お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

auじぶん銀行カードローン じぶんローンを借りるメリット・デメリット

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」は、au IDをお持ちの方におすすめのカードローンです。

auじぶん銀行カードローンの「通常コース」は金利年1.48%~17.5%で銀行カードローンにしては高めの設定ですが、しかし、「au限定割 誰でもコース」なら金利年1.38%~17.4%と0.1%お得です。

さらに「au限定割借り換えコース」なら金利年0.98%~12.5%で業界屈指の低金利でカードローンが利用できるため、他社からの借り換えを検討する方は必見です。

auじぶん銀行カードローンは「auじぶん銀行の口座持ってない…」という方でも口座開設は一切不要で申し込みOK。

この記事では、auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」のメリット・デメリットや商品概要について解説します。

auじぶん銀行カードローンの強みや弱みを他社カードローンとの比較を交えながら説明しますので、ぜひ申込時の参考にしてください。

au IDをお持ちの方なら最大年0.5%金利優遇

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」とは

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」を発行するauじぶん銀行株式会社は、2008年6月に三菱東京UFJ銀行(現 三菱UFJ銀行)と通信大手のKDDIが共同出資して設立したインターネット銀行です。

商号の由来は「携帯電話の中にある自分の銀行」というコンセプトのもと、「わたし銀行」「マイ銀行」といった候補の中からauじぶん銀行に決定。

2008年12月よりアコム信用保証によるカードローン「じぶんローン」のサービスを開始。
2010年5月には口座数がネット専業銀行では最速となる100万口座を記録。
2016年9月末の口座数は227万件、預金残高は7,595億円、ローン残高2,195億円となり、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで事業基盤を拡大しております。

2017年1月には、日本経済新聞社発表の『第13回金融機関ランキング』のネットバンキング部門において「ネットバンキング・モバイルバンキングの利便性が高い」の項目で1位の評価を獲得しました。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の商品概要

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の商品スペックです。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
カードローン商品概要
商品名 auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
資金の使い道 原則自由(事業性資金は除く)
対象年齢 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
申込条件 ・安定継続した収入のある方(自営業、パート・アルバイトを含む)
・保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる方
※カードローン au限定割借り換えコースは主婦や年金収入だけの方は申し込みできません。
金利 (1)通常金利:年1.48%〜17.5%
(2)au限定割 誰でもコース:年1.38%〜17.4%*
(3)au限定割 借り換えコース:年0.98%〜12.5%*
(*)au IDをお持ちの方
借入限度額 (1)通常:10万円~800万円以内
(2)au限定割 誰でもコース:10万円~800万円以内
(3)au限定割 借り換えコース:100万円~800万円以内
※すべて10万円単位
審査時間
即日融資
無利息期間 なし
遅延利率 年 18.0%
契約期間 1年(原則として、審査のうえ自動更新)
返済方式 残高スライドリボルビング方式
毎月返済額 最低1,000円(金利9%以下、借入残高10万円以下の場合)
返済日 期日指定返済(返済日は自由に指定可能)
35日ごと返済(35日サイクル)
収入証明書 必要
担保・保証人 不要
保証会社 保証会社アコム(株)
入会金・年会費 不要

auじぶん銀行カードローンはau以外のdocomo、Softbank等の携帯電話をお持ちの方でも利用できます。また、申し込みの際にauじぶん銀行の口座を持っていなくても大丈夫です。口座開設する必要は一切ありません。

「au限定割」への申し込みは、au IDをお持ちの方ならOK。

■au限定割 誰でもコース、借り換えコースの申込条件

  • au携帯電話
  • ケーブルプラス電話
  • Smart TVBox
  • J:COM PHONEプラス
  • auひかり
  • auひかりちゅら
  • au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)

「au限定割」の適用中にauとの契約を解除するとどうなる?

「カードローン au限定割」を利用中に、登録されたau IDが無効になると金利優遇が予告なく中止される場合があります。

金利優遇が一旦中止された場合、有効なau IDを再登録しても金利優遇が再度適用されないので注意してください。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」のメリット

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」のメリットです。

au IDをお持ちの方なら最大年0.5%の金利優遇

au IDをお持ちの方なら、auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」で最大0.5%の金利優遇を受けられます。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の金利割引
商品プラン 金利(年率) 割引率(年率)
通常金利 1.48%〜17.5%
au限定割 誰でもコース 1.38%〜17.4%* 0.1%優遇
au限定割 借り換えコース 0.98%〜12.5%* 0.5%優遇

