旅行資金のお金を借りる方法!旅行費用はローンで借りられる

カードローン借り入れ

旅行資金として貯めたお金を他のことに使ってしまい、旅行費用が足りなくなった、という経験がある人も多いのではないでしょうか?

また急に旅行の話になったけど、どうやって旅行資金を準備しようかと悩む方も珍しくありません。

旅行資金がないからといって旅行を断ってしまったら、大切な友人を失ってしまうかもしれませんし、恥をかくことにもなりかねません。

そんな時、旅行の資金を借りる方法がいくつかあります。

  • 旅行に行きたいけどお金がない
  • だから旅行資金を借りたい
  • 旅行費用を借りられるローンはあるの?

旅行資金はトラベルローンや目的ローンやカードローンで借りることができますが、それぞれの方法にはメリットやデメリットがあります。

急いでお金が必要なときには、適切な方法を知っておかないと、旅行までにお金を借りることができない場合もあります。

この記事では、旅行資金を借りる方法について、元銀行員の筆者が徹底解説していきます。

旅行資金を借りる方法

旅行の資金を借りるには、①トラベルローンを利用する②目的ローンを利用する③カードローンを利用する、という3つの方法があります。

  1. トラベルローン
  2. 目的ローン
  3. カードローン

トラベルローンは旅行費用専用のローンです。

目的ローンとカードローンは旅行に特化したローンではありませんが、基本的には使い道が自由ですので、旅行費用に必要なお金を借りることができます。

トラベルローンを利用して旅行資金を借りる

トラベルローンは、H.I.S.やJTB、近畿日本ツーリストなどの大手旅行代理店で扱っている旅行資金専用のローンで、実際に融資を行うのはオリエントコーポレーションなどの信販会社です。

申し込みは旅行代理店から行うことができ、当該旅行代理店に支払い旅行のパック料金を借りることができるローンです。

目的ローンを利用して旅行資金を借りる

目的ローンとは、銀行や信用金庫、労働金庫などの金融機関や、クレジットカード会社などが提供するライフプランに合わせたローンです。

目的ローンには、目的型ローン(目的別ローン)と多目的ローンの2つの種類があります。

  • 目的型ローン
    • 住宅ローン
    • マイカーローン(自動車ローン)
    • リフォームローン
    • 教育ローン
    • ブライダルローン
    • 引っ越しローン
    • トラベルローン
  • 多目的ローン
    • フリーローン
※以下、目的ローン=フリーローンという前提で解説を進めさせていただきます。

目的ローンは、使い道は自由ですが、申し込み時に自己申告した使い道にしかお金を使用することができないローンです。

そのため、借り入れ前と借り入れ後に以下の特徴があります。

  • 借り入れ前
    使い道の金額を証明する見積書などが必要
  • 借り入れ後
    融資金は銀行などが直接支払先に振込をするか、領収書などを銀行に提出する必要がある

特定の使い道にしか使用することができないため、借り入れ前には見積書などで金額の証明を行い、借り入れ後には領収書や振込などによって「確かにその使い道に借りたお金を使用した」という証明をする必要があります。

