プロミス無利息サービスの活用術!30日間金利0円

プロミス

プロミス(PROMISE)は三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランドです。

プロミスのキャッシング・カードローンは、初めてカードローンを利用される方や少額融資の短期キャッシングにおすすめ!

プロミスを初めて利用される方のうち、メールアドレス登録とWeb明細利用で「30日間無利息サービス」をプレゼント。

「30日間無利息サービス」とは、プロミスの金利・利息が30日間0円になる「プロミスを初めて利用する方」にお得なサービスです。

無利息期間中に完済すれば元金の返済だけでOK。借りた分しか返さなくていいので金利0%・利息0円です。無利息期間を過ぎたとしても、一定期間の利用であれば、銀行カードローンよりも利息の支払い負担を軽くすることができます。

プロミスの金利や利息のシミュレーションと、「30日間無利息サービス」を活用することにより、プロミスの金利や利息がどれくらいお得になるのかを、銀行カードローンと比較して検証しました。

プロミスの30日間無利息サービスで金利と利息を30日間0円にする方法を解説します。

プロミスのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

プロミスの無利息サービス

プロミスの金利や限度額、審査・融資スピードなど、プロミスカードローンの基本情報は次の通りです。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
プロミスのカードローン
商品名 プロミス フリーキャッシング
資金の使い道 生計費に限る(個人事業主は、生計費および事業費に限る)
対象年齢 年齢20歳以上69歳以下
申込条件 ・本人に安定した収入のある方
(主婦、学生でもアート・アルバイトによる安定した収入がある場合に申し込みが可能)
・プロミスの審査基準を満たす方
金利 4.5~17.8%(実質年率)
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息期間 初回出金日の翌日から30日間
遅延利率 20.0%(実質年率)
契約期間 1年毎の自動更新
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
毎月返済額 月々2,000円(5万円借入れの場合)から
返済日 5日、15日、25日、末日から選択可
返済期間・返済回数 最終借入後最長6年9ヵ月・1回~80回
収入証明書 借入額50万円以内は不要
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
年会費・会員費 不要

※生計費とは生活費、レジャー資金、冠婚葬祭費用、教育資金など多岐にわたります

プロミスのカードローンは資金使途が原則自由の無担保ローンです。審査通過後に設定された限度額の範囲内で繰り返し借り入れや返済が可能です。担保や保証人不要で、満20歳以上の安定した収入のある方が利用できます。

契約完了後にローン専用のプロミスカードが発行され、プロミスATMや提携コンビニATMで入出金ができます。提携ATMは利用手数料が時間帯によって108円または216円かかりますが、セブン銀行ATMやローソンATMなどのコンビニを24時間利用できるので便利です。

また、プロミスは審査が早いことで知られており、土日や祝日も審査をおこなっています。審査は最短30分回答で、最短1時間の即日融資も可能です。

プロミスの金利(実質年率)

プロミスの金利は実質年率4.5~17.8%に設定されています。

実質年率とは、残高をベースとして利息を計算する「残債方式」で利息計算した年利のことで、支払利息だけではなく、手数料や印紙代などすべての支払いの合計額を年率で換算したものです。

ローン契約において実質年率とは「金利」に「保証料」を加えたものを言います。

消費者金融では、金利は実質年率で表示するように貸金業法で定められています。また、消費者金融では、利息制限法により上限金利が融資額に応じて設定されています。

利息制限法
借入限度額 上限金利(実質年率)
10万円未満 20.0%
10~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

ローカルな街金融では、10万円未満の場合、利息制限法の上限金利となる20%を適用する業者も多いのですが、大手消費者金融のアコム、アイフル、SMBCモビットでは融資額10万円未満の場合でも上限金利は18%です。唯一、プロミスだけは上限金利を17.8%に設定していますので、他社と比べてお得に借り入れすることができます。

プロミスの金利を他社と比較
商品 金利(年率) 融資額
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 3.0~18.0% 1,000~800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円

金利には〇%~〇%というように幅がありますね。どちらかといえば低い方の金利を見てしまいがちですが、消費者金融ではカードローンを初めて利用する方の場合、限度額50万円未満に設定されるケースがほとんどのため、基本的には上限金利が適用されることになります。

また、プロミスの最低金利4.5%ですが、これは限度額が800万円に設定されたときに適用される金利なので現実的には難しいでしょう。

金利17.8%の利息はいくら?

