お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

楽天銀行カードローンを借りるメリット・デメリット

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、当サイト(知っ得!カードローン)でも人気のあるカードローンです。

楽天銀行スーパーローンは満20歳以上の毎月安定した収入のある方であれば誰でも申し込みが可能です。

さらに楽天銀行スーパーローンなら新規で楽天銀行の口座を開設せずともいつもの口座で利用可能。楽天銀行の口座をお持ちの方は、返済口座に指定すればスーパーローンの利用に応じて楽天ポイントが貯まるなどのメリットがありますよ。

楽天銀行スーパーローンならスマートフォンやパソコンを使えばインターネットで申し込みが完結するので、面倒な書類への記入は一切不要です。必要書類の提出は郵送以外にも証明書類送付アプリを使えばすぐに提出できます。

また、楽天銀行スーパーローンでは楽天会員の方に限り、楽天ランクに応じて審査優遇があるなど楽天ユーザーに嬉しいサービスが満載です。

そして今なら楽天銀行スーパーローンに新規入会される方にもれなく楽天ポイントを1,000ポイントプレゼント中。

楽天銀行スーパーローンの専用ページから入会された方のみが本特典の進呈の対象となるので、以下のページから内容をチェックしておいてくださいね。

参照最短翌日審査!スーパーローン|楽天銀行公式

この記事では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」のメリット・デメリットや商品概要について解説します。

楽天銀行スーパーローンの強みや弱みを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

口座開設不要!楽天銀行で金利の見直し

楽天銀行カードローン「スーパーローン」とは

楽天銀行カードローン「スーパーローン」を取り扱っている楽天銀行(旧イーバンク銀行)は日本最大級のインターネット銀行です。

2017年6月末時点での口座数は590万口座以上。国内のネット専業銀行としてはNo.1です。

楽天銀行は国内ではPayPay銀行に次いで2番目に誕生したネットバンクとして知られています。

ちなみにネット銀行(ネットバンク)とは、対面の店舗を持たず主にインターネット上での取引を中心として営業しているネット専業の銀行を指します。

楽天銀行は実店舗や自社ATMを所有しておらず、設備費用や人件費のなどのコストを商品に還元することにより振込やATMの手数料、預金やローンなどを利用しやすい金利で消費者に提供しています。

楽天銀行が個人向けカードローンサービスを開始したのは2009年からで、当時は「イーバンク銀行のカードローン マイワン」という商品名でしたが、2010年5月の楽天銀行への改称にともない「楽天銀行スーパーローン」へ名称変更が行われました。

以降、楽天銀行スーパーローンは、わずか6年間で貸付残高3,000億円を突破するなどカードローンの市場でも特に人気の高い商品となりました。

楽天銀行カードローンの商品概要

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は資金の使い道が原則自由な個人向けの無担保ローンです。

保証会社である楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられるので、担保や保証人は必要ありません。保証料は借入利息に含まれているので手数料はもちろん入会金・年会費の支払いも一切ありません。

楽天銀行カードローンは利用限度額の枠内であれば繰り返し借入や返済することが可能です。お金を借りなければ利息は発生しないので緊急時の備えとしても有用です。使い道も自由なのでさまざまなシーンに利用できます。

楽天銀行スーパーローンの商品スペックです。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
カードローン商品概要
商品名 楽天銀行スーパーローン
資金の使い道 原則自由(事業性資金は不可)
申込条件 (1)年齢満20歳以上62歳以下の方
(2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
(3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方
(4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※ただし、楽天銀行が認めた場合は不要
金利 年1.9%〜14.5%
借入限度額 10万円~800万円(10万円単位)
審査時間 最短翌日
即日融資 最短翌日
無利息期間 初回借入れの翌日から30日間(スーパーローンと銀行口座同時申込みの場合)
遅延損害金 残元金債務全額に対し年19.9%
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
契約期間 1年毎の自動更新
毎月返済額 最低2,000円(利用残高10万円以内の場合)
約定返済日 1日、12日、20日、27日の中から選択可能(27日は楽天銀行口座を引落とし口座に指定した場合のみ選択可能)
収入証明書 審査に応じて提出を求められる場合もある
担保・保証人 不要
保証会社 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社
入会金・年会費 不要

