楽天銀行カードローン スーパーローンの審査の流れと審査基準

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、ネットバンクの楽天銀行が発行するカードローンです。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は金利が年1.9%~14.5%、融資限度額は最大800万円、利用者の利便性を十分に満たせる高スペックなカードローンとなっています。

また楽天銀行は大手通販サイトの楽天市場を運営している楽天グループに所属する銀行で、楽天市場やグループ内の各社サービスを利用しているユーザーには特におすすめの銀行カードローンです。

なぜなら各種サービスの利用により楽天スーパーポイントが付き、その利用実績によってまた楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査にも良い影響が期待できるからです。

もちろん楽天銀行に口座を開設していなくても、楽天銀行カードローン「スーパーローン」は作れて利用できるので、これもまたこのカードローンの魅力のひとつになっています。

この記事では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の流れと審査基準について詳しく解説します。

そしてこれから楽天銀行カードローン「スーパーローン」の利用を検討している人たちに、ぜひ審査の面で参考にしてもらいたいと思います。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

楽天銀行スーパーローンの審査の流れ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査は誰でも簡単に通るのでしょうか?

結論から先にいえばそれほど簡単ではありません。楽天銀行カードローン「スーパーローン」には一定の審査基準が設定してあり、申込者としてもきちんと対策をしながらその基準を越える必要があります。

まずは楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の流れから解説していきます。

楽天銀行スーパーローンの仮審査と本審査の流れ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は仮審査と本審査の2段階審査です。銀行、消費者金融を問わず、多くのカードローン会社がこの審査方式を採用しています。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の流れは以下の通りです。

  1. 楽天銀行公式サイトにアクセス
  2. 楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申し込み
  3. 仮審査の開始
    ※電話で申込内容の再確認、勤務先または自宅への在籍確認
  4. 仮審査結果の回答
  5. 本審査の開始
  6. 契約内容の確認
  7. 楽天銀行へ必要書類の送付
  8. 本審査が完了
  9. 楽天銀行ローンカード発行
    ※自宅または勤務先送付(返済に関する預金口座振替依頼書同封)
    ※カード到着まで1週間ほどかかります。
  10. 預金口座振替依頼書に署名・捺印して楽天銀行宛て返送
  11. 借り入れ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」はインターネットからの申し込み(Web申込み)に限定されています。

楽天銀行はネットバンクなので行員が配置された実店舗はなく、また他社でポピュラーな自動契約機もないので、店舗窓口や自動契約機での申し込みができないだけでなく、電話や郵送での申し込みも受付けておりません。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申し込みはWebだけという、典型的なネット銀行の商品という特徴をもっています。

楽天銀行スーパーローンの審査基準

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の利用残高の推移を見ていると、相当幅広い範囲の利用者に愛用されて伸びてきたことが分かります。

つまり正社員だけでなく、パート・アルバイトから一般主婦、事業者まで、あらゆる層に利用されているのです。

しかも楽天銀行の公式サイトにわざわざ「パート・アルバイトも申込み可能」と記載しているほど、非正規雇用者に配慮した表記になっているのも銀行としては特異な存在です。

そうなるとその審査基準とはどのようなものなのか、これから楽天銀行カードローン「スーパーローン」のカードを作ろうとしている人はとても気になりますね。

そこでまずは楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査基準とはどのようなものから成っているかしっかり解説したいと思います。

ただし、スーパーローンの審査基準は楽天銀行からは一切公表されていないので、あくまで申込条件や求められる書類などに基づき、審査基準について外部から推測したものであることを申し添えます。

個人情報に基づくスコアリング審査

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の仮審査で最初におこなわれるのがスコアリング審査です。

スコアリング審査とは、カードローンの審査用に開発されたシステムを使って申込者から提供された個人情報を属性ごとに点数化、そのスコアの合計額がカードローン会社の決めた基準点を上回っていた申込者のみスコアリング通過者として本審査に回すという作業です。

大手各社の場合はカードローン申込者数が膨大なので、審査効率化のためにまずはこのような自動審査システムを使って貸出リスクの低い人を選ぶ仕組みを作っています。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」でもまず一次審査として個人情報に基づくスコアリング審査をおこない、楽天銀行の基準点を下回った人はこの時点で審査に落ちることになります。

信用情報に基づく外部審査

楽天銀行カードローン「スーパーローン」のスコアリング審査が終わるといよいよ本審査になります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の本審査で行われる作業のひとつがこの信用情報に基づく外部審査であり、審査の要といえるほどの重要な審査項目です。

