審査なしのカードローンはあるのか?

カードローン審査

審査に自信のない人やお金に困っている人ほどカードローンの審査が怖いものです。

そのため、簡単に借りられる「審査なしのカードローン」を探している人も多いのではないでしょうか?

しかし、結論を先に言うと、審査なしのカードローンは存在しません。

真っ当な業者からお金を借りようとすれば、必ず審査はあるのです。

審査なしのカードローンを探すよりも在籍確認なしのカードローンを探したり、審査基準を理解して審査に通りやすくする方がよほど効率的です。

審査なしのカードローンがない理由や、審査はあるけど在籍確認がないカードローンについて解説していきます。

審査なしのカードローンはある?

カードローンを利用してお金を借りようと思えば審査は避けて通ることはできません。

審査をすることは法律によって定められており、まともなカードローン会社が審査なしで融資することなどまずあり得ません。

審査は法律で定められた義務ですので、カードローンでは必ず審査があります。

消費者金融は貸金業法に基づき必ず審査がある

消費者金融は貸金業法という法律に基づき業務しなければなりません。

貸金業法では「審査をして返済能力を調査すること」と定められているので、審査なしでカードローン融資をすることは法律違反なのです。

消費者金融の監督官庁である金融庁は、定期的に消費者金融の検査をしており、カードローンを審査なしで融資していることが発覚すると、金融庁から指導を受けることになり、最悪の場合には貸金業者としての登録が取り消しになるなどの重い処分が下されますので、審査なしというリスクの高い融資を消費者金融は行っていません。

法令遵守の消費者金融はお金を借りても安心な業者です。

安全な消費者金融は、貸金業法に基づき必ず審査があります。そのため、審査なしの消費者金融はありません。

銀行は顧客の財産を守るために必ず審査がある

銀行業務を取り決めている銀行法には、貸金業法ほどに細かい決まりはありません。

そのため、銀行カードローンは総量規制対象外なのですが、やはり銀行もしっかりと審査します。

銀行が融資をしているお金は、顧客から預かった預金ですので、返済能力がないような人に顧客の預金を貸し付けして返済されない場合には、顧客に損害を与え、銀行業務にも大きな支障をきたしてしまいます。

そのため、銀行は「お金を貸しても安全かどうか」ということを、しっかりと審査した上で融資するのです。

やはり銀行などの金融機関でも、審査なしのカードローンは存在しません。

結論!審査なしのカードローンはない

このように、消費者金融や信販会社は貸金業法によって審査が義務付けられていますし、銀行は顧客の預金を守るためにしっかりと審査します。

消費者金融にしても信販会社にしても銀行にしても、審査なしで融資するカードローン会社など存在しないというのが結論です。

「審査なし」と書かれたローンはどんなローン?

審査なしのカードローンは存在しません。

しかし、存在しないはずなのに、街中には「審査なしで即日キャッシング」「100%融資」などの広告が溢れています。

これは一体どのような理由なのでしょうか?

なぜ審査なしのカードローンが存在しないのかと言えば、消費者金融などの貸金業者が法律を遵守しているからです。

つまり「審査なし」と広告している業者は法律を守らない違法な業者、つまり闇金ということです。

いくら審査に自信がなくても「審査なし」の闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

「審査なし」の広告は違法

カードローン融資をする以上、必ず審査が行われるのですから、審査なしと広告で謳うこと自体が違法な行為です。

銀行はもとより大手消費者金融にしても絶対に「審査なし」とか「100%融資可能」などと広告していません。

それは、このような広告は法律で禁止されているためです。

「審査なし」は闇金

法律を守れば絶対に審査をしなければならないにも拘らず、「審査なし」と謳っているということは、「自分たちは法律を守りません」「自分たちは闇金です」と言っているようなものです。

