お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

アコムとプロミスを比較!どっちがいい?

大手消費者金融のアコムとプロミスは、両方とも人気のカードローンであるが故によく比較されます。
アコムとプロミスを比較すると、どっちがいいのでしょうか?どうせ借りるなら両方を比較して使い勝手が良いほうを利用したいですよね。
消費者金融といえば、アコムやプロミスのほかにも、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなどが比較的有名で、カードローンを利用したことがなくても1回くらいは名前を聞いたこともあるのではないでしょうか。
その中でもアコムとプロミスは別格の人気を誇り、1日あたりの申込者数や融資残高において貸金業界ではトップシェアを占めています。
アコムとプロミスを比較してどっちがいいのか気になるところではありますが、「大手とはいっても所詮は消費者金融だし、アコムとプロミスを比較してもそこまで大差ないのでは?」と考える人も少なくありません。
しかし、カードローンの専門家である筆者がアコムとプロミスの両方をあらゆる角度から分析した結果、明確な違いをいくつか発見しました。
この記事では、アコムとプロミスを比較して、どっちがいいのかを徹底的に比べてみました。
アコムとプロミスの金利と利息、即日融資や審査スピード、無利息期間から利用者数に至るまで満遍なく比較しているので、どちらがいいか比べながら申し込みを考えたいという方におすすめの内容です。

スマホなら最短15秒で借入可能額を表示

アコムとプロミスを比較!どっちがいい?

アコムとプロミスの2社はどちらも業界最大手の消費者金融として知られています。
貸付条件や商品スペックにあまり違いはありませんが、カードローンの機能面やサービスの充実度に若干の違いがあります。
アコムとプロミスの両方を比較して、それぞれのカードローンにどのような違いがあるのか見てみましょう。

アコムとプロミスを比較
カードローン アコム プロミス
金利(実質年率) 3.0%~18.0% 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円~800万円 1万円~500万円
審査時間 最短30分 最短30分
即日融資 最短1時間 最短1時間
無利息期間 契約日の翌日から30日間 初回出金日の翌日から30日間
返済日 1回の支払につき35日以内または毎月払い 5日、15日、25日、末日から選択可
毎月返済額 2,100円(借入金額5万円の場合) 2,000円(借入金額5万円の場合)

アコムとプロミスの両方のカードローンを並べて、簡単に比較しただけでもあらゆる点で違いがあるのがわかります。
アコムとプロミスでどっちが優れているのか、さらに掘り下げて細かく分析してみましょう。

アコムとプロミスの金利を比較

アコムとプロミスの金利を比較します。

アコムとプロミスの金利比較
金利比較 最低金利(下限金利) 最高金利(上限金利)
アコム 3.0% 18.0%
プロミス 4.5% 17.8%

最低金利はアコムが3.0%でプロミスの4.5%よりも−1.5%低めに設定されていますが、基本的に最低金利で借りられるのは最高限度額が適用された場合のみです。
消費者金融は総量規制により年収の3分の1以上は借りられないので、例えばアコムから金利3.0%で借り入れするためには、年収がおよそ2,400万円(アコムの限度額800万円×3倍)必要です。
カードローンを初めて利用する方の場合であれば、限度額100万円以下に設定されることが多いので、最高金利を基準にカードローンを選んでください。

アコムとプロミスの利息を比較

プロミスは最高金利が17.8%なので、アコムの金利18.0%よりも0.2%も安く借りられます。
アコムとプロミスの金利差0.2%でどのくらい支払いの利息が安くなるのかを比較してみました。

  • 5万円を借りる→100円の差
  • 10万円を借りる→200円の差
  • 20万円を借りる→400円の差
  • 30万円を借りる→600円の差
  • 40万円を借りる→800円の差
  • 50万円を借りる→1,000円の差

