三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを借りるメリット・デメリット

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを借りるメリット・デメリット

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は金利年1.8%~14.6%、利用限度額は最高500万円まで、銀行口座不要でインターネットから24時間いつでも申し込みが可能です。

三菱UFJ銀行バンクイックは銀行のカードローンでありながら、銀行営業時間外の土日・祝日でも審査の回答をしてくれます。

三菱UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(自動契約機)は、9:00~21:00(土・日・祝日 9:00~17:00)まで営業中。

三菱UFJ銀行カードローンの審査通過後なら、即日でバンクイックカードの発行&受取も可能です。

この記事では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリット・デメリット、商品詳細の内容をわかりやすく解説します。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の強みや弱みを知りたい。他社カードローンとの比較もしたい。そういった方におすすめの内容です。

目次

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

日本3大メガバンクの一角を占める三菱UFJ銀行(BTMU)は、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)傘下の完全子会社です。

1919年に株式会社三菱銀行として設立され、いくつかの合併を繰り返し、2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併して今に至ります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。

2013年3月末時点の貸付残高は1,661億円、2015年3月末には3,114億円、2016年3月末になると3,716億円規模にまで成長を果たしています。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの商品概要

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の商品スペックです。

三菱UFJ銀行カードローン
カードローン商品概要
商品名三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
資金の使い道原則自由(事業性資金を除く)
申込条件(1)年齢が満20歳以上65歳未満で国内に居住する個人の方
(2)原則安定した収入がある方
(3)保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
金利年1.8%〜14.6%(変動金利)
借入限度額10万円〜500万円(10万円単位)
審査時間最短翌日
即日融資
無利息期間なし
遅延利率年20.0%
返済方式残高スライドリボルビング方式
返済額2,000円(借入残高10万円以下、金利15%未満の場合)
返済期日(1)毎月指定返済
(2)35日ごとの返済(直近返済日の翌日より35日目)
契約期間1年(原則として、審査のうえ自動更新)
保証会社アコム㈱
担保・保証人不要
年会費・会員費不要

三菱UFJ銀行カードローンは担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンです。

三菱UFJ銀行カードローンは資金使途が原則自由(事業性資金を除く)であり、限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMなどで気軽に借入や返済が可能です。

三菱UFJ銀行の公式サイトで公開されている「どんな人がバンクイックを利用しているの?」によると、三菱UFJ銀行カードローンの利用者の年齢層は働き盛りの30代〜40代の方が多いようです。

  • 20代:17.9%
  • 30代:25.3%
  • 40代:29.5%
  • 50代:20.5%
  • 60代:6.8%

また、三菱UFJ銀行カードローン利用者の男女比を見てみると約3割が女性の方です。

バンクイックは男性利用者だけではなく、女性からも高い支持を得ていることが分かります。

  • 男性:68.7%
  • 女性:31.3%

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックとアコムの関係

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社は消費者金融アコムです。

実はアコムも三菱UFJ銀行と同じく三菱UFJフィナンシャルグループの企業です。

保証会社は主に2つの役割を担っています。

  • 審査業務
  • 保証業務

つまり、三菱UFJ銀行カードローンの審査をおこなっているのは同グループ企業のアコムです。

審査スピードが業界最速と評されるアコムとの連携により、保証会社を外部に委託している他金融機関と比べて審査は早いです。

唯一、銀行カードローンで審査スピードがほぼ同レベルにあるのは三井住友銀行カードローンだけです。

三井住友銀行カードローンもまた、消費者金融プロミス(SMBCコンシューマファイナンス株式会社)に保証業務・審査を委託しおり、この2社は三井住友フィナンシャルグループの子会社という関係があります。

三菱UFJ銀行カードローンとアコムの関係に近しいですね。

アコムとプロミスは消費者金融のカードローンでよく比較されていますが、同じく三菱UFJ銀行バンクイックと三井住友銀行カードローンもライバル関係にあるといえます。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのメリット

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリットを解説します。

三菱UFJ銀行カードローン最大のメリットは金利

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は年1.8%〜14.6%です。

三菱UFJ銀行カードローンは、銀行ならでは安心の金利のため、利息の支払い負担を少しでも軽くしたい方に選ばれています。

大手の消費者金融カードローンでも最高金利が18.0%なので、三菱UFJ銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いです。

