。どの部分を重視しているのかは業者の内部の人にしか分かりません。

例えば、あなたならどんな人だったら自分のお金を貸してもいいと思いますか?ほとんどの方は「貸したお金をちゃんと返してくれる人」に貸したいと考えるでしょう。

基本的な考え方はカードローン会社も同じです。ですので、審査の主な目的は「あなたが借りたお金をちゃんと返してくれるかを見極める」という作業なのです。

なので「返済能力」と「信用度」を重点的に見られることになります。

まず、カードローンの審査は、基本的に仮審査と本審査の2段階でおこなわれます。

大まかな違いとしては以下の通りです。

  • 仮審査⇒信用情報機関に照会、コンピュータによる自動計算(スコアリング)
  • 本審査⇒審査担当者による最終的な審査、在籍確認

スコアリングとは、「属性情報」と「信用情報」の各項目に点数を付けて、その合計値によって審査の可否や融資可能額の判断をおこなうというもので、スコアリングシステムとも呼ばれています。

このスコアリングシステムはコンピュータが自動で算出するので、仮審査の結果が分かるまでの時間はおよそ10分~15分程度です。即日融資を受けたい方は審査スピードが早いカードローンを選びましょう。

「審査に通りやすい」「審査に通りにくい」というのは、この基準値が各カードローン会社で異なっているのと、どの項目を重視しているのかに違いがあるためです。

そして、審査をするうえで必要となる情報は以下の通りです。

  • 属性情報
  • 信用情報

カードローンやキャッシングの審査では、あなたの「属性情報」や「信用情報」をもとに審査がおこなわれます。

属性情報

属性とは、申込者本人の個人情報の事をいいます。

  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 連絡先
  • 年収
  • 勤務形態・勤続年数
  • 居住形態・居住年数
  • 家族構成
  • 他社借入件数・借入額

属性はあなたの申込みしたときに送られた個人情報がベースです。属性情報を見ることで、申込者の返済能力をチェックされます。

また、申込情報は本人確認書類を提出したのち、2つを照らし合せて虚偽や間違いがないかチェックされるので、申込みの際に嘘は付かないように気を付けましょう。

信用情報

カードローン会社は、申込時に送られた個人情報の「氏名」「生年月日」「住所」などから、信用情報機関のデータベースにアクセスして、記録されたあなたの信用情報のデータを見ることができます。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの取引に関する契約内容、返済・支払い状況、利用残高などに関する取引事実を表す情報のことです。

この信用情報を取り扱っているのが信用情報機関であり、日本には以下の3つの信用情報機関があります。

  • 株式会社 日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

カードローンを取り扱っている業者は、上記のいずれかだけではなく、複数の信用情報機関に加盟しているところもあります。

カードローン会社 信用情報機関
日本信用情報機構(JICC) シー・アイ・シー(CIC) 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
じぶん銀行じぶんローン
オリックス銀行カードローン
プロミス
SMBCモビット
アコム
アイフル

上記の3つの信用情報機関は、「CRIN(Credit Information Network)」という情報ネットワークによってリンクしているので、個人の信用情報は銀行や消費者金融問わず共有されることになります。

信用情報機関には「いつどこに申込みをしたか」「どこからいくら借りているのか」「いつ返済したか・返済遅れはないか」などの情報が記録されています。

  • 本人情報⇒氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先情報、運転免許証などの記号番号
  • 申込情報⇒本人を特定する情報(氏名、生年月日など)、申込日、申込商品種別
  • 契約内容⇒契約の種類、契約日、貸付日、契約額、貸付額など
  • 返済状況⇒入金日、残高金額、完済日、延滞など