※1年間の利息額を計算しています
「大して変わらない」と思った方もいるかもしれませんが、実際に金利18.0%で20万円を借りると、1年間の支払利息額は36,000円もかかります。
少しでも支払いの利息を減らしたいと考えるならプロミスのほうがいいでしょう。たかが0.2%、されど0.2%です。
参考カードローンの金利と利息の計算方法!返済総額を減らす裏技

アコムとプロミスの利用者数を比較

アコムとプロミスの利用者数を比較します。利用者の数はカードローンの人気や知名度を表す指標のひとつです。
アコムの消費者向け無担保ローンの利用者数と、プロミスの無担保ローンの利用者数です。

アコムとプロミスの利用者数
利用者数 新規申込数 新規顧客数
アコム 1,518,830件 50,919件 22,941件
プロミス 1,383,000件 49,728件 23,378件

※2018年10月時点

現在の利用者数はアコムのほうがプロミスよりも多く、新規申込数でもアコムがリードしています。
新規顧客数においてはプロミスのほうがアコムよりやや多いですが、総合的に人気面ではアコムに軍配が上がります。

アコムとプロミスの即日融資を比較

アコムとプロミスの即日融資のスピードを比較してみました。アコムとプロミスどっちが早いのでしょうか?
即日融資とは、申し込んだその日のうちに融資してくれるというもので、急いでお金を借りたい場合は、即日融資に対応しているカードローンを選ぶ必要があります。
アコムとプロミスは即日融資にも対応しており、カードローンの中でも特に融資スピードが早いと評判です。

アコムとプロミスは即日融資も可能
審査スピード比較 審査時間 即日融資
アコム 最短30分 最短1時間
プロミス 最短30分 最短1時間

実際には、審査回答や融資が可能な時間は、申込日や審査の混み具合、審査状況によって異なりますが、公式ホームページで公表されている時間を比べてみるとまったく同じです。
ネットの口コミでは、「プロミスのほうが融資まで早い」という評価をよく見かけますが、信憑性がないので実際のところ判断できませんね。あくまで目安ですが、口コミ調査などで分析した結果、どちらとも最短1時間以内で借り入れができるようです。
融資スピードは甲乙つけがたいので、ここでは別の視点から「何時までなら即日融資が可能か」について比較したいと思います。

アコムとプロミスは何時まで即日融資可能?

カードローンを利用する場合、主な借入方法は2つです。

  • カードを使ってATMで借り入れ
  • 銀行口座へ振込キャッシング

カードを即日発行してATMで借り入れ

カードを発行して即日で現金を借り入れするには以下の申込方法を選択します。

  1. インターネット申込後に審査を通過してから自動契約機でカード発行
  2. 自動契約機で申し込みからカード発行までその場で完了

自動契約機での申し込みは、先客がいると手続きができないので待機する時間が発生します。審査を通過できなかった場合を考えると、自宅で申し込みをして審査結果の回答が出てから無人契約機にカードを受け取りに行くほうが無難でしょう。
アコムとプロミスの自動契約機の営業時間と審査受付時間を比較してみましょう。

アコムとプロミスの審査回答時間と自動契約機の営業時間
アコム自動契約機(むじんくん) プロミス自動契約機
営業時間 平日 9時~21時 9時~22時
土日祝日 9時~21時 9時~22時
審査回答時間 9時~21時 9時~21時

※年中無休(年末年始は除く)
アコムの自動契約機(むじんくん)はプロミスの自動契約機と比べて1時間ほど早く閉まります。
時間の比較ではっきりとした違いを見つけることができませんが、プロミスのほうが優れているポイントが1つあります。
プロミスでは自社の自動契約機だけではなく、三井住友銀行のローン契約機(ACM)も利用できるのです。
三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9時~21時までと、最終受付時間がプロミス自動契約機より1時間早いですが、三井住友銀行内に設置されているので「無人店舗に入るのが恥ずかしい」「入りづらい」というような方でも気持ち的に楽でしょう。
三井住友銀行のローン契約機は、全国におよそ720台も設置されており、プロミスの無人契約機は全国に1,100台以上あるので、数的にもプロミスのほうが圧倒しています。

