お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

初めてのカードローンおすすめ5選!はじめてお金を借りるならどこがいい?

急な出費や支払いが重なってしまったので、一時的な資金不足を補うためにカードローンを利用したいけれど、「初めてだから選び方がわからない」という方も多いのではないでしょうか。

カードローンは借入限度額(利用可能枠)の範囲内で自由に借り入れや返済ができるローン商品ですので、次の給料日やボーナス支給日までお金が足りなくなったときに、とても頼りになります。

しかし、カードローンは銀行や消費者金融をはじめとした、さまざまな金融機関で取り扱いがあるため、どのカードローンに申し込んだらいいのか悩みますよね。

この記事では、カードローンで初めてお金を借りられる方に向けて、カードローンの賢い選び方やおすすめランキングを紹介します。

この記事でわかること
  • 初めてのカードローン選びのポイント
  • 初めてお金を借りるときの流れ
  • 初回のカードローン限度額について
  • 初めての方におすすめの消費者金融カードローン5選

初めてのカードローンの選び方

カードローンは銀行や消費者金融をはじめ、さまざまな金融機関にて取り扱いがあります。

金融機関ごとに商品の特徴は異なりますので、カードローンを選ぶ前に、まずは自身のニーズを明確にしておく必要があります。

カードローンの基本的なニーズには、

  • 金利や手数料が安い商品を選択したい
  • 審査の結果を早く知りたい
  • とにかく急いで融資を受けたい
  • 無利息サービスなどのお得なキャンペーンを利用したい
  • 提携ATMが充実している商品を選びたい

などがありますが、利用者の数だけ細かなニーズが存在しているといえます。

この章では、初めてのカードローンの選び方を、以下の5つのポイントに分けて解説します。

  1. 金利の低さ
  2. 審査時間
  3. 融資までの早さ
  4. 申し込みのしやすさ
  5. 返済の利便性

1.金利の低さ
「お金は借りたいけれど、利息も気になる」という方は、金利を基準にしてカードローンを選ぶとよいでしょう。

なぜなら同じ金額を同じ期間だけ借りた場合、金利の低いほうが支払う利息を抑えることができるからです。

利息とは、一言でいうと「借りたお金に対するレンタル料」にあたります。誰でも簡単にできる利息の計算方法は以下のとおりです。

利息=借入残高×金利(実質年率)÷365日×利用日数

また、大手消費者金融のカードローンでは、初めて契約される方を対象に「無利息サービス」を提供しており、期間中に返済すれば借り入れの利息をタダ(無料)にすることも可能です。

2.審査時間
カードローンの審査にかかる時間は、商品によって異なります。

例えば銀行カードローンのように審査の回答までに1営業日〜3営業日程度かかる商品もあれば、消費者金融のように申し込みから最短30分以内に審査の回答を得られる商品もあります。

審査の結果が出るまでは気持ちも落ち着かないので、早ほうが精神的にも安心ですよね。

次の大手消費者金融は、審査結果を知らせてくれる時間に余裕があり、さらには土日祝日も休まず営業しています。

大手消費者金融の審査結果のお知らせ時間
消費者金融名 審査結果のお知らせ時間
アコム 9:00~21:00まで(土日・祝日含む)
プロミス 9:00~21:00まで(土日・祝日含む)
アイフル 9:00〜21:00まで(土日・祝日含む)
SMBCモビット 9:00〜20:00まで(土日祝日含む)
レイクALSA 8:10〜21:50まで(毎月第3日曜日は8:10〜19:00)
※Web申込みの場合

※申し込みの時間帯や審査状況によっては、回答が翌営業日となる場合があります。

なお、銀行では2018年1月から新規の個人向け融資を対象に、預金保険機構を経由して警察庁の暴力団情報データベースへの接続が行われるようになり、その結果、銀行が取り扱うカードローンでは、即日審査や即日融資に対応できなくなりました。

