プロミスとアコムの審査の違いを比較!おすすめなのはどっち?

消費者金融業界の人気ランキングで1・2位を争うプロミスとアコムは、初めてカードローンを利用される初心者の方に特におすすめです。

銀行カードローンは金利が低いのですが、敷居の高さがネックになっている方は多いかと思います。また、融資まで時間がかかる傾向にあるのでお急ぎの方には向いていません。

審査と手続きの早さを重視する場合、プロミスやアコム、アイフル、SMBCモビットを選ぶ方は多いです。その中でもプロミスとアコムは圧倒的な人気・知名度の高さと、融資実績で他社をリードする存在です。

プロミスとアコムは、パソコンやスマートフォンから24時間申し込み受付中。ローン専用カードを自動契約機で受け取りすれば自宅への郵送物も避けられます。自動契約機の設置台数も多く、かつ系列グループの自動契約機でもカード発行が可能です。

今回は、プロミスとアコムの審査の違いと、プロミスとアコムの両方を比べてどっちがいいかあらゆる角度から徹底比較してみました。プロミスとアコムの審査基準や審査の流れが気になる方は必見です!

プロミスとアコムの審査の違いを比較

プロミスとアコムの審査の違いについて様々な角度から比較しました。

  • 審査基準
  • 審査時間
  • 審査回答スピード
  • 審査の流れ

プロミスとアコムの審査基準の違いを比較

プロミスとアコムの審査基準は一般公開されておりません。そのため、審査を通過するための前提条件として、まず利用条件をクリアすることが重要です。プロミスとアコムの利用条件を比較してみましょう。

プロミスとアコムの利用条件
消費者金融 利用条件
プロミス 対象年齢 年齢20歳以上69歳以下
申込条件 本人に安定した収入のある方
(主婦、学生でもアート・アルバイトによる安定した収入がある場合に申し込みが可能)
アコム 対象年齢 20歳以上の方
申込条件 安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

プロミスとアコムの審査時間の違いを比較

プロミスとアコムの審査時間の違いを比較しました。

■審査の受付時間を比較
消費者金融 曜日 時間
プロミス 平日・土日・祝日 9:00~22:00
アコム 平日・土日・祝日 9:00~21:00

プロミスとアコムは平日のみならず、土日・祝日も審査回答してくれます。審査時間が21時までのアコムに対して、プロミスは22時まで審査に対応してくれます。

プロミスとアコムの審査回答スピードの違いを比較

プロミスとアコムの審査回答スピードの違いを比較しました。

■審査と融資スピード比較
消費者金融 審査 融資
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短1時間

※申込時間帯や審査状況によっては審査の回答、融資が翌営業日以降となる場合があります

プロミスとアコムの審査回答スピードは”ほぼ”同じくらいだと考えてよさそうですね。

上記の審査と融資スピードは「最短」の目安時間です。申し込み時間帯や審査状況によっては翌日回答となる場合もあります。

夕方以降は申し込みされる方が多く、審査に時間がかかりやすいので、当日申し込みされる方はなるべく早めに申し込みを済ませておきましょう。

プロミスとアコムで審査の流れの違いを比較

プロミスとアコムで審査の流れに違いがあるのか比較しました。

プロミスの審査の流れ

インターネット申し込みから、プロミス自動契約機でカード発行・受け取りする流れをご紹介します。プロミスの審査と申し込みの流れは次の通りです。

  1. 公式ホームページにアクセス
  2. 申し込み(カンタン入力・フル入力どちらでも可)
  3. 審査
  4. 審査結果(電話orメール)
  5. 契約方法で来店契約を選択(プロミス自動契約機or三井住友銀行ローン契約機or店頭窓口)
  6. 必要書類を持ってプロミス店舗に来店する
  7. 契約書類の作成・カード発行
  8. 契約完了
  9. ATMでお借り入れ

プロミスのインターネット申し込みは、「カンタン入力」と「フル入力」のどちらかを選べます。2つの違いは次の通りです。

  • カンタン入力(項目数:17):入力項目が少なく、残りは電話でお伺い
  • フル入力(項目数:35):審査に必要な項目をすべて入力

カンタン入力は入力項目が少ない代わりに電話でのやり取りが発生しますので、フル入力の方が早いです。電話で相談しながらゆっくり申し込みをおこないたい方はカンタン入力を選び、手間をかけずに素早く申し込みをおこないたい方はフル入力を選択してください。

アコムの審査の流れ

インターネット申し込みから、アコム自動契約機「むじんくん」でカード発行・受け取りする流れをご紹介します。アコムの審査と申し込みの流れは次の通りです。

  1. 公式ホームページにアクセス
  2. 申込情報を入力
  3. 書類の提出
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡(「契約手続きのお願い」メールが届く)
  6. カード受取方法で自動契約機「むじんくん」を選択
  7. 自動契約機「むじんくん」で契約手続・カード発行
  8. ATMでお借入れ

