アイフルの審査とメリット・デメリット

アイフル, 消費者金融(大手)

アイフルは急ぎの方への融資が得意な消費者金融です。

アイフルのキャッシングローンは審査が最短30分で完了!インターネットから申し込み後、フリーダイヤルに電話すると、優先的に審査をしてくれるので、審査にかかる時間が短縮。

即日融資も可能なので、「急な出費ですぐに現金が必要になった」という方にとって頼もしい消費者金融です。また、アイフルは新規貸付に積極的でありアイフルキャッシングローンをはじめて利用する方を対象に「30日間利息0円サービス」を実施中です。

この記事ではアイフルの事をもっと知りたい!という方に役立つ情報を発信しています。アイフルの審査やメリット・デメリット、申込方法まで詳しく解説してます。

アイフル

«アイフルの新金利カードローン!人気の ”秘密” はここに。»

アイフル

アイフルは消費者金融大手であり、アコムとプロミスに次ぐカードローンです。

アイフル・アコム・プロミスの顧客数と貸付残高のデータ
カードローン 顧客数(利用者数) 貸付金残高
アコム 145万2579件 7844億1,800万円
プロミス 131万1,000件 7537億4,600万円
アイフル 72万2,000件 3105億2,500万円

※2017年7月13日現在の企業業績データより

2010年6月に改正貸金業法が完全施行されて以降、総量規制などの法規制により消費者金融業界の売上が冷え込みました。

企業存続の危機に立たされたアコムやプロミスは、銀行系列のグループ企業として生き残りを図りましたが、アイフルは銀行に属さない単独経営の道を選びます。

そのため、アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)やプロミス(三井住友銀行グループ)と比べて、資金力や知名度で劣りますが、アイフルは他社にはない独自のサービスを展開して差別化を図っています。

また、アイフルは1967年(昭和42年)に現アイフル社長である福田吉孝氏が、個人経営の消費者金融業を創業してから今年(2017年)で50年の節目を迎えました。

公式サイトも新しくリニューアルされ、新規顧客獲得に向けて気合十分!今後の動向が楽しみです。

アイフルの最新情報はコチラ!

アイフルのキャッシングローン(カードローン)

アイフルのキャッシングローン(カードローン)のスペックを見てみましょう。

アイフルキャッシングローン(カードローン)のスペック
資金の使い道 原則自由
対象年齢 満20歳~満69歳まで(*1)
申込条件 (1)定期的な収入と返済能力を有する方
(2)アイフルの基準を満たす方
金利 3.0%~18.0%(実質年率)
融資金額 1,000円~800万円 注)一部提携のATM/CDでは10,000円~
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息サービス はじめての方なら契約日の翌日から30日間
遅延利率 20.0%(実質年率)
契約期間 1年毎の自動更新
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
毎月返済額 最低額4,000円(借入額10万円以下で返済日を約定日払いにした場合)
返済日 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
返済期間・返済回数 借入直後最長14年6ヵ月(1~151回)
収入証明書 原則不要(※ご利用において50万円を超える契約を行う場合、または他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合必要)
担保・保証人 不要
保証会社 アイフル
入会金・年会費 不要

(最終更新日:2018年4月現在)
(*1)取引期間中に満70歳になった時点で新たな融資が停止されます

個人向けの無担保ローンであるアイフルのキャッシングローンは、限度額の範囲内であれば繰り返し利用することができるカードローンです。

資金の使い道は自由なので様々な用途に利用できます。

  • 生活費
  • レジャー・旅行費用
  • 冠婚葬祭
  • 物品購入
  • 引っ越し費用
  • 教育資金
  • 事業資金

入会金や年会費は完全無料です。借り入れしない限り利息は一切発生しませんので、今は必要ないけど「もしもの時の備え」として1枚持っておくと何かと便利です。

アイフルに申し込みできる人

アイフルの利用条件は、「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力があり、アイフルの基準を満たすことができる方」です。

