カードローンの金利・利息の計算方法と返済総額を少なくする裏ワザ

カードローン選びで特に重要視される、カードローンの金利と利息についてのお話。

カードローンを利用するなら、できるだけ利息の支払いを少なくしたいので、金利が安いカードローンに申込みしたいですよね。

でも実際、金利が高いカードローンは、金利が低いカードローンと比べて、どのくらい利息の負担が大きいのでしょうか?また、金利が1%違うだけで利息額にどれくらい差が出るのか知っていますか?

今回は、お金を借りる上で重要となる、金利と利息の基礎知識や仕組み、利息の計算方法、返済総額を少なくする裏技までをご紹介します。

消費者金融と銀行カードローンの金利と利息を比較しながら学べる内容となっています。

カードローンの金利と利息の基礎知識

お金を借りると、借りた金額と併せて「利息」を支払わなくてはいけません。

利息とは、お金を借りるときに借り手(利用者)が、貸し手(カードローン会社)に対して支払う「お金のレンタル料」です。

例えば、レンタルDVDを借りるときはレンタル料を支払ってDVDを借りますよね。カードローンも同じようにお金を借りると、レンタル料として利息の支払いが発生します。

では、カードローンの利息はどのように計算されるのでしょうか。

そこで登場するのが「金利」です。

金利とは「借りたお金に対して支払う利息の割合」のことをいい、パーセンテージ(%)で表示されていて、利息額の計算をするときに使われます。

例えばカードローンでは以下のように金利が表示されていますよね。

例)
三井住友銀行カードローン⇒年4.0%~14.5%
プロミス⇒実質年率4.5%~17.8%

金利は「年14.5%」「実質年率17.8%」というように、1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合、「年率」で表示されています。

利息と金利の関係は以下のようになります。
■金利
借入額に応じて支払う利息の割合。パーセンテージ(%)で示したもの。

■利息
借りたお金に対して支払う利用料。金利をもとに算出される。

利子と利息、利率や年率とは

金融系の商品を見る似たような単語が多くてなんだかややこしいですね。

よく使われる単語と意味をおさらいしましょう。

  • 利子:支払う側(例:利子を払う)
  • 利息:受取る側(例:利息を受け取る)

利子と利息の違いは支払う側か、受け取る側かで分けられます。

  • 利率:金利と同じ。利息や利子にかかる手数料率のこと。
  • 年利:1年分の金利。年間でかかる金利のこと。
  • 年率:年利と同じ意味で使う。年間でかかる利率のこと。

金利と利率はほぼ同じですね。「年」がつくと1年間の金利・利率として年利・年率が使われます。

金利と実質年率は違う?保証料無料のカラクリ

カードローンの金利を見ると「実質年率」と表示されているところがあります。

実質年率の表示は主に貸金業者で義務付けられていて、消費者金融では「実質年率〇%」、銀行カードローンでは「金利△%(年利)」または「利率 年◇%」というように、表示分けされています。

実質年率とは、支払利息だけではなく、契約時のかかる費用(手数料、印紙代、保証料など)の全ての合計額を年率に換算したものをいいます。

これらの費用は、基本的に利用者が負担することになりますが、申込みの都度計算するのは業者も大変です。そこで、消費者が融資費用を比較しやすいように、諸費用を含めた年率で表示したものが実質年率なんです。

カードローンは保証料や手数料などは原則無料ですが、実際には金利の中にそれらの費用が含まれているわけだったんですね。

はじめてカードローンを利用する方は、申込時や借入時にお金は必要ないのでご安心ください。別途費用が発生するものといえば、カードの再発行手数料や、業者によって借入・返済時のATM利用手数料をがかかるぐらいです。

※注意
消費者金融では実質年率の表示が義務付けられており、金利や利率だけの表示は法律に違反しています。金利が低いからといって安易にお金を借りてしまうと、契約後に別途法外な手数料の支払を求められる場合もあります。

利息制限法により金利の上限は年20%

カードローンの金利は、出資法により上限が年20%と定められています。

また、利息制限法という法律によって貸付額に応じた金利に上限が設けられています。

■利息制限法
貸付額 上限金利(年率)
10万円未満 20%
100万円未満 18%
100万円以上 15%

改正貸金業法が完全施行した2010年6月18日以降に、金銭の貸付けをおこなう業者が金利年20%を超える貸付をおこなうと、出資法違反により刑事罰が科せられます。

また、貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社)が利息制限法の上限金利を超えた貸付けをおこなう場合は、法令違反で行政処分の対象になります。

カードローン金利の相場

出資法や利息制限法は、金利の上限を定めた法律です。

したがって、法律の範囲内であれば金利設定はカードローン会社で自由に決めることができます。

大手カードローン会社の金利を例に見てみましょう

■カードローン金利比較一覧
商品 金利(年率) 利用限度額(極度額)
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行カードローン 14.0~15.0% 10~100万円
地方銀行 千葉銀行カードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5% 10~500万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円

