お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

プロミスとアコムの審査の違いを比較!おすすめはどっち?

消費者金融の人気ランキングで1・2位を争うプロミスとアコムは、初めてカードローンを利用される初心者の方におすすめです。
銀行カードローンは金利が低いのですが、敷居の高さがネックになっている方は多いかと思います。また、融資まで時間がかかる傾向にあるのでお急ぎの方には向いていません。
審査と手続きの早さを重視する場合、プロミスやアコム、アイフル、SMBCモビットを選ぶ方は多いです。その中でもプロミスとアコムは圧倒的な人気・知名度の高さと、融資実績で他社をリードする存在です。
プロミスとアコムはパソコンやスマートフォンから24時間お申込み受け付け中です。ローン専用カードを自動契約機で受け取りすれば自宅への郵送物も避けられます。
プロミスとアコムは自動契約機の設置台数も多く、かつ系列グループの自動契約機でもカード発行が可能です。
この記事では、プロミスとアコムの審査の違いについて徹底比較してみました。
プロミスとアコムの審査基準や通過率、カードローンの審査時間(スピード)なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

スマホなら最短15秒で借入可能額を表示

プロミスとアコムの審査の違いを比較

プロミスとアコムの審査の違いについてさまざまな角度から比較しました。

  • 審査基準
  • 審査時間
  • 審査回答スピード
  • 審査の流れ

プロミスとアコムの審査基準を比較

プロミスとアコムの審査基準は一般公開されておりません。そのため、審査を通過するための前提条件としてまず利用条件をクリアすることが重要です。
プロミスとアコムの利用条件を比較してみましょう。

プロミスとアコムの利用条件
消費者金融 利用条件
プロミス 対象年齢 年齢20歳以上69歳以下
申込条件 本人に安定した収入のある方
(主婦、学生でもアート・アルバイトによる安定した収入がある場合に申し込みが可能)
アコム 対象年齢 20歳以上70歳未満
申込条件 安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

プロミスとアコムの審査時間を比較

プロミスとアコムの審査時間の違いを比較しました。

審査結果のお知らせ時間を比較
カードローン 審査結果のお知らせ時間
プロミス 9:00~22:00(土日・祝日を含む)
アコム 9:00~21:00(土日・祝日を含む)

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
プロミスとアコムは平日のみならず、土日・祝日も審査回答してくれます。審査時間が21時までのアコムに対して、プロミスは22時まで審査に対応してくれます。

プロミスとアコムの審査スピードを比較

プロミスとアコムの審査回答スピードの違いを比較しました。

審査時間と融資スピード比較
消費者金融 審査時間 融資スピード
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短1時間

※申込時間帯や審査状況によっては審査の回答、融資が翌営業日以降となる場合があります
プロミスとアコムの審査回答スピードは”ほぼ”同じくらいだと考えてよさそうですね。
上記の審査と融資スピードは「最短」の目安時間です。申し込みの時間帯や審査状況によっては翌日回答となる場合もあります。
夕方以降は申し込みされる方が多く、審査に時間がかかりやすいので、借り入れを急ぐ方はなるべく早めの申し込みを心がけましょう。

プロミスとアコムで審査の流れを比較

プロミスとアコムで審査の流れに違いがあるのか比較しました。

プロミスの審査の流れ

インターネット申し込みから、プロミス自動契約機でカード発行・受け取りする流れをご紹介します。プロミスの審査と申し込みの流れは次のとおりです。

  1. プロミス公式サイトにアクセス
  2. 申し込み(カンタン入力・フル入力どちらでも可)
  3. 審査
  4. 審査結果(電話orメール)
  5. 契約方法で来店契約を選択(プロミス自動契約機or三井住友銀行ローン契約機or店頭窓口)
  6. 必要書類を持ってプロミス店舗に来店する
  7. 契約書類の作成・カード発行
  8. 契約完了
  9. ATMで借り入れ

プロミスのインターネット申し込みは、「カンタン入力」と「フル入力」のどちらかを選べます。2つの違いは次のとおりです。

  • カンタン入力(項目数:17):入力項目が少なく、残りは電話でお伺い
  • フル入力(項目数:35):審査に必要な項目をすべて入力

カンタン入力は入力項目が少ない代わりに電話でのやり取りが発生しますので、フル入力のほうが早いです。
電話で相談しながらゆっくり申し込みを行いたい方はカンタン入力を選び、手間をかけずに素早く申し込みを行いたい方はフル入力を選択してください。

アコムの審査の流れ

インターネット申し込みから、アコム自動契約機「むじんくん」でカード発行・受け取りする流れをご紹介します。アコムの審査と申し込みの流れは次のとおりです。

  1. アコム公式サイトにアクセス
  2. 申込情報を入力
  3. 書類の提出
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡(「契約手続きのお願い」メールが届く)
  6. カード受取方法で自動契約機「むじんくん」を選択
  7. 自動契約機「むじんくん」で契約手続・カード発行
  8. ATMで借り入れ