出典反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について|一般社団法人 全国銀行協会

3.融資までの早さ
融資までの早さを重視するなら、即日融資に対応しているカードローンが早くて便利です。

即日融資とは、カードローン会社が提供している、急いでお金を借りたい人向けの融資サービスです。

早ければカードローンに申し込んだその日のうちにお金を借りられるので、すぐにお金が必要になった場合でも安心です。

ただし、すべてのカードローンが即日融資に対応しているわけではありません。

現在では、消費者金融のみ即日融資に対応しており、銀行カードローンでは即日融資を受けられないので注意しましょう。

4.申し込みのしやすさ
手続きに不安がある方は、申し込みのしやすさで選ぶのも、ひとつの方法です。

カードローン会社によって申込方法は異なりますが、よく利用されているのは以下の5つです。

ここにタイトル
  • WEB
  • 電話
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店舗

上記の中で一番手軽な方法は、Webからの申し込みです。

自動契約機や店舗(有人)だと営業時間が気になりますが、Webならパソコンやスマートフォンさえあれば、24時間365日いつでも申し込みが可能です。

自身のライフスタイルに合わせて、いつでも好きなタイミングで手続きができるので、仕事や家事が忙しい方に便利です。

また、周囲の人に申し込みを見られる心配がないので、バレにくいというメリットもあります。

5.返済の利便性
きちんと返済していけるかどうか不安な方は、返済のしやすさを基準に選ぶとよいでしょう。

カードローンを用いてお金を借りるということはすなわち、返済が伴う契約を結ぶということです。

カードローンの返済は原則として毎月1回で、各商品に応じた方法で返済を行いますが、この際に重要となるのが「返済の利便性」です。

返済の利便性は、返済方法が豊富に用意されているかどうかで決まります。

例えば、返済方法がコンビニATMやインターネットバンキングに限定されるカードローンと、それらに加えて口座引落とし(口座振替)も選択できるカードローンがあれば、後者のほうが便利ですよね。

カードローンでキャッシングを行うと、原則として完済するまで返済が続くことになるので、少しでも利便性の良い商品を選んだほうが、利用してからの満足度は高いといえるでしょう。

返済方法が豊富に用意されているカードローンなら、自身のライフスタイルに合わせて無理なく返済ができます。

初めてお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

カードローンは主に消費者金融カードローンと銀行カードローンの2種類に大別されます。

大まかな特徴でいうと、消費者金融が取り扱うカードローンは審査や融資までのスピードが早く、その代わりに金利は高めに設定されています。

一方、銀行が取り扱うカードローンは消費者金融に比べて審査や融資のスピードは遅いものの、金利が低めに設定されています。

それぞれの金利帯は、消費者金融のカードローンで年18.0%前後、銀行カードローンなら年15%前後です。

つまり、金利を重視するなら銀行カードローン、金利が高くてもいいから融資までの早さを重視したいなら消費者金融カードローンというように、自身のニーズに適した商品を選択することができます。

しかし、カードローンは金利が低いほど審査の難易度が高くなるため、金利が低いからという理由だけでカードローンを選んでしまうと審査に通らないかもしれません。

ですから初めてのカードローンを選ぶ際には、金利で選ぶよりも審査に通ることを優先したほうがよいといえます。

審査に通りやすいカードローンは存在しませんが、例えば申込者のうち何割の方が審査に通ったのか、それがわかるデータがあると便利ですよね。

消費者金融各社では株主や投資家向けにIR情報を公開しており、そこには無担保ローンの成約率(新規貸付率)が記載されています。

大手消費者金融の2021年12月から2022年2月までの成約率(新規貸付率)を下表にまとめてみました。

カードローン成約率(新規貸付率)
消費者金融名 成約率(新規貸付率)
2021年12月 2022年1月 2022年2月
アコム 41.9% 40.3% 42.2%
プロミス 39.8% 37.7% 38.6%
アイフル 30.2% 29.4% 32.5%

参考資料▼

上記成約率(新規貸付率)は毎月更新されていますので、カードローンの経験が初めての方は、申し込みの前にぜひチェックしてみてください。

初めてお金を借りるときは目的に合わせてカードローンを選ぶ

カードローンは銀行や消費者金融をはじめ、さまざまな金融機関にて取り扱いがあります。

商品によって強みや弱み、特徴は異なるため、初めのうちは「どれを選んだらいいのかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