(*)au IDをお持ちの方

au IDをお持ちの方は、「入力支援サービス」によって、スマホでもラクラクお申込みが可能です。

他社カードローンからの借り換えに最適

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の「カードローンau限定割 借り換えコース」は、他社から借り換えを検討されている方におすすめです。

  • 「他社の金利に不満がある」
  • 「毎月の返済負担が大きい」
  • 「返済日がバラバラで管理が大変」
  • 「借金がどれくらい減っているのか把握しきれていない」

消費者金融での借り換えを検討している方は、総量規制に注意しましょう。消費者金融では、総量規制という法律によって、他社を含めた借入額の合計が年収の3分の1までに制限されています。

年収300万円の場合
300万円÷3=100万円までならOK

100万円を借り換えするときは、あらたに100万円を借りなければいけません。一時的に「残高100万円+新規100万円」となり、借入額の合計が総量規制の範囲を超えてしまうため審査に通りません。さらに消費者金融は金利が高いので、「せっかく借り換えしたのに返済の負担が増えた」と期待したような結果にならないケースが非常に多いです。

その点、auじぶん銀行カードローンの「借り換えコース」は金利年0.98%~12.5%であり、さらに借入限度額も最大800万円までと借り換えに適した条件を高水準で兼ね備えています。

口座引き落としによる返済が可能

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」ではうっかり返済忘れを防止するために、自動支払(口座引き落とし)による返済方法が選べます。

また、インターネットからの手続きなら、土日・祝日でも借入や返済時の手数料が無料です。

提携ATM利用手数料は無料

auじぶん銀行は自社ATMを持たないネット専業銀行のため提携ATMが豊富です。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」は全国のコンビニにて24時間365日手数料0円で利用が可能です。

■手数料0円の提携ATM

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行ATM
  • E-net(ファミリーマートやミニストップなど)

毎月の最低返済額は1,000円から

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」を借りたいけれど、毎月の返済額がいくらなのか気になりますよね。

auじぶん銀行カードローンは初めての方でも返済計画が立てやすく、安心して利用できます。

借入残高10万円の返済額

  • 金利年9%以下の場合:1,000円
  • 金利年9%超13%以下の場合:1,500円
  • 金利年13%超の場合:2,000円

最少返済額で無理なく返済できるほか、余裕がある場合はいつもより多めに返済できます。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」のデメリット

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」のデメリットです。

銀行カードローンとしてはやや金利が高い

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の通常コースの金利は年1.48%~17.5%なので、銀行カードローンにしてはやや金利が高めです。

通常コースで最低金利の年1.48%が適用されるのは、710万円~800万円の契約極度額を勝ち取った方だけです。

つまり、高額融資を希望する方にとって金利条件は良いのですが、希望限度額が100万円以内の方であれば別の選択肢を考えてみるべきでしょう。

ちなみに融資額100万円未満のカードローンの金利相場は、消費者金融だと金利年18.0%、銀行カードローンだと年12.0%〜14.0%が一般的な金利の相場です。

auじぶん銀行口座がないと口座引き落としで返済できない

auじぶん銀行の口座をお持ちの方は、auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の返済方法で口座引き落としを選べます。口座なしの方は提携ATMからでしか返済を行えません。

提携ATMの利用手数料は0円ですが、返済の手間を考えると口座引き落としにできないのはちょっと残念ですね。

即日カード発行できない

auじぶん銀行には自動契約機がないので、auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」は即日カード発行に対応していません。カードが手元に届くのは契約後、約1週間ほど時間がかかります。

急いで融資を受けたい方は、振込で融資を受ける形になります。振込んでもらう指定先の口座はauじぶん銀行以外でも構いません。

コンビニATMで現金を引き出したい方はカードが届くまでしばらくお待ちください。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」と他社を比較

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の金利と借入限度額を、他社のカードローンと比較してみました。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の比較表
カードローン 金利(年率) 借入限度額(契約極度額)
銀行 auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」 通常金利:1.48%〜17.5%
誰でもコース:1.38%〜17.4%*
借り換えコース:0.98%〜12.5%*
(*)au IDをお持ちの方が対象
10万円~800万円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 年1.9%〜14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 30万円~800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 10万円~1,200万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
PayPay銀行カードローン 2.5%~18.0% 10万円~1,000万円
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円〜800万円
セブン銀行カードローン 14.0%~15.0% 10万円〜100万円
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
J.Score(ジャイスコア) 0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円

auじぶん銀行カードローンを借りられるのはどんな人

どの銀行のカードローンを借りるにしろ、その銀行の設けたカードローンの申込条件を満たすこと、およびいくつかの重要な手続きをパスすることがポイントになります。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の場合は、以下の4点が重要と考えます。

