プロミス金利(利率)と限度額

プロミス

「やっぱりプロミス」でお馴染みの、三井住友銀行グループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」は、キャッシング・カードローンの利用が初めての初心者の方におすすめです。

プロミスと契約が初めての方は「30日間無利息サービス」で金利と利息が30日間0円。さらに初めての契約の方に限り最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドをプレゼント!

インターネットからは24時間365日お申込み受け付け中です。パソコンやスマートフォンがあればいつでも申し込みOK。

審査は最短30分回答、土日・祝日も最短1時間で即日融資も可能です。

「次の給料日までの生活費として」「ちょっとした用入りがあって今すぐお金を借りたい」といった緊急時でも、契約完了後、自動契約機に夜22時までの来店なら即日でカード発行も可能です。

プロミスカードの受け取りが済んだら、店舗内のプロミスATMや、セブン銀行ATMやローソンATMなどの提携コンビニATMにて現金の借り入れができます。

プロミスは、カードローンをまだ使ったことがない方や、お急ぎの方への融資が得意です。大手消費者金融ならではの安心感とサービスの充実度から初めてのカードローンでプロミスを選ぶ方は多いです。

今回は、プロミスカードローンの基礎知識として、プロミスの金利(貸付利率)と限度額について、他社との比較を交えながら解説いたします。

プロミスで借り入れをご検討中の方だけでなく、申し込み前の最終チェックにもどうぞ!

プロミスのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

プロミスの金利(利率)と限度額

プロミスの金利と限度額について解説いたします。

プロミスの金利(借入利率)は実質年率4.5%~17.8%

プロミスの金利(借入利率)は実質年率4.5%~17.8%の範囲内での契約となります。

金利(借入利率)とは、借入金額(元金)に対する支払利息の割合をさしており、借り入れ条件に応じて適用される金利は変わります。

消費者金融プロミスの金利
カードローン 金利(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%

消費者金融では利息制限法により限度額に応じた実質年率の上限が定められています。

限度額が100万円以上の場合は実質年率4.5%~15.0%が適用されます。

利息制限法
利用限度額 上限金利(実質年率)
10万円未満 20.0%
10~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

実質年率とは、残高をベースとして利息を計算する「残債方式」で利息計算した年利のことです。

支払利息だけではなく、手数料や印紙代などすべての支払いの合計額を年率で換算したもので、ローン契約において実質年率とは「金利」に「保証料」を加えたものを言います。

消費者金融では、金利は実質年率で表示するように貸金業法で定められています。

ローカルな街金融の場合ですと、限度額10万円未満場合は上限金利20.0%が適用されることも多いのですが、アコム、アイフル、SMBCモビット等の大手消費者金融では限度額10万円未満の上限金利は18.0%です。

プロミスの金利は17.8%からなので他社と比べて金利0.2%~2.2%お得です。

プロミスと他社カードローンの金利と利息を比較
カードローン 金利(実質年率) 借入金額 返済回数 利息
プロミス 17.8% 5万円 1回 731円
10万円 3回 2,980円
30万円 12回 29,701円
アコム・アイフル・SMBCモビット 18.0% 5万円 1回 739円
10万円 3回 3,014円
30万円 12回 30,044円

この表は左右にスクロールできます。

とは言っても、30万円を1年間借り入れしたとしても利息総額で300円程度しか違いはありません。

プロミスの限度額は最高500万円

プロミスの利用限度額は最高500万円まで。利用限度額とは、プロミスの審査によって実際に利用できる融資可能額のことをいいます。

利用限度額の範囲内なら都合に合わせて必要な額の利用が可能です。

プロミスの限度額
カードローン 借入限度額
プロミス 最高500万円

プロミスの限度額は1万円単位です。消費者金融は数万円単位で小回りが利きます。

次の給料日までの生活費として5万円だけ借りたい場合、銀行カードローンの場合だと、限度額は最低10万円からですので、必要ないのについつい使い過ぎてしまう可能性があります。

プロミスなら限度額5万円に設定することも可能ですので必要な分だけお金を借りることができます。

下限金利(最低金利)4.5%は限度額500万円が条件

プロミスのカードローンに申し込みして、金利がいくらになるのか気になる方は多いかと思います。

銀行カードローンは、公式サイトで限度額に応じた金利(利率)が一覧で見ることができますが、消費者金融にはそういったものはありません。

プロミスの金利は審査に応じて決まるので、限度額や適用金利は実際に審査を受けてみなければ分かりません。

信用情報や属性によっては、プロミスの上限金利18.0%よりも好条件で借り入れできる可能性もあるかもしれませんが、初めてプロミスを利用される方の場合は、初回の利用限度額は100万円未満になるケースがほとんどです。

そのため、限度額100万円未満の場合は基本的に金利18.0%が適用されることになります。

下限金利は4.5%と、かなり低金利のように思いますが、プロミスで金利4.5%が適用されるのは限度額が500万円に設定された場合に限りますので、かなりハードルは高いです。

