SMBCモビットの審査とメリット・デメリット

SMBCモビット

消費者金融のSMBCモビットは来店不要・電話連絡なし・郵送物なしのWeb完結申込みが人気のカードローンです。

「用入りがあって現金が必要」「クレジットカードを使い過ぎて生活費がピンチ」という方にとても便利!SMBCモビットの審査は10秒で簡易審査結果表示、来店不要で即日融資も可能です。

借り入れをお急ぎの方はSMBCモビットフリーコールに電話をかければ審査を優先しておこなってくれるなど柔軟な対応も評価が高いポイント。

2017年5月15日にSMBCモビット公式スマホアプリがバージョンアップされ、カードローン業界初のサービスとして、カードローンなのにカードレスで借入や返済ができるスマホATM取引をスタート。

SMBCモビットアプリをインストールするだけで、セブン銀行ATMで入出金が可能になりました。

SMBCモビットの審査とメリット・デメリットについて詳しく解説しています。「即日融資」「Web完結申込み」「カードレスキャッシング」のカードローンをお探しの方やSMBCモビットの比較をしたい方は必見です!

\電話連絡なし・郵送物なし!Web完結/
消費者金融smbcモビットのキャッシング・カードローン

SMBCモビット
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

SMBCモビット

株式会社SMBCモビットは三井住友銀行グループのパーソナルローン会社であり、個人向けの無担保ローン(カードローン)を提供している日本の消費者金融です。

三井住友銀行グループの消費者金融としては、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のサービスブランド「プロミス」も有名ですよね。

SMBCモビットは2012年10月から業界初となる申し込みから借り入れまですべての手続きがWebで完結する「来店不要のWeb完結申込みサービス」の受付を開始しました。

SMBCモビットのWeb完結は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上ですべて完結できる画期的なサービスです。

そして2017年5月には、これまた業界初となる「スマホATM取引」を開始。SMBCモビットアプリをインストールすればモビットカード不要で、セブン銀行ATMで出金(借入)・入金(返済)が可能になりました。

SMBCモビットは2016年のオリコン日本顧客満足度調査において、調査企業19社の中からノンバンクカードローンランキング第1位を獲得。

「借入のしやすさ」「申し込み手続き」「借り入れ条件」「審査」「返済のしやすさ」等の項目で軒並み高得点を記録しており、実際の利用者の評価であることがこのランキングの信頼性の高さを示しています。

モビットは2016年オリコン日本顧客満足度ノンバンクカードローンランキング第1位

ちなみに「審査 満足度ランキング」では、1位SMBCモビット、2位は僅差でプロミス、3位アコムの順となっています。

  1. 1位 SMBCモビット(三井住友銀行グループ) 73.90点
  2. 2位 プロミス(三井住友銀行グループ) 73.81点
  3. 3位 アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ) 71.50点

SMBCモビットとプロミスはどちらとも三井住友銀行グループです。

さらに詳しいSMBCモビットの詳細はコチラ!

SMBCモビットのカードローン・キャッシング

SMBCモビットのカードローン商品スペックを見てみましょう。

SMBCモビットカードローン詳細
SMBCモビット
資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できません)
対象年齢 満20歳以上~69歳の方
申込条件 (1)毎月安定した収入のある方(パート、アルバイト、自営業も利用可能)
(2)SMBCモビットの審査基準を満たす方
金利 3.0~18.0%(実質年率)
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 最短即日
遅延利率 20.00%(実質年率)
契約期間 1年(原則、審査のうえ自動更新)
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済回数・返済期間 (最大)106回・(最長)8年10ヵ月
約定支払日 毎月5日、15日、25日、末日より選択
毎月返済額 最低4,000円(借入後残高10万円以下の場合)
収入証明書 希望金額により必要となる場合もある
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCモビット
年会費・会員費 無料