カードローンは種類が豊富なので、すべての商品を手当たり次第に探すのは非効率です。

カードローンを利用するということは、「当初お金を借りる予定はなかったけれど、状況が一変して仕方なく」という方もいらっしゃることでしょうから、借り入れを急ぐためにも、なるべく最初に条件を絞り込んでおきましょう。

即日融資を初めて利用される方

融資までのスピードを重視したいなら、即日融資に対応しているカードローンが早くて便利です。

ただし、選択するカードローンの種類によっては、即日融資を受けられない可能性もあるので注意しましょう。

銀行では新規の個人向け融資を対象に審査の厳格化が進められており、以前よりも審査に時間を要するようになったために即日融資ができなくなりました。対して、消費者金融のカードローンはこれまでと同様に即日融資に対応しており、申し込みから最短30分以内の融資も可能です。

※申し込みの時間帯や審査状況によっては、即日融資を受けられない場合もあります。

なお、土日祝日は銀行が定休日のためカードローンの審査は行なっていませんが、大手消費者金融は土日や祝日も休まず営業しているので、休日にゆっくり時間をかけてカードローンに申し込みたい方にもおすすめです。

初回限定の無利息サービスが気になる方

カードローンには新規契約者を対象に、お得なサービスを提供している商品があります。なかでも有名なのは、消費者金融カードローンに代表される「無利息サービス」です。

無利息サービスとは、初めて契約される方を対象に、一定期間の金利が0円になるお得なキャンペーンです。

例えば3万円を金利18.0%(年率)で30日間借りると、発生する利息は約443円となりますが、期間内に完済すれば利息は一切発生しません。つまり、実質金利0円で借りられるというわけです。

30,000円×18.0%×365日×30日=約433円

無利息サービスは以下のカードローンで利用することができます。

無利息サービス付きカードローン
カードローン会社名 無利息期間 対象となる方
レイクALSA <Web申込み限定>
Webで申込むと60日間特典あり
・初めてなら初回契約翌日から特典あり
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、180日間特典と併用不可
・Webで申込いただき、ご契約額が1万円〜200万円の方
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません
お借入額5万円まで180日間特典あり ・初めてなら初回契約翌日から特典あり
・契約額1万円〜200万円まで
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、60日間特典と併用不可
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
プロミス 初回出金日の翌日から30日間 ・はじめて利用される方
・メールアドレス登録とWeb明細利用
アコム 契約日の翌日から30日間 ・契約が初めての方
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・はじめて利用される方
・無担保キャッシングローンを利用される方
対象商品:キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン
※そのほかの商品は対象外となります
SMBCモビット なし
J.Score(ジェイスコア) なし

初めてお金を借りるときには、消費者金融の金利が割高に感じるかもしれませんが、無利息期間があるためお試しでも利用できます。

なお、カードローンによって無利息サービスの利用条件や対象期間は異なるので、事前に概要欄をしっかりとチェックしておきましょう。

誰にも知られずに借りたい方

誰にも知られずにカードローンを利用したい場合には、「Web完結」に対応している商品が安心です。

Web完結とは、カードローンの申し込みから契約まで、すべての手続きがWeb上で完了する申込方法です。

通常の申込方法では、自宅(本人宛)にローン専用カードや契約書類などの郵送物が送られてきますが、Web完結なら契約書は電子書面(ネット)による交付となり、カードも発行されないので、郵送物を受け取りたくない場合に便利です。

Web完結ではカードを用いることなく、借り入れから返済までカードレスで利用できますので、「カードを人に見られたくない」「カードを持ち歩きたくない」など、プライバシーが気になる方にピッタリな申込方法です。

※カードレスで利用される場合でも、あとからカードの発行が可能です。

Web完結申込に対応するカードローンの一覧は、以下のとおりです。

Web完結カードローン一覧
  • SMBCモビット
  • プロミス
  • レイクALSA
  • アイフル
  • J.Score

なお、SMBCモビットのWeb完結申込みは、郵送物なしに加え、勤務先確認などの電話連絡なしにも対応しています。

SMBCモビットのWeb完結申込みは、以下の条件を満たす方が対象です。

SMBCモビットのWeb完結申込を利用できる方
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方(※本人名義の口座に限る)
  • 全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

カードローンの利用が初めてなら借入限度額はいくら?