ただし、メガバンクと呼ばれる都市銀行4行のカードローンと比較すると、三菱UFJ銀行バンクイックは一番金利が高いカードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利比較
カードローン金利(年率)借入限度額(契約極度額)
都市銀行りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」3.5%~12.475%30万円~800万円
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%10万円~500万円

バンクイックの申し込みに三菱UFJ銀行の口座は不要

口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンは多いのですが、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は銀行口座不要で申し込みが可能です。

三菱UFJ銀行以外の都市銀行では、みずほ銀行カードローン、りそな銀行カードローンは銀行口座が必須です。

口座開設の要・不要
カードローン口座開設
銀行三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」不要
みずほ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン不要
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」必要
楽天銀行カードローン「スーパーローン」不要
住信SBIネット銀行カードローン必要
オリックス銀行カードローン不要
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」不要
ジャパンネット銀行カードローン必要
ソニー銀行カードローン必要
イオン銀行カードローン不要
セブン銀行カードローン不要
消費者金融アイフル不要
アコム不要
プロミス不要
SMBCモビット不要
レイクALSA不要
J.Score不要

カードローンの利用のために口座開設すると、使わない口座が増えますし、手続きも面倒ですよね。

三菱UFJ銀行カードローンは土日祝日でも審査可能

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査結果の連絡は9:00〜21:00(土・日・祝日は9:00~17:00)まで。

銀行カードローンの多くは、基本的に土日や祝日に審査はおこなっていません。土日・祝日は銀行がお休みだからです。

審査結果の連絡は銀行の翌営業日以降になってしまうので、土日を挟むと余計に時間がかかります。

三菱UFJ銀行カードローンなら銀行営業日以外でも審査してくれるので、土日・祝日がお休みの方にとっては非常に有難いですね。「審査結果だけでも早く知りたい」って方は多いですからね。

無人契約機「テレビ窓口」で即日カード発行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は自行の無人契約機「テレビ窓口」で申し込み・契約・カード発行までおこなえます。

無人契約機の「テレビ窓口」は、三菱UFJ銀行内のATMコーナーにあります。

「テレビ窓口」でできることは以下のとおりです。

  • 契約手続&専用ローンカード発行
  • カードローン申し込み

また、インターネットから申し込みをして、審査を通過した後に、テレビ窓口にてバンクイックカードの受取りも可能です。

通常は、契約完了後にカードが郵送され、手元に届くまで約1週間~2週間はかかりますが、審査結果の連絡を受けた後に「テレビ窓口」まで行けば即日でカード発行も可能です。

ちなみに、テレビ窓口からも申し込みは可能ですが、ネット申し込みと比べて審査が早いという訳ではありません。

「テレビ窓口」は、銀行窓口が閉まっている平日15時以降、土・日・祝日でも利用できます。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のテレビ窓口
カードローン自動契約機の種類営業時間
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」テレビ窓口9:00~20:00(平日)
※土曜・祝日は10:00〜18:00、日曜は10:00〜17:00

※店舗により営業時間が異なります。

三菱UFJ銀行バンクイック以外で自動契約機のあるカードローン会社は以下のとおりです。

自動契約機のあるカードローン一覧
カードローン自動契約機の種類
三井住友銀行カードローン三井住友銀行ローン契約機(ACM)
プロミスプロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機(ACM)
アコム自動契約機(むじんくん)
アイフル無人契約ルーム(無人契約でんわBOX「てまいらず」)
SMBCモビットローン申込機
レイクALSA新生銀行カードローンの自動契約機
J.Score自動契約機なし

「結局カードを受取りに行くのなら、そのままテレビ窓口から申し込みした方が早いのでは?」と思う方もいらっしゃいますが、次のようなデメリットもあります。

デメリット
  • 店舗に1台しかないので先客がいると待つ羽目になる
  • 申込用紙は手書きで時間がかかる
  • 審査中(30分くらい)は部屋から出られない
  • テレビ窓口に入ってからずっと監視カメラで見られている
  • 審査に落ちてしまうと銀行までの往復時間が無駄になる