ご覧の通り、金利は銀行と消費者金融では大きく異なります。

金利〇%~△%と幅があるのは融資額の大きさによって適用される金利が違うからです。

原則として、融資額が大きくなるほど金利は低くなり、逆に融資額が小さいほど金利が高く設定されるのです。

金利を比較するときのポイントは、最低金利ではなく最高金利をチェックしてください。

はじめての利用や、借入額が小さい場合は大抵高い金利が適用されるからです。利用限度額が100万円以内なら、ほとんどの場合カードローン会社で定められた最高金利になることが多いです。

「消費者金融ってやっぱり金利高いなぁ」と感じてしまいますが、銀行カードローンと比べて消費者金融の金利が高いのは、審査や融資スピード、サービス面を重視しているからです。

カードローンは金利だけではなく総合的に判断し、あなたに合うものをお選びください。

カードローンの金利と利息の計算方法

カードローンの金利は年率(年利)表示なので、「借入額×実質年率」で計算すると、1年間お金を借りたときの利息額が分かります。

例)
100万円(借入金額)×14%(年率)=14万円(利息)

1年間借入れすると「100万円(借入金額)+14万円(利息)=114万円(返済総額)」になります。

しかし、利息は借入日数に応じた日割り計算になるので、1年未満で発生する利息の計算はどのようにしたらいいのでしょうか?

利息を日割り計算する方法は、以下の計算式を利用します。

利息額=借入金額×実質年率÷365日×借入期間(日数)

※うるう年は366日で計算します

例えば、以下の条件で利用した場合の利息額を計算してみましょう
(※計算はすべて1円未満は切捨です。)

  • 借入金額:10万円
  • 実質年率:18%
  • 借入期間:1ヵ月(30日間)

計算例)
10万円×18%÷365日×30日=1,479円

金利18%で、1ヵ月後に支払う利息額は1,479円です。

10万円(元金)+1,479円(利息)=10万1,479円が返済総額になります。

他にも1週間と約半年間で計算してみましょう。

7日間:10万円×18%÷365×7日=345円⇒返済総額10万345円
180日間:10万円×18%÷365×180日=8,876円⇒返済総額10万8,876円

このように、カードローンでキャッシングするときは日割りで利息が計算されます。

カードローンの利息・返済額の計算はシミュレーターを使う

上記では、簡単な利息の計算方法をご紹介しましたが、実際の利息額や返済額を求める場合は、計算方法が異なります。

なぜかというと、毎月の返済額を考慮しなければいけないからです。

カードローンの毎月の返済額を決める計算方式は「残高スライドリボルビング方式」が採用されており、毎月の借入残高に応じて利息額を算出します。

業者によって、「借入後の残高」もしくは「返済日前の残高」といったように、算出日に違いはありますが、基本的に返済額は残高に応じて変動(スライド)して再計算されるようになっています。

つまり、返済が進むにつれて借入残高が減少し、あわせて毎月の「支払利息」も減っていくということになります。

例えば金利18%で20万円を借入れすると次のように計算されます。

■カードローン利息・返済額
支払回数 返済額 元金 利息 残高
1 1万8,335円 1万5,335円 3,000円 18万4,665円
2 1万8,335円 1万5,566円 2,769円 16万9,099円
3 1万8,335円 1万5,799円 2,536円 15万3,300円
4 1万8,335円 1万6,036円 2,299円 13万7,264円
5 1万8,335円 1万6,277円 2,058円 12万987円
6 1万8,335円 1万6,521円 1,814円 10万4,466円
7 1万8,335円 1万6,769円 1,566円 8万7,697円
8 1万8,335円 1万7,020円 1,315円 7万677円
9 1万8,335円 1万7,275円 1,060円 5万3,402円
10 1万8,335円 1万7,534円 801円 3万5,868円
11 1万8,335円 1万7,797円 538円 1万8,071円
12 1万8,342円 1万8,071円 271円 0円
累計 22万27円 20万円 2万27円 0円

このように、返済が進むにつれて残高が減少し、利息も同時に減っていきます。

返済額の計算は自分でやるのは難しく非常に手間がかかるので、シミュレーターを利用してください。

今回は、プロミスの「ご返済シミュレーション」を使いました。

他社のシミュレーターの中には借入額を10万円単位でしか設定できないところや、金利を自由に選べないことがありますが、プロミスなら1万円単位で細かい設定が可能ですし月単位の詳細が見れるので、返済がイメージしやすいですね。

「返済金額」「返済期間」「借入可能額」の3つのシミュレーションをおこなうことができるので、特にカードローンの利用がはじめての方は是非一度お試しあれ!