(最終更新日:2018年8月現在)
※申込時間帯や審査状況によっては審査の回答が翌日以降となる場合もございます

SMBCモビットのキャッシング・カードローンは資金使途が原則自由であり、様々なシーンで活用できる担保・保証人不要の無担保ローンです。

利用限度額の範囲内で繰り返し自由に借入や返済が可能で、追加で借り入れする度に新たに審査を受ける必要はありません。

クレジットカードの普及率と比べるとカードローンは劣りますが、それでも日本国内で約1,000万人以上の方がカードローンを利用しており、手持ち現金がないと何かと不便であることから、カードローンは普段の生活でも欠かせない金融商品となっています。

SMBCモビットは審査から借り入れまでのスピードは業界でもトップクラスの早さを誇っています。早急に現金が必要という方だけでなく、緊急時対策としてカードローンを1枚持っておくという方も賢い活用法の1つだといえます。

SMBCモビットに申し込みができるのは、満20才~満69才の安定した収入があり、かつSMBCモビットの審査基準を満たす方です。

アルバイト、パート、派遣社員、契約社員、自営業の方でも申し込みすることが可能です。ただし残念ながら、安定した収入がない無職の方や、専業主婦(主夫)は申し込みすることができません。

SMBCモビットの最新情報はコチラ

SMBCモビットを比較

SMBCモビットと他社のカードローンの金利と借入限度額を比較しました。

SMBCモビット比較
商品 金利(年率) 利用限度額(極度額)
消費者金融 SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行カードローン 14.0~15.0% 10~100万円
地方銀行 千葉銀行カードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5% 10~500万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円

※申込時間や審査状況によって審査の回答が翌営業日以降となる場合もあります

消費者金融の最高金利はほぼ横並びです。唯一プロミスが金利年0.2%低く設定されていますが、10万円を金利年0.2%で1年後に返済したときの利息は200円程度です。

消費者金融で比較した場合、金利で差を見出すことは難しく審査の早さもほぼ違いはない為、SMBCモビットのメリット・デメリットを考慮しつつ、最終的にはブランドイメージで決定することになるかと思います。

SMBCモビットのカードローン審査について

SMBCモビットも大手消費者金融業者として当然審査があります。

審査が通らないことにはカードローンを利用することができません。

また審査の基準についてはどの金融業者も公開していないので、SMBCモビットを申込みして審査に合格したいと考えている人は、その審査基準はどういうものか自分で考えて、それに合わせた準備をする必要があります。

試験と同じで、何ごとも準備不足では審査に通るものも通らなくなってしまいますね。

そこで以下の章では、SMBCモビットの審査基準やどのような人がSMBCモビットを借りられるのか、審査を通りやすくする方法などについて詳しく解説します。

SMBCモビットの審査基準

SMBCモビットは申込みから最短30分で審査回答、申込時間にもよりますが、即日融資もできる消費者金融です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

そのSMBCモビットの審査基準は主に以下の3つの審査項目から構成されています。

  • スコアリング審査
  • 信用情報審査
  • 在籍確認

これらは相互補完の関係になっており、どの審査項目を欠いてもSMBCモビットの審査を通過することができません。

かならず3つの審査基準をパスする必要があります。

では個々の審査基準についてより詳しく見ていきましょう。

SMBCモビットのスコアリング審査

スコアリング審査とは、申込者から提供された個人情報に基づき、それらを統計的処理で点数化して合計点を算出、SMBCモビットが決めた足切りラインの点数を超えた人のみをスコアリング審査の合格者とする審査方式です。

ただSMBCモビットが他の消費者金融と違うのは、このスコアリング審査に関して「10秒簡易審査」という独特の仮審査システムがあることです。

ただ「10秒簡易審査」については、それだけでかなりの説明が必要なので、下記で章を変えて詳しく説明します。

そこでここではまず審査手続きとして、10秒簡易審査が必要だということで理解して下さい。

そしてスコアリング審査を行い、合格者には仮審査の通過メールが入ってくるので、次のステップとして本審査に入ります。

本審査では審査担当者からの質問に電話で直接答えるとか、本人確認書類や申込金額に応じて所得証明書類をSMBCモビットに送るなどの手続きがあります。

SMBCモビットの信用情報審査

信用情報審査とは、SMBCモビットが外部の信用情報機関に申込者の個人情報を問い合わせして、本人の信用状態を確認する一連の手続きのことをいいます。

審査項目の中では最も重要な手続きのひとつです。

問合せしてチェックする項目はたくさんありますが、特に重要なのは過去の金融事故情報の有無です。

金融事故情報とは、具体的には、返済が一定期間遅れた状態・延滞(滞納)とか自己破産等の債務整理、代位弁済や強制解約などがそれに当たりますが、これらの情報が信用情報機関に登録されていたら、スコアリング結果に関係なく即審査落ちします。