安定した収入がある

収入においては条件が「安定継続した収入のあるお客さま」となっており、金額での最低基準が示されていないので、ポイントがほかにあることがわかります。それは「収入と返済のバランス」です。

つまり、auじぶん銀行カードローンでは収入の大小に関係なく借入可能な上限額と毎月返済額のバランスさえ取れていれば誰でも借りられるということであり、これは収入の少ないアルバイトやパートが申し込みするうえで大きな希望となります。

また、申し込みの最終年齢が70歳未満と高いのも年金受給者を意識した条件設定となっており、これも申込者にはうれしい配慮ですね。

※他のカードローン会社では、利用限度額、契約極度額という表現をしていますが、auじぶん銀行カードローンでは「借入可能上限額」と表記しています。

保証会社アコムの保証を受けられる

auじぶん銀行カードローンでは、提携する保証会社の保証を受けられることがカードローン発行の条件となっており、その保証会社は大手消費者金融の(株)アコムです。

アコムは自社での融資業務に加えて、多くの銀行カードローンの保証会社も兼ねており、個人向けカードローンに関して豊富な審査実績とノウハウがあります。

さらにアコムは消費者金融として最も多くの顧客数を持っていることからも、どのような属性の個人でも申し込みすればしっかりと審査をしてくれることが予想できます。これは、auじぶん銀行カードローンの審査でも大いに期待していい側面です。

ただし、auじぶん銀行カードローンはあくまでも銀行のカードローンですので、保証会社のアコムがアコムカードローンと同じ基準で審査するわけでもありません。

確実に在籍確認が取れる

在籍確認は、auじぶん銀行(実務担当はアコム)が申込者の勤務先に電話をかけて、本人の勤務先への在籍と働いていることを確認する手続きです。

auじぶん銀行カードローンの審査では在籍確認は必ずあります。在籍確認を済まさずカードローンを借りることはできません。

さらに他社で在籍確認を電話に代えて行う書類対応もauじぶん銀行では取り扱いしていません。そのため、職場に電話をかけられることが嫌な申込者や電話により申し込みがバレることを恐れる人は、書類対応が可能な他のカードローンを検討したほうがいいでしょう。

ただし、アコムも在籍確認では個人のプライバシーには十分に配慮して、原則担当者の個人名で電話をかけてくれますが、本人が希望すればauじぶん銀行で連絡をしてくれるので、必要ならば申し込んだあとすぐにローンセンターに電話して相談してみましょう。

また、auじぶん銀行では在籍確認とは別に申込内容の確認のために自宅または勤務先に電話をかける場合があります。こちらも手続きの一環として行われます。

忙しいからといって電話を無視するとか、電話に出なくてあとで折り返しもないと「確認不可」として落ちてしまう場合もあるので、できれば審査中は優先して電話に出てください。

※auじぶん銀行からの電話は、平日9:00~20:00、土・日・祝休日9:00~17:00に限定されています。

信用情報に問題がない

auじぶん銀行カードローンの審査では、auじぶん銀行と保証会社のアコムが加盟している指定信用情報機関に申込者の信用情報を問い合わせます。

auじぶん銀行と保証会社のアコムがチェックしている信用情報の中で、カードローンの審査に強く影響する項目は以下のとおりです。

金融事故情報が登録されている

具体的には、過去に返済で長期の延滞があった、他社のカードローンで保証会社の代位弁済があったなど。

返済遅延を何度も繰り返している

返済遅延とは毎月の決められた返済日に返済せず、期日に遅れて返済する行為で、何度も繰り返しているとやがて滞納につながるので、銀行が最も嫌う行為のひとつです。

短期間に複数のカードローンを同時に申し込んでいる

信用情報機関には、カードローンの申し込みに関する情報が登録日から6ヵ月は記録が残ります。

その間に複数のカードローンに続けて申し込むと、次は「申し込みブラック」となり、カードローンの審査に通りにくい状態になります。

計画性のない申し込みや他社との同時申込みは、じぶん銀行カードローンの審査では不利です。

申し込みブラックにならないためにも、申込先を最大3社までに絞っておくか、適度に期間を空けてからカードローンに申し込みましょう。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の金利と限度額

