携帯電話料金の未払い・遅延・延滞が信用情報に与える影響

「携帯電話料金の支払が遅れると、信用情報に登録されてしまいますので注意してくださいね。」

中学生になった子供のスマホを新規契約したときに、店員さんからこのように説明がありました。

銀行員として信用情報を知っている私は疑問に感じて、思わず矢継ぎ早に質問してしまいました。

<私>
『携帯電話料金の未払いが、なんでクレジットやカードローン返済が遅れた時と同じ扱いになるの?』

『携帯電話料金って通話料とかでしょ?借金でもないのに、どうして支払いが遅れると信用情報に登録されてしまうの?』

<携帯ショップの店員さん>
『携帯電話の機種代金分割払いはクレジット契約ですので…』

この答えで私はすぐに納得できました。携帯電話料金はクレジット契約のため、未払い・遅延・延滞をした場合、クレジットカードやカードローンの返済遅れがあったときと同様、信用情報に記録されるということです。

  1. 携帯電話料金とは「機種代金の分割払い+毎月の基本料金」を一緒に支払う契約
  2. 携帯電話の機種代金や基本料金の未払い・遅延・延滞は信用情報に悪影響
  3. その結果、クレジットカードやカードローン、住宅ローンなどの審査に通りづらくなる

この記事では、携帯電話料金の未払い・遅延・延滞が信用情報に与える影響について、銀行員の筆者がわかりやすく解説します。

これからカードローンやクレジットカードを申込もうと考えている人、あるいは過去にカードローン審査で落ちた経験があるけれど原因がよくわからない人はこの記事が参考になるかもしれません。

携帯電話料金の未払い・遅延・延滞は信用情報に記録される?

携帯ショップの店員さんが冒頭の質問に「携帯電話機種代金の分割払いはクレジット契約ですので…」と答え始めた時点で私はもう理解できました。

携帯電話の機種代金を分割払いで購入するとクレジット契約となり、料金の未払い・遅延・延滞が発生した場合にはクレジットカードやカードローンの返済遅れがあったときと同じく信用情報に記録されます。

「クレジットカードを申し込んだ」「スマートフォンを分割払いで購入した」など、あなたのクレジットライフがスタートしたときから、あなたの「信用情報」が刻まれていきます。
「信用情報」とは、クレジットカードや割賦販売、各種ローン等の契約について、契約内容や支払い状況等の客観的な取引事実を登録した個人の情報になります。
引用:クレジットライフとCIC|指定信用情報機関のCIC

引用した指定信用情報機関CICの公式ホームページは、このことを簡潔にわかりやすく説明しています。

携帯電話料金の仕組み~種類の違う2つの契約

携帯電話料金は①機種代金の分割払い、②利用料金(基本使用料+オプション)の2つの契約が1つにまとめられて携帯電話料金として毎月請求されています。

高額の機種代金が実質0円になる仕組み(DoCoMoの「月々サポート」など)が一般化しているので、利用している人は実感がないかもしれませんが、じつは毎月分割で機種代金を支払っているのです。

高額の機種代金が実質0円になるサポート契約(DoCoMoの「月々サポート」など)が一般化しているので、利用している人は実感がないかもしれませんが、じつは毎月分割で自分が機種代金を支払っているのです。

毎月の支払いは通話料など利用料金だけが引き落とされますが、実際には機種代金が支払われたのと同時にサポート金額が料金から相殺される仕組みになっていて、毎月の支払は基本料の金額だけが引き落とされます。これが実質0円の仕組みです。

あくまで機種代金を一旦支払ってからサポートされる形式なので、未払い・遅延・延滞になると相殺も不可能となり、機種代金も延滞してしまうことになります。

携帯電話機種代金の分割払いはクレジット契約

ここからは携帯電話の機種代金と利用料金をそれぞれ個別に見ていきましょう。まずは機種代金についてです。

携帯電話の機種代金を分割払いにすることを割賦契約といいます。厳密には「個品割賦契約」といい、個別の品物代金を分割払いすることで、別名「個別クレジット」とも呼ばれています。