SMBCモビットの在籍確認審査

在席確認は、SMBCモビットが申込者の勤務先に電話を掛けて、本人が働いている事実を確認する審査手続きのひとつです。

在籍確認が取れなければSMBCモビットを利用することはできません。

SMBCモビットでは、手続きとして主に、申し込みから借り入れまですべての手続きをネットで済ませてしまうWeb完結と、カードローン発行を条件に、郵送も利用して書類をやり取りして手続きする2通りの方法があります。

このうちWeb完結では、申込者が一定の条件を満たすと、在籍確認を電話(連絡)でなく書類によって済ますことができます。

一方Web完結以外の他の方法においては、在籍確認は必須の手続きで必ず電話で行われます。

書類による対応はないと考えて下さい。

ただし電話による対応も、SMBCモビットの会社名でなく、担当者の個人名で掛けられますので、プライバシーへの配慮はなされていますので安心です。

SMBCモビットが借りられるのはどんな人?

SMBCモビットが借りられるのは一体どんな人なのでしょうか?

それはズバリ、SMBCモビットの審査基準を満たすことができた人です。

しかし審査基準にも色々な項目があり、一概にいえない点もあります。

そこで以下ではSMBCモビットの審査で借りられる条件を考えてみました。

このような審査項目を満たすことができる人がSMBCモビットを借りられる人です。

  • 安定した収入を確保できている人
    ポイントは収入額の大小でなく、入ってくる収入がいかに継続安定しているかという点です
  • 一定の勤務実績がある人
    パート・アルバイトでも1年以上勤務年数があることが望ましい
  • 個人信用情報に致命的なキズがない人
    特に過去の信用履歴をチェックされます
  • 在籍確認が確実に取れる人
  • SMBCモビット借入前の他社借入件数が2社以内の人
  • 他社借入残高が少なくても本人年収の3分の1以内に収まっている人
    ただしSMBCモビットを借りたら3分の1を超えるようではダメです
  • 過去にSMBCモビットおよび三井住友銀行グループの金融取引で一切金融トラブルを起こしていない人

SMBCモビットの審査に通りやすくする方法

申込者がSMBCモビットの審査基準を満たすことができるとして、ここではSMBCモビットの審査に通りやすくする方法を考えてみましょう。

以下がその通りやすくする方法です。

  • 限度額を低くして申込みする
    追加融資は審査通過後、一定期間(6 ケ月以上)利用実績を積めば、増額申請で対応可能です
  • 短期間に複数申込みしない
    特に1ケ月以内に3社以上申込みしてはいけません
  • ウソは申告しない
    申込者が陥りやすいのが見栄や虚栄心から収入、勤務年数、勤務先などでウソを申告することです。
    信用情報審査でウソはすぐにバレるので信用を失い審査落ちします。
  • 他行借入件数を減らしておく
    SMBCモビットも審査では他社の契約件数には敏感です
    申込前に利用しないもの、残高の少ないものについては、解約、おまとめなどで件数を減らしておくことをおすすめします
  • 他行借入残高を減らしておく
    他行取引があれば、家族にお金を借りて一時的にでも借入残高を減らすのも手です

SMBCモビットの10秒簡易審査とは

上記の章でも10秒簡易審査については別章で詳しく説明することを触れていたので、ここであらためてSMBCモビットの10秒簡易審査について解説します。

10秒簡易審査とは、通常の審査項目より少ない項目を入力することで、融資が可能かどうかすぐ分かる審査方法のことです。

ただ入力項目が少ないといっても、その主たる入力項目としては、個人名、生年月日、本人連絡先、税込み年収、勤務先種類等、大変具体性に富んでいるので、他社の簡易審査に比べても、かなり審査結果については信頼できるものと考えています。