限度額の増額で金利を下げる

プロミスの金利を引き下げる一番の近道は、プロミス会員サービスの「限度額変更のお手続き」から限度額の増額に申し込みをすることです。

諸説ありますが、返済実績が良好であれば約6ヵ月程度で「利用限度額の増額申し込み」ができます。

また、利用者の中には、契約から3ヵ月程度でプロミスから限度額の変更申込みに関するメールが届くこともあります。

利用限度額を増額するには、新規申し込み時と同様に増額の審査がおこなわれます。

この増額審査に通らないと増額してもらえませんし、最悪の場合だと、逆に限度額が減額されることや、追加の借り入れが停止される可能性もあるので注意してくださいね。

プロミスの金利と限度額を比較

プロミスの金利(利率)と限度額を他社と比較してみましょう。

プロミスの金利と限度額を比較
カードローン 金利(年率) 借入限度額(契約極度額)
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
レイクALSA 4.5~18.0% 1~500万円
J.Score 0.8~12.0% 10~1,000万円
都市銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
りそな銀行カードローン「プレミアムカードローン」 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン「スーパーローン」 1.9~14.5% 10~800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 1.7~17.5% 10~800万円
ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」 2.5~18.0% 10~1,000万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行カードローン 14.0~15.0% 10~100万円

この表は左右にスクロールできます。

消費者金融では唯一プロミスが上限金利17.8%となっており、他社と比べて0.2%お得です。

プロミスの金利と銀行カードローンの金利を比較すると、消費者金融の金利は高いですね。

プロミスの金利と利息

プロミスのカードローンは金利が高いのでデメリットに感じる方は多いかと思います。利息の支払いは少しでも抑えたいですからね。

金利が低い銀行カードローンと比べて、利息額でどのくらい差があるのか実際にシミュレーションしてみました。

プロミスの利息シミュレーション
カードローン 金利(年率) 借入金額 返済回数 利息総額
プロミス 17.8% 5万円 1回 731円
3回 1,489円
10万円 3回 2,980円
6回 5,254円
30万円 12回 29,701円
24回 58,746円
みずほ銀行カードローン 12.0% 5万円 1回 575円
3回 1,170円
10万円 3回 2,341円
6回 4,119円
30万円 12回 23,228円
24回 45,683円
三井住友銀行カードローン 14.5% 5万円 1回 595円
3回 1,212円
10万円 3回 2,425円
6回 4,269円
30万円 12回 24,076円
24回 47,386円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% 5万円 1回 600円
3回 1,221円
10万円 3回 2,442円
6回 4,297円
30万円 12回 24,244円
24回 47,723円

この表は左右にスクロールできます。

プロミスの金利は高いですが、数万円程度の短期利用であれば銀行カードローンとの差は小さいです。

まとまった資金が必要で、かつ融資まで多少時間がかかって良いという場合には銀行カードローンを選ぶのもありかもしれません。

逆に金利の高さによるデメリットよりも、審査と融資スピードで選びたい方はプロミスがおすすめです。

プロミスの審査は最短30分回答で最短1時間の即日融資も可能です。プロミスは急ぎの方への融資が得意です。

プロミスの金利は30日間無利息で0%

プロミスでは、初めてプロミスを利用される方に最大30日間の金利が0円になる無利息サービスを実施中です。

プロミスの「30日間無利息サービス」とは、初回出金日の翌日から30日間の金利が0円になるお得なサービスです。

利用条件をすべて満たした方がプロミスカードローンを最大30日間無利息で利用できます。

「30日間無利息サービス」の利用条件は次の通りです。

  • プロミスを初めて利用する方
  • メールアドレス登録
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

※無利息期間中に返済日が到来した場合、残高に応じた返済額の入金が必要となります。この場合、入金金額はすべて元金に充当されます。
※無利息期間中であっても、返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります

「メアド登録」と「Web明細」は申し込み画面上で選択することができます。

「メアド登録」をすることにより、増額の案内をメールで受け取ることができますし、「Web明細」は利用明細書および受取証書などをWebで確認できるサービスで、書面が送られることがないので自宅への郵送物の心配もありません。

また、プロミスの無利息サービスが他社と比べて優れているポイントが「無利息期間の開始日」にあります。

他社の場合ですと、契約日の翌日からお金を借りても借りなくても問答無用で自動的に適用期間が開始してしまいますが、プロミスの場合はすぐに借り入れしなくても「いざ」という時の備えとしても活用できるのです。

カードローン無利息サービス一覧
カードローン 無利息期間 条件
消費者金融 プロミス 初回出金日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
レイクALSA ・初回契約日の翌日から5万円まで180日間無利息
・初回契約日の翌日から借入れ額全額30日間無利息
※選べる2つの無利息ローンは併用できません。
・初めてご契約いただいた方
ノーローン 初回借入日の翌日から7日間 ・特になし(※完済日の翌月以降も適用)
銀行 ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」 初回借入日から30日間 ・はじめてご利用の方

