プロミスの審査に落ちた理由と審査落ち後の対策

プロミス

プロミスは最短30分審査回答で、即日融資にも対応している「いざという時の頼れるローン」です。

消費者金融の審査はそれほど厳しくないと考えている人が多いようですが、プロミスはしっかりと審査を行っており、誰でも審査に通過できるわけではありません。

そのため、審査のポイントを押さえていない人は審査落ちしてしまうことも珍しくありません。

プロミスの審査に落ちてしまうのにはどのような理由があるのでしょうか?

この記事ではプロミスで審査落ちする理由と、審査に落ちた後の対処方法について徹底解説を行っていきます。

«パッと!ピッと!最短1時間融資も可能»
プロミスのカードローン

プロミスの審査の流れと審査基準

プロミスの審査は最短30分で終わりますが、この審査は仮審査と本審査に別れています。

仮審査で行われることは信用情報への照会とスコアリング審査で、仮審査はコンピューターによって行われ数秒で終了します。

また、本審査は人間の手で行われるためスムーズに行けば数分、時間がかかる場合には何時間もかかってしまうこともあります。

それぞれどのような内容を審査するのかを以下で詳しく説明していきます。

信用情報の照会

信用情報への照会の際には、具体的には以下の4つの点を主に信用情報から読み取り、審査に反映させています。

  1. 事故情報の照会
  2. 他債務の照会
  3. クレジットヒストリーの照会
  4. 申込情報の照会

事故情報の照会

事故情報とは、信用情報に自己破産、個人再生、延滞(61日以上の長期延滞)、強制解約、代位弁済などの要するに借りたお金を踏み倒したか、長期間の支払遅れがあったかという情報です。

信用情報にこのような事故情報がある人をブラックと言いますが、ブラックの人はプロミスの審査には絶対に通過することはできません。

審査のテーブルにあげてもよい人かを知るためにまずはブラックか否かを照会し、ブラックの人はその後の審査に進むことすらできずこの時点で審査落ちとなります。

他債務の照会

仮審査では他債務(他社からの借入)がどの程度あるのかを信用情報から調べています。

ここで調べていることは①他債務の合計額②他債務の件数の2点です。

  • 他債務の合計額
  • 他債務の件数

①他債務の合計額
プロミスは消費者金融ですので、貸金業者(消費者金融やカード会社)などのいわゆるノンバンクからの借入額の合計が年収の3分の1を超えることはできません。これを総量規制といいます。

総量規制とは貸金業者が金銭の貸付をする際に、他債務を含めた個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組みを言います。

信用情報の照会ですでに他債務の額が年収の3分の1を超えている場合には、法律的なルールに則ってそれ以上の金額を借りることはできないためこの時点で審査終了になります。また総量規制の範囲内だったとしても、ギリギリまで借りているような人も審査落ちしやすいです。

②他債務の件数
プロミスは他債務の本数にも非常に敏感です。いわゆる多重債務者がプロミスからお金を借りることは非常に困難です。

具体的には4本目以上の融資は行わないため、すでに借入件数が3本以上ある人も審査に通過することは難しくなります。

なおここには住宅ローンや自動車ローンなどの使い道が限定されているローンはカウントされません。カードローンやフリーローンなどの使い道が自由で無担保の融資がカウントの対象になります。

またクレジットカードのショッピング枠は対象外ですが、キャッシング枠を利用して現金を借り入れした分は無担保融資として扱われます。

クレジットヒストリーの照会

クレジットヒストリー(クレヒス)とは信用情報へ記録されている、クレジットカードや借入金の支払状況の過去24ヶ月の情報です。

実はクレジットヒストリーが審査では非常に重要な鍵を握っています。お金があろうがなかろうが支払いに対して厳格で期日を守る人と、お金があってもなくても支払いにルーズな人がいるためです。

このためクレジットヒストリーはローンの申込者の支払い対する人格を判断する情報と言っても過言ではなく、クレジットヒストリーに遅れが全くない人はほかの情報が悪くても審査に通過することができる場合が多いですし、遅れが多い人はほかの情報が良好でも審査に落ちることもあります。

プロミスの場合は年間3〜5回までの遅れであれば許容されることも多いようです。

申込情報の照会

信用情報には過去6ヶ月間のローンやクレジットカードへの申し込みの情報が記録されています。

1ヶ月の間に3回以上の申込情報がある人を一般的に「申込ブラック」と言い、審査に通過することは困難になります。

何度もなんどもローンへの申し込みを行っていることから、「よほどお金に困っている」「信用情報からは見えない隠れた借金があるのかもしれない」などと思われてしまうためです。