また通常全ての申込み完了後、画面に10秒で簡易審査結果表示されることからSMBCモビットではこう呼んでいます。

ただ10秒簡易審査が簡易といっても、他社の仮審査とは全く異なる点が1点あります。

それは10秒簡易審査の入力と同時に、その情報がSMBCモビット指定の個人信用情報機関に送られて情報登録されることです。

他社の仮審査ではこのようなことは全くありません。

したがって10秒簡易審査をSMBCモビットで受けることは、他社では正式審査を受けたことと同じに扱われるので、仮に審査結果が悪かったとしても、審査落ちの事実は信用情報機関に登録されて一定期間残ることになります。

簡易審査を受けた後、「知らなかった」と後悔しても遅いので、SMBCモビットで申込みを考える場合、10秒簡易審査のメリット・デメリットを十分理解したうえで申込みを検討する必要があります。

消費者金融smbcモビットのキャッシング・カードローン

SMBCモビットの審査時間

SMBCモビットの審査受付時間は次の通りです。

SMBCモビット審査の受付時間
曜日 審査受付時間
平日 9:00~21:00
土・日・祝日 9:00~21:00

SMBCモビットの審査は平日だけではなく土日・祝日でも審査受付をおこなっています。

審査時間は最短30分、最短で即日融資も可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの審査が早いのは、プロミス申込者の人物パターン(信用リスク)等の蓄積データを活用したスコアリングシステムによるものです。

このスコアリングシステムはプロミスが開発し消費者金融業界のスタンダードシステムとして、欧米の会社からも高い評価を得ています。

SMBCモビットはプロミス保有のスコアリングシステムを共有しているので、申し込み~審査~借入までが早いのです。

SMBCモビット審査の流れは次の通りです。

  1. 申し込み(「カード申込」または「Web完結申込」を選択)
  2. 10秒簡易審査結果表示
  3. 審査(本審査)
  4. 審査結果の連絡(メールもしくは電話)

申し込みでは、通常の「カード申込」または「Web完結申込」を選択することができ、いずれの申込方法も同一基準による審査となります。

10秒簡易審査とは、申込画面に10秒で簡易審査結果表示をご覧いただけるという仮審査のようなものです。

10秒簡易審査とは別に申し込み完了後に本審査がおこなわれ、申し込みから本審査の結果連絡までが最短30分で完了します。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査結果の連絡では、審査通過の可否と、審査に通過した場合には利用限度額と適用金利まで教えてくれます。

SMBCモビットのメリット

SMBCモビットのメリットです。

  • 2016年オリコン ノンバンクカードローン顧客満足度ランキングNo.1
  • 電話連絡・郵送物不要の「Web完結申込」
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • 審査最短30分
  • 急ぎの方は申込完了後、コールセンターに電話するとすぐに審査開始
  • 来店不要で最短即日融資も可能
  • SMBCモビット公式アプリを使ってセブン銀行ATMでスマホキャッシング
  • ローン申込機で即日カード発行OK(*1)
  • 平日9:00~14:50までに手続き完了なら最短3分で振込融資
  • 全国約130,000台の銀行・コンビニなどの提携ATMで利用可能
  • 三井住友銀行のATM利用手数料が無料

※申込時間や審査状況によっては審査の回答が翌営業日以降となる場合もございます。
(*1)ローン申込機の営業時間は土日祝日含め8:00~21:00まで

SMBCモビットのデメリット

SMBCモビットのデメリットです。

  • 銀行カードローンと比べると金利が高い
  • 消費者金融の大手の中で唯一無利息サービスがない
  • スマホATM取引は手数料無料ではない
  • 総量規制の対象