分かりやすくいえば、クレジットカードやカードローンに申込みすると、申込者本人の情報や、取引に関するすべての情報は信用情報機関に記録され、共有されるという訳です。

カードローン審査では、信用情報をもとにあなたの「信用力」を判断し、審査の参考情報としているのです。

審査のプロセス

ここまでは、審査の基本となる「属性情報」「信用情報」について解説してきました。

審査ではこれらの情報はどのように評価されているのでしょうか?こちらではもう少し突っ込んだ内容に触れたいと思います。

まず、審査は以下の4つに区分されています。

  • 属性審査
  • 信用情報審査
  • 書類確認
  • 在籍確認

属性審査で特に重要な項目

属性を細かく分けるとかなり多くなりますが、特に審査で重要とされる部分にスポットを当てて見ていきましょう。

属性の審査では「毎月安定した収入があるのか」「毎月ちゃんと返済してくれるか」といった、返済能力をチェックします。

そして、属性審査で審査担当者が特に重要視する項目は以下の通りです。

  • 年収
  • 勤務先・勤続年数
  • 居住形態・居住年数
  • 住宅ローンや家賃などの支出

このように審査では様々な要素を評価していく作業となるので、決して収入だけで判断されるわけではありません。

「パート・アルバイト、シングルマザー・シングルファザーだからといって審査に通らない」といったことはありません。

年収

年収は高いほうが有利ですが、基準はあるのでしょうか?

年収の審査基準では、同年代の平均年収を上回っている場合、特に評価が高くなります。

参考までに年代別の平均年収を見てみましょう。

年齢 男性 女性 平均
20歳~24歳 271万円 233万円 253万円
25歳~29歳 383万円 306万円 352万円
30歳~34歳 451万円 307万円 397万円
35歳~39歳 510万円 299万円 432万円
40歳~44歳 567万円 294万円 461万円
45歳~49歳 626万円 292万円 486万円
50歳~54歳 670万円 296万円 509万円
55歳~59歳 652万円 278万円 491万円
60歳~64歳 479万円 220万円 372万円

※「国税庁」平成27年分:民間給与実態統計調査より

年収が低いから審査で不利というよりは、カードローン会社は「返済可能な金額の範囲しかお金を貸さない」ので、年収が低いのであれば希望額を低く抑えることによって審査をパスできます。

例えば、年収が低いアルバイト・パートの場合、100万円以上借入れするのは現実的ではないですが、50万円以下であればその他の属性の評価次第によっては審査を通過できる可能性は高いです。

消費者金融の場合は、総量規制により年収の3分の1までしか貸付けできないので、そのあたりを加味して希望額を調整しましょう。

総量規制とは?総量規制の対象カードローンと対象外・例外・除外について

また、収入形態では歩合給やシフト制のアルバイトよりも、安定している固定給のほうが、有利です。

年収が重要視されるのは高額融資を受けたいとき

審査では利用者の年収は重要な項目となりますが、年収が低いから審査に落ちてしまうという訳では決してありません。

例えば、消費者金融の場合だと、総量規制のため借入額は年収の3分の1までに制限されているので、年収が100万円だとすると33万円(100万円の1/3)借入れすることができる計算になります。

年収の3分の1と決められている理由の一つとして、この基準であれば生活に必要な経費などを差し引いたとしても、ある程度の返済余力が残るからです。

10万円以下の少額の借入れの場合、毎月のカードローンの最低返済額は2,000円~3,000円程度なので、希望額によっては収入が少なくても審査に通る可能性は大いにあります。

したがって、審査落ちの原因は「収入に見合わない借入れ」であることが多いです。また、年収が多くても初めての契約の場合は、限度額50万円以下となるケースがほとんどなので、まずは50万円以内を目安に考えた方がいいでしょう。利用枠を増やしたくなったら後から増額することも可能です。

また、収入の大きさが審査に影響してくるのは100万円以上の高額の借入れとなる場合です。

高額融資を受けるともちろん毎月返済額も大きくなるので、年収から毎月の収入がいくらになるのか逆算して「余裕をもって返済できる」と判断してもらわなければいけません。

多くの方が返済額を甘く見積もって「この額までなら大丈夫」とギリギリの設定をしてしまいがちですが、基準はあくまで「無理がない返済であるか」です。

職業・雇用形態、勤務先

公務員>大手企業>中小企業>自営業>派遣・契約社員>パート・アルバイト

最も評価が高い職業は公務員で、地方公務員よりも国家公務員は信用力が高くなります。

弁護士、医師、教職員などの職業も審査に有利です。

カードローンの審査では「年収がどれだけあるのか」よりも「安定した収入があるか」が重要視されます。

借りたお金は毎月返済することになるので、継続かつ安定した収入があるかどうかが審査で見られるポイントです。

そのため、収入が不安定な個人事業主や自営業よりもサラリーマンなどの正社員のほうが、収入の安定性が重視されて審査の評価が高くなる傾向にあります。

また、カードローンは原則として事業性資金には利用できないのですが、個人事業主や自営業の場合、資金を事業に使われる可能性が高いです。カードローン会社は、お金の使い道を確認することができないので審査が厳しくなる傾向にあります。