申込みできる

  • 給与所得者
  • 自営業者
  • パート・アルバイト
  • 派遣・出向・嘱託社員
  • 主婦(専業主婦は除く)
  • 学生

申込できない

  • 専業主婦
  • 年金受給のみ
  • 無職

主婦や学生でもパートやアルバイト収入があればお申し込みが可能です。
ただし、正規雇用の方と比べて収入が少なく、安定しているとは言い難いので、審査では限度額30万円以内に設定されることがほとんどです。

アイフル比較

アイフルの金利と借入限度額を他社と比較します。

カードローン比較
商品 金利(年率) 利用限度額(極度額)
消費者金融 アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行カードローン 14.0~15.0% 10~100万円
地方銀行 千葉銀行カードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5% 10~500万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円

アイフルの金利は消費者金融なので高いです。銀行と比べると分が悪いのですが、カードローンを比較するときは必ず金利だけではなく、商品のサービスや、毎月の返済額、利便性等も考慮してください。

借入限度額は最大800万円で、それ以上に設定されている金融機関もありますが、消費者金融でそこまでの高額融資を受けることができる方は限られます。

なぜかというと消費者金融は総量規制の対象となるため、限度額800万円が適用されるためには少なからず年収2,400万円あることが条件となります。

そのため、消費者金融で希望借入額を設定するときは、年収の3分の1以内に収まるようにしてください。

アイフルは土日祝日でも借入れできる?

アイフルの審査の受付時間は、平日・土日祝日ともに21時までです。

無人契約でんわBOX「てまいらず」の営業時間は土日祝日含め8時~22時まで。このことから、平日だけではなく土日祝日でも即日融資を受けることは可能です。週末に即日でお金を借りたい場合、自動契約機がある業者を選んでください。

例えば、専用カードを発行しない中小規模の消費者金融の融資方法は基本的に振込です。しかし土日祝日は銀行の営業時間外のため振込融資を受けることができません。

また、自動契約機を設置していない銀行カードローンの場合は、カードが発行され郵送して手元に届くまでに数日~数週間がかかるので即日融資は難しいためでといえます。

アイフルの審査

アイフルの審査は最短30分で回答が出ます。審査状況や申し込みの時間帯によっては30分~1時間程度はかかるようですがかなり早いです。

借入額が50万円を超える契約の場合は、収入証明書を提出しないといけないので、審査に時間がかかってしまうので注意してください。

審査についてですが、正規雇用ではないパート・アルバイトの方の場合ですと、限度額30万円以内であれば審査を通過できる可能性は十分あります。

アルバイトやパートの方が30万円以上のお金を借りるとなると審査の難易度が高くなります。

また、正社員の方でもいきなり50万円以上を借りるのは難しいです。

実家暮らしで独身、勤続年数が1年以上、年収額300万円以上等、その他諸々の条件が揃っている場合は可能性がありますが、50万円以上借りる為には返済実績が必要になります。

アイフルは増額の審査をしてくれるので、最低6ヵ月以上はしっかり返済していけば限度額UPも可能です。逆にアイフルから増額の打診を受けることもあるのでそのチャンスを待ちましょう。

アイフルの場合は、公式ホームページの「限度額アップの申込」から増額申込することができます。増額には審査がおこなわれるので最初の申込時よりも審査が厳しくなる傾向にあります。

アイフル審査の事前対策「1秒診断」

カードローン申し込みの際に一番不安なことと言えば審査ですよね。

アイフルの審査が不安な方は、アイフル公式サイトにある「1秒診断」を受けてみてはいかがでしょうか。

「1秒診断」は、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額、の4つの項目を入力することにより、事前に融資可能か診断してくれる機能です。

試しに次の条件で「1秒診断」をおこなってみました。

年齢:20歳以上
雇用形態:従業員(派遣・パート・アルバイト・嘱託)
年収:150万円
他社借入金額:30万円

診断結果は、「ご融資可能と思われます。」と表示されました。

診断の結果は、入力した情報に基づく簡易的なものであり、この結果が本審査に影響したり、審査通過を保証するものではありませんが、気持ち的な面で不安が解消されることは間違いないでしょう。