この表は左右にスクロールできます。

金利・利息がどのくらいお得になるか検証

実際にプロミスの無利息サービスを活用してどのくらい利息がお得になるのかシミュレーションしてみました。

まず、無利息期間30日以内の返済であれば支払い利息は0円です。

プロミス無利息サービスは金利・利息が30日間タダ
金利(実質年率) 借入金額 借入期間 利息
17.8% 1万円 30日 0円
10万円
50万円

30日以内の短期間であれば、どのカードローンよりも金利が安いですね。

プロミス「30日間無利息サービス」を上手く活用すれば、借入金額や借入期間によっては、銀行カードローンよりも支払い利息がお得になります。

利息の計算をするにあたって、プロミスの金利17.8%で無利息シミュレーションしたかったのですが、普段使用しているツールでは金利17.8%で正確な計算ができなかったので、今回は「金利18.0%」にてシミュレーションしています。

そのため、プロミスの利息は表示よりも数十円~数百円程度は安くなります。

プロミスの無利息サービスと銀行カードローンの利息を比較
カードローン 金利(年率) 借入金額 返済回数 利息
プロミス 17.8% 5万円 3回 731円
10万円 6回 3,542円
20万円 12回 15,562円
30万円 12回 23,861円
みずほ銀行カードローン 14.0% 5万円 3回 1,170円
10万円 6回 4,119円
20万円 12回 15,485円
30万円 12回 23,228円
三井住友銀行カードローン 14.5% 5万円 3回 1,212円
10万円 6回 4,269円
20万円 12回 16,047円
30万円 12回 24,076円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% 5万円 3回 1,221円
10万円 6回 4,297円
20万円 12回 16,160円
30万円 12回 24,244円

この表は左右にスクロールできます。

30日間以内に返済するのであれば金利と利息がタダとなり、借入金額と借入期間によっては、支払利息の総額が銀行カードローンよりもお得になります。

プロミスは高額融資の長期返済プランには向いていませんが、30日間無利息サービスを活用した少額融資の短期借り入れに強いです。

※プロミス「30日間無利息サービス」の詳細は⇒【プロミスのキャッシング・カードローンは30日間無利息】をご覧ください。

プロミスの金利と限度額|まとめ

プロミスのカードローンはサービス充実度No1!初めて利用なら「30日間無利息サービス」と「最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドプレゼント」。

来店不要のWeb完結申し込みができるのは、三井住友銀行グループの「プロミス」と「SMBCモビット」だけです。

Web完結申し込みは誰にも知られずカードローン契約ができるほか、ローンカードいらずのカードレスキャッシングにも対応しています。(注:SMBCモビットに無利息サービスや三井住友VISAプリペイドのプレゼントはありません)

テレビCMや街中の看板広告でも露出が多く、大手ならではの安心感と人気知名度の高さから、初めてのカードローンでプロミスを選ぶ方は多いです。

プロミスは大手消費者金融の中で金利が0.2%低く設定されています。

さらに30日間無利息サービスを上手に活用すれば、金利が低い銀行カードローンよりも利息が安くなります。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
プロミスのカードローン
商品名 プロミス フリーキャッシング
資金の使い道 生計費に限る(個人事業主は、生計費および事業費に限る)
対象年齢 年齢20歳以上69歳以下
申込条件 ・本人に安定した収入のある方
(主婦、学生でもアート・アルバイトによる安定した収入がある場合に申し込みが可能)
・プロミスの審査基準を満たす方
金利 4.5~17.8%(実質年率)
利用限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息期間 初回出金日の翌日から30日間
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
毎月返済額 月々2,000円(5万円借入れの場合)から
返済日 5日、15日、25日、末日から選択可
返済期間・返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
収入証明書 借入額50万円以内は不要
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
年会費・会員費 不要

※生計費とは生活費、レジャー資金、冠婚葬祭費用、教育資金など多岐にわたります

インターネット申し込みから審査の回答時間は最短30分です。

審査に通過した後、プロミスの自動契約機にてカード発行・受取が可能です。

自動契約機の営業時間は土日・祝日含め夜22時まで営業しています。

プロミス審査の連絡時間と自動契約機の営業時間
審査結果のお知らせ時間 自動契約機 営業時間
9:00~21:00(土日・祝日を含む) プロミス自動契約機 9:00~22:00(土日・祝日を含む)
三井住友銀行ローン契約機(ACM) 9:00~21:00(土日・祝日を含む)

この表は左右にスクロールできます。

※審査状況や申込時間によっては即日の融資を受けられない場合もあります。
※店舗により営業時間が異なります。

消費者金融の無人店舗が苦手な方は、プロミスでは三井住友銀行ローン契約機(ACM)でもカード発行・受け取りもできますよ。

プロミスカードを受け取った後は、店舗内のプロミスムATMやセブン銀行ATMやローソンATMにてすぐに現金の借り入れが可能です。

コンビニATMは原則24時間365日利用できるので便利です。

プロミスの審査結果のお知らせ時間は最終21時までですので申し込みはお早めに!

三井住友銀行グループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」の詳細記事はコチラ⇒【プロミスのカードローン・キャッシングのメリット