アルバイト・パート、契約社員、派遣社員はいつ辞めるか(契約が切れるか)分からないので、審査の評価は低くなります。

特に、パートやアルバイトといった雇用形態はシフトによって毎月の収入が変動するので、安定性という面から審査で不利になることがあります。ただし、勤続年数が長いと審査でもプラスです。

逆に、正社員だったとしても勤続年数が短いとあまり低評価となります。

では学生は?
学生でも満20歳以上であり、アルバイトをするなど毎月安定した収入さえあればカードローンに申込みすることができます。

学生の場合だと、フリーターやパートタイマーと比べて収入が少なくなることが多いので、銀行カードローンは敷居が高いかもしれませんが、消費者金融カードローンであればおすすめできます。

収入額にもよりますが、限度額30万円を上限とすれば審査に通る可能性も十分あります。

勤続年数

5年以上>3年~5年>1年~3年>半年~1年>半年未満

勤続年数は長い方が審査に有利であり、3年以上なら評価が高いです。

勤続年数が長いと、今の職場を辞める可能性は低いですし、もし辞めたとしても次の就職先でも長く働くだろうと判断され審査で有利です。

勤続1年未満の場合は、正社員でも評価が低くなる傾向にありますが、借入額次第では最低でも3ヵ月~6ヵ月以上の勤務実績があれば審査に通過できる可能性もあるので各社の審査基準によります。

希望額が50万円万円以下であれば、勤続1ヵ月でもよしとする消費者金融もあるようです。

基本的には勤続年数が短いと、すぐ仕事を辞めてしまうこともあり得ますし、入社して3ヵ月の試用期間中や研修中だと通常よりも収入が若干少ないので評価が低くなります。

既婚or独身、家族構成

独身(家族同居)>既婚(子ども無し)>既婚(子ども有り)>独身(家族別居)

独身者の場合、既婚者と比べ返済能力に高いと評価されます。

中でも、独身かつ家族と同居している人が最も高く評価される傾向にあります。

なぜかというと、借入れを秘密にしたい人や、延滞などで周りに迷惑をかけてしまう人が身近にいる人ほど、きちんと返済してくれるという理由があるからです。

それに実家に住んでいる場合は、家賃も発生せず家族を養う必要もないため、収入に対して出費の割合はそう高くはありません。

既婚者は、扶養家族がいるということで信用力が高いと評価されますが、生活上必要な経費がかかるので返済能力はあまり高くないと判断されることもあります。しかし、配偶者が働いている場合は審査で有利になることもあります。

子どもがいる場合は、その分どうしても家計の出費が多くなってしまうので返済能力が低いと見なされる場合もありますが、子どもがいることで責任感が強くしっかりと返済する方が多いため審査に影響しないところもあるようです。

シングルマザーやシングルファザーは自身の収入、子どもの人数、親と同居しているかなど総合的に判断されます。収入が多ければ特に問題はなく、その他の属性次第によっては審査で悪影響とはなりません。

居住形態や電話番号

持ち家(自己名義)>持ち家(家族名義)>官舎>社宅>寮>賃貸(アパート・マンション)>公営住宅

持ち家の方が賃貸と比べ評価が高くなります。

経済的な面での評価はもちろんのこと、今後引っ越しする可能性が低いので「夜逃げリスクも低い」と判断されます。

実家暮らしの場合は、返済が苦しくなったとしても両親にお金を借りることもできるので、貸したお金が回収できないといったリスクが減るため、一人暮らしよりは実家暮らしの方が審査に有利となります。

公営住宅の場合は、所得が低いなどの住むためには収入などの条件があるので、貸付けのリスクが高いと判断され審査の評価は低いです。

また、お金を貸す側としては「連絡がちゃんととれるのか」も重要なポイントです。誰しも携帯電話を持っていない人には、いくら仲がいい友達といえどもお金を貸したくはないはずです。

