楽天銀行カードローン スーパーローンの審査を通りやすくする方法

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りやすくする方法がないか考えてみました。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、ネットバンクの大手である楽天銀行が発行する無担保のローンです。すなわち、楽天関連の取り引きのある方に有利だということがわかります。その他にもさまざまな方法を発見したので、申し込みにぜひ活用してください。

この記事でわかること
  • 楽天銀行カードローンの審査を通りやすくする方法
  • 楽天銀行カードローンの審査に通りやすい人の特徴
  • 審査に通りやすくするために実践すべきこと

本記事では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りやすくする方法について解説します。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りやすくする方法を実践すれば、審査の通過率を上げられる効果が期待できます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

楽天銀行スーパーローンの審査を通りやすくする方法

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りやすくする、または通りやすくなる方法について説明します。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りやすくする方法は、申し込みの前にできる対策がほとんどですので、これから楽天銀行カードローンに申し込みされる方はぜひ活用していただきたいと思います。

通りやすくする方法①楽天の利用実績を作る

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通りやすくする手段の1つとして、楽天グループのサービスを利用して実績を積んでから楽天銀行に申し込むという方法があります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、楽天会員ランクに応じて審査優遇があります。楽天会員ならこれを見逃す手はありません。

※すべての楽天会員が審査優遇を受けられるわけではありません。

楽天会員になって楽天グループのさまざまなサービスを利用すればするほど会員ランクが上がる仕組みなので、その取引実績に応じて審査優遇が期待できます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りたいと考えている人は、単に楽天会員になるとかID登録するだけでなく、楽天グループには生活を豊かにしてくれるサービスが沢山ありますので、各種サービスを利用して実績を積み上げてから申し込むと審査では有利です。

また、楽天銀行カードローンの申込前にあらかじめ楽天銀行に口座を開設して事前に取引実績を作っておくのも審査を通りやすくする方法のひとつです。ぜひ試してみてください。

通りやすくする方法②希望の借入限度額を低くして申し込む

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りやすくするためにできる対策の中で、もっとも簡単かつ誰でもできる方法が、希望する借入限度額を低くして申し込むことです。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の希望限度額は最大でも本人年収の3分の1以内を目途にしてください。

銀行は消費者金融と比べて厳しい審査をおこないますが、それでも審査通過のボーダーラインはあります。その点では限度額を「本人年収の3分の1以内」にするというのは一定の目安になります。もちろん収入の高い人はこの限りではありません。

通りやすくする方法③勤続年数が1年以上になってから申し込む

勤続年数が1年以上になってから申し込むと、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通りやすくなります。

楽天銀行カードローンは銀行のカードローンなので勤続年数の理想は3年以上ですが、最低でも1年以上の勤務実績で申し込むと審査が通りやすくなります。

1年以上の勤務実績があれば、確実に源泉徴収票などの所得証明書類が手に入るので、申込条件として「安定した収入」を求める楽天銀行への説得力が上がります。

通りやすくする方法④複数のカードローンへの同時申込みは避ける

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通りやすくするためにも、楽天銀行以外のカードローンを短期間に複数申し込まないようにしましょう。

どの金融機関でも短期間に他社へ同時に申込みされることを嫌う傾向があります。楽天銀行もまた、同じです。

申込時の信用情報機関への問い合わせでこの事実を知ると、せっかく楽天銀行の審査が通りかけている場合でも、それを理由に審査で落とされることがあります。

カードローンの申込情報は信用情報機関の保存期間は6ヵ月です。したがって申し込みの間隔は6ヵ月以上空けることで審査へのダメージを回避することができます。

通りやすくする方法⑤申し込みフォームは正確かつ丁寧に入力

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に少しでも通りやすくしたいなら、申し込みフォームは正確かつ丁寧に入力しましょう。つまり、入力ミスや間違いや嘘がないように気をつけなければならないということです。

人は最初に見た印象で相手を判断してしまうように、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査担当者も、申し込みフォームに入力された内容で申込者の印象を決めてしまうかもしれません。

申し込みフォームの内容が入力に必要な個所が空白のままだとか、入力内容を判読するのが困るほど雑だった場合、銀行担当者は「この人にお金を貸してあげたい」と思うでしょうか?

逆に「このような雑な入力する人にお金を貸したらすぐに問題を引き起こされてしまう」と感じてしまうでしょう。

そのようなことがないよう、カードローンの申込みに関しては「入力は丁寧にかつ漏れなく」を励行してください。

通りやすくする方法⑥楽天銀行からの電話はいつでも取れる状態にしておく

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の通りやすくするためにも、楽天銀行の担当者からの電話にはいつでも取れるようにしておきましょう。もし仕事や家事が忙しくて出られなかったとしても、すぐに折り返しの電話を入れましょう。

一般的に楽天銀行からの電話は、楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申込後すぐ本人宛にかかってきます。楽天銀行から電話がかかってきたら遅れずに電話に出るようにしてください。

楽天銀行が電話をかける目的は2つあります。1つは申込内容の確認、そしてもう1つは本人の借入意思の確認です。

極端な話、申し込みフォームなどは本人以外の別の人間でも入力ができるので、他人や親族が本人のふりをして入力することもできます。

融資契約というのは本人と締結することが絶対条件なので、だからこそ金融業者としては本人の借入意思をまず確認することが重要なのです。

したがって楽天銀行からかかってきた電話に出ないとか、電話を無視してそのあとも電話を折り返さずに放置していたらそれだけで審査落ちの理由になります。

何はともあれ、楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申し込みしたらいつでも電話に取れる状態にしておきましょう。

監修:知っ得!カードローン編集部

この記事の監修者

知っ得!カードローン編集部
知っ得!カードローン編集部編集長
「知っ得!カードローン」の編集長。執筆歴8年のカードローン専門ライター。消費者金融、銀行カードローンを含め3枚のカードローンを保有。生活困窮者や自己破産者を救いたい一心で記事を書いています。