ここで行われることは楽天銀行の指定信用情報機関である「全国銀行個人信用情報センター」に申込者の個人情報を信用照会することで、照会作業を通じて本人の過去の支払い状況や金融トラブルの有無を確認します。

信用情報の照会でもし過去に61日以上の返済の滞納があるとか、自己破産を含む債務整理などの登録があれば、それは申込者が過去の取引で貸金業者に金銭的被害を与えたことを意味するので審査に落ちる理由となります。

スコアリング審査と信用情報に基づく外部審査では判断基準が異なるので、仮にスコアリングの結果がいかに高くても関係ありません。

また、最近の銀行カードローンでは通常の信用照会に加えて、別に預金保険機構経由で警察庁への照会を行うようになっています。

この目的は、カードローンの申込者が暴力団などの反社会的集団に関係しているかどうかをチェックするためであり、この作業は保証会社ではなく楽天銀行がおこないます。

在籍確認の審査で勤務先や自宅のチェック

信用情報とあわせて、楽天銀行カードローン「スーパーローン」で重要な審査項目が在籍確認です。

在籍確認では楽天銀行から申込者の働いている勤務先や、自営者の場合はその自宅に電話をかけて、本人が本当にその場所で働いているかどうか確認します。

カードローンの返済財源は申込者の定期的な収入なので、その定期収入を生み出している勤務先の確認はカードローン会社にとって欠かせない手続きなのです。

また、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の在籍確認のタイミングは、主に審査の最終段階で行われます。

なぜなら本審査で申込者がほぼ通過できる目途が立たないと、その後もし審査で落ちたら在籍確認の手続き自体無駄になるからです。

ただしケースによっては先に在籍確認をしたほうが審査手続きがスムーズに進む場合もあるので、申込者の要望も聞いて楽天銀行の判断で実施することもあります。

また楽天銀行がどのように勤務先に電話をかけてくるかという疑問もありますが、これに関してはページ下部の「楽天銀行スーパーローンの審査に関するよくある質問」に詳しく書いておきましたので参照してください。

楽天会員は審査優遇

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の公式サイトには、楽天会員は審査優遇があると明確に表示されています。これは他のカードローン会社にはない特記事項です。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は楽天銀行に口座がなくても利用できるメリットがあります。

しかし、楽天銀行で口座開設して預金などの取引実績があるとか、楽天IDを登録して楽天市場の買い物や楽天トラベルなどの利用があれば、それらの実績の下にカードローンの審査優遇が受けられるのでさらにお得です。

楽天会員は現在4段階の会員ランクに分けられており、楽天グループ内の利用実績に応じてどんどんランクアップしていくシステムになっています。

高いランクからダイヤモンド会員、プラチナ会員、ゴールド会員、シルバー会員となっており、個人的には筆者も楽天銀行や楽天カードの利用者として現在ゴールド会員です。

もちろん楽天会員がどのようにカードローンで審査優遇を受けるか明確な内容は公表されていませんが、少なくても楽天会員になれば何らかの審査優遇があるはずなので、楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申込みする前にまずは楽天会員に登録しておくのもいいのではないでしょうか。

審査を担当する保証会社が2社あることに注目

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査で注目すべきは、審査を担当する保証会社が2社あることです。

楽天銀行本体でも一部の審査作業がありますが、審査の大半はこの保証会社がその業務を行っています。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の保証会社は楽天カード(株)および(株)セディナです。

楽天カードは楽天グループのクレジットカード会社、セディナは三井住友フィナンシャルグループの子会社ですが、このように同じ保証会社といっても資本の系列が異なっていることに意味があります。

資本の系列が異なっているということは、同じカードローンの審査をおこなうといっても審査基準も違います。

そのため仮にどちらか1社の保証会社の審査で楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査が通らなくても、別の保証会社の審査でカードローンの審査が通ったら楽天銀行スーパーローンが作れるわけですね。

これは1社しか保証会社を置いていない他のカードローン会社と比べても、楽天銀行カードローン「スーパーローン」では審査のチャンスが2回得られるわけですから、当然申込者にもメリットがあるわけです。

ただし保証会社自体それぞれ信販系のサービスを提供しているので、もしその金融サービスで申込者がトラブルを起こしていたら当然、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査も通りませんので注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンの審査時間

