専業主婦(主夫)は収入なしでもカードローンを借りられる?

専業主婦(主夫)は収入なしでもカードローンでお金借りられる?

家事や育児で忙しい専業主婦(主夫)も、ブランド物を買ったり、エステに通ったり、たまには贅沢をしたいですよね。

専業主婦とは、家事や育児に専業する主婦のことをいいます。旦那さんの収入だけで家計をやりくりしているので、共働きの家庭に比べて自由に使えるお金が少ないというのが現状です。

働いてお金を稼ぐという手段もありますが、旦那さんに隠れてパートやアルバイトをすることは現実的に難しいですし、さらには給料が入るのは1ヶ月以上も先なので、すぐにお金を用意することはできません。

ではどうすればいいのでしょうか?収入のない専業主婦がお金を借りるために、カードローンを利用するというのもひとつの方法です。

この記事では、収入なしの専業主婦(主夫)がお金を借りる方法について解説します。

収入のない主婦だけど、カードローンを利用して「プチ贅沢をしたい」「もっと欲しい物を買いたい」という欲求のある専業主婦の方は、ぜひ参考にしてください。

※専業主婦とは、「働いておらず、自身に収入がない主婦」と定義して話を進めていきます。

収入なしの専業主婦でもカードローンは借りられる?

結論から先に言えば、収入なしの専業主婦でもカードローンを利用することは可能です。

専業主婦がカードローンを利用するためには、配偶者の同意を得ている場合と、配偶者の同意を得ていない場合とで申し込みができるカードローンは異なります。

  • 配偶者の同意を得られていない専業主婦→銀行カードローン
  • 配偶者の同意を得ている専業主婦→銀行カードローン、消費者金融(配偶者貸付)

配偶者貸付については後ほど解説することにして、なぜ配偶者の同意の有無により申し込みができるカードローンが異なるのかというと、貸金業法の「総量規制」が関係しているからです。

専業主婦は収入がないのでカードローンを利用できない

貸金業法の総量規制とは、貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社・信販会社)から借りられるお金を年収の3分の1までに制限する法律です。

毎月1回以上の安定した収入のない人は、そもそも年収という概念がないため、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などからお金を借りることはできません。

ただし、銀行法が適用される銀行カードローンは、総量規制の対象外となる貸付けとなるため、専業主婦でもお金を借りることができます。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも借りられる

銀行カードローンなら、自身に収入のない専業主婦の方でも「配偶者(夫)に安定した収入」があれば申し込みをすることができます。

「配偶者に安定した収入」とは、以下のような収入をいいます。

  • 給与
  • 年金
  • 恩給
  • 定期的に受領する不動産の賃貸収入(事業の場合を除く)
  • 年間の事業所得

パチンコ、スロット、競馬、宝くじといったギャンブルによる一時的な収入は、安定した収入ではないため融資の審査では収入として認められません。

なぜ配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもお金を借りられるのかというと、お金を返せなくなったとしても、最悪の場合、配偶者に返済してもらうことを担保に貸付けをしてくれるからです。

その際に、50万円未満の借り入れなら配偶者の収入証明書は原則として不要ですので、「主人には内緒でこっそりお金を借りたい」という専業主婦にも打ってつけです。

収入なしの専業主婦がお金を借りる方法

収入なしの専業主婦は、原則として貸金業者からはお金を借りることはできませんが、総量規制には例外となる貸付けもあり、それを「配偶者貸付」といいます。

配偶者貸付とは、「夫婦の年収を合算した金額の3分の1までお金を借りられる」というものです。

配偶者貸付では、専業主婦は自身の収入がゼロのため、実質的には配偶者の年収の3分の1までしかお金を借りることができません。

銀行カードローンとの違いは、年収の3分の1までに制限されるところにあります。

一般的には、専業主婦が銀行カードローンに申し込みをすると、最大50万円までしか借りられないケースがほとんどですが、「配偶者貸付」なら配偶者の年収が300万円であれば、最大100万円(=300万円の1/3)まで借りられる可能性もあります。