街中やインターネット、雑誌や新聞などで「審査なし」という文字を見たら、「これは闇金だ」と判断して、絶対にお金を借りないようにしてください。

審査がない闇金からお金を借りてしまうと…

闇金からお金を借りてしまうと、まずは利息負担が非常に大変です。

闇金の金利は「トイチ」と言われ、昔から10日で10%の金利であることが当たり前で、最近はもっと高くなっていることもあるようです。

10日で10%ということは1年間で360%ですので、5万円借りただけなのに年間18万円もの利息負担になってしまいます。

さらに、このような高額な利息や元金が払えない場合、脅迫的な督促がお金を払うまで続きます。

朝から晩まで督促電話が携帯、自宅だけでなく会社までかかってきます。

自宅への訪問や「金返せ」の張り紙を貼られたり、子どもに付きまといが行われたり、脅迫的なファックスや弔電が届き、死を連想させます。

さらにはインターネットやSNSに書き込みなどが行われ「お金を払えば救われる」という精神状態にさせることを目的として、延々と督促は続きます。

闇金は審査なしで借りられますが、借りた後は経済的にも精神的にも人間関係もボロボロにされるので、「審査なし」という言葉に乗せられることは絶対に避けてください。

審査なしのカードローンを探す理由は在籍確認が嫌だから?

審査なしのカードローンを探している人の中には、「在籍確認が嫌だから」という人も多いのではないでしょうか?

在籍確認はカードローン会社の担当者が勤務先の固定電話へ電話をかける審査ですので、会社バレを恐れて、在籍確認が嫌と考える人が多いようです。

在籍確認なしのカードローンはあるのでしょうか?

在籍確認は必ずある

原則的に在籍確認は必ず行われる審査です。

貸金業法には、返済能力の調査は収入を調査して行う旨が記載されているので、収入の有無を確認するために、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているかどうかの確認は非常に大切なのです。

また、実際には働いていない人に対して融資をしてしまったら返済が行われないリスクがありますので、やはり在籍確認は必ず行うのです。

そのため、審査では在籍確認は必ず行われるものと考えておきましょう。

基本は電話での在籍確認

また在籍確認は、基本的に審査担当者が勤務先に電話をかけて「○○さんはいらっしゃいますか?」という確認する方法で行われます。

書類でも勤務先の確認は可能ですが、書類は偽造のリスクがありますし、顧客が書類を用意するよりも、審査担当者が勤務先に電話を1本入れる方がずっと早いので、正確さとスピードを重視するために、在籍確認は基本的に電話で行われます。

交渉すれば書類での在籍確認に変更できる場合もある

では、電話での在籍確認を避けることはできないのでしょうか?

消費者金融であれば、電話での在籍確認を避けられる場合もあります。

消費者金融は、できる限り顧客の都合を優先させようとしてくれますので、顧客が「どうしても電話での在籍確認は避けたい」と交渉すれば、給与明細や健康保険証などの書類を提出することで、書類での在籍確認に変えてくれる場合もあります。

交渉に応じてくれるかどうかは、ケースバイケースで、審査の結果「この顧客は嘘をつかない安心な人」と判断されれば書類確認に代えてくれますが、「嘘をついている可能性も否定できない」などとネガティブに判断された人は、交渉しても電話以外の在籍確認を認めてもらえないこともあります。

交渉に応じてくれることはありますし、「電話での在籍確認が嫌」という人は少なくありませんので、まずは申込後にかかってくる本人確認の電話の際に、「電話以外の方法で在籍確認をしてほしい」ということを交渉してみましょう。

審査内容によっては在籍確認なしで融資が受けられる

最近では、審査結果が良好な人は在籍確認をせずに融資をしてくれるカードローン会社もあります。

スコアリング審査の結果、リスクが非常に低くて、嘘をつくような人でもなく、申込金額も少額のような場合に限り、在籍確認なしで融資をすることもあるようです。

これは交渉してどうにかなるものではなく、審査でリスクが低いと判断された人だけの特典のようなものですので、カードローン会社に「在籍確認なしで融資をして欲しい」と交渉しても無意味でしょう。

電話連絡なしのカードローンがある

最初から電話連絡がない商品設計となっているカードローンも存在します。

SMBCモビットのWEB完結契約であれば、電話連絡はありません。

勤務先の記載がある健康保険証(組合保険証または協会けんぽ保険証)を提出することで、健康保険証に記載されている情報で在籍確認をしてくれるので、会社への電話連絡がないのです。

ただし、SMBCモビットのWEB完結契約は、健康保険証に勤務先の記載がない国民健康保険証の人や、配偶者や親の扶養となっている人は利用できません。

このように、審査なしのカードローンはありませんし、在籍確認なしのカードローンも基本的には存在しませんが、会社への電話連絡なしというカードローンは少なからず存在するので、どうしても勤務先への電話連絡が嫌という人は、SMBCモビットのWEB完結契約に申し込みをするか、審査担当者に書類での確認に代えてもらえるように交渉してみましょう。