上記の通り、審査の結果を受けてからテレビ窓口に行った方が断然効率的です。

先客がいたとしても、後は契約手続きを済ませてカード発行すればいいだけなので、そこまで時間はかかりません。

テレビ窓口で申し込み、もしくはカード発行する際には、運転免許証が必要です。

運転免許証をお持ちでない方は、テレビ窓口が利用できないのでカードの受取方法は郵送だけです。

三菱UFJ銀行ATMや提携ATMは利用手数料が無料

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、全国にある三菱UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATMの利用手数料も無料です。

利用手数料が無料のATM一覧
ATM利用時間帯ATM利用手数料取り扱いサービス
三菱UFJ銀行ATM0:10~23:500円・引き出し
・預け入れ
・振込(振込予約)
・残高照会
・バンクイックの借入・返済
・暗証番号変更
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-net(ファミリーマート、ポプラ等)

ほとんどの消費者金融ではコンビニATMの利用時に手数料が発生してしまうのがデメリット。手数料の負担が嫌で銀行カードローンを選ぶ方は多いです。

Eメールサービスで返済日を事前にお知らせ

Eメールサービスとは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済期日を3営業日前にメールでお知らせしてくれるサービスです。

うっかり忘れがちな返済期日を事前にメールでお知らせしてくれるので安心です。

もし返済日を過ぎてしまったとしても、返済日の翌営業日に入金のお願いメールでお知らせしてくれます。

利用状況に応じて利用限度額の増額をメールで案内してくれるのも嬉しいですね。

三菱UFJ銀行カードローンを申し込みする際、入力フォームにEメールサービスを「希望する」「希望しない」のボタンが設置されているので面倒な登録手続きは不要です。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのデメリット

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のデメリットを解説します。

三菱UFJ銀行口座なしだと借り入れや返済の手段が限られる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、三菱UFJ銀行の口座を持っていないと不便なことがいくつかあります。

三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていないと使えないサービスは以下のとおりです。

  • 振込融資で借入れできない
  • 口座振替(自動引落)で返済ができない
  • インターネットバンキングが利用できない

口座振替(自動引落)とは、返済額を自動で口座から引落ししてくれる返済方法です。大変便利な返済方法ですが口座を持っていないと選択できません。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの借り入れに向いている人

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリット・デメリットからどんな人に向いているのかまとめました。

  • 消費者金融よりも低金利がいい
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っている
  • 口座開設したくない
  • 借入れを急いでいる
  • 土日・祝日に申し込みする
  • ATM利用手数料は無料がいい
  • 人気の銀行カードローンを利用したい

審査結果の連絡後に、無人契約機のテレビ窓口まで行けば即日カード発行も可能です(※申込時間や審査状況によっては翌営業日以降となる場合もあります)。

三菱UFJ銀行カードローンは口座開設不要、土日・祝日でも審査可能、ATMの利用手数料が無料、など欠点が少ないバランスに優れたカードローンです。

三菱UFJ銀行カードローンの金利は銀行の中でも優秀なので、金利にこだわりたい方におすすめです。

ただし、三菱UFJ銀行カードローンは即日融資には対応しておらず、今日中にお金を借りたい方には不向きのローンだといえます。

三菱UFJ銀行カードローンは最短翌営業日以降の審査回答ですので、融資までには少し時間がかかることに注意しましょう。

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを他社と比較

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利と限度額を他社カードローンと比較してみましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」比較
カードローン金利(年率)借入限度額(契約極度額)
銀行三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%10万円~500万円
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%10万円~800万円
りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」3.5%~12.475%30万円~800万円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」1.9%~14.5%10万円~800万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10万円~1,200万円
オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%最高800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」1.7%~17.5%10万円~800万円
ジャパンネット銀行カードローン2.5%~18.0%10万円~1,000万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10万円~800万円
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%10万円〜800万円
セブン銀行カードローン14.0%~15.0%10万円〜100万円
消費者金融アイフル3.0%~18.0%最大800万円
アコム3.0%~18.0%1万円~800万円
プロミス4.5%~17.8%1万円~500万円
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円~800万円
レイクALSA4.5%~18.0%1万円~500万円
J.Score0.8%~15.0%10万円~1,000万円

