お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

消費者金融比較ランキング

カードローンをはじめて利用する方や、今すぐお金を借りたい方に選ばれている消費者金融。
消費者金融といえばアコムやプロミス、アイフルなどが有名ですよね。また、街中を歩いているとSMBCモビットやレイクALSAの看板もよく目にします。最近ではAIスコア・レンディングなるサービスも登場しています。
さまざまなサイトでも紹介されていますが、「違いが分かりにくい」「比較がしづらい」「結局どの消費者金融がいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、消費者金融の審査、金利、利息、無利息期間、利便性などの各項目ごとに比較してランキング形式で紹介します。
消費者金融を比較して選びたい方はぜひ参考にしてください!

消費者金融比較ランキング一覧

消費者金融比較ランキングにエントリーするのは以下の6社です。

特にアコムとプロミス、アイフルの3社は、業界最大手の有名な消費者金融です。
SMBCモビットも人気が高く、2018年オリコン日本顧客満足度調査でノンバンクカードローンのランキング1位を獲得した今最も勢いのある消費者金融です。
また、審査にAI(人工知能)を取り入れているJ.Score(ジェイスコア)やレイクALSA(レイクアルサ)も、新興勢力の消費者金融として、デジタルリテラシーの高い20代を中心に人気を集めています。
大手を除く中小規模の消費者金融(いわゆる地域密着型の街金業者)をランキング外とした理由は以下のとおりです。

デメリット
  • 金利が高い(最高金利が年20.0%)
  • ローンカードが発行されず、振込融資がメイン(銀行営業時間の平日15時まで)
  • そのため、24時間いつでも自由にコンビニATM等で借入や返済ができない
  • 土日祝日に営業していないところが多い(銀行の休業日は振込手続きができないため)
  • 審査や融資スピードが大手消費者金融より遅い
  • 無利息サービスを実施している業者が少ない

街金業者すべてに該当する訳ではありませんが、基本的に営業時間や借入方法が限られてしまいます。
そもそもカードローン商品ではないので、大手消費者金融のように専用ローンカードを使って、コンビニATMで24時間自由に借入・返済ができません。
借入方法が振込融資メインのため、平日15時以降や土日祝日に借入れできないのは残念ポイントです。
一般的には、銀行カードローンや大手消費者金融の審査に通らなかった方が利用される傾向にある為、はじめてカードローンを利用する方があえてそちらを選ぶメリットは特にないように思われます。

消費者金融のメリット

まず消費者金融のメリットをご紹介します。

(*1)1社で50万円超または他社含め借入額合計が100万円超の場合は収入証明書の提出が必要
金利は高いですが、早く借入れができる安心感は銀行カードローンにはない強みです。「審査結果が出るのが遅い」「いつになったら借入れできるのか分からない」となると不安で仕方ありません。
また、銀行カードローンとは違い、消費者金融であれば銀行営業時間外の土日や祝日でも審査結果の連絡をしてくれます。
審査を通過した後、自動契約機にて即日カード発行も可能です。
参考即日融資カードローンおすすめ6選!最短当日に借りる

消費者金融の審査・融資スピード比較

消費者金融の比較で気になるのは、どのくらい早く借りられるかではないでしょうか?
まずは消費者金融の審査時間および融資スピードの比較一覧です。

消費者金融比較(審査時間・融資スピード)
消費者金融 審査回答 融資まで 審査受付時間
アコム 最短30分 最短1時間 9:00~21:00(土日・祝日を含む)
プロミス 最短30分 最短1時間 9:00~22:00(土日・祝日を含む)
アイフル 最短30分 最短1時間 9:00~21:00(土日・祝日を含む)
J.Score 仮審査最短30秒 最短即日 9:00~19:00(土日・祝・年末年始を除く)
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日 9:00~21:00(土日・祝日を含む)
レイクALSA 最短15秒 Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、
当日中にお振込が可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
8:10~21:50(土日・祝日を含む)
※毎月第3日曜日は8時10分~19時

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
消費者金融のアコム、プロミス、アイフルの3社は、「審査最短30分」「最短1時間融資も可能」です。業界最速のスピード融資を掲げており、審査スピードはほぼ互角。
アコムの審査回答スピードは業界でも有名で、プロミスは審査受付時間が最長。
アイフルとSMBCモビットは、申し込み完了後、フリーコールで急いでいることを伝えると優先して審査を行ってくれます。
急ぎの融資が希望であれば、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットを選ぶと間違いないかと思います。
(※融資時間は受付時間や審査状況によって翌日以降になる場合もあります。また、申込方法によって融資までの時間は異なります。)
参考審査が早いカードローン・キャッシング!審査すぐの消費者金融6選

消費者金融の金利を比較

カードローンを選ぶ際に気になるのは金利です。
消費者金融は金利が高いため、どこで借りても同じだと思われていますが、その中でもJ.Score(ジェイスコア)やプロミスは他社よりも金利が低いです。