対義語としては「包括クレジット」がありますが、これはクレジットカードのことを指します。

携帯電話の機種代金分割払い(個別クレジット)は、クレジットカードと同じクレジット契約です。そのため、携帯電話機種代金の支払が遅れたときの流れも、クレジットカードと同じになるというわけです。

利用料金はサービス契約

通話料金などはサービス契約の利用料金ですので、クレジット契約ではありません。

例えば携帯電話の機種代金を一括払いで購入して、毎月の支払が利用料金だけの人は、もし利用料金を遅延したとしても信用情報には即座に影響しません。これは税金や公共料金なども同じです。

ただし「即座には」という点に注意が必要です。携帯電話の基本料金も長期延滞すると、支払の意思がないと見なされて強制解約となります。

携帯電話を強制解約されると、個人信用情報には「異動」として記録されます。

ローンの延滞、保証会社の代位弁済、自己破産などで個人信用情報に登録されるのが「異動」です。携帯電話の強制解約も異動に含まれます。

個人信用情報に異動の記録があると、クレジットカードやカードローン、住宅ローンなどの申し込みでは簡単に審査落ちとなります。

「利用料金だけなら支払が遅れも大丈夫!」と書いてあるローン情報サイトもありますが、根拠がないのであまり楽観視しないほうがいいと思います。

携帯電話料金の支払い遅れが信用情報に与える影響

携帯電話料金の仕組みについて情報を整理してみましょう。

携帯電話料金の2つの契約
  • 機種代金の分割払いは割賦契約(クレジットカードと同じクレジット契約)
  • 毎月の利用料金は税金や公共料金と同じサービス契約

次に携帯電話の機種代金分割払いと利用料金がそれぞれ信用情報にどのような影響を与えるかについて具体的に説明します。

携帯機種代金の支払い遅れが信用情報に与える影響

携帯電話の機種代金分割払いはクレジットカードやカードローンと同じ契約なので、信用情報の取扱もまったく同じです。

したがって、携帯電話の機種代金分割払いの支払い遅れもクレジットカードやカードローンと同じルールで信用情報に登録されます。

  • 携帯電話の機種代金とクレジットカードは信用情報の取り扱いもまったく同じ
  • 支払遅れもクレジットカードと同じルールで信用情報に登録される

信用情報とは、携帯機種代金の割賦販売、クレジットカード、カードローンなどの契約内容や支払い状況を登録した個人情報のことです。この個人信用情報を登録・保管する団体(組織)が信用情報機関です。

信用情報機関には主にクレジットカード系の信用情報を扱うCIC以外にも、JICC(消費者金融系の信用情報)や、KSC(銀行系のローン・クレジットカードの信用情報)があります。

それぞれで信用情報の呼び方や用語など多少の違いはありますが、基本的な部分は共通しています。

また、各信用情報機関に開示を請求をすれば、自身の信用情報を確認することができます。開示請求は書面を送付してもらう以外にもパソコンやスマホで閲覧することも可能です。

信用情報が記載された文書(記録)を、CICでは「信用情報開示報告書」と呼びます。

信用情報開示報告書は、金融機関の融資審査用と一般人が開示請求したものとでは形式が異なりますが、記載された内容は同じなので、ローン審査に使われているものを自分でも見ることができるのです。

信用情報の具体例~CICのケース

ではCICを例に、機種代金の支払遅れが信用情報に与える影響について具体的に説明します。わかりやすいように、下記の参考リンクをご覧ください。

参考信用情報開示報告書の見方|指定信用情報機関のCIC

機種代金の分割払いが遅れると、信用情報開示報告書≪入金状況≫の欄に「A」が登録されます。

入金状況を表す記号の「A」とはお客様の事情で入金がなかった(未入金)、つまり延滞のことです。

ちなみに「A」とは対照的に、請求通り(もしくは請求額以上)の入金があった場合の記号は「$」です。

「$」は支払遅れがない(カードローンなら延滞がない)正常な状態を意味しています。

次に延滞の期間とその登録内容ですが、以下の通りとなります。

<延滞の期間と登録される内容>
  • 1ヶ月遅れると入金状況の欄に「A」
  • 2ヶ月遅れると「AA」
  • 3ヶ月遅れは「AAA」

以下延滞が進むたびに「A」が増えていきます。

そして3ヶ月(または61日以上)の遅れで、信用情報に「異動」が登録されます。(※CICの場合)

