ZOZOTOWNのツケ払いが払えない…滞納したらどうなる?

お金の悩み

2016年にサービスが開始したときに大きな話題となったZOZOTOWNのツケ払い。

季節を先取りしたアイテムを購入しても支払い期限までに余裕があるので手元にお金がない人でも最新のアイテムを購入することができます。

しかし、ZOZOTOWNのツケ払いを延滞してしまうと、信用情報がブラックになるだけでなく、訴訟にまで発展してしまうリスクもあるので、支払い遅れには大きな注意が必要です。

ZOZOTOWNのツケ払いを払えないとどんなペナルティがあるのか、ツケ払いを滞納するリスクや支払うお金がないときの対象法について詳しく解説していきます。

ZOZOTOWNのツケ払いとは?

ZOZOTOWNのツケ払いについて、なんとなく「支払い期限が最大2ヶ月後になる支払方法」とざっくりとした理解をしているという人も多いのではないでしょうか?

しかし、ツケ払いとはZOZOTOWNに対してツケで支払うわけではなく、間には決済代行会社が入るという支払い方法なのです。

この章では、まずはじめにZOZOTOWNのツケ払いの概要について詳しく解説していきます。

ZOZOTOWNのツケ払いの流れ

ZOZOTOWNのツケ払いの流れは以下の通りです。

  1. ZOZOTOWNで商品を注文する
  2. 商品が到着する
  3. 商品到着から1週間程度で払込票が届く
  4. 所定の期限内にコンビニや銀行振込で代金を払込

このようにZOZOTOWNのツケ払いでは、先にクレジットカードや代引きなどで決済をしなくても商品を購入することができ、商品到着後に届く払込票の支払期限は2ヶ月後になっていますので、商品を購入してからお金を支払うまで2ヶ月間の支払猶予があるのです。

クレジットカードがなくてもネットショッピングができ、しかも支払期限に大きな猶予があるのがZOZOTOWNのツケ払いの特徴です。

「今はお金がなくても2ヶ月後であれば余裕をつくれる」とか「欲しい服を今すぐ買って、支払代金を2ヶ月間で貯める」などの場合には、ZOZOTOWNのツケ払いですぐに欲しい服を購入することができます。

ZOZOTOWNのツケ払いはGMOペイメントサービスの決済代行

「ツケ払い」というネーミングが斬新ですが、実はZOZOTOWNのツケ払いは、決済代行会社が間に入っているだけにすぎません。

商品を購入すると、GMOペイメントサービスという会社がZOZOTOWNへ商品代金を立て替え、消費者は立て替えてもらった代金を期日までにGMOペイメントサービスに支払います。

そのため、ZOZOTOWNのツケ払いの払込票は「GMOペイメントサービス」宛となっています。

ZOZOTOWNのツケ払いはクレジットカードで商品を購入していることとほぼ同じと考えて問題ありません。

ZOZOTOWNのツケ払いはネットショッピングなどの「コンビニ払い」という支払方法とよく似ており、この方法で支払ったとしても間には決済代行会社が入ることになり、支払いは商品到着後なので、実はネットショッピングではよくある支払方法なのです。

ただしZOZOTOWNのツケ払いは支払期日が長いという点だけが特徴的と言えるでしょう。

ZOZOTOWNのツケ払いで商品を購入すると手数料がかかる

ZOZOTOWNのツケ払いで支払う料金は商品購入代金+手数料です。

ZOZOTOWNのツケ払いには若干ですが手数料が発生します。ツケ払いの手数料は銀行振込216円、コンビニ払い324円です。

少額ですがクレジットカードで購入するよりもコストがかかってしまうのが難点です。

ZOZOTOWNのツケ払いを利用するには審査がある

ZOZOTOWNのツケ払いは誰もが利用できるわけではありません。ツケ払いの利用には所定の審査があります。

審査基準は公表されていませんが、「ZOZOTOWNの利用実績が半年以上あり、一定の購入実績が必要」と言われています。

初めてZOZOTOWNで商品を購入する人はツケ払いを利用することは難しいかもしれません。高額商品をいきなりツケ払いで購入しようとしても審査には通過できない可能性もあります。

ZOZOTOWNのツケ払いを払えないとどうなる?

