即日融資カードローンで今すぐ今日中にお金借りる方法

即日融資

即日融資カードローンで今すぐ今日中にお金を借りたい方必見!

今すぐ今日中にお金が必要になった方へ即日融資も可能なカードローンや、即日融資を受けるためのポイントを解説します。

ある事情によって、今すぐお金が必要になることありますよね。

「急な出費で今日中にお金が必要になった」
「買い物し過ぎて今月の生活費が…」

急いでお金を借りたいのに、借入先を探しているうちに受付終了……なんてことになったら大変!なかには、「毎日忙しくて申込みする時間がない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

«最短即日!アコムの借入審査回答は最短30分»
アコムのキャッシング・カードローン

即日融資カードローンで今すぐ今日中にお金借りる方法

カードローンで即日融資を受けるためのポイントは以下の通りです。

  1. 即日融資に対応した業者選び
  2. 審査時間よりも融資スピードを重視
  3. 収入証明書を提出しないでいい金額に収める
  4. すべての申込みはWebで完了させる
  5. 口座開設をすると融資に数日~数週間かかってしまう

前提として、申込みに手間がかかるカードローン会社はいくら低金利だろうが紹介の中から省きます。

特に銀行の場合、申込条件として「当行の口座」が必要なケースもあります。

口座開設すると、開設するまでは早いのですが、キャッシュカード自宅に届くのに早くて数日~1週間程度です。それから申込みをするとなると遅いですね。

ということで、申込みに手間がかかるところと、融資までに時間がかかるカードローン会社は選択肢の中から省きます。

審査回答が早いのはどこ?

カードローンで即日融資を受けるためには、まず審査スピードが早い業者を見つけましょう。

審査が早いとされているカードローン会社の一覧です。
銀行でも「口座を持っていなくても申込みできる」ところをピックアップしてます。

審査が早いカードローン
カードローン 金利(年) 限度額 審査 融資
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間
アコム 3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円 10秒簡易審査 最短即日

(最終更新日:2018年4月現在)
※審査状況や申し込み時間帯によっては、審査の回答が翌営業日以降になる場合もございます

公式ホームページで公表されている時間をもとに作成していますが、融資までの時間はあくまでも「最短」の場合であることに注意してください。

高額融資希望の場合は審査に時間がかかってしまう

いくら審査が早いところに申込んだとしても、審査が完了しなければ次に進めません。

審査回答が遅くなる理由はさまざまです。

  1. 申込者数が多く審査待ち状態
  2. あなたの信用情報に何かしら問題がある
  3. 希望額が大きいので慎重に審査されてる

融資額が大きい程、慎重に審査がおこなわれるので希望額はできるだけ必要な範囲内にしましょう。

「せっかくだから100万円ぐらいにしとくか」はNGです!

即日融資も可能なカードローン

今すぐ今日中にお金を借りるために、即日融資も可能なカードローンをさらに絞り込んで、その中から厳選したものがこちらです。

即日審査のカードローン
商品 金利(年率) 借入限度額
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円

公式ホームページも含め、色々なサイトを見ると「即日融資も可能」「当日の借入れも可能」といったことがよく書かれてますが、しっかり確認しないと分かりずらいのが難点です。

申込んだ後に気づいても遅いので、「今日中にお金を借りたい」「急ぎじゃないけど1日で手続きをすべて終わらせたい」という方は、上記表のカードローン会社がおすすめです。

というか、これ以外には無い!といっていいかもしれません。

振込キャッシングの時間は平日14時まで

即日で振込融資を受けたい場合は、銀行の営業時間を考慮しなければいけません。

銀行は15時に閉まりますが、カードローン会社での手続きが必要なのでタイムリミットは原則、平日14時までです。

振込キャッシングの受付時間を比較
商品名 即日の振込キャッシング可能時間
アコム 平日14時まで
プロミス 平日14時まで
アイフル 平日14時まで
SMBCモビット 平日14時50分まで
ノーローン 平日12時30分まで

原則、平日の14時までに契約、振込手続きを完了させてください。

14時の振込に間に合わない場合

申し込みする時間が12時を過ぎると、14時までの振込手続きは時間的に厳しくなります。

ただし、アコム、プロミス、ノーローンでは所定の銀行口座を持っていれば、14時を過ぎても振込キャッシングしてもらえます。

金融機関口座によって受付時間が異なる
金融機関・商品名 金融機関 受付時間
アコム 三菱UFJ銀行 平日18時
三井住友銀行
ゆうちょ
楽天銀行 原則*24時間365日
プロミス 三井住友銀行 原則*24時間365日
ジャパンネット銀行
ノーローン 楽天銀行 平日17時

*メンテナンス中は利用できません

カードローンで即日融資を受けるポイント

田舎暮らしで地銀の口座しか持ってないよ!という方もいらっしゃるでしょう。

14時までの振込に間に合わなかった場合は、自動契約機でカードを発行してもらえば当日中に現金を借入れすることができます。

基本的に借入は、銀行口座へ振込んでもらうか、ATMで借入れするか2つの借入方法があります。

振込の手続きに間に合わなかった場合は、カードを使ってATMで借入れしましょう。

キャッシング用の専用カードは郵送で自宅に送られてくるか、自動契約機で発行するか選べます。(自動契約機がある場合)

実は今回の即日融資にも対応するカードローン会社は、すべて自動契約機(ローン契約機)があるところばかりなので、振込みに間に合わなくても安心してください。

審査に通過さえしておけば、自動契約機の営業時間内にカードを受取りすれば即日でお金を借りることができます。

土日祝日でも即日融資を受けることができる?