機種代金の支払いが3ヶ月間遅れたら異動になり、そのあとにカードローンやクレジット、住宅ローンを申込んだとしても、即審査落ちになる可能性大!ということになります。

利用料金の支払遅れが信用情報に与える影響

利用料金の支払履歴は信用情報に記録されないと説明しました。確かに利用料金だけなら支払が1~2ヶ月間遅れたとしても信用情報には影響しません。

しかし携帯電話会社によっては利用料金の支払いを3ヶ月以上延滞すると強制解約されるところもあり、そうなると個人信用情報に異動が記録されてしまいます。

強制解約までの期間は携帯会社で違いますが、強制解約になると信用情報に異動が記録される点は一緒です。

携帯電話の機種代金が支払い済みだったとしも、たまに基本料金を延滞してしまうという人は、自身の信用情報を汚さないためにも毎月きちんと支払いましょう。

携帯電話料金の支払い遅れが原因でローン審査が通らない?

携帯電話料金の支払い遅れが原因で信用情報に異動が登録された場合、ローンの審査にはどのような影響があるのでしょうか?

①クレジットカードやカードローン、②住宅ローン、③事業資金融資、この3つを例に説明します。

クレジットカードやカードローン審査への影響

繰り返しになりますが、携帯電話機種代金の遅延はクレジットカードやカードローンの延滞と同じです。

携帯電話の機種代金は長期の遅れで異動、利用料金も強制解約になると異動がつき、ローンは即審査落ちです。

住宅ローン審査への影響

銀行の住宅ローンは信用情報機関CICの信用情報を重視して審査しますので、異動の情報があると即審査落ちになるのはクレジットカードやカードローンと同じです。

ローンの審査では毎月の支払状況も厳しく見ており、CICの信用情報に延滞の情報があると、料金支払が遅れがちになっているルーズな性格の人、またはお金に余裕がない人と判断されてしまいます。

また、携帯電話を含む電話料金はいわゆる5大公共料金(電気・電話・ガス・上下水道・NHK)とも言われており、税金のようにきちんと支払うべきものだと銀行は考えています。

そういった意味でも、携帯料金の支払い遅れがあると住宅ローンの審査にも悪影響を及ぼしかねません。

事業資金融資審査への影響

信用情報に異動がある場合の取扱いは住宅ローン審査と同じです。

事業資金融資では、税金や公共料金の支払い遅れは住宅ローン以上に厳しく見られます。

例えば税金の滞納では、最悪の場合、不動産などを差し押さえられることもあります。

公共料金もこれと同じで、銀行は支払って当たり前という見方をしていますので注意が必要です。

携帯電話料金の未払い・遅延について|まとめ

ここまでのおさらい
  • 携帯電話料金は「機種代金分割払い+利用料金」
  • 携帯電話料金の未払い・遅延・延滞は信用情報に悪影響
  • 信用情報に「異動」があるとローン審査に通らない

もしもカードローンや住宅ローンの支払が遅れたら、だれでも「ヤバい!」と思うでしょう。

携帯電話料金の未払い・遅延・延滞もこれとまったく同じです。

「数日程度なら携帯を止められても大丈夫」
「借金じゃないからあとで払えばいいや」

携帯電話の機種代金分割払いが遅れるとどうなるか、もう一度よく考えてみてください。今すぐではなくても、いつか自身にとってマイナスとなる日が来るかもしれません。

クレジットカードやカードローン、あるいは将来的に住宅ローンやマイカーローンを考えるなら、携帯料金だけでなく支払いは遅れないようにきちんと払いましょう!

お急ぎならこのカードローン

\みんなが選ぶ!カードローンNo1ブランド/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

監修:加藤隆二/銀行員