消費者金融比較(金利・限度額)
消費者金融 金利(実質年率) 借入限度額
J.Score 年0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円

消費者金融だけではなく銀行カードローンにも同じことがいえますが、はじめての申し込みする場合、どれだけ高収入を得ている方でも限度額は100万円以内に設定されることが多いです。
さらに、限度額100万円以下の場合だと、基本的に最高金利(上限金利)が適用されることになります。
金利は〇%~〇%と幅があるので、どうしても低い方(最低金利)を見てしまいがちですが、最高金利(上限金利)を基準にして選ぶと良いでしょう。
参考カードローンの金利と利息の計算方法!返済総額を減らす裏技

消費者金融の利息を比較

プロミスと他の消費者金融の最高金利の差は年0.2%です。
実際に利息額がどのくらいお得になるのか利息を比較しました。

消費者金融の利息を比較
借入額 金利(実質年率) 借入期間
1日 7日 30日 6ヵ月 1年 2年
5万円 17.8% 24円 170円 731円 2,625円 4,942円 9,779円
18.0% 24円 172円 739円 2,655円 5,002円 9,901円
10万円 17.8% 48円 341円 1,463円 5,254円 9,894円 19,578円
18.0% 49円 345円 1,479円 5,312円 10,011円 19,808円
30万円 17.8% 146円 1,024円 4,389円 15,765円 29,701円 58,746円
18.0% 147円 1,035円 4,438円 15,943円 30,044円 59,441円
50万円 17.8% 243円 1,706円 7,315円 26,274円 49,503円 97,923円
18.0% 246円 1,726円 7,397円 26,574円 50,074円 99,079円

やはり消費者金融は金利で差を見出すのは難しいようです。

消費者金融の無利息期間を比較

消費者金融の特徴といえば無利息サービスではないでしょうか。
無利息サービスとは、一定期間内の利息が0円になるお得なサービスです。
主にその消費者金融を初めて利用する方や、所定の条件を満たす方に適用されます。条件といってもそこまで難しいものではないのでご安心ください。

消費者金融比較(無利息サービス)
消費者金融 無利息期間 条件
レイクALSA <Web申込み限定>
Webで申込むと60日間特典あり
・初めてなら初回契約翌日から特典あり
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、180日間特典と併用不可
・Webで申込いただき、ご契約額が1万円〜200万円の方
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません
お借入れ額5万円まで180日間特典あり ・初めてなら初回契約翌日から特典あり
・契約額1万円〜200万円まで
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、60日間特典と併用不可
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
プロミス 初回出金日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
アコム 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
SMBCモビット 無利息サービスなし
J.Score

レイクALSA(レイクアルサ)は選べる無利息ローンが特徴の消費者金融です。
プロミスが無利息比較で2番目になっている理由は、無利息期間の開始日にあります。
アコムとアイフルは、契約日の翌日から自動的に無利息サービスがスタートしてしまうので、契約後すぐに借入れしないとせっかくの無利息期間をすべて消化できない可能性もあります。
それに対してプロミスは、初回出金日から無利息が適用されるので、いざというときのためにカードローンを契約しておきたいという方でも無駄なく無利息サービスが利用できます。
SMBCモビットは残念ながら無利息サービスを行っておりません。
無利息サービスのあり・なしで利息がどのくらい節約できるのかも比較してみました。参考までにどうぞ。

消費者金融の利息を比較(無利息期間あり・なし)
借入額 金利(実質年率) 無利息期間 借入期間
30日 3ヵ月 6ヵ月 1年
5万円 18.0% あり 0円 731円 1,770円 3,834円
なし 739円 1,506円 2,655円 5,002円
10万円 18.0% あり 0円 1,463円 3,542円 7,779円
なし 1,479円 3,014円 5,312円 10,011円
30万円 18.0% あり 0円 4,347円 11,087円 23,861円
なし 4,438円 9,044円 15,943円 30,044円
50万円 18.0% あり 0円 7,276円 18,402円 40,452円
なし 7,397円 15,074円 26,574円 50,074円

