楽天銀行カードローン スーパーローンの審査に落ちる原因

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因としては、主に個人信用情報に問題があること、年収や勤続年数などの属性の評価が楽天銀行の基準に達していなかったことが挙げられます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因を知っていれば、事前に対策や改善をすることで審査落ちのリスクを減らすことも可能です。

この記事でわかること
  • 楽天銀行スーパーローンの審査に落ちるのはなぜか?
  • 楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる原因とは?
  • 審査に落ちるリスクを回避しつつ通過率を上げる方法

本記事では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因について解説します。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちないための対策法まで説明しますので、審査に落ちたくない方はぜひ参考にしてください。

\ネット銀行ならではの金利/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因について説明します。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちるのには必ず理由があります。その原因に合わせた効果的な対策をとることで、審査に落ちるリスクを少しでも減らすことができます。

この章では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因をあらゆる視点から分析して解説します。

楽天銀行カードローンの審査に落ちる主な原因は以下の通りです。

落ちる理由①安定した収入を示せない

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因として、申込者が安定した収入があることを銀行に示すことができないというのがあります。

楽天銀行がカードローンの申込者に求めることは「借りたら返済が遅れたり滞ったりすることなくきちんと返済してくれるか」それだけです。

また、約束を守るためには返済財源として「安定した収入」が必要ですが、申込者の中にはその条件を自分が満たしていることを銀行に示せない方がいます。

残念ながらこのような方は楽天銀行カードローンの審査に通ることはできません。

楽天銀行カードローンの審査において、申込者に「安定した収入」があるかどうか判断する指標として、収入の大きさ、収入のタイプ、勤務先の安定度、勤続年数の長さなどがありますが、銀行はそれらの指標を総合的に判断して決めることになります。

その際、収入の入り方が不定期、歩合給が収入の大半を占める、銀行が所得の判定が難しい仕事に就いている、勤続年数が極めて短いなどの状況にある方は、楽天銀行も「安定した収入がない」と判断する可能性も高く、そのような方は審査に落ちる原因を持っている人といえるでしょう。

落ちる理由②収入に対して希望金額が高すぎる

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因として、本人収入に対して申し込みフォームに入力する希望限度額が高すぎるというのが可能性としてあります。

ひとつの例を挙げると、本人年収が300万円しかないのに希望限度額を150万円と入力するのはあまりにも無謀すぎますよね。

本人収入に対して借入額が4割も越えると返済がかなりきつくなることは間違いなく、楽天銀行カードローンの申込みで無謀な高い限度額を希望することは審査担当者に対する印象を悪くする以外の効果はありません。

銀行への返済義務に対する意識が乏しい金融リテラシーの低い人と見なされてしまいます。

このような過剰な限度額を申込みする人は、運良く審査に通っても限度額をかなり低く抑えられるか、最悪それが原因で審査落ちするかもしれません。

返済比率が3割程度までに収まるような限度額で、楽天銀行カードローンの審査を受けるようにしましょう。

落ちる理由③スコアリングが楽天銀行の基準を満たせなかった

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因のひとつとして、申込者の個人情報に基づいて出されたスコアリングの獲得スコアが足らない点が上げられます。

スコアリングは楽天銀行カードローンに限らず、銀行から消費者金融まで幅広く採用されているカードローンの審査方法ですが、申込者の個人情報を属性ごとに業者が相対評価をおこない、その合計スコアで本人の信用力や借入れに対する返済能力を測ります。

また、金融業者ごとに、スコアリング審査で申込者が満たすべき最低基準(足切り点)を設定しており、審査に通るためには本人スコアがこの最低ラインを越えなければなりません。

楽天銀行カードローンは正社員だけでなく、パート・アルバイトなどの非正規雇用者にも多くの利用者がいることから、他の銀行カードローンに比べてスコアリング通過の最低ラインが低く決められている可能性があります。

それにもかかわらず本人スコアが楽天銀行カードローンの足切り点を超えられなければ、残念ながら審査に落ちてしまいます。

落ちる理由④個人信用情報に問題がある

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因として、楽天銀行が信用情報機関へ申込者の信用照会を行った結果、本人の信用を落とす大きな問題が見つかったというのがあります。

カードローンの審査では、スコアリングで本人の返済能力を測る一方、外部機関への信用照会で本人の過去から現在に至る信用履歴を調べ、「本当にローンを貸せる信頼できる人物か」をしっかりチェックします。