残念ながらSMBCモビットには無利息サービスがありません。

無利息サービスとは、一定期間内の利息が0円になるお得なサービスであり、無利息期間中に完済すると借りた分の返済だけでOK。はじめて契約する方を対象とする新規顧客獲得キャンペーンのようなものです。

無利息サービスのカードローン比較一覧
商品名 金利(年) 無利息期間 開始日 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 30日間 初回出金日の翌日から ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
アイフル 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間 初回借入日から ・はじめてご利用の方

無利息サービスがないSMBCモビットですが、「10秒簡易審査」と「スマホATM取引」ができるのはSMBCモビットだけですよ。

「仮でもいいから少しでも早く審査結果を知りたい」「財布の中にローンカードは入れておきたくない」という方におすすめです。

さらに来店不要・勤務先への電話連絡なし・郵送物なしの”完全”Web完結は、カードローン業界全体を見てもSMBCモビットしかありません。

Web完結と表示されたカードローンは多数存在しますが、来店せずに申し込みがWebで完結するだけで、在籍確認、ローンカードや契約書類の郵送があるケースがほとんどです。

SMBCモビットのここに注目
  • 電話連絡なし・郵送物なし!WEB完結申込
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • モビットカード不要!モビットアプリ&セブン銀行ATMで取引可能
  • 2018年オリコン ノンバンクカードローン顧客満足度ランキング2年連続 第1位

\電話連絡なし・郵送物なし!Web完結/
消費者金融smbcモビットのキャッシング・カードローン

消費者金融SMBCモビットのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1万円~800万円 10秒簡易審査 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの借り入れ方法

SMBCモビットの借り入れ方法です。

  • 振込キャッシング
  • 提携ATM
  • SMBCモビット公式アプリ(セブン銀行ATMのみ)

振込キャッシングで借り入れ
指定の金融機関口座へ振込みでの借り入れ方法です。

ホームページ(パソコン・スマートフォン・モバイル)のSMBCモビット会員専用サービス「Myモビ」または電話で振込手続きが可能です。

平日9:00~14:50までに手続き完了の場合、最短3分で口座へ直接振込みしてくれます。14:50以降の手続きについては翌営業日の振込みとなります。

会員サービス「Myモビ」はパソコン版・モバイル版・アプリ版とそれぞれ使える機能が異なりますが、振込キャッシングはすべてに対応しています。

振込キャッシングの利用には「Myモビ」にて金融機関口座の登録が必要です。

提携ATMで借り入れ
SMBCモビットの専用ローンカードであるモビットカードを使って、提携ATMから現金を出金する借り入れ方法です。

SMBCモビットは自社ATMを所有していませんが、全国に約13,000万台(2017年6月現在)の提携ATMネットワークがあり不便さは一切感じられません。

モビットカードが使える提携ATMの一覧です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミスATM
  • セゾンカード
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • E-net(ファミリーマート・ミニストップなど)
  • ローソンATM
  • 全国の地方銀行・信用金庫など

三井住友銀行ATMなら利用手数料は無料です。

コンビニATMが使えるのは便利ですが所定の手数料がかかってしまいます。

その他のATMを利用する際には別途手数料がかかってしまいます。

一般的なATM利用手数料
取引金額 借入(入金) 返済(出金)
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

SMBCモビットだけではなく消費者金融カードローンはコンビニATM利用時に手数料が発生するのがデメリットですね。

一部の銀行カードローンであれば手数料は無料です。

提携ATM一覧
カードローン 手数料無料の提携ATM
SMBCモビット ・三井住友銀行ATM
アコム ・アコムATM
プロミス ・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
アイフル ・アイフルATM
楽天銀行カードローン ・三井住友銀行
・みずほ銀行
・イオン銀行
・セブン銀行
・ローソンATM
・E-net
オリックス銀行カードローン ・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・イオン銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン
・ローソン
・E-net
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック ・三菱UFJ銀行
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-net
三井住友銀行カードローン ・三井住友銀行
・ゆうちょATM
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-net

SMBCモビット公式スマホアプリをインストールすれば、セブン銀行ATMで原則24時間いつでもカードレスキャッシングが可能です。ただし、残念ながら手数料無料ではございません。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットの返済方法です。