アイフル公式サイトで「1秒診断」をやってみる。

アイフルのメリット

アイフルのメリットをご紹介します。

  1. 30日間無利息サービスで利息0円
  2. 急ぎの方は優先審査で即日融資も可能
  3. 女性でも安心レディースコール
  4. カードの配達時間を指定できる「配達時間えらべーる」

アイフルを初めての利用なら30日間利息0円

アイフルでは、はじめて無担保キャッシングローン(カードローン)に申し込みする方に限り「30日間利息0円サービス」を実施中です。

  • 対象者:アイフルをはじめて利用、かつ無担保キャッシングローン(カードローン)を利用する方
  • サービス内容:契約日の翌日から最大30日間分が無利息

「30日間利息0円サービス」とは、契約日の翌日から30日間分の利息が0円になるお得なサービスです。

例えば20万円を金利18%で借入れしたとして、30日後に返済すると通常なら支払利息が2,958円かかりますが、無利息サービスを活用すればこれがタダになります。

20万円(借入額)×18%(金利)÷365日×30日(無利息期間)=2,958円

また、無利息期間中に完済すれば利息0円で済みますが、借入期間が5ヵ月程度であれば、無利息効果により低金利な銀行カードローンと同等の利息になります。

以下の例と比べてみましょう。

例)
借入額:20万円
金利:14%
借入期間:5ヵ月

アイフルの利息比較
利用月数 金利 年14% 金利 年18%(無利息ありVer.) 金利 年18%
1ヵ月 2,301円 0円 2,958円
2ヵ月 4,602円 2,959円 5,917円
3ヵ月 6,904円 5,918円 8,876円
4ヵ月 9,205円 8,877円 1万1,835円
5ヵ月 1万1,506円 1万1,836円 1万4,794円

※注:実際の支払利息と異なる場合があります

このように、約5ヵ月間以内に完済してしまえば、低金利カードローンと比べて遜色ありません。

「消費者金融は金利が高い!でも銀行カードローンは審査に通るか不安……」と悩んでる方は多いのですが、短期間の借入であればアイフルの無利息サービスを上手く活用したほうが、銀行カードローンよりも利息を少なく抑えることができますよ。

アイフル無利息サービスの詳細を確認

急ぎの方はフリーコールに電話すると優先審査

「急いでお金を借りたい」「急にお金が必要になった」そんな場合でも、アイフルは即日融資にも対応しているので本当に困ったときは助かります。

「大手ならどこでも即日融資できるよね?」という意見もあるかもしれませんが、アイフルでは急ぎの方専用に優先審査をしてくれるんですよ。

融資を急いでいる方は、インターネットから申し込みした後にアイフルのフリーダイヤルに電話をかければ優先審査をおこなってくれます。

アイフルの審査は最短30分。融資確定まで最短1時間で完了です。

さらに詳しい情報はコチラをチェック!

アイフル女性専用フリーダイヤル

カードローンの女性利用率は年々上昇傾向にあります。

消費者金融でお金を借りるというのは、女性であれば「怖い」「不安」が付きものではないでしょうか。特に初めての利用であれば尚更です。

アイフルでは、女性利用者のために「はじめてのお客様(女性専用)」のフリーダイヤルを設置しています。

アイフル女性専用フリーダイヤル:0120-201-884

女性専用フリーダイヤルでは、担当者が全員女性なので、男性の担当者だと「話しづらい」「恥ずかしい」といった方でも気軽に相談しながら申し込みすることができます。

また、女性向けレディースローンのアイフル スラリ(SuLaLi)では、限度額10万円までお借入れが可能。申し込み手続きすべてがWebで完結するなど、女性利用者の安心感を追求した商品です。

ただし、女性向けだからといって専業主婦の申し込みは受け付けていないのでご注意ください。

家族に内緒!プライバシーに配慮したアイフルの優しさ

アイフルなら、「だれにも知られず」カードを受け取ることができます。

カードローンの専用ローンカードの受け取り方法は2つあります。

  • 自動契約機でカードを受取りする
  • 郵送で自宅に送ってもらう

自動契約機でカードを受取した方が早いのですが、「無人店舗の中には入りづらい」「誰かに見られたらどうしよう」「忙しくて時間に余裕がない」という方もいらっしゃるでしょう。