信用情報機関で照会する項目は多岐にわたり、申込情報、契約情報、借入れ・返済情報、異動情報(金融事故情報)までさまざまです。

各々の項目チェックで銀行が問題と感じる履歴があれば、さらにその項目を細かく調べて、申込者が「信用できない人物」となった場合、楽天銀行はカードローンの審査で落とす判断をすることになります。

落ちる理由⑤ローンの返済状況が極めて悪いと判断された

他社の返済状況が極めて悪いと楽天銀行に判断されたとき、それが楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因となる場合があります。

他社の返済状況とは、具体的にはカードローンやクレジットカード等の返済における返済遅延の発生回数や頻度のことを指しています。

利用者の中には自己管理がルーズで毎月の約定返済日を無視して返済日のあとに返したり、平気で1ヵ月以上も遅らせて返したりする方がいます。

もちろん返済遅延は契約違反なので、返済が遅れていたら業者から何度も返済督促を受けているはずですが、それでも平然と同じことを繰り返す方が常に一定数いるのです。

返済遅延に関しては、銀行カードローンを取り扱いう金融機関はどこも対応が厳しく、返済遅延の回数が2回以上あれば審査に通ることがかなり難しくなると考えてください。

また、楽天銀行の返済遅延に関するチェックはカードローンやクレジットカードだけではありません。

信用情報機関に登録される項目は携帯電話の端末機代金や奨学金の返済金もあるのでそれらの返済状況もしっかりチェックします。

毎月の返済を安易に遅らすことは長期的には自分の首を絞めることになります。カードローン審査に通らないばかりか現在利用中の信用商品の限度額がいきなり減らされたり、連絡もなく突然使用停止になったりするかもしれません。

きちんと返済管理できるかどうかは自分自身にかかっています。毎月の返済をスマホのメモや紙のノートで管理する、金融業者の返済日のお知らせメールを活用するなど管理方法はいろいろあるので自分がやりやすい方法で返済遅延を起こさないようにしましょう。

落ちる理由⑥反社会的勢力の関係者だと疑われた

楽天銀行から警察庁への問い合わせで反社会的勢力の登録が見つかると、それが楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因となります。

2018年以降の銀行カードローンの審査に新しい必須のチェック項目が加えられました。それが反社会的勢力の確認です。

具体的にはカードローンの申込みを受けた銀行が預金保険機構を通じて警察庁に照会をおこない、申込者が反社会的勢力の構成員かまたはその関係者でないかを確認します。

もちろん反社会的勢力の該当者であった時点で楽天銀行カードローンの審査は終了して審査落ちすることとなります。

ちなみにこの照会手続きだけは楽天銀行カードローンの保証会社がするのでなく、楽天銀行の審査担当者が直接おこなうのがルールです。

反社会的勢力の調査を銀行にさせるということは、それだけ銀行に責任を持って審査せよという意味にも取れます。

落ちる理由⑦在籍確認ができず審査が打ち止め

在籍確認の手続きが終わらず審査が打ち止めになる場合、それが楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因となります。

在籍確認はカードローンの返済財源となる収入の発生元を確かめるため、審査担当者が本人の勤務先に電話をかけて本当に在籍して働いているかどうか確認する手続きのことです。

一般的に在籍確認はカードローン審査の最後に行われますが、楽天銀行カードローンでは確認書類の提出が審査の結果が出た後で行われるので、在籍確認は比較的に早い段階で行われています。

また、銀行カードローンの審査では在籍確認の手続きは必ず電話で行われるので、確認書類での対応もなく、手続きを省略することもできません。

ところがそれが分かっていても、やはり審査担当者から職場に直接電話をかけられることに抵抗感を感じる方もいて、特別な理由もなく電話で確認することに抵抗したり、嘘の職場情報を申告したりして在籍確認が取れないケースが出てきます。

審査担当者も多くの申込みを手際よく裁く必要があるため、いつまでも一人の申込者にダラダラと付き合っているわけにもいきません。

そのため申込者が在籍確認に抵抗し銀行に協力しない場合は銀行も期限を切って対応し、その期限までに在籍確認が終わらない場合は途中でカードローンの審査を終わらせることになります。

もちろん審査は完了していないので、申込者は審査落ちすることになり、楽天銀行カードローンは借りられません。

監修:知っ得!カードローン編集部

この記事の監修者

知っ得!カードローン編集部
知っ得!カードローン編集部編集長
「知っ得!カードローン」の編集長。執筆歴8年のカードローン専門ライター。消費者金融、銀行カードローンを含め3枚のカードローンを保有。生活困窮者や自己破産者を救いたい一心で記事を書いています。