  • 口座振替(自動引落)
  • 提携ATM
  • 銀行振込み
  • SMBCモビット公式アプリ(セブン銀行ATMのみ)

口座振替(自動引落)で返済
SMBCモビットの「Web完結申込」の返済方法は口座振替(自動引落)です。

ただし通常の「カード申込み」の場合でも、三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座がある方は、預金口座から自動引き落としで返済することができます。

毎月の返済日に所定の返済額を自動引き落ししてくれるので、返済日の度にATMに行かずに済むので楽です。なにより返済忘れの心配がないのが良いですね。

提携ATMで返済
モビットカードまたは公式スマホアプリ(セブン銀行ATMのみ)を利用して提携ATMからの返済方法です。

「カード申込」の方は基本コチラの返済方法となります。

カードローンの返済方法は口座振替やインターネットバンキングなどいくつかありますが、依然としてローンカードを利用したATM返済がまだまだ主流です。

借入時と同様に三井住友銀行ATMなら手数料無料です。

銀行振込みで返済
現在利用の金融機関口座から、SMBCモビット指定の預金口座へ振込みする返済方法です。

銀行振込で返済される際の振込手数料は、別途負担しなければいけません。

SMBCモビットの返済日と返済額

SMBCモビットの返済日は1ヵ月に1回、都合に合わせて5日、15日、25日、末日から選択することができます。

■ATM返済型の場合
約定返済日の翌日から、約定返済日までに返済した場合、返済期日は翌月の約定返済日に繰り延べられます。

■口座振替型の場合
毎月指定した返済日(5日、15日、25日、末日のいずれか)に普通預金口座から自動で引き落としされます。

返済期日(初回または借入残高がない状態で借入れした場合)
約定返済日 借入日 返済期日
5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

SMBCモビットの返済方式は「借入後残高スライド元利定額返済方式」です。これは最終借入後の利用残高に応じて返済額が変わる返済方式です。

金利18%でお金を借りた場合、最終借入後の残高に応じて次のように返済額が設定されます。

SMBCモビットの毎月返済額
最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~30万円以下 1万1,000円
30万円超~40万円以下 1万1,000円
40万円超~50万円以下 1万3,000円
50万円超~60万円以下 1万6,000円
60万円超~70万円以下 1万8,000円
70万円超~80万円以下 2万1,000円
80万円超~90万円以下 2万4,000円
90万円超~100万円以下 2万6,000円

※100万円超過の場合、最終借入残高が20万円増すごとに返済額が4,000円追加

例えば、SMBCモビットで30万円借入れすると、最終借入後の残高は30万円なので返済額は11,000円となります。

返済額の設定は”最終借入後の残高”なので、追加の借入れをしない限りずっと返済額は11,000円です。

もし借入残高が10万円になったタイミングで、追加で5万円を借り入れすると、最終の借入後残高は15万円となるので、毎月の返済額が8,000円に再設定されます。

また、SMBCモビットでは指定の返済日に関わらず、提携ATMから任意の金額を繰り上げて返済(随時返済)することができる他、余裕があるときにいつもより多めに追加返済することもできます。

月々の返済額は必ず支払わなければいけない最低の返済額です。最低返済額以上を支払うことによって返済期間を短縮することができ、結果として利息の支払い総額を節約することができます。

SMBCモビット返済についてもっと詳しく

SMBCモビット申し込みの必要書類

SMBCモビットの申し込みに必要な書類は次の通りです。

■本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

本人確認書類として運転免許証の写しが必要ですが、運転免許証を持っていない方は健康保険証もしくはパスポートのいずれかの写しでもOKです。

ただし、いずれも有効期限内もしくは現在有効なものを用意してください。

また、希望借入額により現在の収入を確認できる書類が必要となる場合があります。SMBCモビットで認められている収入証明書は次の通りです。

■収入証明書

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(*2)