かといって、自宅に郵送物が届くと家族にバレてしまうんじゃないかと心配になります。

そこで、アイフル会員サービスの「配達時間えらべーる」の出番です。

会員サービス「配達時間えらべーる」を使えば、配達時間を自由に指定することができ、本人限定配送してくれるのでバレるリスクを最小限に抑えてくれます。

  • 15時までに手続きの場合、翌日から配達
  • 15時以降に手続きなら、翌々日から配達

お届け時間指定は6つの時間帯から選択可能です。

  • 午前中(9時~12時)
  • 12時~14時
  • 14時~16時
  • 16時~18時
  • 18時~20時
  • 19時~21時

佐川急便からの受取人確認配達サービスでの配達となります。
カードの受取には、契約者の現住所の記載のある「運転免許証・パスポート・個人番号カード・在留カード・特別永住者証明書」のいずれか原本が必要です。

他社だと、封筒に社名や商品名こそ記載されてはいませんが、家族が受取ってしまう可能性は十分にあります。

アイフルの「配達時間えらべーる」を利用すれば、契約者以外に郵便物が渡されることはないので、カードローンの利用が身内にバレ心配はありません。

更に、他社の場合はカード到着まで約1週間程度かかりますが、配達時間えらべーるなら契約の翌日以降に日付指定することができるので手元に届くのが早いです。

振込融資してもらうと通帳に振込先が記帳されますが、アイフルなら振込名義をアイフル社名か個人名のどちらかを選べます。
通帳は普段持ち歩かないので、自宅に置きっぱなしにしていることがほとんどではないでしょうか。もし家族に見られたとしたら大変です。
銀行グループに傘下していない独立系消費者金融のアイフルは、他社にはない痒い所に手が届くサービスが特徴です。

アイフル公式サイトで詳細確認

アイフルのデメリット

アイフルのデメリットもご紹介します。

  1. 金利が高い
  2. 無利息期間の開始日が契約日の翌日から
  3. 返済手数料がかかる

金利が高い

アイフルは金利3.0~18.0%で消費者金融の中では平均的ですが、銀行カードローンの金利は14~15%前後だと考えるとやっぱり高いですね。

短期間の借入れであれば、無利息サービスをうまく活用して利息の支払いを抑えることができますが、長期間の借入れを想定しているならおすすめできません。

しかしどっちがお得になるのかを判断するには、より正確な計算が必要です。

公式ホームページのシミュレーションツールを利用して、是非利息の計算をおこなって比較してみてください。
アイフル公式でシミュレーションしてみる。

無利息期間の開始日が契約日の翌日から

アイフルの無利息期間は「契約日の翌日から30日間」で、契約日翌日から自動的にカウントされます。

例えば、契約だけ先に済ませて、実際お金を借りたのが契約日の翌日から20日経過した後だったとすると、残りの無利息期間は10日間しか残りません。

つまり、すぐに融資を受けないと、せっかくの無利息サービスを無駄に消化してしまうことになる訳です。

「急な出費があった時のために1枚持っておこうかと思ったけど無理か……」という方の為に、「初回の借入日から」無利息が適用されるカードローン会社も紹介します。

無利息が初回借入日からのカードローン
金融機関名 金利(年率) 無利息期間 開始時点
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間 初回借入日から30日間
プロミス 4.5~17.8% 30日間 借入日の翌日から

今すぐお金が必要じゃない方は、上記のカードローンも併せて検討してみてはいかがでしょうか?