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の公式サイトでは審査時間について以下のように明確に表明されています。

「できるだけ速やかな審査回答に努めますが、申込状況などで数日間を必要とする場合があります」

これを見れば、大手消費者金融のような審査回答が最短30分、即日融資まで最短1時間などという対応は楽天銀行カードローン「スーパーローン」には求めることができません。

しかし楽天銀行カードローン「スーパーローン」は融資金利が上限でも年14.5%とネット銀行ならではの安心金利なので、仮に審査に多少時間がかかっても利用するだけの価値は十分あると考えています。

金利重視か審査スピード重視かで申込者の判断も変わってきますが、借入を急がないのなら楽天銀行カードローン「スーパーローン」は利用メリットも多くおすすめできるカードローンのひとつです。

また楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査受付時間は平日の9:00~20:00までの間となっており、土日祝日の対応はありません。申込時間や曜日には十分に注意して申し込みしてください。

楽天銀行スーパーローンの審査時間は早い?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査時間は最短翌日です。審査スピードでいえばメガバンクなどの銀行カードローン並みかやや遅めです。

審査時間としては特別早くも遅くもないですが、特に「本日中に借りたい」などの資金を急ぐ人には不向きなカードローンかもしれません。

本日中にできるだけ資金を早く借りたい人には、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビット・レイクALSA・J.Scoreなどの大手消費者金融がおすすめです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査時間と即日融資
カードローン審査時間即日融資金利(年率)
楽天銀行カードローン「スーパーローン」最短翌日最短翌日1.9~14.5%
アコム最短30分最短1時間3.0~18.0%
プロミス最短30分最短1時間4.5~17.8%
アイフル最短30分最短1時間3.0~18.0%
SMBCモビット10秒簡易審査最短即日3.0~18.0%
レイクALSA最短15秒Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、
当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
4.5~18.0%
J.Score仮審査最短30秒最短即日0.8~12.0%

この表は左右にスクロールできます。

*申込みの曜日、時間帯、審査状況によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

もちろん消費者金融より金利に優れたカードローンをネット活用メインで長期的に使いたい人には、楽天銀行カードローン「スーパーローン」はうってつけのカードローンだといえます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

楽天銀行スーパーローンの審査に通るのはどんな人?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」を借りられるのは、以下のような審査基準を満たすことができた人です。

一定の勤務実績、毎月安定した収入を確保している

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は仕事に就いて一定の勤務実績があり(できれば1年以上)、毎月安定した収入があれば、仕事内容・雇用形態に関係なく申込みできて審査に通る可能性があります。

つまり、正社員だけでなくパート・アルバイトで安定収入があるとか学生であっても満20歳以上で働いて収入があれば楽天銀行カードローンへの申し込みが可能です。

また個人事業主でも3期以上確定申告書を銀行に出せて収入が安定していたら、こちらも楽天銀行カードローンを利用できますよ。

保証会社の楽天カードまたはセディナの保証が受けられる

楽天カードまたはセディナの保証が得られた人なら、楽天銀行カードローンを借りられることができます。

楽天カードは楽天銀行グループのクレジットカード会社、セディナは三井住友フィナンシャルグループの信販会社ですが、それぞれ独立して楽天銀行カードローンの保証会社として、保証業務を請け負っています。

両社は資本の系列も異なりそれぞれ審査基準が違うので、どちらかの審査に通ればカードローンが借りられる仕組みです。

これは1回しか審査が受けられない他のカードローンと比べて、同じカードローンで2回審査の機会がある分だけ、申込者には有利になっています。楽天銀行カードローンの審査メリットです。

個人信用情報に致命的な傷がない

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では保証会社が外部の信用情報機関に申込者の個人情報を問い合わせて信用情報をチェックします。

その問い合わせで、金融事故に相当する本人の信用を落とす情報の登録がなく、信用情報がきれいであればかなりの確率で審査が通ります。

またそれ以外にも保証会社の楽天カードやセディナのグループ会社の過去取引でも金融トラブルがないことが望ましいです。

さらに銀行は長期延滞だけでなく数日内の返済遅延でも対応が厳しいので、毎月の返済日にきちんと返済できていることが楽天銀行カードローンの審査通過の条件となります。

勤務先への在籍確認ができる

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査において在籍確認は必須の手続きです。

楽天銀行の担当者が申込者の勤務先に電話をかけて、必ず本人が働いていることを確認できることが楽天銀行カードローンを借りる条件となります。

楽天銀行スーパーローンの審査に通らない理由

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の流れと審査基準の仕組みを理解してもらったうえで、これからはいよいよ審査の中身について解説します。