(*2)直近の給与明細書2ヵ月分と賞与支給のある方は賞与明細書も必要となります

提出書類に個人番号(マイナンバー)が記載されている場合は、見えないように加工して提出してください。

個人事業主は、「営業状況確認のお願い」の提出が必要となる場合があります。公式ホームページよりダウンロードし必要事項を記入のうえ提出してください。

また、SMBCモビットでは収入証明書の提出に関して、明確な基準が設けられていません。

すなわち、SMBCモビットでは申込者の信用状態や属性などを総合的に評価し、その結果、審査の一定基準を下回った方に対しては借り入れ金額に関わらず、収入証明書を提出いただく、というスタンスをとっています。

アコムやプロミス、アイフルといった他の消費者金融では、貸金業法に基づき収入証明書の提出基準が以下のように定められています。

  • 1社の借入金額が50万円を超える場合
  • 他社の借入額と新規の借入額の合計が100万円を超える場合

SMBCモビットでも50万円超の借り入れをする場合には、貸金業法に基づき収入証明書の提出が必須となります。

仮に借り入れ金額が50万円未満だったとしても、SMBCモビットでは収入証明書の提出を求められる可能性があるため、申し込み前に事前準備しておくことをおすすめします。

SMBCモビットの申込方法

SMBCモビットの申込方法は以下のとおりです。

  • インターネット(パソコン・スマートフォン・モバイル)
  • ローン申込機
  • 電話
  • 郵送

インターネットからの申し込みは24時間365日いつでも受け付け中です。

審査は10秒で簡易審査結果表示されますが、申込時間帯や審査状況、込み具合によっては審査に時間がかかる場合があります。

審査は先着順におこなわれますので申し込みは早い方が有利です。

SMBCモビット審査の受付時間
曜日 審査受付時間
平日 9:00~21:00
土・日・祝日 9:00~21:00

Web完結と通常申込みの違い
「カード申込」と「Web完結申込」のそれぞれの特徴をご紹介します。

■「カード申込」

  • 10秒で簡易審査結果表示
  • 振込キャッシングや提携ATMで借り入れ
  • ローン申込機(自動契約機)にて即日カード発行も可能

■「Web完結申込」

  • 本人確認などの電話連絡なし(*3)
  • 契約書類や利用明細の電子化で郵送物なし
  • カードレスで利用がバレにくい
  • 入会後すぐに利用可能(*4)
  • 返済は口座振替なのでうっかり返済忘れがなく安心

(*3)審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります(電話連絡はオペレーターの個人名)
(*4)平日9:00~14:50(祝日を除く)までの手続き完了の場合

それぞれの違いを分かりやすく一覧にまとめました。

SMBCモビットWeb完結と通常申込みの違い
SMBCモビット Web完結申込 カード申込
モビットカードの発行 なし あり
職場への電話連絡 なし あり
郵送物 なし モビットカード・契約書類(*5)
10秒簡易審査
スマホATM取引
振込融資
口座振替 △(*6)

(*5)モビットカードをローン申込機で受取する場合でも入会申込書や契約内容確認書等が郵送されます
(*6)三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座をお持ちの方であれば口座振替OK

「カード申込」はモビットカードが必ず発行されるのですが、振込融資とSMBCモビット公式スマホアプリを使ってセブン銀行ATMで取引すれば、ほぼカードレス同様に利用可能です。

「web完結」からの申し込みには所定の条件があるので確認しておきましょう。

  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行に普通預金口座をお持ちの方
  • 社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証をお持ちの方
  • 現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票、給与明細(直近2ヵ月分)、所得証明書など)を提出する
  • 給与明細書の直近1ヵ月分の写しの提出(*7)

(*7)収入証明書として給与明細書以外を提出する方は必須となります

SMBCモビットの「Web完結申込」は来店不要・電話連絡なし・郵送物なしが特徴の申込方法です。

本人確認の電話や勤務先への在籍確認、郵送物の送付は審査において重要な意味を持っており、SMBCモビットWeb完結が登場する以前は審査では必須項目とされてきました。