消費者金融の配偶者貸付を利用する

配偶者貸付は、銀行カードローンよりもたくさんお金を借りられる可能性はありますが、実際には、配偶者貸付が利用できる貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社・信販会社)は数える程度しかありません。

配偶者貸付は、通常の申し込みよりも提出しなければならない書類も多く、貸金業者にとって時間と労力がかかるため、アコム、プロミス、アイフルなどの大手消費者金融でさえ配偶者貸付には対応していません。

カードローン金利(実質年率)借入限度額(契約極度額)貸付条件
レディースフタバ14.959%〜17.950%10万円〜50万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者に同意確認の連絡がある
  • 配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類が必要
ベルーナノーティス4.5%〜18.0%1万円〜300万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者の勤務先の記入が必要
  • 配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類が必要
  • 本人確認書類(運転免許証など)
キャネット15.0%〜20.0%5万円〜50万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の収入証明書が必要
アスカ18.0%〜20.0%5万円〜50万円
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者の勤務先の記入が必要
  • 配偶者に同意確認の連絡がある
  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の収入証明書が必要

配偶者貸付に必要な書類

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の収入証明書

配偶者の同意書

  • 配偶者と貸付契約を締結する同意を求める
  • 信用情報機関へ信用情報を提供することへの同意を求める

配偶者の同意書は、連帯保証人になることへの同意ではなく、あくまでも配偶者の年収を審査の参考とするために、必要な情報を個人信用情報機関に確認するという内容の書類です。

配偶者の婚姻関係を証明する書類

配偶者の婚姻関係を証明する書類とは、いわば夫婦関係を証明するための書類です。

下記のいずれか1点が必要です。

  • 住民票
  • 戸籍抄本

配偶者の収入証明書

貸金業者によっては、配偶者貸付の申し込みに収入証明書の提出も必要となります。

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得税の確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金通知書
  • 年金証書

専業主婦が家族に内緒でカードローンを借りる方法

専業主婦が家族に内緒でカードローンを利用するために気をつけるべき点は、「自宅への電話」「配偶者への連絡」「自宅への郵送物」の3つです。

自宅への電話は避けたい

家族に内緒でお金を借りたい専業主婦にとって、自宅に電話がかかってくると都合が悪い場合もあるでしょう。

基本的には、カードローンの申し込みをするときに、希望の連絡先を自身の携帯電話に指定しておけば、自宅に電話がかかってくることはありません。

ただし、カードローン会社が何度も携帯に電話をかけているにもかかわらず、まったく連絡がつかない場合には、自宅に連絡がくる可能性もあります。

また、返済に長期の遅れが生じると自宅に連絡がある場合もあるので、返済後れだけは十分に気をつけましょう。

配偶者への電話確認はある?

総量規制の例外である配偶者貸付では、配偶者の勤務先に在籍確認の電話、配偶者の同意を確認するために連絡をする貸金業者もあります。

配偶者に同意確認の連絡がある貸金業者
  • アスカ
  • レディースフタバ

配偶者に確認を取る・取らないの対応は、貸金業者によって異なるので、連絡がどうしても気になる専業主婦の方は、事前に確認することをおすすめします。

自宅への郵送物をなしにする方法

カードローンの契約が完了したあとに、自宅へ送られてくる郵送物は以下の3点です。

  • 契約書
  • ローンカード
  • 利用明細書

各社の公式サイトからカードローンを申し込むと、契約書やローンカードが自宅へ郵送されますが、自動契約機のある銀行カードローンであれば、申し込みが完了したあとに店舗で契約をすれば、ローンカードや契約書はその場で発行されます。

カードローンの利用明細は、スマートフォンやパソコンを利用してWeb明細で確認をすれば、原則として郵送物不要です。

かりに郵送物が自宅に届いたとしても、銀行なら銀行名、消費者金融なら〇〇サービスなど、第三者に借り入れがバレないように配慮されているので安心してください。どうしても心配であれば、事前に問い合わせをして確認しておきましょう。

NEXT主婦のカードローン審査!無職の専業主婦でも審査は通る?