そもそもカードローンの審査に通らないということは、申込者個人としての属性やその周辺に何かしら問題点があるので審査に通らないわけです。

逆に言えば、その問題点を改善または向上するか、完全になくしてしまえば楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査が通るようになるということですね。

それでは楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通らない原因とその対策について一つひとつチェックしていくことにしましょう。

年齢条件に満たない

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では申込時の年齢を満20歳以上~満62歳以下の人に制限しています。またパートやアルバイトなどの申し込みは満60歳以下という年齢制限もあります。

金融商品にはそれぞれ細かい規定があるのですが、たまにその要綱さえ確認せずに申し込みする人がいます。

例えば未成年で満19歳以下、あるいは満63歳以上で申し込みしたら年齢制限に引っかかるので楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちることになりますね。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」に申し込みする際には、事前に商品概要をキチンと確認しておきましょう。

参照スーパーローン商品概要|楽天銀行

安定・継続した収入がない

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申込みでは、満20歳以上でかつ毎月安定した収入があることが必要です。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では収入金額で他行の基準にあるような「年収○○円以上」など明確な基準は示されておりません。

ここでの審査ポイントは安定した収入をどう理解するかという点です。基本的に安定した収入とは毎月1回の頻度で定期的に一定額の収入があることであり、仮に一回当たりの収入金額が高くても入るのが不定期な場合では定期的な収入と呼べません。

その点ではパート・アルバイトのような身分の人でも同じ会社に長く勤務して安定的な収入が確保できている人は、仮に収入水準が低くても楽天銀行カードローン「スーパーローン」に申込みが可能です。

勤続年数が短い

勤続年数が短いと楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申込みしても審査に落ちる可能性があります。

特に勤務開始から3~6ケ月以内での申込みはどの貸金業者でもかなり低く評価しており、これは楽天銀行を含むどのネットバンクのカードローン審査でも同じ基準です。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申込みするならできれば1年以上勤務していることが望ましいし、もし3年以上勤務実績があれば連続した収入証明書類も出せるので銀行への説得力は高いです。

収入に対して希望限度額が高すぎる

年収に対して希望限度額が高すぎると、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる原因となります。

通常の目安としては、仮に他社にカードローンなどの利用がない場合、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の希望限度額は年収の3分の1以内に収めるよう意識すべきです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の希望限度額の目安
年収希望限度額の目安
100万円33万円
150万円50万円
300万円100万円
450万円150万円
600万円200万円

年収を無視したむやみやたらに高い申込額は審査担当者の心証も悪くする可能性もあるので、上記の額を目安にできるだけ低めに申請してください。

他社ローン・キャッシングの借入件数が多すぎる

他社借入件数が多すぎると楽天銀行カードローン「スーパーローン」で審査落ちする可能性が高くなります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では申込時にすでに他社の契約数が3社以上あれば審査が相当厳しくなります。

できれば申込前には他社借入件数を減らしておくことが肝心で、もし枠だけで使っていないカードローンがあるほか利用残高も少ない借入があれば、解約処理や他のカードローンに残高をまとめておくことで、少しでも契約件数を減らしておくことをおすすめします。

在籍確認がどうしても取れない

さまざまな理由で楽天銀行が最後まで在籍確認が取れないことがあります。このようなときには残念ですが楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査には通りません。

「在籍確認が取れない可能性がある」と、申込者が事前にそのような状況を予想できるなら、楽天銀行に事情を話して確実に在籍確認が取れるように協力すべきだと思います。

申込内容に嘘が混じっている

申込内容に嘘が混じっていると、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査は通りづらくなります。

つく嘘にも程度がありますが、例えば収入金額を実態よりかなり高くして申告した、すでに退職しているにもかかわらず元の勤務先を申告するなどの嘘はかなり悪質です。

出すべき収入証明書でも偽造書類を提出した場合は犯罪に問われる可能性もあります。審査する銀行側としても時間をかけてあらゆる角度から慎重に審査するので、申告内容に矛盾があれば結構な確率で嘘がバレてしまいます。