通常は借入限度額100万円以内であれば、ほとんどの場合で最高金利が適用されます。

新規申込で限度額が100万円を超えるケースは少ないため、最高金利を基準に選んでください。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最高金利は14.6%なので、これより低いものをランキングしました。

  1. りそな銀行カードローン:12.475%
  2. ソニー銀行カードローン:13.8%
  3. イオン銀行カードローン:13.8%
  4. みずほ銀行カードローン:14.0%
  5. 楽天銀行カードローン スーパーローン:14.5%
  6. 三井住友銀行カードローン:14.5%
  7. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:14.6%

上記の中で銀行口座不要なのは次の4社です。

  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン スーパーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

さらに自動契約機を所有しているのは次の2社だけ。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

土日祝日でも審査結果の連絡をしてくれるのもこの2社だけです。

銀行口座をお持ちなら、他社カードローンの方が金利条件は良いですよ。ただし、審査の回答が遅いため融資まで3日程度(場合によっては5日~1週間程度)は見ておいた方がいいかもしれません。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを借りられるのはどんな人?

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を借りられるのは、以下のような審査基準を満たすことができた人です。

勤務実績があり安定収入が見込める人

申し込みの年齢基準を満たし、一定の勤務実績と安定した収入が見込める人が三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を借りられます。

ここで注目したいのは以下の2点です。いずれも三菱UFJ銀行カードローンの公式サイト「よくあるご質問」から抜き出したものです。

Q:パート・アルバイトは申し込みできますか?
A:原則安定した収入がある方であれば、お申込可能です。
Q:収入が年金のみですが申し込みできますか?
A:お申し込みいただけます。原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます。

銀行カードローンでよく注目されるのは、非正規雇用者の「パート・アルバイトの人」や「年金収入のみの人」がカードローンを申込みできて借りられるかという点ですが、三菱UFJ銀行カードローンではいずれも可となっています。これは該当する方にとってはうれしい情報ですね。

この事例にもあるように、三菱UFJ銀行カードローンはメガバンク4行の中で一番金利が高く、しかも借入限度額は他社カードローンと比べても500万円までと低めに設定しているおり、申込者の属性評価は低くても条件さえ満たせれば誰でも利用できる銀行カードローンとなっています。

保証会社アコムの保証を受けられる人

銀行カードローンでは、銀行の提携する保証会社の保証が受けられることが発行の条件となっています。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社は大手消費者金融のアコムです。

また、アコムは単体でも大手消費者金融業者の中で最大の利用残高、利用者数を誇っており、個人向けキャッシングの審査ノウハウが豊富なので、これは三菱UFJ銀行カードローンの保証会社として審査・保証業務を請け負っていても弾力的な対応が期待できます。

まずはアコムの保証が受けられるように各属性の評価アップに努力しましょう。

三菱UFJ銀行に口座があり、各種の取引実績がある人

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は口座の有無にかかわらずカードローンを発行することができます。

自行の口座開設をカードローン利用の要件とする銀行が多い中で、わざわざ口座を作りたくないけどカードローンは作りたいという利用者には三菱UFJ銀行カードローンはとても魅力的です。

一方、銀行は総合取引を重視しており、カードローンの申込前にすでに預金口座があり、各種の取引実績がある人であれば審査でも有利となることが期待できます。

できれば三菱UFJ銀行の口座を開設したらしばらく取り引きの実績を作ってから三菱UFJ銀行カードローンに申し込みすればより審査通過率が高まることでしょう。

個人信用情報に問題がなかった人

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、三菱UFJ銀行およびアコムが外部の信用情報機関に申込者の個人情報を問い合わせて本人の信用状態をチェックします。

スコアリング審査の結果が良好で信用情報に問題がなければ三菱UFJ銀行カードローンを借りられます。

信用情報の審査でチェックされるのは主に以下の項目です。

  • アコム…申込者の過去の信用履歴、現在の信用商品の利用状況など
  • 三菱UFJ銀行…申込者本人の犯罪履歴および反社会的集団との関係の有無※

※2018年1月以降、銀行による警察庁(含む都道府県警察)への照会が手続きとして増えたため、三菱UFJ銀行カードローンは土日祝日でも審査を受けられますが即日融資は不可となっています。

勤務先への在籍確認が取れた人

在籍確認は三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では欠かせない審査手続きのひとつです。

在籍確認では、三菱UFJ銀行の担当者が申込者の勤務先に電話をかけて本人が在籍して働いていかどうか確認します。

三菱UFJ銀行カードローンでは在籍確認の手続きはどうなっているのでしょうか?

