専業主婦(主夫)は収入なしでもカードローンでお金借りられる?

カードローン借り入れ

家事や育児で忙しい専業主婦(主夫)でもたまには息抜きしたいものです。
でも、パートやアルバイトもしていないから収入がありません。そんなときはカードローンなどを利用してお金を借りるという方法もあります。

「収入がないのにお金借りられるの?」と思ってしまいますが、収入が無い専業主婦でも利用できるカードローンはあります!

今回は、自身に収入はないけどードローンを利用して「ちょっと贅沢したい!」という専業主婦さんに、申込みができるカードローンの見分け方や、家族に知られたくないという方へアドバイスも紹介していきます。

ちなみに、ここでの専業主婦は、パートやアルバイトもしていない「収入がない主婦」であると定義してお話させていただきます。

収入なしの専業主婦はカードローンを利用できる?

結論からいうと、収入がない専業主婦でもカードローンを利用することはできます。専業主婦がカードローンを利用するためには、「配偶者の同意を得ている」か「配偶者の同意を得ていない」とで申込みできるカードローン会社は分かれます。

  • 配偶者の同意を得られない専業主婦⇒銀行カードローン
  • 配偶者の同意を得ている専業主婦⇒銀行カードローン・配偶者貸付できるカードローン

※配偶者貸付についてはのちほど解説します

なぜ、申込みできるカードローン会社が違うのかというと、「総量規制」が関係しているからです。

収入なしの専業主婦は総量規制によりカードローンを利用できない

総量規制とは「個人の借入総額を年収の1/3までに制限する」という貸金業者に適用される法律のことです。

貸金業者とは消費者金融や信販会社などのことをいいます。

まとめると、年収(定期的な収入)がない人は、消費者金融や信販会社などの貸金業者からはお金を借りることはできません。ただし、銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象外として専業主婦でも借入することができます。

専業主婦がカードローン審査に通るには配偶者の安定収入が不可欠

専業主婦が銀行カードローンに申込みする際は「配偶者に安定した収入」があれば、自身に収入がなくても申込みすることができます。

ちなみに、安定した収入とは

  • 給与
  • 年金
  • 恩給
  • 定期的に受領する不動産の賃貸収入(事業の場合を除く)
  • 年間の事業所得

があげられます。パチンコやスロット、競馬、宝くじといったギャンブルでの一時的な収入は含まれません。

上記の表では、「配偶者に安定した収入がある」ことを条件に借入できる銀行カードローンを紹介しました。もし返せなくなっても、最悪の場合は配偶者に返済してもらうことを担保として貸し付けてくれるのです。

また、収入証明書の提出は不要とするところが多くあり、専業主婦で「主人には内緒で…」という場合に利用するのもいいかもしれません。

専業主婦でも配偶者貸付で貸金業者からお金を借りられる

貸金業者は収入がない専業主婦にお金を貸してくれませんが、例外として「配偶者貸付」でカードローンに申込みする方法があります。

配偶者貸付とは、「夫婦の年収を合算した金額の1/3以内ならお金を借りることができる」というものです。当然、専業主婦は収入がないので実質的に配偶者の年収の1/3までしか借入することはできません。

「ん?なら銀行とあまり変わりないような…」

銀行カードローンとの違いは、年収の1/3までに制限されるところにあります。銀行カードローンでは専業主婦が借入れする場合、上の表で紹介したカードローンであれば最大50万円までしか借りることができませんが、「配偶者貸付」であれば、例えば配偶者の年収が300万円だとすると、300万円の1/3=100万円まで借りることができるようになります。

配偶者貸付できる消費者金融は限られる

どの消費者金融でも配偶者貸付をおこなっているかというとそうではありません。

大手の消費者金融といえばアコム、アイフル、プロミスなどが有名ですが、コストや手間がかかってしまうので配偶者貸付に対応はしていないのが現状です。

カードローン 金利(実質年率) 借入限度額(契約極度額) 貸付条件
レディースフタバ 14.959~17.950% 10~50万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者に同意確認の電話がある
  • 配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類が必要
ベルーナノーティス 8.0~18.0% 1~100万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者の勤務先の記入が必要
  • 配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類が必要
キャネット 15.0~20.0% 5~50万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の収入証明書が必要
アスカ 18.0~20.0% 5~50万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者の勤務先の記入が必要
  • 配偶者に同意確認の電話がある
  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の収入証明書が必要