そのような行為はカードローンの審査に落ちるだけでなく、そのあとも貸金業者内で負の記録として長期間保存され、嘘をついた申込者に長く悪影響を及ぼすことになるでしょう。くれぐれもバカな行為は慎みましょう。

過去の信用情報に傷がある

過去の信用情報に傷があると楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通ることができません。

楽天銀行が信用情報機関に信用情報を照会した結果、もし申込者に61日以上の返済滞納や自己破産などの債務整理、代位弁済、強制解約などの情報が登録されていれば、それだけで審査に落ちてしまいます。

さらに返済遅延も曲者で、本人としては他社の返済で何度か返済遅延しても、最終的に返済しているのでいいだろうと高をくくっていても、金融機関などのとりわけ厳しい銀行の審査では仮に2回程度の遅延でも「信用するに値しない」と判断してしまう場合もあるのです。

カードローンやクレジットカートを利用している人は、くれぐれも信用商品の取引で自分の信用情報を傷つけないよう注意してくださいね。

過去に楽天関連の取引でトラブルを起こした

楽天銀行は単独の銀行でなく、あくまで楽天グループの銀行として機能しています。

しかも楽天銀行カードローン「スーパーローン」の保証会社のひとつは、その同じ楽天グループの構成員、楽天カードです。

また他にも楽天モバイル、楽天証券、楽天保険など信用商品が関係した取扱い業者だけでもいくつもあります。

したがって楽天銀行だけでなく、楽天カードやその他の会社取引で過去にもし金融トラブルを起こしていた場合、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に悪影響が出ないとは言い切れません。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」を問題なく利用したいなら、他の楽天グループ会社のサービスもしっかりした管理の下で利用するようにしてください。

短期間のうちに複数他社へ申し込んでいた

短期間(通常1ケ月以内)に複数他社に同時申込みしていた場合も、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に落ちる可能性が高いので要注意です。

貸金業者はカードローンなどの申し込みを受けると、遅滞なく加盟している信用情報機関にその申込情報を通知するルールになっているので、スーパーローンの申し込みを受けた楽天銀行が信用情報機関に照会すると他社の申込状況はすぐにわかります。

すでに短期間に複数同時申込みしていることがわかると、楽天銀行としてもその異様な申込方法に疑念を感じて審査落ちさせてしまうことがあるかもしれません。

信用情報機関では申込情報は6ケ月が保存期間になっているので、登録から6ケ月過ぎると情報が抹消されます。

もしどこかの金融業者でカードローンを申込みした場合、次に楽天銀行カードローン「スーパーローン」に申込みするのは最低6ケ月経過してからにした方がベターだと思います。

楽天銀行スーパーローンの審査を通りやすくする方法

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の内容とは直接関係ないものの、その他で楽天銀行で審査落ちしないために気をつけておきたい点は以下の3つです。

楽天グループで利用実績を積んでから申し込む

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、楽天会員ランクに応じて審査優遇があります。楽天会員ならこれを見逃す手はありません。

※すべての楽天会員が審査優遇を受けられるわけではありません。

楽天会員になって楽天グループのさまざまなサービスを利用すればするほど会員ランクが上がる仕組みなので、その取引実績に応じて審査優遇が期待できます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を通りたいと考えている人は、単に楽天会員になるとかID登録するだけでなく、楽天グループには生活を豊かにしてくれるサービスが沢山ありますので、各種サービスを利用して実績を積み上げてから申し込むと審査では有利です。

また、楽天銀行カードローンの申込前にあらかじめ楽天銀行に口座を開設して事前に取引実績を作っておくのも審査を通りやすくする方法のひとつです。ぜひ試してみてください。

希望の借入限度額を低めに設定

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の希望限度額は最大でも本人年収の3分の1以内を目途にしてください。

銀行は消費者金融と比べて厳しい審査をおこないますが、それでも審査通過のボーダーラインはあります。その点では限度額を「本人年収の3分の1以内」にするというのは一定の目安になります。もちろん収入の高い人はこの限りではありません。

勤続年数が1年以上になってから申し込む

楽天銀行カードローンは銀行のカードローンなので勤続年数の理想は3年以上ですが、最低でも1年以上の勤務実績で申し込むと審査が通りやすくなります。

1年以上の勤務実績があれば、確実に源泉徴収票などの所得証明書類が手に入るので、申込条件として「安定した収入」を求める楽天銀行への説得力が上がります。

申込フォームへの入力は丁寧に

人は最初に見た印象で相手を判断してしまうように、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査担当者も、申込フォームに入力された内容で申込者の印象を決めてしまうかもしれません。

申込フォームの内容が入力に必要な個所が空白のままだとか、入力内容を判読するのが困るほど雑だった場合、銀行担当者は「この人にお金を貸してあげたい」と思うでしょうか?