同じく公式サイト「よくあるご質問」をチェックしてみると、

Q:勤務先の確認や、申込内容に間違いがないかなどを確認するために、ご自宅および申し込みや契約時に自宅や勤務先へ確認連絡は来ますか?
A:勤務先へ連絡する場合があります。

と記載されており、在籍確認の手続きがある可能性を示しています。

また、アコム単体では在籍確認の手続きでケースによっては電話に代えて書類での対応もしてくれますが、三菱UFJ銀行カードローンではアコムは保証会社の立場であり、書類対応は期待しない方がいいでしょう。

いずれにしても、三菱UFJ銀行カードローンでは、在籍確認は電話で行われるという前提で審査に臨んでください。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの審査を通りやすくする方法

この章では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査を通りやすくする方法をいくつかご紹介します。

ぜひ活用されて三菱UFJ銀行カードローンの審査通過率を上げられるようにしてください。

希望の借入金額を低めにする

・10万円で申し込んでみて、まずはカードローンを手に入れる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の利用限度額の最低単位は10万円です。

もし三菱UFJ銀行カードローンの審査に通りたいなら、まずは最低単位の限度額で申し込みして審査通過を図ってください。

また、どのカードローンにも増額という方法があります。

三菱UFJ銀行カードローンの公式サイトをチェックすると、「本商品の利用後はお取引状況に応じて限度額の変更をご案内いたします」という一言が書かれていました。

これはすなわち、カードローン利用開始後、借り入れや返済の利用状況が良かったら三菱UFJ銀行の側から増額の案内を差し上げますよということを示しています。

この方法も効果的に使いながら段階的に必要な限度額を引き上げておこなってください。

・限度額50万円以下で申し込む

50万円を超える利用限度額で三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込みをおこなうと収入証明書の提出が必要です。

すなわち50万円を超えて三菱UFJ銀行カードローンを申し込むと手続きが複雑になるばかりでなく審査の難易度も上がります。

それだけにもし審査に通りたいならまずは限度額を50万円以下で申し込んで、審査の難易度を下げて確実に三菱UFJ銀行カードローンを手にするのもひとつの手だと思います。

・年収の3分の1以内を目安に申し込む

最近の銀行カードローンはさまざま面で自主規制の流れが強まっており、特にメガバンクや大手地方銀行では顕著です。

また、審査においても、消費者金融の融資を量的に制限している総量規制の方針を銀行カードローンでも適用しようという機運が強まっており、本人年収の3分の1を超える申込みをしてもだんだんと審査通過するのが難しくなっています。

それだけに三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査でも年収の3分の1以内の限度額を目安に申込みすることで審査通過の可能性が高まるので、まずは無理をせず節度ある申込みでカードローンを手にすることを優先してください。

絶対に嘘はつかない

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込みで嘘の情報を申告することだけは厳禁です。

カードローンは自己申告が原則なので、気持ちの弱い人間ほど収入や勤続年数などの重要な審査項目で嘘をつきがちです。

しかし、三菱UFJ銀行カードローンは審査が厳格なので、信用照会などあらゆる角度から申込者の申告内容の真偽をチェックしてきます。

嘘は必ずバレます。そしてバレたら確実に審査で落ちます。三菱UFJ銀行カードローンを確実に借りたいなら、つまらない嘘で自分の信用を落とさないようにしましょう。

短期間に複数のカードローンを同時に申し込まない

短期間のうちに三菱UFJ銀行カードローンと他社カードローンを同時申込みをすることはバンクイックの審査では悪影響となるので、適切に期間を空けてから申し込みすることをおすすめします。

カードローンの申込情報は信用情報機関で6ヵ月間は登録保存されることがルールで決められています。そのため、申込期間を6ヵ月以上空けてから申し込みすれば審査への影響は少なくできるでしょう。

短期間(特に1~2ヵ月以内)の複数他社同時申込みは最悪の場合、三菱UFJ銀行を含めて全社で審査落ちの可能性すらあります。

カードローンの申し込みでは焦らずに節度をもった申し込みを心がけてください。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの金利と借入限度額