固定電話だと審査に有利とも言われていますが、実際は電話の種類はそこまで審査に影響は無いようです。ただ、携帯電話を持っていないと審査を受付しないところもあります。

居住年数

10年以上>5年~10年>3年~5年>1年~3年>1年未満

居住年数は長い方が有利です。居住年数が短かったり、転勤など諸事情によって引っ越しが頻繁におこなわれていると、返済せずに逃げてしまうことも想定されるので審査に通らなかったり、希望額を借りられないケースもあります。

自己所有や家族所有の持ち家であれば、居住年数が1年未満だったとしても信用力と返済能力にさほど影響しませんが、引っ越ししてから1年未満の場合だと、引っ越し費用などでお金に困っていると判断され評価は低くなります。

ただし、居住形態や居住年数は、年収や勤続年数に比べて重要視されていないので、審査に通りたいあまり居住年数を偽ってしまうと審査で悪影響となるので注意してください。

住宅ローン・家賃

負担なし>負担あり(収入の3分の1以下)>負担あり(収入の3分の1超)

審査では、居住形態や居住年数よりも住宅ローンや家賃の支払い額が重要となります。

これは単純に支払いが少ないほうがカードローンの返済にあてられるお金が増えるからです。

カードローン会社にもよりますが、基本的には毎月の収入額の3分の1以下が良いとされます。収入に対してローンや家賃などの支出の割合が40%以上だと審査に不利となります。

健康保険の種類

健康保険の種類によって審査に影響するのでしょうか?

国民健康保険は審査に不利とも言われていますが、実際には審査にあまり影響しないようです。

国民健康保険の加入者でも高所得者や資産家はいるので、社会保険だからいいとかの判断はされません。

健康保険は審査の対象としてではなく、勤務先を確認するための使われることがほとんどなようです。

例えば、正社員なのに国民健康保険だとおかしいですよね?本人に確認してみると実は派遣社員だった……なんて事例もあります。

嘘をつくと審査にマイナスです。良く見せようとしても担当者はプロなのでどこかでバレてしまいます。

年齢

20代後半~50代前半>50代後半=20代前半>60代~>65歳以上

20代後半から50代前半の方が審査に通りやすいとされる年代です。

20代前半は正社員で働いているにしてもまだまだ収入が低く、仕事を辞める率も高いので審査の評価は高くはありません。更に既婚者の場合は、収入が低いのに加えて生活費などの出費が高くなるので、返済能力が低いと判断されます。

定年退職間近の50代後半の方も評価が低いです。60歳以上の方はさらに審査で不利となり、65歳以上となると申込みができないカードローンもあります。

カードローン審査の信用情報

カードローンの審査では、属性よりも信用情報を重視します。

信用情報とは、信用情報機関に登録されているクレジットカードやローンの申込状況や利用・支払いに関する情報のことです。

上記で一度説明しましたが、信用情報とは以下のような情報のことでしたね。

  • 本人の氏名住所などの基本情報
  • 新規申込時に登録される申込情報
  • 契約内容や支払い状況に関する情報
  • 延滞、代位弁済、債務整理などの事故情報(異動情報)

信用情報機関から得た信用情報から、他社からの借入や過去の延滞履歴などをチェックしてあなたの「信用度」を判断します。

基本的に、他社から借入れがあるという理由で審査に通らないということはありません。

審査で影響するのは「借入先」「借入額」「借入件数」です。

他社からの借入

他社借入なし>他社借入1~2件>他社借入3~4件>他社借入5件以上

他社からの借入れは、特に消費者金融の審査で非常に重視されるポイントです。

消費者金融では貸金業法における総量規制のため、個人の年収の3分の1を超える貸付けをおこなった場合は行政処分を受けてしまいます。

そのため、原則年収の3分の1を超える借入れがすでにある場合は審査に通ることは厳しく、また年収額の3分の1に近い借入れがある場合も、希望額によっては審査で落とされてしまう事もあるので注意が必要です。

銀行カードローンは総量規制の対象外となり年収規制はありませんが、他社からの借入状況は信用情報機関のデータへアクセスすることができるので影響が無いわけではありません。

ちなみに、借入先がどこなのかも審査で見られます。

他社借入なし>銀行、信用金庫>信販会社、大手消費者金融>中小消費者金融

消費者金融からの借入れや、クレジットカードのキャッシングは印象が良くありません。消費者金融のカードローンを現在使っていて、銀行カードローンにも申込みしようとした場合、銀行の審査は厳しく
なる傾向にあります。