プロミスとの若干の違いはありますが、「①申し込み」「②審査回答」「③契約方法orカード受取方法の選択」の基本的な流れは一緒です。

お急ぎなら、審査を通過した後に自動契約機まで行って、ローンカードを直接受け取りすると即日融資も可能です。自動契約機まで行く時間がない方は郵送をお選びください。ただし、郵送でカード受け取りする場合、カード到着までおよそ5日~10日程度かかります。

プロミスとアコムの審査に違いなし!その他の比較

プロミスとアコムの審査にそれほど違いはありませんでした。その他でプロミスとアコムの特徴を比較してみましょう。

利用者数や新規申込者数の違いを比較

プロミスとアコムの利用者数や新規申込者数の違いを比較しました。

■利用者数・新規申込者数の違いを比較
消費者金融 利用者数 新規申込者 新規顧客 成約率(貸付率)
プロミス(*1) 1,309,000 36,902 16,198 43.9%
アコム(*2) 1,448,916 38,533 18,362 47.6%

(*1)2017年7月末時点
(*2)2017年7月末時点

金利と限度額の違いを比較

プロミスとアコムの金利と限度額の違いを比較しました。

■金利と限度額の違いを比較
消費者金融 金利(実質年率) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円まで
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円

利息の違いを比較

プロミスとアコムの利息の違いを比較を比較しました。

■利息の違いを比較
消費者金融 最高金利(実質年率) 借入金額 1年間の利息
プロミス 17.8% 10万円 9,894円
30万円 29,701円
50万円 49,503円
アコム 18.0% 10万円 10,011円
30万円 30,044円
50万円 50,074円

無利息サービスの違いを比較

プロミスとアコムの無利息サービスの違いを比較しました。

■無利息サービスの違いを比較
商品名 金利(年率) 期間 開始日 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 30日間 初回出金日の翌日から ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する

毎月返済額の違いを比較

プロミスとアコムの毎月返済額の違いを比較しました。

■毎月の返済額の違いを比較
消費者金融 借入残高 返済額
プロミス 5万円 2,000円
10万円 4,000円
30万円 11,000円
50万円 13,000円
アコム 5万円 3,000円
10万円 5,000円
30万円 13,000円(*3)
50万円 15,000(*4)

(*3)契約極度額30万円以下の場合
(*4)契約極度額30万円超100万円以下の場合

即日振込融資の違いを比較

プロミスとアコムの即日振込融資の違いを比較しました。

■即日振込融資の比較
消費者金融 審査回答時間 金融機関 振込実施時間
プロミス 9:00~22:00(土日祝日含む) ・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
24時間365日
他金融機関 平日14:00まで
アコム 9:00~21:00(土日祝日含む) 楽天銀行 0:10~23:50
・三菱東京UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
平日18:00まで(初回のみ)
他金融機関 平日14:00まで

※審査状況や申込時間によっては即日の振込とならない場合もあります

カードデザインの違いを比較

プロミスとアコムのカードデザインの違いを比較しました。

■プロミス
プロミスのカード券面

■アコム
アコムのカード券面

自動契約機の違いを比較

プロミスとアコムの自動契約機の違いを比較しました。

■自動契約機(無人契約機)を比較
消費者金融 無人契約機 営業時間
プロミス プロミス自動契約機 9:00~22:00(土日祝日含む)
三井住友銀行ローン契約機(ACM) 9:00~21:00(土日祝日含む)
アコム むじんくん 8:00~22:00(土日祝日含む)
カードローンコーナー(三菱東京UFJ銀行内) 8:00~22:00(土日祝日含む)

※店舗によっては営業時間が異なる場合があります

三井住友フィナンシャルグループのプロミスは、自社の自動契約機のみならず三井住友銀行内に設置されているローン契約機(ACM)でも、カードローンの申し込みや、カードの受け取りが可能です。

また、三菱東京フィナンシャル・グループのアコムも、三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーが利用できます。

  • プロミス:三井住友フィナンシャルグループ(三井住友銀行)
  • アコム:三菱東京フィナンシャル・グループ(三菱東京UFJ銀行)

大手の消費者金融では、唯一アイフルのみが銀行グループに属していません。ちなみに、SMBCモビットもプロミスと同じく三井住友銀行グループの消費者金融です。

アコムとプロミスはどっちがおすすめ?

