カードローンでお金を借りる理由!利用目的や利用者数を知る

カードローンでお金を借りる理由!利用目的や利用者数を知る

カードローンはクレジットカードのように1枚持っておくと便利なカードですが、未だに借金というイメージを持っている方も多いようです。

「カードローン(キャッシング)=消費者金融」と思われがちですが、2010年の貸金業法改正以降、状況は大きく変化しました。

カードローン市場では、銀行の貸付残高が消費者金融を超えたことで大きな話題を呼びました。従来のカードローンの「便利さ」に加え、「安心感」も加わったことは大きいですね。

カードローンは何も借金の返済や、生活苦の方ばかりが利用しているという訳ではありません。

この記事では、カードローンでお金を借りる理由と目的を解説します。

カードローンの利用目的とは?

ジャパンネット銀行が2013年2月に公表した「カードローン利用に関する実態・意識調査」を参考にしてご紹介します。

このデータは調査期間2013年1月28日〜1月30日、ジャパンネット銀行に口座を持つ20代〜60代の男女を対象としてアンケート調査をおこなったものです。協力者は3,142名程度ですが、カードローンをどのように使っているのかを知るには十分なサンプル数です。

カードローンの利用目的は娯楽や交際費が大半

カードローンは原則使い道が自由で、限度額内であれば借入れや返済を自由におこなうことができます。

そんな利便性が高いカードローンの利用使途について見ていきましょう。

■有効回答数2,241名(複数回答)
娯楽・交際費48.3%
生活費(食費・家賃支払い)42.2%
車関連費(購入・車検・メンテナンス)18.2%
旅行費用12.7%
トラブル対応費(事故・入院)12.6%
他の金融機関への支払い10.6%
教育費10.0%
慶弔費7.7%
投資資金6.3%

1位は娯楽・交際費で48.3%。娯楽のなかにはもちろんギャンブルも含まれていると思いますが、会社のお付き合いなどで、なにかと出費が多い方も多いようです。

車関連費や教育費は、それぞれマイカーローンや教育ローンといった目的に合った商品もありますが、返済すれば繰り返し利用できる利便性を考えてカードローンを利用する方もいらっしゃいます。

カードローンの平均借入額はどのくらい?

カードローンは日常的な生活費として主に利用されていますが、平均借入額はどのくらいなのでしょうか。

低年収世帯と高年収世帯で極端に分けてみましたが、どちらも約6割近くは借入額10万円未満であることが分かりました。

■有効回答数2,168名(単回答)
借入額世帯年収400万円未満世帯年収1,000万円以上
1万円未満5.9%2.2%
1万円以上10万円未満57.7%52.2%
10万円以上50万円未満26.4%25.0%
50万円以上100万円未満7.7%13.4%
100万円以上300万円未満2.6%6.0%
300万円以上0.7%1.1%

10万円未満であれば、簡単に返済できる金額です。しかもカードローンは一括で返済しなくてもいいので、「返済負担は軽く」そして「必要な分だけ」を借入れしている方が多いのが特徴です。

カードローンの利用者数はどのくらい?

消費者の信用情報を管理する日本信用情報機構(JICC)では、消費者金融、クレジット会社、金融機関などの借入れに関するデータを公表しています。

■残高がある人の借入件数毎の登録状況(2017年2月)
借入件数登録人数登録件数残高金額一人当たりの残高一契約当たりの残高
1件715万人715万件3兆6,958億円51.7万円51.7万円
2件233万人466万件2兆231億円86.8万円43.4万円
3件84万人252万件9,488億円112.9万円37.6万円
4件26万人105万件3,788億円144.1万円36.0万円
5件以上10万人52万件1,962億円206.5万円38.1万円
合計1,068万人1,589万件7兆2,426億円67.8万円45.6万円

合計で利用者の数は1,068万人。日本の人口が1億2,676万人なので12人に1人が利用している計算です。信用情報機関は他にも、シー・アイ・シー(CIC)や全国銀行個人信用情報センター(全銀協・KSC)もあるので、実際の利用者の数はもっと多いことになりますね。

ちなみにカードローンを取り扱う消費者金融や銀行はひとつの信用情報機関だけではなく複数、もしくは3つすべてに加盟しています。

専業主婦がカードローンでお金を借りる目的

自身に収入がない専業主婦でもカードローンを利用している方は多いです。ではいったいどんなことにお金を使っているのでしょうか。

食費35.5%
趣味/娯楽(レジャー、旅行)費用34.2%
家賃の支払い19.7%
授業料、保育料、給食費等の学校関係費15.8%
自動車ローンの返済15.8%

この他にも、冠婚葬祭やギャンブルとしても利用されています。

家計を預かる専業主婦は、食費や家賃の支払といった生活に関わる費用としてだけではなく、趣味や娯楽に使っている方も多いですね。

事業者がカードローンでお金を借りる理由

事業者もお金に困ることはもちろんあります。

事業者の場合は個人的な借入れか、事業の運転資金かで利用できるカードローンの種類が異なりますが、ここでは事業の運転資金として利用した場合のお金の使い道を見てみましょう。

事業の一時的な運転資金
取引先への支払い52.5%
設備資金等の支払い25.7%
従業員に対する給与等の支払い19.6%
銀行等の預金取り扱い金融機関からの借入れに対する返済19.6%
事業者金融会社等の貸金業者に対する返済12.7%
事業の経常的な運転資金
取引先への支払い34.7%
設備資金等の支払い20.2%
銀行等の預金取り扱い金融機関からの借入れに対する返済14.1%
従業員に対する給与等の支払い13.3%
事業者金融会社等の貸金業者に対する返済9.8%
その他
その他2.9%

ビジネスなので、取引先への支払いがもっとも多いですね。中には従業員の給料などの支払いもあり、経営が苦しいときにカードローンは使われています。

通常は事業性資金として利用できないカードローンですが、個人事業主や経営者が事業資金として利用するためには、ビジネスローンが有効です。

ビジネス利用だけに限らず、個人の生活費としても使うことができるので事業主の方は一般のカードローンではなく、専用のビジネスローンをご検討ください。

お急ぎならこのカードローン

\アコムのローン利用者数は157万5千件!/
※2019年12月時点
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