楽天銀行カードローンは満20歳以上62歳以下で毎月安定した収入がある方であればどなたでも気軽にお申込みが可能です。

  • 旅行・レジャー資金
  • 家具・家電の購入資金
  • エステ等の自分磨き
  • お子さまの教育資金
  • 車の購入・修理資金
  • 冠婚葬祭など
  • 引っ越しの際の礼金・敷金
  • 資格取得資金

参照スーパーローンとは?|楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンのメリット

楽天銀行カードローン「スーパーローン」のメリットをご紹介します。

新規入会で楽天ポイント1,000ポイント進呈

楽天銀行カードローン「スーパーローン」に新規入会するだけで、今なら楽天ポイントが1,000ポイントもらえます。

楽天ポイントは、楽天市場などで1P=1円として利用できます。

少額の借り入れなら入会特典の1,000ポイントさえあれば1ヵ月間(30日)なら無利息も同然です。

楽天ポイントでお得
入会月の翌月末時点の残高 利息 楽天ポイント 支払利息
3万 357円 1000P +643
5万 595円 +405
8万 953円 +47
10万 1,191円 -191

次の給料日までちょっとお金貸してほしいときってありますよね。ちょっとだけ借りる程度ならポイント分で無利息になります。

(注:楽天ポイントで利息の支払いはできません)
(注:申込時に「楽天会員情報を引き継いで申込されたかた」または「楽天ポイント口座を登録されたかた」が対象です)
(注:楽天ポイントは入会月の翌月末に付与されます)
(注:有効期限が付与日の月末から15日間の期間限定ポイントとして付与されます)

参照楽天ポイントプレゼント|楽天銀行

楽天会員ランクに応じて審査で優遇

楽天銀行カードローン「スーパーローン」で一番のメリットは楽天会員ランクに応じて審査優遇を受けられるところにあります。これは楽天ならではのサービスですね。

金利優遇サービスを行っている銀行カードローンはいくつかありますが、審査優遇を受けられるのは楽天銀行カードローンだけです。

楽天会員の方は、会員ランクに応じて楽天銀行カードローンの審査で優遇を受けられるので、非会員の方と比べて審査に有利です。

特に楽天市場でショッピングする機会が多い方や、楽天カードを愛用している方であれば、利用実績次第でさらに優遇されるかもしれませんよ。

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

銀行カードローンならではの金利

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利は年1.9%〜14.5%です。

大手銀行カードローンと比較してみてください。

  • 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック→金利年1.8%〜14.6%
  • 三井住友銀行カードローン→金利年4.0%〜14.5%

ご覧のとおり、楽天銀行カードローンは楽天ユーザーだけではなく一般の方でもメリットが大きいカードローンです。

消費者金融の最高金利は18.0%がほとんどなので、楽天銀行カードローンを借りることで支払利息の負担は軽くなります。

楽天銀行の口座なしでもスーパーローンの申込可能

銀行のカードローンによくありがちな利用条件として、「当行の普通預金口座をお持ちの方」があります。実際その口座を持っていればいいのですが、利用者が申込先を自由に選べないのは辛いところです。

楽天銀行カードローンは楽天銀行の口座を持っていなくてもスーパーローンに申し込みができ、口座開設する必要もありません。口座登録は他の金融機関で構いません。逆に楽天銀行の口座をお持ちであれば、振込融資を24時間365日利用できるなどのメリットがあります。

楽天銀行の提携ATM利用手数料が無料

楽天銀行はネット専業銀行なので実店舗や自社ATMがありません。

その代わり提携ATMが充実していて、全国の提携ATM100,000台以上を利用できます。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 東京スター銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行ATM

上記の提携ATMであれば、楽天銀行カードローンのATM利用手数料が無料です。

提携ATMは充実しているけど、手数料がかかるカードローンは意外に多いです。

そのようなカードローンの場合、ATMを利用すると1万円以内は110円、1万円超だと220円の手数料が発生します。

楽天銀行カードローンなら時間外手数料も無料です。土日祝日や夜間でも手数料を気にせず借入・返済が可能です。

楽天銀行カードローンのデメリット

楽天銀行カードローン「スーパーローン」のデメリットです。

デメリット
  • 申込方法がインターネットだけ

申込方法がWebのみ

Webからの申込みは時間もかからず手続きが簡単なのですが、パソコンを持っていない、スマホ入力が面倒、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