プロミスを初めて利用される方の場合、金利17.8%が適用されることが多いです。プロミスから金利17.8%でお金を借りると、利息がいくらになるのかをシミュレーションしました。

プロミスの利息シミュレーション
金利 借入額 利息
1回 3回 6回 12回 24回
17.8% 3万円 438円 893円 1,574円 2,967円 5,866円
5万円 731円 1,489円 2,625円 4,942円 9,779円
10万円 1,463円 2,980円 5,254円 9,894円 19,578円
20万円 2,926円 5,961円 10,508円 19,796円 39,159円
30万円 4,389円 8,943円 15,765円 29,701円 58,746円

※実際の利息額とは異なる場合がございます

金利17.8%で10万円を借り入れした場合、年間利息を単純計算すると1万7,800円になりますが、利息の計算は毎月の返済分を考慮する必要があるので、実際には「借入金額×金利」とはなりません。

例えば、プロミスから10万円を借り入れして、6回に分けて返済すると、完済までの返済シミュレーションは次の表のようになります。

借入金額10万円の返済シミュレーション
回数 返済金額 元金 利息 残高
1 17,542円 16,059円 1,483円 83,941円
2 17,542円 16,297円 1,245円 67,644円
3 17,542円 16,539円 1,003円 51,105円
4 17,542円 16,784円 758円 34,321円
5 17,542円 17,033円 509円 17,288円
6 17,544円 17,288円 256円 0円
累計 105,254円 100,000円 5,254円

※実際の利息額とは異なる場合がございます

完済までの返済プランは自由に設定することができますが、毎月最低返済以上は必ず支払わなければいけません。

プロミスの毎月の返済額は、借入金額に一定の割合をかけて計算します。

借入金額に一定の割合をかけて毎月返済額を計算
借入後残高 返済金額 返済回数
30万円以下 借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超~100万円以下 借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超 借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ) ~80回

上記を基に借入金額10万円の毎月の返済額を計算すると次のような計算式となります。

10万円(借入後残高)×3.61%=3,610円=毎月の返済額は4,000円

プロミスから10万円を金利17.8%で借り入れして、毎月の返済金額が4,000円だと、返済回数はおよそ32回となり約2年半近くの長期返済となりますので注意しましょう。毎月の返済額に1,000円プラスするだけでも、利息を大幅に節約することができますよ。

ちなみに同じ条件でアコムから借り入れをした場合、毎月の最低返済額は5,000円で、返済回数は約24回になります。プロミスよりもアコムのほうが金利0.2%高いのですが、毎月の返済額が1,000円多いことによって、利息総額をプロミスよりも小さく抑えることができます。

借入金額(借入後残高)10万円の場合
カードローン 金利 借入金額 返済額 返済回数 利息総額
プロミス 17.8% 10万円 4,000円 32回 25,864円
5,000円 24回 19,490円
アコム 18.0% 5,000円 24回 19,772円

※実際の利息額とは異なる場合がございます

最低返済額のみの支払いだと、なかなか返済が進まないので、少しでも多めに返済して利息を節約していきましょう。

カードローンを賢く利用するためには早めの返済は必須ですので、随時返済しつつ、資金に余裕ができたら一括返済で借金を完済できればそれがベストです。

プロミスと他社の金利を比較

比べるまでもないかもしれませんが、参考までに「消費者金融」「銀行カードローン」「ネット銀行カードローン」「地方銀行カードローン」の金利と限度額を一覧リストにしてみました。