カードローンの審査の難易度も、ちょうど上記のように左に行くにつれて厳しくなります。

そして、借入額100万円を1社で借りているのか、複数社から借りているのかによっても審査での評価が異なります。

複数社から合計100万円を借入れしているということは、1社からでは高額融資を受けることができなかったために、他社で借りざるを得なかったということになります。なので、借入額が同じであっても、借入件数は少ない方が審査で有利です。

信用情報が記録される期間

ちなみに信用情報は一生記録されているというわけではありません。

記録される期間は信用情報機関によって違います。

信用情報 記録が残る期間
本人を特定するための情報 契約内容に関する情報等が登録されている期間
契約内容 完済日から5年以内
申込情報 申込日から6ヵ月以内
契約情報 解約後、5年以内
返済状況 解約後、5年以内
延滞情報 延滞解消後、5年以内(日本信用情報機構は最長1年)
強制解約 発生日から5年以内
債務整理 発生日から5年以内
自己破産 発生日から5年以内(全国銀行信用情報センターは最長10年)

信用情報機関に情報開示することもできる

「もしかしたら延滞したことがあるかも……」と心配になることがあります。また、なかなか審査に通らないという方は、過去の信用情報に何かしらの問題があるかもしれません。

信用情報機関ではスマホやパソコンから手数料1,000円(窓口なら500円)であなたの情報を開示することができます。

当サイトの下部に、KSC、JICC、CICの各信用情報機関のリンクがあるので、債務に関して気になる方は情報開示請求し、一度確認してみて下さい。

審査で不利になってしまう信用情報

  • 返済延滞
  • 強制解約
  • 債務整理

過去に返済の延滞がある場合は、審査でかなり不利になります。

信用情報機関では、返済が3カ月以上遅れてしまうことを延滞としていますが、審査では各カードローン会社の判断によって異なります。場合によっては1日遅れの支払いでも延滞と判断されるケースもあります。

通常は、およそ2~3ヵ月以上返済を延滞するか、支払いが2回以上延滞してしまうと信用情報機関に記録されることになります。

あまりにも延滞した期間や回数が多くなるってしまうと、強制解約となってしまい、より審査通過が難しくなるでしょう。

債務整理とは、合法的に借金の負担を減らしたりすることをいいます。

個人がおこなう債務整理は、任意整理、特定調停、小規模個人再生、破産に分けられます。

債務整理をすると借金の負担が減らせる代わりに、信用情報機関に記録が残っているうちは、クレジットカードやローンの契約ができない(審査に通らない)です。

信用情報で気を付けたいポイント

  • 携帯電話本体の分割払い
  • 奨学金の返済延滞
  • 申込ブラック

携帯電話の機種代は、分割払いしている人がほとんどかと思いますが、実は携帯電話の分割払いの履歴情報も信用情報で取り扱われています。もし延滞があった場合その情報が記録されます。

申込ブラックというのは、短期間のうちに複数社へ申込みをおこなって、どのカードローンの審査にも通らなくなってしまう状態のことをいいます。

目安としては1ヶ月のうちに申込みするのは3社までとし、申込み記録は信用情報機関に最長6ヵ月記録されるので、クリアになるまでは時間を空けるようにしてください。

カードローンの審査を通過するためすべきこと

  • 希望額を少なくする
  • 信用情報をきれいにする
  • 他社からの借入件数や借入額を減らす

属性や信用情報を改善するには長期間に及ぶので、審査を通りやすくするために「今すぐに」というのは難しいです。

しかし、借入希望額を調整することで審査通過の可能性を高めることができます。

借りたい金額が明確な場合は除いて、「いくら借りようかな~」と考えている段階であれば、できるだけ希望額を抑えるといいでしょう。

また、他社からの借入れを減らすというのも有効です。複数社から借入れがある場合は、残高を減らしておくなど、早く支払いが終わりそうなところを優先的に完済しておくと、返済に余力が生まれるので新規の貸付けができるようになります。

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
消費者金融アコムのキャッシング・カードローン

公式サイトへ

消費者金融アコムのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
早さよりも金利にこだわりたい

\業界トップクラスの借入限度額/
みずほ銀行カードローン・キャッシングローン

公式サイトへ

みずほ銀行カードローン
金利(年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
2.0~14.0% 最大800万円 翌営業日以降 翌営業日以降