審査なしのカードローンを探すのは無駄!改善が大事

カードローンで審査が行われる理由は、リスクの高い人に融資をしないようにするためです。

リスクの高い人に融資をすると貸したお金が返ってこない可能性が高いので、審査をすることによってリスクの高い人をはじいているのです。

カードローンの審査基準は各社で異なるため、一般に公開されていませんが、基本的に以下のポイントをおさえておけば、審査落ちの可能性を少しでも下げられます。

審査なしのカードローンを探すのは時間の無駄です。それよりも、審査に通りやすい自分になれるように、審査のポイントをしっかりと理解するようにしてください。

信用情報がブラックの人は基本的にNG

信用情報に債務整理や長期延滞、代位弁済や強制解約などの金融事故情報が記録されている人はブラックと呼ばれます。

ブラックの人は残念ながらほとんどのローンで審査に通過することはできないので、これらのネガティブ情報が信用情報から消える5年間は待つしかありません。

自分の信用情報にどんな情報が記録されているのかは、信用情報機関へ本人開示請求をすることで簡単に確認できます。

CICはスマホ画面でも確認できますので、気になる人は自分の信用情報をチェックしてみましょう。

また、クレジットカードの支払いを期日通りに行うことも、カードローンの審査に通過しやすくするためのポイントです。

勤続年数は1年以上

カードローンの申し込みにおいて、どのくらいの勤続年数が必要なのかという基準はありませんが、やはり1年以上の勤続年数があった方が審査では有利です。

勤続年数が数ヶ月間だけという人は、1年経過してから申し込みをした方が審査に通りやすくなるでしょう。

なお、勤続年数は長ければ長いほど審査でプラスですので、コロコロと仕事を変えずに、同じ勤務先に勤務し続けることが、審査では大きく寄与します。

また、勤続年数が3年以上になると、審査ではプラス材料です。

他社借入は2件まで

カードローンは借入件数が多い人に対してとても厳格に審査をします。

借入件数が多い人は借金の返済を別のカードローンから借りたお金で行うことがあります。

借金の返済を借金からすると、みるみるうちに限度額がいっぱいとなり、新たなカードローンに手を出して借金はどんどん膨れてしまいます。

どこかで審査に通らなくなれば、全ての借金が返済不能になってパンクしてしまうので、借入件数が多い人というのはカードローンの審査でかなりのマイナスです。

一般的に借入件数が4件以上の人を多重債務者と呼びますので、すでに3件の借入がある人はそれ以上お金を借りられません。

借入件数は許容されるとしても2件くらいまでですので、完済できるものは解約し、できる限り借入件数を少なくしてから申込をするようにしましょう。

審査なしで増額ができるカードローンはある

限度額を増やしたい時に、審査なしで増額できるカードローンもあります。

審査なしというよりも、正確にはすでに増額に申し込んだ時に審査が終わっていることがあるのです。

消費者金融は顧客を3ヶ月に1回審査しています。

これを途上与信と言いますが、途上与信で「もっと多くの金額が借りられる」と判断された人に対して、消費者金融は「増額をしませんか?」と提案する増額の案内を送っています。

増額の案内を受け取った人は、増額に申し込んだ時点ですでに審査を通過している状態ですので、あらためて審査をしてもらわなくても、ほとんどのケースで審査なしで増額ができるようになっています。

まとめ

審査なしのカードローンはありませんし、あるとすればそれは闇金です。

「審査なし」という言葉に騙されて闇金からお金を借りないように注意しましょう。

審査なしのカードローンはありませんが、在籍確認は避けられるカードローンは存在します。

いつの間にか在籍確認なしで審査が完了している場合もありますし、保険証などの書類を提出することで、職場への電話連絡をなしにしてくれるカードローンもあります。

在籍確認を避けたい人は、そのようなカードローンに申し込むか、書類での在籍確認に変更できないかカードローン会社に交渉してみましょう。

審査なしで合法の業者からお金を借りることは不可能ですので、審査なしのカードローンを探すくらいなら、審査に通りやすい自分になれるように日々努力をするようにしましょう。

執筆者:手塚大輔/金融ライター