銀行口座への振込キャッシング

振込キャッシングで融資を受ける場合は、銀行の営業時間内までに契約を完了させ、なおかつ振込手続きまで行わなくてはいけません。
申し込みをしてから当日中に振込してもらうには基本的にどのカードローン会社でも、平日14時がタイムリミットです。しかし、アコムとプロミスはある条件をクリアすれば14時以降でも振込してもらえます。

アコム

アコムは24時間、土日祝日でも銀行振込が可能です。
銀行は土日祝日が休みですが、アコムなら休日でも銀行振込に対応しているので「人に会いたくない」「忙しくて店舗まで行けそうにない」といった方々にもおすすめです。
(※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。)

プロミス

プロミスでは以下の金融機関の口座を持っていれば「瞬フリ」サービスを利用することができます。

プロミスの「瞬フリ」サービス
金融機関 受付時間 振込実施時間
三井住友銀行 0時~24時(24時間受付) 受付完了から10秒程度
PayPay銀行

※メンテナンス中はサービス停止します
「瞬フリ」サービスとは、受付完了から10秒程度で瞬時に振込キャッシングしてくれるサービスのことです。
アコムの楽天銀行口座の場合は振込実施の目安は、受付完了から1分ですが、プロミスの「瞬フリ」なら約10秒です。
さらにプロミスでは申込方法でWeb完結を選択すると、振込キャッシングで24時間対応の金融機関が豊富です。
Web完結とは、申し込み、契約手続き、借り入れなどをすべてWeb上で完結できる申込方法のことです。プロミスWeb完結の借入方法は基本的に振込キャッシングですが、必要なら後日カード発行してもらうことも可能です。

プロミスのWeb完結に利用可能な金融機関
金融機関 利用可能時間
三井住友銀行 月 7時~24時
火~土 24時間
日 0時~21時
ゆうちょ銀行 0時5分~23時55分
みずほ銀行 月~金 24時間
土 0時~22時
日 8時~24時
三菱UFJ銀行 24時間
信用金庫 平日 8時~21時
土・日・祝日 9時~17時

※メンテナンス時間は利用できません。
※一部の信用金庫は利用できません(利用できない信用金庫は36ヵ所あります)。
そのほかにも、一部の地方銀行やネット銀行の口座もWeb完結に対応しています。
プロミスWeb完結の詳細はプロミス公式ホームページをご覧ください。

アコムとプロミスの無利息期間を比較

アコムとプロミスの無利息期間を比較します。
消費者金融を選ぶ理由の1つとして無利息サービスがあります。もちろんアコムとプロミスのカードローンにも無利息期間がついています。

アコムとプロミスの無利息期間を比較
無利息サービス比較 無利息期間 開始日
アコム 30日間 契約日の翌日から
プロミス 30日間 初回出金日の翌日から

無利息サービスとは、一定期間内の支払利息が0円になるお得なサービスの事です。銀行カードローンではあまり見られない消費者金融独自のサービスといえるでしょう。
無利息サービスは、主に金利が高いカードローン会社が提供しているサービスです。そのため、金利が低くて無利息サービス付きの銀行カードローンはないと思っていただいて構いません。
アコムとプロミスはどちらとも無利息期間は30日間で、ほぼ1ヵ月の利息がまるまる無料になります。
ここで比較するポイントになるのは、いつから無利息期間が始まるのか、「開始日」に着目してみると違いが分かります。