旅行費用であれば、旅行代理店などの見積書や領収書が必要になります。

そのため、旅行費用を目的ローンで借りる場合、見積書に書かれた金額以上を借りることができません。

カードローンを利用して旅行資金を借りる

カードローンでも旅行費用を借りることは可能です。

カードローンは最初に「〇〇万円まで借りることができる」という利用限度額の枠を作り、その範囲内で自由にお金を借りることができます。

資金使途を選ばないため、旅行費用に限らず、ショッピング・食事代・お土産代なども、借入可能額の範囲内で幅広く利用することができます。

トラベルローンで旅行資金を借りるメリット

旅行資金をトラベルローンで借りるメリットは、目的ローンやカードローンなどと比較して金利が低いという点と、学生や未成年者なども融資の対象としているという点です。

金利が低い

トラベルローンの金利は目的ローンやカードローンと比較して非常に低くなっています。

例えば、H.I.S.のトラベルローンは12回払いの場合には金利が6.6%となっています。

カードローンや目的ローンの金利が10.0%を超えることも珍しくありませんので、トラベルローンは金利的なメリットが大きいと言えるでしょう。

※注)
・別途、H.I.S.事務取扱手数料2,160円かかる。

学生は金利が優遇されることも

学生は旅行資金をローンで調達することが多い属性です。

そのため、学生であれば金利を優遇するトラベルローンも存在します。

先ほど説明したH.I.S.のトラベルローンは、学生の場合だと12回払いの金利は5.33%と、一般金利と比べて1%も優遇されます。

カードローンなどでは学生への融資を行っていないローンもありますが、トラベルローンはむしろ学生へ金利を優遇して積極的に融資を行っているのです。

学生であればトラベルローンを選択したほうがメリットは大きいでしょう。

未成年者でも借りることができるものもある

未成年者でも親の同意確認ができればトラベルローンを利用することができます。

ローンは法律行為ですので、銀行や消費者金融などの目的ローンやカードローンでは、未成年者へは融資していません。

しかし、トラベルローンは親の同意さえあれば学生でも融資を受けることができます。

やはりトラベルローンは学生や未成年者などの若者に優しいローンと言えるでしょう。

トラベルローンで旅行資金を借りるデメリット

低金利なトラベルローンですが、使い道が限定されており、金利が低い分だけ審査が厳しいなどのデメリットも挙げることができます。

パック代金しか借りられない

トラベルローンとは、旅行代理店に支払う旅行代金を信販会社が立て替えるというスキームです。

このため、旅行代理店に支払うお金ではない、現地で使用するお金はトラベルローンでは借りることができないケースが多くなっています。

審査が厳しい

トラベルローンは、目的ローンやカードローンと比較して最も金利が低いローンです。

金利が低いということは審査が厳しいということですので、他債務がある場合や、信用情報の借入金やクレジットカードの支払状況に遅れがある場合などは審査に通過できない可能性があります。

目的ローンで旅行資金を借りるメリット

旅行資金を目的ローンから借りるメリットは、トラベルローンよりも金利が高いため借りやすいという点と、トラベルローンと同じく旅行に必要な資金以外は1円も借りることができないため、借りすぎを防ぐことができるという点にあります。

トラベルローンより借りやすい

目的ローンの金利は商品によって異なるものの5.0%~10.0%程度が相場です。

海外旅行じゃない限りは、借入金額は1万~20万円もあれば十分でしょう。少額融資を希望の方は下記の金利表の一番高い金利を基準にして選んでください。

目的ローンの金利比較一覧
目的ローン(フリーローン) 金利(年率) 借入金額
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8~13.5%*1 30~700万円
りそな銀行りそなプライベートローン 6.5~14.0%*1 10~300万円
三井住友銀行フリーローン(無担保型) 5.975%*2 10~300万円
九州労働金庫フリーローン(自由資金) 7.950~8.500%*1 1~500万円
東海労働金庫フリーローン 3.5~4.3%*1 1~1,000万円
ジャパンネット銀行フリーローン 14.75~17.75%*2 10~200万円
南都銀行<ナント>フリーローン 3.975~6.275%*2 10~500万円
中央労働金庫ろうきん無担保フリーローン 7.000~7.500%*1 1~500万円
セディナフリーローン 10.8~16.8%*1 5~300万円
住信SBI銀行ネット銀行Mr.フリーローン 3.775~12.0%*2 10~1,000万円
みずほ銀行多目的ローン 6.650%*1 10~300万円
オリックス・クレジットVIPフリーローン 3.0~14.5% 100~800万円

この表は左右にスクロールできます。

*1 固定金利
*2 変動金利

トラベルローンの金利よりも高くなっているため、審査はトラベルローンの方が厳しい傾向にあります。

目的ローンもトラベルローンも見積りが出る旅行資金に対してのみ使用できるローンですが、審査の厳しさを比べた場合、目的ローンの方が借りやすいというメリットがあります。

借りすぎを予防できる

目的ローンは旅行資金の見積書の金額が借入限度額です。

見積書を超える金額は1円も借りることができません。

旅行代理店に支払うための旅行費用しか借りることができないため、借りすぎを予防することができます。

目的ローンで旅行資金を借りるデメリット

旅行資金を目的ローンで借りることには、時間がかかるという点と、契約手続きが少々煩雑であるという点がデメリットです。

また、借りすぎを予防できるというメリットが逆にデメリットとなる場合もあるため注意が必要です。

融資まで時間がかかる

目的ローンはどれだけ早くとも融資まで1週間程度の時間が必要になります。

契約書も基本的には自分で記入することが必須ですので、カードローンのようにWEB上で契約手続きを完了させるということは不可能です。

「旅行まで時間がない」という場合には目的ローンを借りることでは時間的に間に合わない可能性もあります。

見積が出る費用以外は借りられない

目的ローンは見積書の金額を超えるお金を借りることはできません。

旅行費用というものは、飛行機代や宿泊費などの見積もりが出る費用の他にも、食費やお土産代などのお金がかかるものですが、食費やお土産代などは見積もりが出ないため、目的ローンで借りることはできません。

つまり、目的ローンで借りることができるのは、旅行にかかる費用の総額のうちの一部だけと言えるでしょう。

書類の用意に時間がかかる

目的ローンを借りるには旅行代理店などから見積書をもらう必要がありますし、収入証明書の提出も必須で、場合によっては健康保険証なども必要になることがあります。

つまり、目的ローンは契約手続きが少し煩雑なのです。

また、融資実行後も、領収書を銀行へ提出する必要があるため、旅行から帰ってきた後も何かと手間がかかります。(※領収書の提出がない場合もある)

カードローンより審査が厳しい

目的ローンのメリットとして金利が低いという点を挙げることができますが、これはそのままカードローンよりも審査が厳しいというデメリットにも繋がります。

金利が高ければ高いほど、お金を貸す側はよりリスクの高い人に対しても融資を行うことができます。

このため、金利の低い目的ローンの方が、カードローンよりも厳しい審査を行っているのです。

銀行の目的ローンは、カードローンのような無担保で使い道が自由なローンの借入が1本あるだけでローンの審査に通らないことがありますので、せっかく申し込んでも旅行資金を借りることができないという場合もあります。