プロミスとの若干の違いはありますが、「①申し込み」「②審査回答」「③契約方法orカード受取方法の選択」の基本的な流れは一緒です。
お急ぎなら、審査を通過した後に自動契約機まで行って、ローンカードを直接受け取りすると即日融資も可能です。自動契約機まで行く時間がない方は郵送をお選びください。ただし、郵送でカード受け取りする場合、カード到着までおよそ5日~10日程度かかります。

プロミスとアコムの審査以外を比較

プロミスとアコムの審査にそれほど違いはありませんでした。その他でプロミスとアコムの特徴を比較してみましょう。

利用者数や新規申込者数の違いを比較

プロミスとアコムの利用者数や新規申込者数の違いを比較しました。

利用者数・新規申込者数の違いを比較
消費者金融 利用者数 新規申込者 新規顧客 成約率(貸付率)
プロミス 1,309,000 36,902 16,198 43.9%
アコム 1,448,916 38,533 18,362 47.6%

※2017年7月末時点

金利と限度額の違いを比較

プロミスとアコムの金利と限度額の違いを比較しました。

金利と限度額の違いを比較
カードローン 金利(実質年率) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円まで
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円

利息の違いを比較

プロミスとアコムの利息の違いを比較しました。

利息の違いを比較
消費者金融 最高金利(実質年率) 借入金額 1年間の利息
プロミス 17.8% 10万円 9,894円
30万円 29,701円
50万円 49,503円
アコム 18.0% 10万円 10,011円
30万円 30,044円
50万円 50,074円

無利息サービスの違いを比較

プロミスとアコムの無利息サービスの違いを比較しました。

無利息サービスの違いを比較
カードローン 無利息期間 条件
プロミス 初回出金日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方

毎月返済額の違いを比較

プロミスとアコムの毎月返済額の違いを比較しました。

毎月の返済額の違いを比較
消費者金融 借入残高 返済額
プロミス 5万円 2,000円
10万円 4,000円
30万円 11,000円
50万円 13,000円
アコム 5万円 3,000円
10万円 5,000円
30万円 13,000円(*3)
50万円 15,000(*4)

(*3)契約極度額30万円以下の場合
(*4)契約極度額30万円超100万円以下の場合

即日振込融資の違いを比較

プロミスとアコムの即日振込融資の違いを比較しました。

アコムの即日振込融資の受付時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から1分程度
20:00~23:49 翌日9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
その他金融機関 (コアタイム) 月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
プロミスの即日振込融資の受付時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
PayPay銀行
楽天銀行
りそな銀行
イオン銀行
ソニー銀行
セブン銀行 他
月~金 0:00~24:00 約10秒後
土・日・祝

※審査状況や申込時間によっては即日の振込とならない場合もあります。

カードデザインの違いを比較

プロミスとアコムのカードデザインの違いを比較しました。
■プロミスカードの券面
プロミスのカード券面
■アコムカードの券面
アコムのカード券面

自動契約機の違いを比較

プロミスとアコムの自動契約機の違いを比較しました。

自動契約機(無人契約機)を比較
消費者金融 自動契約機の種類 営業時間
プロミス プロミス自動契約機 9:00~22:00(土日・祝日を含む)
三井住友銀行ローン契約機(ACM) 9:00~21:00(土日・祝日を含む)
アコム 自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00
※年中無休(年末年始は除く)

※店舗により営業時間が異なります。
三井住友フィナンシャルグループのプロミスは、自社の自動契約機のみならず三井住友銀行内に設置されているローン契約機(ACM)でも、カードローンの申し込みや、カードの受け取りが可能です。

  • プロミス:三井住友フィナンシャルグループ(三井住友銀行)
  • アコム:三菱UFJフィナンシャル・グループ(三菱UFJ銀行)

大手の消費者金融ではアイフルのみ銀行グループに属していません。ちなみに、SMBCモビットはプロミスと同じくSMBCグループの消費者金融です。

プロミスとアコムはどっちがおすすめ?

プロミスとアコムの特徴を紹介します。プロミスとアコムでどちらがオススメなのかは、何を重視したいかによって異なります。
プロミスとアコムの両方を比べてどっちがいいか比較してみましょう。

プロミスのカードローンは初心者におすすめ

プロミスのカードローン・キャッシングは消費者金融業界ではアコムに次ぐ人気を誇ります。
審査は最短30分、最短1時間の即日融資はいわずもがな、サービスの充実度ではアコムとアイフル以上だといえるでしょう。充実したサービス内容でお得に借り入れしたい方は、プロミスのカードローンがおすすめです。

プロミス
公式サイトを見る
プロミスのカードローン商品内容
金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

アコムのカードローンは最短30分審査

アコムのカードローン・キャッシングは審査が最短30分で完了。最短1時間の即日融資も可能です。
アコムはプロミスやアイフルらの競合他社を抑えて、利用者数、新規申込者数において業界No.1の実績を誇ります!お金を借りるのは不安が付きものだから、カードローンの利用が初めての方ならアコムがおすすめです。
サービスにおいて大きな特徴はないものの、新規貸付に積極的であり、初めての方への融資が得意です。

アコム
公式サイトを見る
アコムのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

Nextアコムとプロミスの金利・即日融資・無利息を比較!どっちがいい?

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはauユーザー限定 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