カードローンの利用が初めての場合、借入限度額は数万円〜50万円以下になるケースがほとんどです。

なぜなら、全国銀行協会が公表した「銀行カードローンに関する消費者意識調査」のデータによると、借入残高保有者の総借入残高のうち、50万円以下の割合が過半数を占めているからです。

借入残高保有者における総借入残高をみると、いずれも「50万円以下」の割合が半数前後を占めて多い。
銀行カードローンに関する消費者意識調査<調査結果>|一般社団法人 全国銀行協会

また、消費者金融では貸金業法に基づき、借入限度額が50万円を超える契約となる場合に、原則収入証明書の提出が必要となります。

借入限度額が50万円を超えたあたりから通常よりも審査の難易度が上がるため、初回の借入限度額の目安は数万円〜50万円以下と考えるべきでしょう。

ただし、カードローンの借入限度額は、申込者の年収や勤続年数、他社借入状況、個人信用情報などを基に審査によって決められるため、必ずしも審査に通るとは限りません。

審査に不安がある方は、次の方法をおすすめします。

初めてのカードローンによくある審査の不安を解消する方法

申し込みが初めてのときは、「私でも審査に通るかな」「借りられなかったらどうしよう」と不安な気持ちになりますよね。

なぜなら、カードローンには所定の審査があり、借り入れできるかどうかは実際に審査を受けてみなければわからないからです。

そんな初めてのカードローンによくある審査の不安を解消する方法がひとつあります。それが「お借入診断」です。

お借入診断とは、年齢や年収、雇用形態、他社借入など、簡単な質問に答えるだけで、その場で借入可能かすぐに診断してくれる機能です。(*カードローン会社によって名称は異なります。)

試しに以下の条件でアコムの「お借入診断(3秒診断)」を試したところ、診断結果の画面には「お借り入れできる可能性が高いです。」と表示されました。

年齢
20歳
年収(総支給額)
150万円
カードローン他社借入状況
30万円/1件

診断の結果が良好なら、そのまま仮審査申込みへと進むことができます。

一方、「ご入力いただいた内容だけでは、借入可能か判断できませんでした。」と表示されたとしても、すぐに諦める必要はありません。なぜなら、「お借入診断」はカードローンの審査で最も重要視される個人信用情報をまったく考慮していないからです。本申込みの画面に、より詳細な情報を入力することで、あらためて審査した結果、無事に通過できる場合もあります。

なお、「お借入診断」は個人信用情報に残りません。会員登録も不要なので、申込前のおまじない代わりに、ぜひ試してみてください。

※「お借入診断」の結果は、少ない項目から算出される簡易なものであり、審査の結果を保証するものではありません。実際の申し込みでは、より詳細な情報を基に審査が行われるため、結果が異なる場合もあります。

カードローンで初めてお金を借りるまでの流れ

カードローンで初めてお金を借りるときは、手続きをスムーズに進めるためにも、あらかじめ申し込みの流れを把握しておくことが重要です。

今回は消費者金融カードローンの流れについて紹介しますが、まず申込方法を選ぶ際には、24時間365日いつでも申し込みができる、Web申込みがおすすめです。パソコンやスマートフォンさえあれば、場所を選ばず好きなタイミングで申込可能です。

消費者金融カードローンの申し込みから借り入れまでのおおまかな手順は、以下の3ステップです。

  1. 申し込み
  2. 審査完了・契約
  3. 借り入れ

カードローンは使い道が自由な個人向け融資という特性上、資金使途が限定される住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなどの商品に比べて手続きが簡略化されています。そのため、申し込みが初めての方でも比較的簡単に手続きを行えます。