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は借入限度額に応じて異なります。

三菱UFJ銀行カードローンの適用金利
利用限度額借入利率(年率)
400万円超〜500万円以下1.8%〜6.1%
300万円超〜00万円以下6.1%〜7.6%
200万円超〜300万円以下7.6%〜10.6%
100万円超〜200万円以下10.6%〜13.6%
10万円以上〜100万円以下13.6%〜14.6%

バンクイックの金利14.6%と金利18.0の利息額の差

「消費者金融は金利が高いから銀行カードローンを使いたい」と考えるのは自然なことですね。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最高金利は年14.6%、消費者金融の金利は年18.0%でその差は年3.4%です。

金利差の年3.4%からどれくらい利息がお得になるのか見てみましょう。

バンクイックと消費者金融の利息比較
借入限度額返済期間
1ヵ月6ヵ月1年2年
10万円279円991円1,844円3,565円
20万円558円1,984円3,695円7,148円
30万円838円2,978円5,547円1万726円
50万円1,397円4,967円9,249円1万7,889円
100万円2,794円9,937円1万8,505円3万5,788円
200万円5,589円1万9,877円3万7,017円7万1,590円
300万円8,383円2万9,818円5万5,531円10万7,391円
500万円1万3,972円4万9,697円9万2,553円17万8,989円

30万円を借りて1年後に完済しても利息総額は5,547円しか違いありません。

これなら消費者金融でもいいのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

銀行カードローンは審査が厳しいイメージがあるので、あえて銀行を避けて消費者金融のカードローンを選ぶ方は意外に多いです。

ただし、借入金額30万円、金利14.6%、返済期間1年で計算すると支払い利息の総額は2万4,244円になります。

5,000円の違いであれば大差はないように感じますが、2万5,000円と3万円では負担の差は大きいですね。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを最短で借りる方法

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込方法は以下の通りです。

  • インターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話)
  • テレビ窓口
  • 電話

申込方法で一番早いのはインターネットです。インターネットなら24時間好きな時間に申し込みOK。

審査にかかる時間はどれも同じくらいなので、それなら今すぐ申込みできるネットが早いという理由です。

テレビ窓口の場合、移動に時間がかかり、先客がいると最長で1時間くらい待つことになるかもしれません。さらに審査中も室内から出ることはできないので、終始落ち着けないです。

電話なら申し込みの相談ができますが、すべて申込者情報をすべて口頭で伝えていく流れになるので、正直時間がかかります。申し込みが不安な方は、電話で相談した後に、インターネットから申し込みした方がどう考えても早いです。

バンクイックの申し込みの流れ

インターネットからの審査申し込みの流れをご紹介します。

  1. 公式サイトへアクセス
  2. 審査項目を入力
  3. 「カードの受取方法」でテレビ窓口を選択
  4. 申込内容確認→送信
  5. 仮審査
  6. 審査結果の連絡(Eメールor電話)
  7. 在籍確認
  8. 最寄りの三菱UFJ銀行のテレビ窓口に移動
  9. 契約手続&カード発行
  10. 三菱UFJ銀行ATMまたはコンビニATMで借入

※審査結果の連絡は9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)まで
※申し込み受付時間や審査状況によっては、審査結果の回答が翌営業日以降になることもある

審査結果の連絡がEメールまたは電話で届き次第、三菱UFJ銀行内のテレビ窓口でカードの受け取りをします。

三菱UFJ銀行バンクイックの審査・テレビ窓口の時間
カードローン審査結果のお知らせ時間自動契約機営業時間
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」9:00~21:00(土・日・祝日 9:00~17:00)テレビ窓口9:00〜20:00(平日)
※土曜・祝日は10:00〜18:00、日曜は10:00〜17:00

テレビ窓口の営業時間内であれば、審査回答後すぐに即日カード発行が可能です。混み具合や審査状況によっては、審査が翌日営業日以降の回答になることもあるので、申し込みを当日ではなく前日の夜でもしておくと有利ですよ。

NEXT三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査の流れ・審査基準

迷ったらカードローン

\Webなら最短1時間融資も可能/
プロミスのキャッシング・カードローン
公式サイトへ