今すぐ旅行資金を借りたいならカードローンがおすすめ

「急いで旅行費用を借りたい」「早く審査の結果が知りたい」という場合にはトラベルローンや目的ローンよりもカードローンがおすすめです。

カードローンはトラベルローンや目的ローンなどと比べて使い道がかなり自由で、見積もりが出ない旅行資金などにも自由に利用することができます。

金利は目的ローンよりも高いですが、急いで旅行資金を用意したい場合などではカードローンは最適です。

審査は目的ローンよりも厳しくない

トラベルローンや目的ローンの審査はカードローンよりも厳しくなっています。

カードローンのほうが金利は高いため、トラベルローンや目的ローンの審査に通らない人でもカードローンの審査には通る可能性があります。

実際に筆者は銀行員時代に銀行の目的ローンの審査に通らなかった人が消費者金融のカードローンを借りることができた事例を何件も見たことがあります。

短期間だけの利用なら無利息期間でお得になる

「旅行の日程がボーナス前で、ボーナスが出るまでの少しの間お金を借りたい」というケースには、カードローンの無利息期間を活用することで支払利息を節約することができます。

消費者金融のカードローンには、初めて契約される方を対象に30日間無利息のサービスがついている場合が多いですし、5万円までであれば180日間無利息という商品もあります。

無利息ローン一覧
カードローン 無利息期間 条件
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
プロミス 初回出金日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
レイクALSA ・初回契約日の翌日から5万円まで180日間無利息
・初回契約日の翌日から借入れ額全額30日間無利息
※選べる2つの無利息ローンは併用できません。
・初めてご契約いただいた方

この表は左右にスクロールできます。

旅行資金が少額で、30日間以内の短期キャッシングであれば、利息0円でカードローンを借りることができる可能性もあります。

迷ったらこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

アイフルのカードローン・キャッシング
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間

面倒な書類は不要

カードローンの申し込みには見積書などは一切必要ありません。

必要なのは運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類だけ。

場合によっては収入証明書(給与明細書、源泉徴収票、確定申告書など)が必要になりますが、基本的に手元にある書類だけで、WEB上から気軽に申し込みと契約ができるのがカードローンの大きな強みです。

融資までに時間がかからない

消費者金融では最短で申込日当日に審査の回答があり、そのまま融資を受けることができます。

即日カードローン一覧
カードローン 審査時間 融資スピード
アコム 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
プロミス 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
レイクALSA 最短即日 Webで最短60分融資も可能
J.Score 仮審査最短30秒 最短即日

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

急いで旅行資金が必要な場合に、その日のうちに「借りることができるのかどうか」を知ることができるのは大きなメリットです。

銀行は即日融資ができないため、即日で旅行費用が必要な方は消費者金融のカードローンを選びましょう。

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

アコムのカードローン・キャッシング
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間

旅行先での買い物などにも使用可能

筆者が旅行資金を借りるのであればカードローンが良いと考える最も大きな理由は、旅行先での買い物などにも使用することができるという点です。

カードローンはトラベルローンや目的ローンのように、見積書などで資金使途の確認が不要です。

また、トラベルローンと目的ローンは1つの資金使途に使用することしかできませんが、カードローンは事業正資金以外であれば複数の使い道にお金を借りることができます。

旅行資金は見積もりが出ない食費やお土産代などの費用も含めて用意する必要がありますが、旅行に必要なこれら全ての資金を事前に見積書によって知ることは不可能です。

このため、トラベルローンは旅行代理店への支払いのみにしか使用できず、目的ローンでは飛行機代や宿泊費などしか借りることはできませんが、カードローンでは、旅行のために必要なあらゆる資金を借りることができます。

これこそがカードローンが旅行資金を借りるために最適だと考える最大の理由です。

旅行費用が足りない・貯まらないならローンで借りる|まとめ

旅行資金を借りる方法は以下の3つの方法があります。

  1. トラベルローン
  2. 目的ローン
  3. カードローン

トラベルローンは最も金利が低く学生や未成年者でも利用可能ですが、審査が厳しく旅行代理店への支払いのためにしか使用できません。

また、目的ローンもカードローンより金利が低いですが、審査と契約手続きに時間がかかる上、カードローンよりも審査が厳しくなっています。

また、見積書が出ない旅行費用に関しては借りることはできません。

カードローンは金利が高いですが、無利息期間を活用することでお得に借りることができますし、見積書が出ない旅行資金を借りることができます。

さらに、旅行先が国内であれば、発行されたローンカードを使用してATMから旅行先で足りないお金を借りるということもできます。

旅行資金を借りるにあたって、トラベルローンと目的ローンとカードローンのメリットとデメリットをよく理解して、自分にとって最適な方法を選択するようにしましょう。

早さよりも金利で選びたい

\楽天会員ランクに応じて審査優遇/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9~14.5% 最大800万円 最短1~2営業日 最短2営業日