  • アコムの無利息サービスの開始日→「契約日の翌日」
  • プロミスの無利息サービスの開始日→「初回出金日」

アコムの場合は、契約日の翌日から無利息サービスが開始するので、もしカードローン契約後の10日後に初めて借り入れしたとすると無利息期間の残りは20日です。1ヵ月後に借り入れしたらもう無利息期間は終了しています。
アコムの場合、契約が完了したらすぐに借り入れしないと30日まるまる無利息サービスを利用することができません。
しかし、プロミスであれば、初回の出金日からサービスが適用されるので「お金を借りた日」からまるまる30日間無利息になります。
無利息で利用できる期間を無駄にしないだけではなく、プロミスの場合は「万が一の時のために持っておく」という使い方もできる訳です。それに30日以内に完済すれば利息0円なので、借りた分だけ返すだけでいいのです。
無利息サービスは、アコムとプロミスでどちらも30日間ですが、サービスが適用される開始日が柔軟なプロミスに軍配が上がります。
無利息サービスには所定の条件がありますので、プロミス公式で確認してください。

アコムとプロミスの借入限度額を比較

アコムとプロミスの限度額を比較します。

アコムとプロミスの限度額を比較
カードローン比較 借入限度額
アコム 1万円~800万円
プロミス 1万円~500万円

まずは借入限度額から見てみましょう。
アコムは最高800万円、プロミスは最高500万円の限度額が設定されていて、アコムのほうが高く設定されています。
高額融資を希望するならアコムを選んだほうがいいかもしれませんが、正直そこまで必要ない場合がほとんどですよね。
銀行カードローンの場合は10万円単位なので、どちらも1万円単位で借入額を設定することができるのはいいですね。
給料日前のピンチな時や、ちょっと贅沢したいな、といった数万円単位の少額融資で十分という方は限度額を気にする必要はありません。

アコムとプロミスの借り入れを比較

アコムとプロミスの借り入れのしやすさ、利便性などを比較してみました。
上記でも触れましたが、カードローンを利用するときは主にカードを使ってATMで現金を借り入れするか、もしくは振込キャッシングをしてもらいます。
実際には、ATMを利用する方がほとんどだと思います。今ではコンビニATMで気軽に借り入れや返済ができますからね。
そこで気になるのが、提携ATMの種類や手数料です。

アコムの提携金融機関とATMの手数料
ATM 手数料無料
アコムATM
三菱UFJ銀行 ×
セブン銀行 ×
E-net ×
ローソン銀行ATM ×
ゼロバンク ×
イオン銀行 ×
北海道銀行 ×
北陸銀行 ×
東京スター銀行 ×
八十二銀行 ×
第三銀行 ×
西日本シティ銀行 ×
福岡銀行 ×
親和銀行 ×
熊本銀行 ×
クレディセゾン ×

アコムは提携ATMが豊富でコンビニでも不自由なく利用できますが、自社ATM以外はすべて手数料がかかります。

プロミスの提携金融機関とATMの手数料
ATM 手数料無料
プロミスATM
三井住友銀行
三菱UFJ銀行 ×
西日本シティ銀行 ×
イオン銀行 ×
横浜銀行 ×
東京スター銀行 ×
第三銀行 ×
福岡銀行 ×
熊本銀行 ×
親和銀行 ×
広島銀行 ×
八十二銀行 ×
ゆうちょ銀行 ×
セブン銀行 ×
クレディセゾン ×
E-net ×
ローソン銀行ATM ×

プロミスでは自社ATM以外にも三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できます。
ちなみにATMの手数料は以下のとおりです。

  • 1万円以下→110円
  • 1万円超→220円

借り入れするときは利息以外のお金はかけたくないですよね。利用頻度が多い方なら手数料で年間3,000~5,000円くらい無駄にしているのではないでしょうか。
日本3大メガバンクの三井住友銀行は全国各地に店舗があるので、手数料をなるべく抑えたい方はプロミスがお得です。
プロミスではコンビニエンスストアのメディア端末を利用すれば返済手数料も0円です。メディア端末は「ローソンLoppi」「ミニストップLoppi」「Famiポート」が利用できます。