上記表のカードローンはすべて土日祝日の即日融資も可能です。

自動契約機は平日だけではなく土日祝日でも稼働しているので、営業時間内であれば即日融資も可能です。

平日とは違い、審査時間や自動契約機の営業時間が異なるのでしっかりと確認しておきましょう。

審査の受付時間と自動契約機の営業時間

Webからの申込みは24時間365日受付していますが、申し込み時間が遅いと翌日審査になってしまいます。

自動契約機も24時間稼働している訳ではないので、審査の受付と契約機の営業時間をここでチェックしておきましょう。

審査の受付時間と自動契約機の営業時間
金融機関・商品名 審査の受付時間 自動契約機の営業時間
平日 土日祝日 平日 土日祝日
アコム 9時~21時 9時~21時 8時~22時 8時~22時
プロミス 9時~21時 9時~21時 9時~22時 9時~22時
アイフル 9時~21時 9時~21時 8時~22時 8時~22時
SMBCモビット 9時~21時 9時~21時 8時~21時 8時~21時
ノーローン 9時~20時30分 9時~20時30分 レイク自動契約機を利用 レイク自動契約機を利用

※審査状況によっては翌日審査になる場合もあります
※自動契約機の営業時間は店舗によって異なります

消費者金融の無人店舗には入りずらいと感じる方は、プロミスなら三井住友銀行のローン契約機を利用して契約することができます。

審査の注意点としては、申し込みが遅く、審査が混みあってる場合は、当日の融資に間に合わなくなる可能性があるということです。

即日融資の最短時間は1時間程度ですが、余裕を見て遅くても2時間前までには申し込みした方がいいでしょう。

インターネット申し込みは24時間365日受付してるので前日の夜に申し込みを済ませておいたり、空いた時間を利用してスマホで申し込み手続きだけやっておくという手もあります。

すごく急いでる場合

紹介した中でも、アイフルは融資を急いでる方にとって心強い消費者金融です。インターネットから申し込み後、フリーダイヤルに電話をすれば審査を優先しておこなってくれます。

公式ホームページでも「ご融資をお急ぎの方」専用のボタンが設置されています。フリーダイヤルの受付時間は審査受付時間と同じく9時~21時までです。

その他では、SMBCモビットでも同じように「急ぎの融資をご希望の方」専用に、インターネット申し込み後、すぐにフリーコールに電話すれば最速で融資してくれます。

ここに注意!会社が休みで在籍確認が取れない場合

即日融資を受ける際に1つ注意してほしいのが、勤務先への在籍確認です。

在籍確認は、一部を除いてほとんどの審査でおこなわれています。

なので、もしお金を借りたくても会社が休みで誰も出勤していなければ、あなたの在籍を確認することができません。

在籍確認ができない場合は、以下のことが考えられます。

  • 翌日以降にあらためて審査
  • 書類による在籍確認にしてもらえる
  • 融資額が減額されるが一先ず借りられる

「今日誰か出勤してるかな……」と不安な方は、休日なのにわざわざ出勤して自分で電話を受取るか、在籍確認がないところに申し込みする以外ありません。

希望借入額によっては、例えば10万円以内であれば在籍確認をおこなわない業者もあるようですが、これはあくまで審査状況によりけりです。

しいて言えば、プロミスとアイフルなら社会保険証などを提出することによって在籍確認を認めてくれる場合もあります。

銀行カードローンと比べて、消費者金融は柔軟な対応をしてくれるので、事前にフリーコールに電話して状況を説明することによって、何かしらのアドバイスを受けることができます。

また、今回紹介した中で唯一、職場への電話連絡がないと公表しているのはSMBCモビットのWeb完結申し込みだけです。

SMBCモビットWeb完結申込し込みなら、勤務先を確認できる書類(社会保険証や給与明細書)を提出することによって職場への電話確認を避けることができます。

その他にも以下の条件をクリアしないといけません。

  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行に普通預金口座がある
  • 本人を確認できる書類(運転免許証またはパスポート)を提出する
  • 現在の収入を確認できる書類(源泉徴収票や所得証明書など)を提出できる
※詳しくは⇒SMBCモビット公式ホームページをご覧ください

あくまで、「会社に誰かいないと審査の在籍確認がとれませんよ」ということなので、該当しない方はそれほど気にする必要はありません。

即日融資カードローンまとめ

今回は、今日中にお金を借りるためのポイントと、即日融資も可能なカードローンをご紹介しました。

金融機関・商品名 金利 借入限度額
アコム 3.0~18.0% 1~800万
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円

詳しい商品概要やメリット・デメリット、審査や申込方法については各詳細ページをご覧ください。