プロミスの金利と借入限度額を比較
商品 金利(年率) 借入限度額
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
地方銀行 千葉銀行カードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5% 10~500万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円

銀行カードローンの中にも、消費者金融と同じく金利18%のカードローンがあります。また、銀行カードローンの一般的な金利の相場は約14%前後となっており、プロミスと比べると約4%近く差がありますね。

ただし、小額融資で短期間の利用であれば、プロミスのカードローンも、銀行カードローンもさほど差がないことが分かります。

金利が高くても返済回数を少なくすれば利息負担は軽い
カードローン 金利 借入額 返済回数 利息
プロミス 17.8% 10万円 1回 1,463円
2回 2,230円
3回 2,980円
三井住友銀行カードローン 14.5% 10万円 1回 1,191円
2回 1,815円
3回 2,425円

※実際の利息額とは異なる場合がございます

一般的に、金利が低いほど審査は慎重におこなわれるますので、初めてカードローンを利用される方や、パートやアルバイト等、収入が低い方は金利を追求し過ぎるのはあまりおすすめしません。用途に合わせたカードローン選びが重要です。

■初めての方におすすめ

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン スーパーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

■早くカードローンを利用したい

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

プロミスの無利息サービスで金利と利息がお得になる

プロミスでは、初めてプロミスを利用される方限定で、「30日間無利息サービス」を実施中です。

プロミス無利息サービスは、契約日の翌日から30日間の金利が0円、すなわちプロミスのカードローンを無利息で借り入れできるお得なサービスです。

■プロミス無利息サービスの対象条件

  • プロミスと初めて契約の方
  • Eメールアドレス登録
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

「Web明細」とは、利用明細書や受取証書などの法的に基づき交付する書面を、パソコン・ケータイ・スマートフォンのインターネット会員サービスにログインして確認できるサービスです。

通常は、交付される書面が自宅または勤務先へ郵送されるのですが、「Web明細」を選択するとネットでいつでも取引内容を確認できます。

「Eメールアドレス登録」と「Web明細」は、プロミス申し込み画面にて登録が可能です。

では、プロミスの無利息サービスを活用すると、利息がどのくらいお得になるのかを通常金利の利息と比較しました。

比較するにあたって、手持ちの利息計算ツールのシステム上、金利18%でしか算出できませんでした。なので、無利息サービスの利息については、金利18%の設定で計算しています。目安としてご覧ください。

プロミス無利息サービスのシミュレーション
金利 借入額 無利息 利息
1回 3回 6回 12回
17.8% 5万円 なし 731円 1,489円 2,625円 4,942円
18.0% 5万円 あり 0円 731円 1,770円 3,834円
17.8% 10万円 なし 1,463円 2,980円 5,254円 9,894円
18.0% 10万円 あり 0円 1,463円 3,542円 7,779円
17.8% 20万円 なし 2,926円 5,961円 10,508円 19,796円
18.0% 20万円 あり 0円 2,927円 7,315円 15,562円
17.8% 30万円 なし 4,389円 8,943円 15,765円 29,701円
18.0% 30万円 あり 0円 4,347円 11,087円 23,861円

※実際の利息額とは異なる場合がございます

プロミスの無利息サービスを活用することで、初回借入日の翌日から30日間が金利0%・利息0円の無利息となります。無利息期間中に完済すると、元金の返済のみですが、無利息期間の30日以降も節約効果が持続するので、長期的に見ても利息がお得になります。

⇒プロミス無利息サービスの詳細は【プロミスは初めての方に「30日間無利息サービス」】をご覧ください。

プロミス無利息サービスのシミュレーション

プロミスの無利息サービスを活用した場合、銀行カードローンと比べてどのくらい利息が節約できるのか比較しました。

比較対象として、大手都市銀行4行のカードローンをセレクト。「金利は低いけど無利息サービスがない」銀行カードローンと、「金利は高いけど無利息サービスがある」プロミスではどっちがお得に利用できるのでしょうか。