申込情報がどのくらいあるのかも審査の対象となるため、申込みが多い人は最後の申し込みから半年以上空けてから審査に臨んだほうが良いでしょう。

スコアリング

上記の信用情報への照会と申込書で申告した勤務先、勤続年数、年収などの情報をコンピューターが点数化し、その合計点が審査通過点を超えた人のみが仮審査通過となります。

スコアリング審査の詳細な配点は公開されていませんが、一般的には勤務先が公務員か上場企業会社員であれば審査には有利になりますし、会社役員や自営業者であれば配点は低くなります。

また、勤続年数は長ければ長いほど現在の収入が今後も継続できると推測できるため審査では配点が高くなり、年収も高ければ高いほど返済に問題がないと判断されるため高い配点をもらえることになります。

ここまでの一連の審査が仮審査になり、この判定をプロミスではコンピューターが行うため申込完了から数秒で判定されます。

在籍確認

仮審査を通過した人のみが次の本審査に進むことができます。

本審査で行われることは在籍確認です。在籍確認とは、申込書に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかをプロミスの審査担当者が電話で確認を行う審査です。

具体的にはプロミスの審査担当者が勤務先へ電話をかけ「〇〇様(申込人名)いらっしゃいますか?」と電話で確認を行います。

この電話で本人に電話がつながるか、不在やお休み中などのその席にはいないが会社への在籍が確認できる言葉を得ることができれば確認完了です。

  • 只今席を外しております
  • 本日お休みです
  • 会議中です
  • 他の電話に出ております
  • 出張中です
  • 打ち合わせ中です

なお、お金を借りるということが会社にバレないように在籍確認ではプロミス名ではなく審査担当者個人名で行われるため、会社の人にお金を借りることがバレないように配慮されています。

審査では唯一人間の手で行われる審査ですので、会社に誰も人がいないような場合には在籍確認がとれないため本審査に時間がかかることもあります。

プロミスの審査に落ちた理由とその原因

上記のような手順と視点で行われるプロミスの審査ですが、審査落ちしてしまうことも珍しくありません。

ではプロミスの審査に落ちてしまう人にはどのような特徴や原因があるのでしょうか?

信用情報に問題がある

先ほど述べたように信用情報がブラック、クレジットヒストリーに遅れが多い、申し込みブラックのような場合には審査通過は非常に困難になります。

  • 信用情報がブラック
  • クレジットヒストリーの状態
  • 申し込みブラック

このような場合には時間の経過とともに信用情報が改善することを待つしかありません。

総量規制オーバー

他債務の額が年収の3分の1にすでに達していた場合にも審査に通過することは不可能です。

これは法律上の決まりですので、いかに他の情報に全く問題がなくても審査には絶対に通過できません。

返済とともに他債務の借入額が少なくなるのを待つか、昇給などによって年収が増えないと借入はできません。

申込内容に虚偽がある

プロミスは50万円超の借入をする場合には収入証明書の提出が必要になりますが、提出した収入証明書の金額と申告した年収の金額が異なる場合や、いつまでたっても在籍確認ができない場合、本人確認資料を提出した際に氏名、住所、生年月日などの個人情報が違っていた場合などは審査に通過できないこともあります。

通常は正しい情報に直した上で仮審査から再審査となりますが、明らかに故意による虚偽と判断された場合には即刻審査落ちとなることもあります。

プロミス審査に落ちたら連絡はこない?

ではプロミスの審査に落ちたときはどのように連絡がくるのでしょうか?

プロミスの審査は最短30分審査回答と時間がかからないローンですが、以下の2つの場合には回答に時間がかかることもあります。

  1. 申込が殺到しており、審査に時間がかかる場合
  2. 審査結果が微妙で、最後の判断を人間が行っている場合

いずれのケースでも原則的に3営業日以内には審査回答があります。それ以上待っても連絡がこない場合には、自分からプロミスへ電話をかけてみましょう。

とは言っても原則的には即日で回答がありますし、回答がこないなどということは事務的なミス以外ではあり得ません。ローン会社の一部では審査に通った方へのみ連絡をするところも中にはありますが、プロミスでは審査に落ちたら必ず本人に審査落ちの連絡がいくようになっています。

審査結果はメール?それとも電話?