もしもの時のためにとりあえずカードだけ作りたいという方は、このサービスのメリットを最大限活かせません。

コンビニATMは手数料がかかる

現金を引出したり、返済するときは近所のコンビニATMでサクッと済ませたいですね。昔と違って無人店舗まで行かなくていいんですよ。

アイフルもコンビニATMと提携しているので気軽に利用することができますが、その際に利用手数料がかかってしまうのが痛いところです。

一般的なATM利用手数料
取引金額 借入 返済
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

提携ATMは三菱UFJ銀行やセブン銀行、ローソンATMなどありますが、いずれも手数料がかかってしまいます。

アイフルの自社ATMは手数料無料ですが、全国に約500台しかありません。自社ATMが豊富なアコムやプロミスと比べると手数料の負担が大きくなるかもしれません。

アイフルに向いている人

アイフルに向いている人は以下のいずれかに該当する方です。

  • 今日中にお金を借りたい
  • 給料日前の一時的な借入れ
  • 家族には内緒
  • 複数債務で返済がキツイ

アイフルは消費者金融大手ならではの融資スピードが持ち味です。

融資を急いでる方は、インターネットから申し込み後、フリーダイヤルで相談すれば、審査回答は最短30分、融資最短1時間で即日融資も受けることができますよ。

更にアイフルではじめての契約の方であれば、無利息サービスで30日間は利息0円です。

また、家族に内緒でこっそりカードローンを利用したいという方でも、アイフル担当者がプライバシーに十分配慮してくれます。

アイフル

詳細・申込みはこちら【公式サイト】

アイフルの借入方法と返済方法

アイフルの借入方法は、専用カードを使ってATMで現金を借入れするか、銀行口座への振込キャッシングのいずれかです。

  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • インターネットから振込予約
  • フリーダイヤルから振込予約

振込手数料はアイフル負担なので無料です。ATMの手数料一覧は下記を参考にしてください。

次にアイフルの返済方法です。

  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • 口座振替(自動引落)
  • 振込み
  • アイフル店舗

返済日はサイクル制(35日)と約定日制があり、都合に合わせて選択可能です。口座振替(自動引落)で返済する場合は、口座登録が必要です。

返済日は金融機関ごとで違いますので公式ホームページで確認しておいた方がいいでしょう。なるべく給料日前より給料日後にしたいですよね。

借入・返済ができる提携ATMは以下の通りです。

アイフル提携ATM一覧
ATM 借入 返済 手数料
アイフルATM 無料
三菱UFJ銀行 108円/216円
西日本シティ銀行 108円/216円
親和銀行 108円/216円
セブン銀行 108円/216円
イオン銀行 108円/216円
ローソンATM 108円/216円
E-net 108円/216円
福岡銀行 × 108円/216円
熊本銀行 × 108円/216円
ファミリーマート Famiポート × 無料
ローソン Loppi × 無料

提携ATMは充実していますが、アイフルの自社ATMを除いてすべて手数料がかかります。

手数料の負担を少なくするためにもアイフルATMを積極的に利用するか、借入方法を振込、返済方法を自動引落のどちらかを利用した方が良さそうです。

ファミリーマート(Famiポート)もしくは、ローソン(Loppi)を利用して返済する場合は、店舗に設置されたマルチメディア端末を操作して申込券を発行し、レジにて返済するという流れです。

また、アイフルの返済額は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」によって決まります。

分かりやすく言うと、借入直後の残高に応じて返済額が変動(スライド)するという感じです。

サイクル制(35日毎)、約定日制どちらを選ぶかによって毎月の返済額が異なるのでチェックしておきましょう。

アイフルの毎月返済額
借入直後残高 返済金額
サイクル制 約定日制
1円~10万円 5,000円 4,000円
10万1円~20万円 9,000円 8,000円
20万1円~30万円 1万3,000円 1万1,000円
30万1円~40万円 1万3,000円 1万1,000円
40万1円~50万円 1万5,000円 1万3,000円
50万1円~60万円 1万8,000円 1万6,000円
60万1円~70万円 2万1,000円 1万8,000円
70万1円~80万円 2万4,000円 2万1,000円
80万1円~90万円 2万7,000円 2万3,000円
90万1円~100万円 3万円 2万6,000円
100万1円~300万円 1,000円ずつ加算