プロミス金利・利息シミュレーション

プロミス公式ホームページより

毎月の返済額はカードローン会社によって異なる

「毎月の返済額はいくら支払ったらいいの?」と疑問に感じるかもしれませんが、毎月支払う返済額はカードローン会社によって異なります。

例えば30万円借入れすると、各カードローン会社の毎月返済額は以下のようになります。

■カードローン返済総額の比較
カードローン会社 回数 返済額(約定返済額) 返済総額
銀行 三井住友銀行カードローン 78回 6,000円 49万2,898円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 43回 9,000円 38万7,058円
みずほ銀行カードローン 39回 1万円 37万6,793円
イオン銀行カードローン 38回 1万円 37万20円
消費者金融 プロミス 36回 1万1,000円 38万7,289円
アコム 29回 1万3,000円 37万993円
アイフル 36回 1万1,000円 38万8,683円
SMBCモビット 36回 1万1,000円 38万8,683円

※各社のシミュレーションツールの結果です。実際の金額と異なる場合があります

このように、カードローン会社によって毎月の最少返済額(約定返済額)は違います。

実際には、残高スライドリボルビング方式で利息は再計算されていくので返済額や返済回数は異なります。

例えば、三菱東京UFJ銀行バンクイックの場合、借入残高が20万円以下になると利息が再計算され返済額が9,000円から6,000円にスライドするからです。

会社ごとに決められた最小の返済額を支払う場合、金利差ほど返済総額に差はありません。

銀行カードローンは金利が低いので、毎月の返済負担は軽いと思われがちですが、約定返済額を支払っていくと消費者金融とそこまで大差がないのが分かります。

理由として、銀行カードローンは返済額が小さく設定されているので返済が長期化してしまうからです。

金利は低いですが、返済期間が長くなればその分利息総額が大きくなるという銀行カードローンのからくりです。

カードローンの利息を少なくする方法

カードローンを利用するなら利息はできるだけ減らしたいですよね。

支払い利息を少なくするためには、金利と借入期間がポイントになります。

利息の支払いが少ない低金利カードローンを利用する

利息は、「借入額×金利」で計算されるので、金利が低いカードローンに申込みすれば利息減らすことができます。

例)
金利18%で100万円借りる:100万円×18%=18万円

金利14%で100万円借りる:100万円×14%=14万円

※毎月の返済額は考慮していません

利息をできるだけ減らしたいなら低金利カードローンを選びましょう。

例として、10万円を3ヵ月後に返済した場合に利息がいくらになるかシミュレーションしました。

■金利が低いカードローンリスト
金融機関・商品名 金利(年) 借入限度額 利息
りそな銀行カードローン 3.5~12.475% 10~800万円 2,085円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10~800万円 2,308円
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円 2,341円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円 2,425円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6% 10~500万円 2,442円
楽天銀行カードローンスーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円 2,425円

※すべて上限金利(最高金利)で計算しています。

上記は金利重視の方に選ばれているカードローンです。貸付条件は各社で異なるので確認しておきましょう。

借入期間を短くして利息を減らす

たとえ金利が高くても、借入期間を短くすることによって利息を減らすことができます。

金利18%のカードローンで100万円を借りて、1年間後に返済すると利息は18万円です。

しかし、頑張って半年(6ヵ月間)で返済すると9万円になります。

このように、金利が高くても借入れする期間を短くすれば利息は減らせます。

無利息カードローンで金利・利息が0円

利息や金利、返済額についてお話ししましたが、「できれば利息は払いたくない」「返済額をもっと減らしたい」というのが本音ではないでしょうか。

無利息サービスを提供するカードローンであれば、一定期間内の利息は0円です。

無利息で利用できるカードローン会社は限られているのでご紹介します。

■無利息カードローン一覧
商品名 金利(年率) 期間 開始日 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 30日間 初回出金日の翌日から ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
アイフル 4.5~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
ノーローン 4.9~18.0% 7日間 初回借入日の翌日から 特になし
(完済日の翌月以降も適用)
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間 初回借入日から ・はじめてご利用の方
静岡銀行カードローンセレカ 4.0~14.5% 45日間 契約日から ・初めてご契約いただいた方のみ

※静岡銀行カードローンセレカは最大45日分の利息「キャッシュバック」です

上記をご覧いただくと「あれ?どこも金利が高い」と思ったのではないでしょうか。

無利息サービスは金利が高いカードローン会社が提供している場合が多いんです。

もしあなたが、急な出費でお金が必要だけど次の給料日までには返済できるというのであれば無利息のカードローンを利用すれば一定期間の利息は無料なので実質的に「借りた分しか返さなくていい」ということになります。

金利ばかり気にしていると、こういったお得なサービスを見逃してしまう可能性があります。

利用条件は業者によってさまざまですが、ほとんど共通しているのは「そのカードローンの利用がはじめて」であること。

はじめての申込みが条件ということは、新規申込みに対しても柔軟な姿勢を持っているとも言えます。審査が不安というカードローン初心者の方は、銀行カードローンはちょっと敷居が高いかもしれませんが、消費者金融は新規貸付に積極的ですよ。

審査が不安だったり、とりあえず今すぐお金が必要!という方は、上記の無利息カードローンも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか!

それぞれの無利息サービスの利用条件については各社の詳細ページをご覧ください。

2017年5月22日