プロミスの審査落ちの連絡は電話かメールいずれかの方法できます。

どちらの方法で連絡がくるのかは申し込み方法によって異なります。基本的にWEBで申し込みを行った場合はメールで連絡が来ますし、電話で申し込みを行った場合には電話で連絡がきます。

なお、どちらの方法で申し込みをおこなっても申込後直後にプロミスから本人確認の電話が来ますので、その電話の際に審査結果の連絡方法を伝えておけば指定した方法でプロミスは審査結果を連絡してくれるようです。

プロミスで審査落ちした後の対策

プロミスの審査に落ちた人はその後、二度とカードローンを利用することはできないのでしょうか?

そのようなことはありません。審査に落ちた原因を分析し、適切な期間を空け、審査落ちの原因を解決できれば審査に通過できる可能性は十分にありますし、他のカードローンへ申し込むことでカードローンを利用できることもあります。

以下、審査落ちのパターンごとに今後の対策を考えてみました。

はじめての申込みで審査に落ちた場合

プロミスは大手消費者金融の中でも最高金利が最も低く、審査難易度が最も高いローンです。

このためプロミスの審査に落ちたから他のカードローンの審査に通らないかと言えば必ずしもそうではありません。

プロミスよりも金利が高いアコムやアイフルやSMBCモビットなどでは、プロミスの審査に落ちても審査に通過できる可能性があります。

特にSMBCモビットはプロミスのリスク軽減のためにプロミス運営のSMBCコンシューマーファイナンスと三井住友銀行が共同で設立した消費者金融です。

SMBCモビットという会社そのものがプロミスでは負いきれないリスクを負うために設立された会社ですので、プロミスの審査に落ちてもモビットであれば審査に通過できる可能性もあります。

なお審査が厳しい銀行のカードローンでは、プロミスの審査に落ちた場合には審査通過は難しいでしょう。

直近6ヵ月以内で2件目の審査に落ちた場合

申込情報が2件程度であれば申込ブラックではありません。このため再度他のローンに申し込んでみる価値は十分にあるでしょう。

しかし、この2件の申し込みが直近1ヶ月とか2ヶ月以内に集中している場合には、「短期間に複数の申し込みをした」とみなされ審査でマイナス要員になってしまいます。

無駄に審査落ちしないためにも、最後の申し込みからできるだけ期間を空けた方がよいでしょう。申込ブラックというのはあくまでも審査の目線の1つであって、何が申込ブラックかという定義はありません。

申込情報が短期間のうちに集中していると、「お金に困っている」「信用情報からは見えないお金に困った事情があるかもしれない」と見られてしまいます。

このため最後の申し込みからできる限り時間をあけて申し込む方が審査に通る可能性は高くなります。

直近6ヵ月以内で3件以上に審査に落ちた場合

6ヶ月以内で3件以上の申込情報がある場合には確実に審査にはマイナスになります。

それ以上申込を重ねても審査通過の可能性は低いうえに、申込情報が蓄積するだけになりますので、最後の申込から半年以上空けて、申込情報が信用情報からクリアになった段階で再び申込を行った方が審査通過の可能性は非常に高くなると言えるでしょう。

半年以内に申込みを重ねるのは3件までで、3件目の審査に落ちてしまった場合には、4件目以降の申し込みは審査通過の可能性は圧倒的に低くなります。

3件目の審査に落ちたら、そのあと半年間は大人しく申し込みを控えた方が良いでしょう。

プロミス審査まとめ

プロミスの審査の大きなウェイトを占めているのは信用情報です。

信用情報で以下の2つのいずれかに引っかかっている人は審査にはまず通過できません。

  1. ブラック
  2. 総量規制オーバー

これらに抵触している人は信用情報がクリアになるか、総量規制の枠が空くまでは審査には通過できないため、大人しく我慢しましょう。

上記2つの条件に該当しない場合には、クレジットヒストリーにさえ問題がなければ金額はともかくとして審査通過の可能性は決して低くはありません。

そのためクレジットカードや借入金の支払いは期日通りに厳格に行うようにしましょう。

なお、2回程度の審査落ちであればプロミスよりも最高金利が高いアコムかアイフルやSMBCモビットであれば審査に通過できる可能性もあります。

3回目以上の審査落ちはアコムかアイフルやSMBCモビットでも審査に通過できない可能性が高いため、最後の申込から半年以上空けて、信用情報から申込情報が消えるのを待った方がよいでしょう。

プロミスのおすすめ記事▼

Webなら最短1時間融資も可能|プロミス
プロミスのカードローン