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の金利は借入限度額に応じて決まります。

auじぶん銀行カードローンの金利
限度額 通常 au限定割 誰でもコース※ au限定割 借り換えコース※
10万円~100万円 13.0%~17.5% 12.9%~17.4% 12.5%
110万円~200万円 9.0%~13.0% 8.9%~12.9% 8.5%~12.5%
210万円~300万円 7.0%~9.0% 6.9%~8.9% 6.5%~8.5%
310万円~400万円 6.0%~7.0% 5.9%~6.9% 5.5%~6.5%
410万円~500万円 5.0%~6.0% 4.9%~5.9% 4.5%~5.5%
510万円~600万円 4.5%~5.0% 4.4%~4.9% 4.0%~4.5%
610万円~700万円 3.5%~4.5% 3.4%~4.4% 3.0%~4.0%
710万円~800万円 1.48%~3.5% 1.38%~3.4% 0.98%~3.0%

※au IDをお持ちの方が対象
※借り換えコースは限度額100万円から
※借り換えコースで審査の結果、限度額100万円未満となった場合、誰でもコースの金利が適用される
一見するとauじぶん銀行カードローンは金利が高いと感じますが、実は借入限度額100万円を超えると超低金利カードローンへと変わります。

auじぶん銀行カードローン比較
カードローン 金利(年率)
110万円超200万円以下 210万円超300万円以下 310超400万円以下
auじぶん銀行カードローン「au限定割 誰でもコース」※ 8.9%~12.9% 6.9%~8.9% 5.9%~6.9%
auじぶん銀行カードローン「au限定割 借り換えコース」※ 8.5%~12.5% 6.5%~8.5% 5.5%~6.5%
三井住友銀行カードローン 10.0%~12.0% 8.0%~10.0% 7.0%~8.0%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10.6%~13.6% 7.6%~10.6% 6.1%~7.6%
りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」
11.5% 9.0% 7.0%

※au IDをお持ちの方が対象
※他社の借入金が100万円未満の場合でも借り換えコースの対象となります。所定の審査結果が借入可能上限額(限度額)100万円未満の場合は、誰でもコースの金利を適用。

このように限度額100万円以内だとこれといって金利に特徴はありませんでしたが、限度額100万円を超えると一気に金利が引き下がります。

限度額100万円を超える借り入れとなることが条件になるので、「ある程度まとまったお金を借りたい」「1社にまとめて金利を低くしたい」という方に向いているカードローンだといえます。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」を最短で借りる方法

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の申し込みは、ネット銀行らしくインターネットオンリーです。

  • 申し込み(24時間対応)
  • 審査
    審査結果の連絡(Eメールor電話)
  • 契約(書類の提出はネットでOK)
  • 借り入れ

auじぶん銀行カードローンの審査結果は、最短翌日以降に登録のEメールアドレス宛に審査終了の案内が届きます。受付時間や審査状況によっては、審査終了の案内までに数日かかる場合もあります。

また、メール設定などで確認できない場合は、Eメールでの通知後、以下の方法で審査結果の確認ができます。

■auじぶん銀行の円普通預金口座を「持っている」
インターネットバンキング・ケータイバンキングにログイン→[審査結果の確認]

■auじぶん銀行の円普通預金口座を「持っていない」
Eメールで案内する専用ページにログイン→[審査結果の確認]

審査結果は気になりますよね。2、3日経っても通知メールが来ない場合は、ログインして確認してみてください。

必要書類の提出はパソコン・スマートフォン・auじぶん銀行アプリを使って簡単に提出できます。また、審査結果の確認や契約手続きも同様にネットで行えるので時間や手間もかかりません。

申し込みは24時間いつでもできますが、審査の受付時間は下記のとおりです。

auじぶん銀行カードローンの審査受付時間
曜日 時間
平日 9時~20時
土曜・日曜・祝日 9時~17時

不安なことや気になる質問があれば担当者の方に相談してみてください。

■auじぶん銀行ローンセンター
電話番号:0120-926-800

auじぶん銀行口座開設はクイック口座開設アプリが早くて便利

口座開設される場合は、Webで口座開設するよりもクイック口座開設アプリを利用すれば最短3分で手続きが完結します。

公式アプリをインストール後、運転免許証を撮影して登録フォームに入力するだけの簡単作業です。キャッシュカードは最短5営業日で発送されるので到着後すぐに利用できます。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」

公式サイトを見る
Nextauじぶん銀行カードローン じぶんローンの審査の流れと審査基準

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