アコムとプロミスの返済を比較

アコムとプロミスの返済額や返済日の決まり方などを比較します。
アコムとプロミスのカードローンを利用するなら毎月の返済負担が軽いほうがいいですよね。
まずアコムの返済額は、借入金額に一定の割合をかけた金額が最小返済額となります。

アコムの返済額
借入金額 一定の割合
1万円~30万円 4.2%以上
30万円超~100万円未満 3.0%以上
契約極度額100万円超 3.0%以上、2.5%以上、2.0%以上、1.5%以上

※1,000円未満は1,000円単位に切り上げて計算されます
実際に計算すると以下のようになります。

  • 借入金額5万円×4.2%=2,100円→最小返済額3,000円
  • 借入金額10万円×4.2%=4,200円→最小返済額5,000円
  • 借入金額50万円×3.0%=15,000円→最小返済額15,000円

プロミスの返済額は、以下の割合をかけて最小返済額が決まります。

プロミスの返済額
借入残高 返済額 返済回数
30万円以下 借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超~100万円以下 借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超 借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ) ~80回

実際に計算すると以下のようになります。

  • 借入金額5万円×3.61%=1,805円→最小返済額2,000円
  • 借入金額10万円×3.61%=3,610円→最小返済額4,000円
  • 借入金額50万円×2.53%=12,650円→最小返済額13,000円

プロミスのほうが毎月の返済額が少ないので負担が軽いことが分かります。
ただし、毎月支払う金額が少ないと借り入れが長期化してしまい利息の支払総額は大きくなります。
最小返済額以上であれば多めに返済することはできるので、早く借金を返すためにも最小返済額以上を支払うようにしましょう。
次に返済日を見てみましょう。

アコムとプロミスの返済日
返済日
アコム 1回の支払につき35日以内または毎月払い
プロミス 5日、15日、25日、末日から選択可

返済日の比較はアコムに軍配が上がります。
なぜかというと、アコムでは返済日を自由に決めることができるうえ、「35日ごと」で返済することができるからです。
「35日ごと」は、前回の返済日の翌日から数えて、35日目に返済日が来るというもので、次回の返済日までの期間が長いので余裕を持って返済していくことができます。
デメリットとしては、毎月の返済日が35日ごとのサイクルで変動するので、その都度確認しなければいけません。最悪延滞してしまう可能性もあるので注意が必要です。

アコムとプロミスのカードのデザインを比較

アコムとプロミスのローンカードのデザインを比較します。
できればオシャレなカードを持ちたいですよね。
これまでの比較で「正直どっちもどっち…」という方は、最終的に商品のスペックではなくイメージや審査の通りやすさや人気の高さなどで決断するはずです。
アコムカード
アコムカードローン
シンプルなデザインのカードにはアコム名も表記されておらず、一瞬見た感じではなんのカードかバレにくいようになっています。「AC」の表記で分かる人は、利用者か過去に利用していた経験がある方でしょうからいろいろと察してくれるはずです。
プロミスカード
プロミスカードはネイビーを基調としたカードデザイン
可もなく不可もなくのデザインですがアコムよりはいいですね。しかし、中央にPROMISEと書いてあるので見られたら確実にバレます。
ただし、プロミスはWeb完結であればカードレスに対応しています。

アコムとプロミスどっちがおすすめ?

アコムとプロミスをさまざまな角度から比較してきました。
アコムとプロミスのカードローンを比べてみると、わずかながらプロミスのほうが金利などを含めバランス的に優れているように感じました。
しかし、その差は微々たるもので、審査が不安な方はアコムを選び、カードローンのスペックや利便性を重視するならプロミスがおすすめです。
アコムとプロミスでどっちにするか悩んでいる方は、何を重視したいのかで選びましょう。

即日融資ならアコムのカードローンがおすすめ

アコム
公式サイトを見る
アコムのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

金利ならプロミスのカードローンがおすすめ

プロミス
公式サイトを見る
プロミスのカードローン商品内容
金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

Nextプロミスとアコムの審査の違いを比較!おすすめはどっち?

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