また、少しでも早くお金を借りたい場合には、Web申込完了後、フリーダイヤルに電話をかけて担当オペレーターに急いでいる旨を伝えると、状況に応じて優先的に審査を進めてもらえる可能性があります。銀行カードローンではこのような対応はしてくれませんが、大手消費者金融なら比較的柔軟に対応してくれるので助かりますね。

なお、大手消費者金融のカードローンなら、申し込みから最短30分以内に即日融資も可能です。

※申し込みの時間帯や審査状況によっては、融資が翌日となる場合があります。

必要書類の提出が初めての方

カードローンの申し込みでは、本人確認書類が必要です。

カードローンは原則として運転免許証さえあれば申込可能ですが、たとえ運転免許証を持っていなくても、ほかの書類で代用できるので安心してください。

有効な本人確認書類は、以下のとおりです。

  • 運転免許証(または運転経歴証明書)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード/特別永住者証明書

カードローンの種類や申込方法によっては、上記の書類に加えて住民票の写しや公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK等)など、追加の書類が必要となる場合もあります。

また、消費者金融カードローンの場合、以下の条件に該当される方は、本人確認書類に加えて収入証明書の提出も必要となります。

  • 1社で50万円を超える契約となる場合
  • 他社を含め借入総額が100万円を超える契約となる場合

上記以外にも、就業状況の確認など審査の過程で収入証明書の提出を求められる場合もあります。(例えば申込時の年齢が19歳以下の方など。)

有効な収入証明書は、以下のとおりです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 確定申告書・青色申請書・収支内訳書
  • 市民税・県民税決定通知書/納税通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 年金証書、年金通知書(最新のもの)
  • 支払調書(最新のもの)

上記の書類はあくまでも一例であり、カードローン会社によって有効な収入証明書は異なるため、必ず申し込みの前に公式サイトで確認されることをおすすめします。

初めてのカードローンおすすめランキング5選

初めての方におすすめのカードローン5社を、ランキング形式で紹介します。

カードローンの申込先がまだ決まっていない方は、ぜひこちらのランキングを参考にしてください。

初めてのカードローンおすすめ1位:アコム

初めての方におすすめのカードローン第1位は、アコムのキャッシング・ローンです。

アコム
公式サイトを見る
アコムのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短30分

初めてのカードローンおすすめ2位:プロミス

初めての方におすすめのカードローン第2位は、プロミスのキャッシング・ローンです。

プロミス
公式サイトを見る
プロミスのカードローン商品内容
金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短30分

初めてのカードローンおすすめ3位:レイクALSA

初めての方におすすめのカードローン第3位は、レイクALSAのキャッシング・ローンです。

レイクALSA
公式サイトを見る
レイクALSAのカードローン商品内容
金利 4.5%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒
即日融資 Webで最短60分融資も可能 ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中にお振込が可能です。一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます。
※初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は8時〜22時(毎月第3日曜日は8時〜19時)となっております。ご融資時間は一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。

初めてのカードローンおすすめ4位:SMBCモビット

初めての方におすすめのカードローン第4位は、SMBCモビットのキャッシング・ローンです。

smbcモビット
公式サイトを見る
SMBCモビットのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 最短即日
※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌営業日の取り扱いとなる場合があります。

初めてのカードローンおすすめ5位:アイフル

初めての方におすすめのカードローン第5位は、アイフルのキャッシング・ローンです。

アイフル
公式サイトを見る
アイフルのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短25分※
即日融資 最短25分※
※WEB申込の場合
<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。<auじぶん銀行カードローンについて> 記載されている金利は通常お申込みでの借入利率です。通常:1.48%~17.5%、カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%、カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%※誰でもコース及び借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象です。<SMBCモビットについて>申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。<レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長5年、最大60回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。<ランキングについて>カードローンその他サービスに関するランキングの記事については、当サイト経由でのお申込件数などを基に知っ得!カードローン編集部がまとめ記事を作成しています。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率40.7%*/

    はじめての人は30日間無利息0円

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2022年3月期」より

目的別記事一覧