アコムとプロミスの特徴をそれぞれご紹介いたします。アコムとプロミスの両方を比べてどっちがいいか比較してみましょう。

アコムとプロミスでどちらがオススメなのかは、何を重視したいかによって異なります。

アコムのおすすめポイント

アコムのキャッシング・カードローンは審査は最短30分で完了。最短1時間の即日融資も可能です。

■アコムのおすすめポイント

  1. 審査最短30分回答
  2. 最短1時間の即日融資も可能
  3. 業界シェアNO.1で、圧倒的人気と知名度を誇る
  4. アコムの女性利用者はこれまで250万人超
  5. アコムの利用者総数は延べ1,000万人突破
  6. はじめて契約なら「契約日の翌日から」最大30日間金利0円
  7. 振込実施時間延長で平日15時以降18時まで即日振り込みが可能

アコムはプロミスやアイフルらの競合他社を抑えて、利用者数、新規申込者数において業界No.1の実績を誇ります!お金を借りるのは不安が付きものだから、カードローンの利用が初めての方ならアコムがおすすめです。

サービスにおいて大きな特徴はないものの、新規貸付に積極的であり、初めての方への融資が得意です。

アコムカードローンのスペック
アコムのカードローン
資金の使い道 原則自由
対象年齢 20歳以上の方
申込条件 安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
金利 3.0~18.0%(実質年率)
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息サービス 契約日の翌日から30日間
各回の返済額 5,000円(借入金額10万円の場合)
収入証明書 (1)アコムで50万円を超える契約を行う場合
(2)他社含め借入総額が100万円を超える場合
担保・保証人 不要
保証会社 アコム
入会金・年会費 不要

(最終更新日:2017年月10月現在)
※新規契約時に印紙代200円必要です

■アコムの審査回答時間とむじんくんの営業時間
審査回答時間 自動契約機 営業時間
9:00~21:00(土日祝日含む) アコム自動契約機「むじんくん」 8:00~22:00(土日祝日含む)
カードローンコーナー(三菱東京UFJ銀行内) 8:00~22:00(土日祝日含む)

※審査状況や申込時間によっては即日の融資を受けられない場合もあります

アコム

詳細・申込みはこちら【公式サイト】

⇒アコムの情報を更に詳しく知りたい方は「アコムカードローンのメリット・デメリット」をご覧ください。

プロミスのおすすめポイント

プロミスのキャッシング・カードローンは、消費者金融業界ではアコムに次ぐ人気を誇ります。

■プロミスのおすすめポイント

  1. 審査最短30分回答
  2. 最短1時間の即日融資も可能
  3. 上限金利(最高金利)17.8%はアイフルより0.2%安い
  4. はじめて契約なら「初回出金日の翌日から」30日間無利息
  5. 「瞬フリ」サービスは24時間365日瞬時に振込キャッシング
  6. Web完結申込でカードレスキャッシング対応
  7. はじめてなら最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドプレゼント

審査は最短30分、最短1時間の即日融資はいわずもがな、サービスの充実度ではアコムとアイフル以上だと言えるでしょう。充実したサービス内容でお得に借り入れしたい方はプロミスがおすすめです。

  • 郵送物なしのWeb完結でカードレスキャッシングが可能
  • 瞬フリ(振込キャッシング)サービスは24時間365日最短10秒で振込み
  • 1,000円分チャージ済みの三井住友VISAプリペイドがタダでもらえる
  • 三井住友銀行ATMの利用手数料が無料
  • ゆうちょ銀行ATMも利用可能(手数料は別途かかります)
  • プロミスポイント利用で提携ATM手数料無料・一定期間無利息

(※各サービス内容についてはプロミス公式サイトをご覧ください)

■プロミスフリーキャッシングのスペック
プロミスのカードローン
資金の使い道 生計費に限る(個人事業主は、生計費および事業費に限る)
対象年齢 年齢20歳以上69歳以下
申込条件 本人に安定した収入のある方
(主婦、学生でもアート・アルバイトによる安定した収入がある場合に申し込みが可能)
金利 4.5~17.8%(実質年率)
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息期間 初回出金日の翌日から30日間
毎月返済額 月々2,000円(5万円借入れの場合)から
収入証明書 借入額50万円以内は不要
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
年会費・会員費 不要

(最終更新日:2017年10月現在)
※生計費とは生活費、レジャー資金、冠婚葬祭費用、教育資金など多岐にわたります

■プロミスの審査回答時間と自動契約機の営業時間
審査回答時間 自動契約機 営業時間
9:00~21:00(土日祝日含む) プロミス自動契約機 9:00~22:00(土日祝日含む)
三井住友銀行ローン契約機(ACM) 9:00~21:00(土日祝日含む)

※審査状況や申込時間によっては即日の融資を受けられない場合もあります

プロミス

詳細・申込みはこちら【公式サイト】

⇒プロミスの情報を更に詳しく知りたい方は「プロミスカードローンのメリット・デメリット」をご覧ください。

アコムとアイフルとプロミスの比較記事⇒「アコムとアイフルとプロミスの審査と金利を比較!両方の違いどっちがいい?

2017年11月3日