ZOZOTOWNのツケ払いとは、GMOペイメントサービスという決済代行会社が行なっている立て替え払いです。

クレジットカードと同じように審査が行われ、通過した人しか利用することができないのですから、支払えないとクレジットカードを延滞したときと同じように重いペナルティが待っています。

ZOZOTOWNのツケ払いは、商品が到着してから支払いまでに期日は2ヶ月もあるので、もしかすると支払いをしていないことを忘れてしまうかもしれません。

しかし、ZOZOTOWNのツケ払いを長期間延滞すると取り返しがつかないほどのリスクを負ってしまうので、支払えない場合のデメリットもしっかりと理解しておくようにしましょう。

ツケ払いの延滞金は発生しない

クレジットカードやローンの支払いに遅れると、遅れた日数分の罰金である遅延損害金が発生しますが、ZOZOTOWNのツケ払いは支払いが遅れても延滞金は発生しません。

ZOZOTOWNのツケ払いは、支払いに遅れても金銭的なペナルティが発生しないのが特徴です。

この点だけはクレジットカードやローンの延滞とは異なると理解しておきましょう。

電話や郵便で督促が行われる

ZOZOTOWNのツケ払いが支払期日を過ぎてしまうと、支払期日から数日~1週間後には郵便で督促が届きます。

それでも支払いをしないとまずは携帯電話に連絡が来て、携帯電話に出ないと次は自宅の固定電話にも督促が来ることもあるようです。

支払いをしないと、支払期日から約1ヶ月間くらいは電話と郵便での督促が繰り返されることとなります。

内容証明郵便が送付される

電話や郵便での督促があっても支払いをしないと、自宅宛に内容証明郵便で督促状が届きます。

内容証明郵便とは、書類の内容を郵便局が証明する書類で、裁判でも「確かに督促を行なった」という客観的な証拠となるものです。

内容証明郵便が届いてしまうと、GMOペイメントが裁判を検討しているということですので、すぐに支払いを行うか、GMOペイメントに連絡を入れるようにしましょう。

少額訴訟になることも

少額訴訟とは、60万円以下の支払請求について争う裁判制度です。

ZOZOTOWNのツケ払いで購入したものが数十万円になることはあまりないので、ずっと延滞をしていた場合にはGMOペイメントサービスから少額訴訟を起こされる可能性があります。

購入代金の支払いを行なっていないのですから裁判に負けることはほぼ確実で、少額訴訟になると購入代金の支払いを裁判所から命じられることになるでしょう。

信用情報がブラックになる

ZOZOTOWNのツケ払いを滞納する最も大きなリスクは、支払いを長期間延滞すると信用情報に「長期延滞」という金融事故情報が記録され、信用情報はブラックになるという点です。

GMOペイメントサービスは、主に消費者金融が加盟しているJICCという個人信用情報機関に加盟しています。

このため、契約内容や支払履歴や延滞の情報は全てJICCに記録されてしまうのです。

「ツケ払いはクレジットカードではないので支払いに遅れても信用情報には問題ない」と安易に考えている人が多いようですが、それは大きな間違いです。

先ほどから説明しているように、ツケ払いはクレジットカードを利用しないだけで、実際にはクレジットカードを利用して買い物をしていることと同じですので、長期間の延滞は信用情報がブラックになります。

ZOZOTOWNのツケ払いを滞納するリスク

ZOZOTOWNのツケ払いの滞納に対するペナルティで最も恐ろしいことは、信用情報がブラックになることです。

ツケ払いの未払いでブラックになってしまうと、以後はZOZOTOWNで買い物ができなくなってしまうだけではなく、日常生活にも大きな支障をきたしてしまうことになるので十分に注意しましょう。

ZOZOTOWNのツケ払いが原因で、信用情報がブラックになることによって生じる支障は以下の通りです。

今後は一切ZOZOTOWNでツケ払いが利用できない

GMOペイメントサービスでツケ払いを長期間延滞したのですから、GMOペイメントサービスの信用を失い、二度とツケ払いを利用することができなくなってしまいます。

※厳密にはGMOペイメントサービスの後払い決済サービス「GMO後払い」が利用できなくなる。

GMOペイメントサービスだけでなく、他の決済代行業者の審査にも通らなくなる可能性があるので、ネットショッピングの「コンビニ払い」を利用できなくなるかもしれません。

クレジットカードが作れなくなる

信用情報がブラックになるとクレジットカードも作れません。

ZOZOTOWNのツケ払いを利用している人の中には、「クレジットカードを持っていないからツケ払い」という人もいるかもしれませんが、ツケ払いが利用できなくなったからといって、クレジットカードを作ろうとしても審査には通過できない可能性が高いのです。

ローンが借りられなくなる

信用情報がブラックになると、クレジットカードはおろか、銀行や消費者金融からお金を借りることさえ不可能になります。

これから住宅や車の購入を検討している人もローンを組むことができなくなってしまうので、コツコツ貯金をして現金で購入するしかありません。

スマートフォンを分割で買えなくなる

スマートフォンの分割払いは割賦販売契約のため審査があります。信用情報がブラックの人は契約ができずスマホを分割で購入できません。

スマートフォンが壊れて機種変更する場合には一括で購入するしかないので、一括で購入するお金がなければスマホを持つこともできなくなってしまうかもしれません。

ちなみにiPhone 11 Pro(64GB2)の下取りなし一括購入価格は106,800円(税別)です。※2019年9月21日現在

保証会社付きの賃貸住宅を借りられなくなる

現在では賃貸住宅の多くにも保証会社がついています。

保証会社付きの賃貸住宅を購入しようとする際にも保証会社の審査があり、これも信用情報がブラックの人は通りづらくなってしまいます。

せっかくいい物件があっても保証会社が付いていることによって借りられなくなってしまうので、賃貸できるアパートやマンションが限られてしまうことになります。

このように「ZOZOTOWNのツケ払いなんて、少しぐらい滞納してもいいか」と安易に考えて支払いに遅れると、日常生活やその後の人生に大きく悪影響を及ぼすことになるので十分に注意しましょう。