この表は左右にスクロールできます。

配偶者貸付で必要な書類一覧

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の収入証明書

■配偶者の同意書

  • 配偶者と貸付契約を締結する同意を求める
  • 信用情報機関へ信用情報を提供することへの同意を求める

※配偶者の同意書は、連帯保証人になることへの同意ではなく、あくまで配偶者の年収を参考に審査するために必要な情報を、信用情報機関に確認を取りますというものです。

■配偶者の婚姻関係を証明する書類
夫婦関係を証明する書類の事です。下記のいずれか1点が必要です。

  • 住民票
  • 戸籍抄本

■配偶者の収入証明書
申込み先によっては、収入証明書の提出が必要となります。

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得税の確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金通知書
  • 年金証書

信用情報機関とは?

信用情報機関とは、個人のキャッシングやクレジットカード、ローンなどに関する情報を記録している機関のことです。いつ申込みしたのか、いくら借りているのか、返済はちゃんとおこなっているのかなど、信用情報機関は全て知っています。

カードローン会社は審査の段階で、信用情報を確認して「ちゃんと返済してくれるかな?」というのを判断して貸し付けるのです。

また、配偶者貸付の「信用情報機関へ信用情報を提供することへの同意を求める」というのは、申込みした記録は信用情報機関に残りますよということを表しています。

カードローンの利用を家族に内緒にしたい専業主婦の対処法

専業主婦がカードローンを利用するときに気を付けたいポイントとそれぞれの対処法を解説します。

自宅への電話は避けたい

自宅へ電話がかかってくると都合が悪い方も多いでしょう。

申込みするときに希望連絡先を自身の携帯電話に指定しておけば、自宅にかかってくる心配はありません。そのさい、希望連絡先にかかってくる内容は「申込みの確認」「審査結果の連絡」があります。

返済が遅れた場合は自宅に連絡があることもあるので、返済は遅れないように気を付けましょう。

配偶者への電話確認はある?

配偶者貸付の場合、配偶者の勤務先に在籍確認の電話、配偶者の同意確認の電話(アスカ、レディースフタバ)、配偶者の勤務先情報(アスカ、ベルーナノーティス)がおこなわれることもあります。

申込先によって確認を取る・取らないがありますので、気になる方はカードローン会社に事前に確認することをおすすめします。

自宅への郵送物をなしにする方法

自宅への郵送物は主に以下の3点です。

  • 契約書
  • ローンカード
  • 利用明細書

ホームページで申込みした場合、契約書やローンカードが自宅へ郵送されますが、申込みした後に来店して契約すれば契約書はその場で発行。ローンカードも同時に受け取ることができます。

利用明細は申込みするときにWeb明細を利用すればスマホやパソコンで確認することができるので、郵送物不要で申込みすることができます。しかし、カードローン業者や申込みの内容によって異なります。

もし、郵送物が自宅に届いたとしても銀行は銀行名で、消費者金融では商品名(例えば〇〇カードローン、キャッシング〇〇)というような借入していることが第三者にバレないように配慮しているのでご安心ください。それでも心配であれば事前に問い合わせして確認しておきましょう。

専業主婦(主夫)とカードローン|まとめ

専業主婦がカードローンに申し込みする際のメリット・デメリットをまとめました。

■配偶者の同意を得ずに利用する⇒銀行カードローン

  • 配偶者に内緒で利用することができる
  • 電話確認や郵送物にも気を配らないと怪しまれることも

■配偶者貸付で同意を得ている⇒銀行カードローン、消費者金融

  • 同意の上だから気が楽
  • 配偶者の年収が200万円以上なら銀行よりも融資額を大きくすることができる
  • 配偶者の勤務先へ在籍確認があるかも
  • 書類の準備などで手続きがちょっと面倒