ちなみに銀行カードローンで無利息サービスを提供しているのは、PayPay銀行カードローンだけです。
参考無利息カードローンおすすめ4選!無利息期間ありで金利0円

消費者金融の提携ATMを比較

消費者金融を選ぶ際には、提携ATMの充実度も重要ポイントです。

消費者金融比較(提携ATMの充実度)
消費者金融 提携ATM 手数料無料の提携ATM
プロミス ・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行(*2)
・セブン銀行
・E-net
・ローソン銀行
・三菱UFJ銀行
・イオン銀行
・その他、地方銀行など
(*2)ゆうちょ銀行での借入・返済にはWeb明細の登録が必要
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
SMBCモビット ・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・プロミスATM
・ローソン銀行
・E-net
・ゆうちょ銀行(*3)
・その他、地方銀行、信用金庫など
(*3)貸金業法に基づく利用明細および領収書が後日郵送される
三井住友銀行ATM
アコム ・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・E-net
・ローソン銀行
・イオン銀行
・その他、地方銀行など
アコムATM
アイフル ・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・E-net
・ローソン銀行
・イオン銀行
・その他、地方銀行など
アイフルATM
レイクALSA ・新生銀行カードローンATM
・セブン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・ローソン銀行
・E-net
・その他、地方銀行、クレジットカード・信販など
※詳細はレイクALSAのHPよりご確認ください。
J.Score

消費者金融の自動契約機を比較

消費者金融各社が所有または提携している自動契約機についても比較しました。
プロミスとアコムでは自社で所有する自動契約機以外でもカードローンの申し込みからカードの受け取りが可能です。

消費者金融比較(自動契約機の営業時間)
消費者金融 自動契約機
プロミス プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機(ACM)
アコム 自動契約機(むじんくん)
アイフル 無人契約ルーム(無人契約でんわBOX「てまいらず」)
SMBCモビット 三井住友銀行のローン契約機
レイクALSA 新生銀行カードローンの自動契約機
J.Score なし

プロミスは自社自動契約機だけではなく、三井住友銀行のローン契約機(ACM)が利用できます。消費者金融の無人店舗には入りづらい方でも安心してカードの受取ができます。
ちなみに、銀行カードローンで自動契約機を所有しているのは、三井住友銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックだけです。

自動契約機のある銀行カードローン一覧
カードローン 自動契約機の種類
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行ローン契約機(ACM)
プロミス自動契約機
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 テレビ窓口

消費者金融の比較ランキングTOP6

「知っ得!カードローン」編集部おすすめの消費者金融ランキングをご紹介します。

消費者金融比較ランキング1位:アコム

消費者金融比較ランキング第1位は「アコム」です。
利用者数、貸付残高、新規申込者数はもちろん消費者金融業界トップクラス!
パソコン・スマートフォンにて申込み完了後、審査を通過したのち9:00~21:00 ※年中無休(年末年始は除く)までであれば、自動契約機(むじんくん)で即日カード発行が可能です。

アコム
公式サイトを見る
アコムのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

消費者金融比較ランキング2位:プロミス

消費者金融比較ランキング第2位は「プロミス」です。
アイフルやアコムよりもサービスの充実度において優れています。
プロミスは申込み・借入・返済まで完全Web完結!カードレスキャッシングなので郵送物もなし!
はじめてなら無利息サービスが利用でき、三井住友VISAプリペイドがプレゼントでもらえますよ。

プロミス
公式サイトを見る
プロミスのカードローン商品内容
金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

消費者金融比較ランキング3位:SMBCモビット

消費者金融比較ランキング第3位は「SMBCモビット」です。
SMBCモビットのWeb完結は申し込み・借入れ・返済までが、すべてWebだけで完結。
勤務先への電話連絡や郵送物がないので、誰にも知られずにカードローンを利用したい方に選ばれています。
通常の申し込みでも、SMBCモビット公式スマホアプリをダウンロードすれば、カードを使わずにセブン銀行ATMで借入れOK。
カード発行なしのカードレスキャッシングできるのはSMBCモビットとプロミスだけ。

smbcモビット
公式サイトを見る
SMBCモビットのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 最短即日
※申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

消費者金融比較ランキング4位:レイクALSA

消費者金融比較ランキング第4位は「レイクALSA」です。

レイクALSA
公式サイトを見る
レイクALSAのカードローン商品内容
金利 4.5%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒
即日融資 Webで最短60分融資も可能 ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中にお振込が可能です。一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます。
※初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は8時〜22時(毎月第3日曜日は8時〜19時)となっております。ご融資時間は一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。

消費者金融比較ランキング5位:J.Score(ジェイスコア)

消費者金融比較ランキング第5位は「J.Score(ジェイスコア)」です。

J.Score
公式サイトを見る
J.ScoreのAIスコア・レンディング
金利 年0.8%〜15.0%
借入限度額 最大1,000万円
審査時間 仮審査最短30秒
即日融資 最短即日
※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携をおこない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。

まとめ

今回ご紹介した消費者金融ランキングは検索ボリューム、アクセス数、滞在時間、当サイト経由でのお申し込み件数や、申込者の利便性を考慮してあらゆる角度から比較を行い、総合的に判断してランキング化したものです。よく見かける”根拠がないおすすめランキング”ではありません。
消費者金融は「審査から借入れまでが早い」「銀行カードローンよりも審査が厳しくない」ことが最大のメリットです。
急ぎの方への融資は銀行カードローンよりも消費者金融のほうが優れています。

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