ZOZOTOWNのツケ払いが払えないときの対処法

ZOZOTOWNのツケ払いを滞納すると信用情報がブラックになり、取り返しがつかない事態になってしまう可能性があります。

とはいえ、ZOZOTOWNのツケ払いはいくら高くても数万円程度ですので、信用情報がブラックになる前に対処することも可能です。

ZOZOTOWNのツケ払い料金が支払えない場合には、以下の方法で対処するようにしてください。

まずGMOペイメントサービスに電話をする

支払期日にお金を支払うことが難しそうな場合には、まずGMOペイメントサービスに電話をかけて「支払期日に遅れてしまう」ということを伝えましょう。

黙って延滞するよりは、自分から払えない旨と理由を正直に伝えた方がGMOペイメントサービスの印象はよくなります。

また「〇〇日には払える」という具体的な日時を伝えれば、その日まで督促が行われることはありませんし、法的な手続きをとることを待ってくれる場合もあります。

支払いに遅れることがあらかじめ分かっている場合には、必ずGMOペイメントサービスに自分から電話をかけるようにしましょう。

不要なものを売却する

ZOZOTOWNでツケ払いするとしても金額はせいぜい数万円程度ですので、自宅にある不要な衣類やブランド品、ゲームやフィギュアなどを売却すれば、簡単にツケ払いに必要なお金を作ることができます。

支払期日までに2週間以上の時間がある場合には、メルカリやヤフオクで不用品を売却した方が高くなりますが、時間がない場合にはリサイクルショップなどに持ち込むことで、即日で現金買取をしてくれます。

即金バイトで稼ぐ

ツケ払いの数万円程度であれば、土日などの休日を利用して即金バイトを数日頑張れば稼ぐことも可能です。

今は即金バイト専用サイトやアプリなども充実していますので、休日を利用してZOZOTOWNのツケ払いに必要な金額を稼いでしまいましょう。

カードローンを借りる

「不用品が自宅にない」「バイトをしている時間がない」。このような場合には金融機関から借入をするしかありません。

ZOZOTOWNのツケ払いのような、すでに購入済みの支払い代金のお金を借りることができるのはカードローンだけです。

カードローンは金利が高いのですが、洋服の購入に必要な数万円程度のお金であれば利息はそれほど高くはなりません。

例えば大手消費者金融で5万円を金利18.0%で借りたとしても、利息は1日あたり約25円です。さらに月々の返済額も数万円程度であれば毎月2,000円~3,000円くらいです。

カードローンは必要最小限のお金を借りるのであれば、利息も毎月返済もかなりの低い負担で済ませることができます。加えて大手消費者金融であれば無利息期間が付いています。

ZOZOTOWNのツケ払いの代金が支払期日に間に合わなくても、「来月の給料が入れば払える」というときには、無利息サービス付きのカードローンなら借入から30日以内に完済してしまえば利息負担は1円も発生しません。

カードローンは限度額の範囲内であれば借入自由ですので、カードローンを使って浪費するのはおすすめできませんが、ZOZOTOWNのツケ払い代金が払えないなどの数万円単位の金額を借りるだけであれば便利に活用することができます。

どうしてもZOZOTOWNのツケ払いが払えない場合にはカードローンの利用を検討しましょう。

まとめ

ZOZOTOWNのツケ払いは、買い物代金をGMOペイメントサービスが立て替えて、その代金は2ヶ月以内に支払うことができるので、商品購入から代金支払までに時間的な余裕がある購入方法として人気です。

しかし、ツケ払いを長期間延滞してしまうと信用情報がブラックになり、GMOペイメントサービスから裁判を起こされる可能性もあります。

ZOZOTOWNでツケ払いをするということは、GMOペイメントサービスからお金を借りることと同義であり、ツケ払いを払わないということはクレジットカードを延滞することと同じなので、長期間延滞する前にお金を払う必要があります。

ZOZOTOWNのツケ払いが払えないときは、不用品の売却や即金バイトなどでなんとかお金を作るようにしましょう。

どうしてもお金を集めれない場合には、カードローンでツケ払い代金を借りることも可能です。

カードローンでの借入は必要最小限の金額に留めておき、返済日を守って正しく利用してください。

執筆者:手塚大輔/金融ライター

お急ぎならこのカードローン

\はじめてのアコム!借入審査は最短30分/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