先程と同じく、無利息サービスの利息計算は金利18%の設定でおこなっています。

プロミスと銀行カードローンを比較
カードローン 金利 借入額 利息
1回 3回 6回 12回
プロミス 17.8% 10万円 0円 1,463円 3,542円 7,779円
30万円 0円 4,347円 11,087円 23,861円
りそな銀行プレミアムカードローン 12.475% 10万円 1,025円 2,085円 3,666円 6,879円
30万円 3,076円 6,257円 11,007円 20,649円
みずほ銀行カードローン 14.0% 10万円 1,150円 2,341円 4,119円 7,739円
30万円 3,452円 7,026円 12,366円 23,228円
三井住友銀行カードローン 14.5% 10万円 1,191円 2,425円 4,269円 8,020円
30万円 3,575円 7,278円 12,812円 24,076円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 10万円 1,200円 2,442円 4,297円 8,077円
30万円 3,600円 7,328円 12,900円 24,244円

※実際の利息額とは異なる場合がございます

このように、借入金額や返済回数によっては金利が低い銀行カードローンよりも、無利息サービスがあるプロミスのほうが利息総額は小さくなります。

例えば、「次の給料日までの生活費のつなぎ」といった短期利用であれば、プロミスの無利息を活用すれば利息0円。「多少まとまったお金が必要で6ヵ月以内に完済予定」なら銀行カードローンよりも利息がお得です。

プロミスのカードローンは、無利息サービスを活用した少額融資の短期キャッシングに有利です。ただし、高額融資や長期返済プランには適していませんので、その場合は銀行カードローンにした方がいいです。

プロミスのキャッシング・カードローンは、銀行カードローンと比べて金利は高いのですが、無利息サービスを活用することにより、一定期間の利用であれば、銀行カードローンよりも支払い利息の総額を安くできます。

プロミスの他に無利息サービスってある?

無利息サービスを実施するカードローンはプロミスだけではありません。

無利息カードローン一覧
商品名 金利(年率) 期間 開始日 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 30日間 初回出金日の翌日から ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
アイフル 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
ノーローン 4.9~18.0% 7日間 初回借入日の翌日から 特になし
(完済日の翌月以降も適用)
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間 初回借入日から ・はじめてご利用の方

ご覧いただくと分かる通り、無利息のカードローンはどれも金利が高いものばかりです。

無利息サービスが利用でき、かつ金利が低いカードローンというのは存在しません。

無利息サービスは金利を高く設定している業者が、新規顧客を獲得するためのキャンペーンです。

また、プロミスの無利息サービスが優れているポイントとして、無利息期間の開始日が「初回出金日の翌日から」にあります。

初回出金日の翌日から無利息期間がスタートするのであれば極端な話、半年後に初めて利用したとしても、その翌日から無利息が開始します。

逆に「契約日の翌日から」の場合は、自動的に無利息期間がスタートしてしまうので、契約日の翌日までに借り入れしないと無利息期間が29日、28日…と少なくなっていくのです。

プロミスなら万一の備えとして持っておいても、無利息サービスを30日間フルに利用することができますよ。

プロミスのメリットは30日間無利息サービスだけではなく、「審査最短30分回答」「即日融資は最短1時間」「消費者金融大手のブランド力と安心感」にあります。

また、プロミスは他社と比べてサービスに力を入れており、はじめての方に「三井住友VISAプリペイドのプレゼント」、会員サービスの利用でポイントが貯まる「プロミスポイントサービス」が利用できます。

「プロミスポイントサービス」で貯まったポイントは、無利息サービスや提携ATM利用手数料無料サービスに利用できる便利なサービスです。

消費者金融特有の金利の高さはネックですが、30日間無利息サービスを活用した、少額融資の短期キャッシングなら、銀行カードローンよりも金利・利息を賢く節約することができます。

消費者金融プロミスは、カードローン初心者の方や、まだプロミスを利用したことがないという方におすすめです。