楽天銀行スーパーローンは、電話からの申し込みを一切受付けておらず、実店舗や自動契約機もないので申込方法はWebに限られます。

「担当者さんに相談しながら楽天銀行カードローンを申込みしたい」「パソコンやスマホの操作が苦手で」という方には少し不便に感じるかもしれません。

楽天銀行カードセンターで担当者さんに相談することは可能ですが、受付が平日のみで土日祝日が休みなのもマイナスポイントですね。

■楽天銀行カードセンター
電話番号:0120-988-411
受付時間:平日9時~20時30分

楽天銀行カードローンの借り入れに向いている人

楽天銀行カードローン「スーパーローン」に向いているのは以下に該当する方です。

  • 楽天会員ランクがシルバー以上
  • 誰とも会わずに契約したい
  • 3日~5日以内に借りられたらいい
  • 消費者金融は金利が高いからイヤだ

楽天銀行スーパーローンを他社カードローンと比較

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利と限度額を他社カードローンと比較してみました。

楽天銀行カードローンの金利は、大手メガバンクのカードローンと比べても遜色ありません。

楽天銀行カードローンの比較表
カードローン 金利(年率) 借入限度額(契約極度額)
銀行 楽天銀行カードローン「スーパーローン」 年1.9%〜14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 30万円~800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」 通常:1.48%〜17.5%
<au限定割>
誰でもコース:1.38%〜17.4%
借り換えコース:0.98%〜12.5%
通常:10万円~800万円
<au限定割>
誰でもコース:10万円~800万円
借り換えコース:100万円〜800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 10万円~1,200万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
PayPay銀行カードローン 2.5%~18.0% 10万円~1,000万円
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円〜800万円
セブン銀行カードローン 14.0%~15.0% 10万円〜100万円
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
J.Score(ジャイスコア) 0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円

楽天銀行カードローンを最短で借りる方法

楽天銀行カードローンの申込方法はインターネット申込みだけですが、24時間いつでも申込みが可能です。

  1. 楽天銀行カードローン公式サイトから申し込み
  2. 審査開始→勤務先への在籍確認
  3. 契約内容の確認
  4. 必要書類の提出(郵送または証明書類送付アプリ)
  5. カード発行(自宅へ郵送)
  6. 振替依頼書を返送(楽天銀行の口座情報を引き継いで申込みする方は不要)

楽天IDや楽天銀行口座をお持ちの方は「名前、生年月日、自宅住所・郵便番号、固定電話」などが自動入力されます。

参照最短翌日審査!スーパーローン|楽天銀行公式サイト

楽天銀行カードローンの会社概要

商号
楽天銀行株式会社 Rakuten Bank, Ltd.
本社所在地
〒108-0075
東京都港区港南2-16-5 NBF品川タワー
電話番号
TEL:0120-720-115
設立
2000年(平成12年)1月14日
資本金
259億5,400万円
代表者
永井 啓之
主な事業内容
電子メディアによる銀行業
取扱商品
住宅ローン、カードローン、不動産担保ローン、リバースモーゲージ、教育ローン、ブライダルローン、トラベルローン
加盟信用情報機関
全国銀行個人信用情報センター、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)
登録金融機関
関東財務局長(登金)第609号
金融機関コード
0036
公式ホームページ
https://www.rakuten-bank.co.jp/

まとめ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」のメリット・デメリットについて紹介をしました。

楽天銀行カードローンのメリットはなんといっても金利です!三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行バンクイックよりも金利の条件に優れているため、金利を重視したいという方であれば、ぜひ選択肢のひとつにいれておくとよいでしょう

借入限度額は最大800万円であり、月々の最低返済額は2,000円からなので、無理なく返済が可能です。

また楽天会員ランクに応じて審査優遇があるため、楽天ユーザーが借りやすいカードローンとなっています。

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
金利 年1.9%〜14.5%
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短翌日
即日融資 最短翌日

Next楽天銀行カードローンの審査の流れと審査基準

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。<auじぶん銀行カードローンについて> 記載されている金利は通常お申込みでの借入利率です。通常:1.48%~17.5%、カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%、カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%※誰でもコース及び借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象です。<SMBCモビットについて>申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。<レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長5年、最大60回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。<ランキングについて>カードローンその他サービスに関するランキングの記事については、当サイト経由でのお申込件数などを基に知っ得!カードローン編集部がまとめ記事を作成しています。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率40.7%*/

    はじめての人は30日間無利息0円

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2022年3月期」より

目的別記事一覧