返済額は毎月支払わないといけない最小返済額です。早く完済するためにも随時返済することもできます。もちろん余裕ができたら一括返済することも可能です。

毎月の返済額が少ないと返済期間が延びるので、その結果利息総額が増えるので注意してください。

アイフル審査で必要な書類

アイフルの審査申し込みで必要な書類は以下の通りです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

本人確認書類に記載されている住所が、現住所と違う場合は以下のいずれかの書類(原本)をあわせて用意してください。

  • 公共料金の領収書(水道、電気、都市ガス、NTT、NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

いずれか該当する方は、収入を証明するための書類が必要になります。

  • アイフルの利用限度額が50万円超
  • アイフルと他社(貸金業者)からの借入総額が100万円超
  • 就業状況の確認など、審査で必要と判断された場合

※貸金業者とは、消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)のことです。

収入証明書は以下のいずれかのコピー1部(最新のもの)を用意してください。

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヵ月分)
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 年金証書、年金通知書

アイフルの申込方法

アイフルの申し込みでは、カードを受取ってATMで現金を借入れするか、振込融資をしてもらうかによって融資のタイムリミットが異なります。

アイフル即日融資のタイムリミット
借入方法 即日融資のタイムリミット
振込キャッシング 平日14時までに振込手続完了
ATM 自動契約でんわBOX「てまいらず」で8時~21時45分までにカードを受取る

※てまいらずの営業時間が9時~21時までの店舗もあります

銀行口座への振込みなら、平日14時までに契約手続きが完了すれば当日中の振込が可能です。

もし振込に間に合わなかった場合は、21時45分までに自動契約でんわBOX「てまいらず」でカードを発行すれば当日中に借入れすることができます。

振込融資が希望だったけど間に合わなかったという方は、後日手続きをおこなえば次回から振込に対応してくれます。

アイフルの在籍確認と郵送物

勤務先への電話連絡は審査では重要とされており、アイフルでも在籍確認はおこなわれます。

電話連絡は、プライバシーに十分配慮され担当者の個人名でかけてくれるので、カードローンに関する情報を本人以外に話すなんて一切ないので安心してください。電話は本人がでなくても大丈夫なので常に構えておく必要はありませんよ。

本人が電話に出た場合は、本人確認のために生年月日や星座を答えないといけなかったりします。周りからすると明らかに不自然ですよね。在籍確認は本人が出ない方がバレる確率が低いんですよ。

そしてあまり知られていませんが、アイフルでは勤務先への在籍確認について以下のことが書かれています。

「個別の事情などにより、他ご心配な点や不安な点がございましたら、検討時に担当者へご相談ください」

派遣社員や、諸事情により職場に電話があるとマズい方はいるかと思います。アイフルでは担当者に相談することによってなにかしらのアドバイスを受けることができます。実はこれ他社ではやっていないことです。

アイフルは痒いところに手が届きますね。こういった気配りは業界の中でも1、2を争うレベルですね。

郵送物は、カードと契約書類が送られてきますが、インターネットで申し込みした後に、無人契約でんわBOX「てまいらず」で契約とカード発行すれば原則自宅に郵送物は届きません。

アイフルで即日融資!最短審査申し込みの流れ

アイフルの最短の審査申し込みの流れをご紹介します。

  1. 公式ホームページにアクセス
  2. インターネット申込み
  3. フリーダイヤルへ電話(担当者に急いでいることを伝える)
  4. 審査回答の電話
  5. 融資方法の選択(カード発行or振込)
  6. カードの受取方法を「てまいらず」に指定する
  7. 「てまいらず」で契約・カード受取
  8. ATMでキャッシング

公式ホームページでも推奨されているように、インターネット申し込みからのフリーダイヤルの流れが一番早いです。

自動契約機で申込、契約、カード受取をすることもできますが、先客がいると順番待ちになりますし、審査中は契約ルーム内で待機しておかないといけないので居心地が悪いでしょう。

審査通過の回答がでてから向かえば、例え先客がいたとしても後は契約とカード受取するだけなので時間もそこまでかかりません。無人店舗内にはアイフルATMが設置されているのでカード発行後すぐにお金を借りることができます。

アイフル

詳細・申込みはこちら【公式サイト】