しかしSMBCモビットでは上記の書類を提出することにより、すべての手続きがWeb上で完結します。

通常の「カード申込」と比べて条件が多いのですが、「職場への電話連絡を避けたい」「家族に郵送物を見られたくない」「誰にも知られず利用したい」といった方に選ばれている申込方法です。

残念ながら国民健康保険証の方はWeb完結からの申し込みはおこなえません。

上記の条件を満たしていない方は、通常の「カード申込」からSMBCモビットのカードローン契約を進めてください。

詳しくはSMBCモビット公式をご確認ください。

「Web完結申込」の流れ

即日融資も可能なSMBCモビットWeb完結申込みの流れをご紹介します。

Web完結がご希望の方は必ずインターネットからお申し込みください。ネット以外だと通常申込みになってしまいます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 必要事項入力
  3. 10秒簡易審査結果表示
  4. 必要書類の提出
  5. 審査結果(メール)
  6. パソコンで入会手続き
  7. 入会完了メールが届き次第、利用可能

Web完結申込の借り入れ方法は振込キャッシングです。即日の振込融資は平日9時~14分50分までに入会手続きを完了させなければいけません。

ただし、SMBCモビット公式アプリを使えば、セブン銀行ATMで原則24時間スマホキャッシングすることができます。スマホATM取引の登場でWeb完結でも土日や祝日に借り入れができるようになりました。

「カード申込」の流れ

通常のカード申込で即日融資も可能な申し込みの流れです。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 必要事項入力
  3. 10秒簡易審査結果表示
  4. 必要書類の提出
  5. 審査結果(メール)⇒その場で会員登録
  6. カード受取方法を選択(ローン申込機)(*8)
  7. ローン契約機にてモビットカードを発行
  8. 入会申込書などが郵送で届く(宛名:MCセンター名)⇒SMBCモビットへ返送
  9. 手続き完了

(*8)審査の内容によってはカード受け取りが「郵送」のみの対応となる場合もあります

インターネットから申し込みをおこない、審査結果が出た後にローン申込機にてカード受け取りをすると時間短縮ができ、契約がスムーズです。

ローン契約機に先客がいると審査申し込みが進まないので余計に時間がかかってしまいますし、審査中はローン契約機の室内から出られないので結構退屈します。

そしてなによりも、せっかくローン契約機まで行ったのに審査に落ちると恥ずかしいですし、またショックも大きいです。

即日融資を受けたい場合は申込完了後、SMBCモビットのフリーコールに電話をして、担当者に急ぎであることを伝えれば優先して審査をおこなってくれます。

カード申込みでは、勤務先への在籍確認がおこなわれますが、SMBCモビット名ではなくオペレーターの個人名にて電話をかけてくれます。

在籍確認のプロがプライバシーに十分配慮してくれるので、カードローン申込みがバレる可能性は低いです。

郵送物として入会申込書や預金口座振替依頼書などが郵送で届きますが、宛名は「MCセンター名」となっていますので、中身を見られない限りはバレにくい仕様となっています。

SMBCモビットのここに注目
  • 電話連絡なし・郵送物なし!WEB完結申込
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • モビットカード不要!モビットアプリ&セブン銀行ATMで取引可能
  • 2018年オリコン ノンバンクカードローン顧客満足度ランキング2年連続 第1位

\電話連絡なし・郵送物なし!Web完結/
消費者金融smbcモビットのキャッシング・カードローン

消費者金融SMBCモビットのキャッシング・カードローン
金利 3.0~18.0%(実質年率)
無利息サービス ×
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
土日審査
Web完結申込
<Web完結申込の利用条件>
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方。
※全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証をお持ちの方。
※本人確認書類、収入証明書、勤務先確認ができる書類を提出できる方。
SMBCモビット「Web完結申込」についてさらに詳しく見る
カードレス ○(セブン銀行「スマホATM取引」対応)
申し込み条件 満年齢20才~69才の安定した収入のある方で、SMBCモビットの基準を満たす方。
(パート、アルバイト、自営業の方もご利用が可能です)
担保・保証人 不要
必要書類 運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)
契約までの流れ 申込方法・ご契約までの流れ【SMBCモビット公式】