逆に「このような雑な入力する人にお金を貸したらすぐに問題を引き起こされてしまう」と感じてしまうでしょう。

そのようなことがないよう、カードローンの申込みに関しては「入力は丁寧にかつ漏れなく」を励行してください。

楽天銀行からの電話はいつでも取れる状態にしておく

一般的に楽天銀行からの電話は、楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申込後すぐ本人宛にかかってきます。楽天銀行から電話がかかってきたら遅れずに電話に出るようにしてください。

楽天銀行が電話をかける目的は2つあります。1つは申込内容の確認、そしてもう1つは本人の借入意思の確認です。

極端な話、申込フォームなどは本人以外の別の人間でも入力ができるので、他人や親族が本人のふりをして入力することもできます。

融資契約というのは本人と締結することが絶対条件なので、だからこそ金融業者としては本人の借入意思をまず確認することが重要なのです。

したがって楽天銀行からかかってきた電話に出ないとか、電話を無視してそのあとも電話を折り返さずに放置していたらそれだけで審査落ちの理由になります。

何はともあれ、楽天銀行カードローン「スーパーローン」を申し込みしたらいつでも電話に取れる状態にしておきましょう。

短期間のうちに複数他社へ同時申込みしない

どの金融機関でも短期間に他社へ同時に申込みされることを嫌う傾向があります。楽天銀行もまた同じです。

申込時の信用情報機関への問い合わせでこの事実を知ると、せっかく楽天銀行の審査が通りかけている場合でも、それを理由に審査で落とされることがあります。

カードローンの申込情報は信用情報機関の保存期間は6ヶ月です。したがって申し込みの間隔は6ヶ月以上空けることで審査へのダメージを回避することができます。

楽天銀行スーパーローンの審査に関するよくある質問

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に関する質問コーナーです。

Q1.審査基準を教えてくれますか?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査基準や審査内容については楽天銀行の公式サイトでも一切公表されていません。

審査基準や審査内容の公開については、楽天銀行カードローン「スーパーローン」だけに限らずどのカードローン会社でも同じ対応です。

理由としては、これまで延べたようにカードローンの審査では個人情報に基づくスコアリング審査や個人信用情報機関への照会などから総合的に融資可否を判断しているので、申込者それぞれで審査基準が異なるため明示できないからです。

しかし楽天銀行カードローン「スーパーローン」の商品概要書にあるように、日本国内に居住する満20歳以上62歳以下の人なら、働いていて毎月安定した収入があれば申込みできます。

もちろんパート・アルバイトの人でも勤務して安定した収入があれば申込み可能です。

Q2.必要書類の種類は?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申込みや審査に必要な書類は以下の通りです。

  1. 楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(ネット申込みの場合不要)
  2. 本人確認書類(下記の書類のうち、いずれかのコピー)
    • 運転免許証(裏面に変更情報ある場合、表面と裏面の両方)
    • 健康保険証
    • パスポート
    • 住民基本台帳(顔写真付き)
    • 個人番号カード(顔写真付き)
  3. 収入証明書類(いずれかのコピー)
    • お勤めの人…源泉徴収票・給与証明書・課税証明書のいずれか
    • 自営業の人…課税証明書・確定申告書のいずれか

*審査の結果、上記書類以外に楽天銀行所定の書類を用意する必要がある場合があります。

なお楽天銀行カードローン「スーパーローン」の必要書類は、収入証明書類送付アプリでスマホやパソコンから簡単に送信できますのでぜひ活用してください。

Q3.審査にどれくらい時間がかかる?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査時間は最短翌日です。

楽天銀行としても速やかな審査および回答に努めていますが、申込状況などによってはもう数日ほど時間を要する場合もあります。

また、もし途中で楽天銀行が申込者に連絡が必要と判断した場合、電話があるかもしれないので電話は常に取れる状態にしておいてください。

なお申込者が楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査基準や審査内容を楽天銀行に問合せしても一切回答してくれませんので、そのような問合わせはしないようお願いします。

Q4.審査結果の連絡方法は?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査結果は、申込時に楽天銀行に登録したメールアドレスに通知されます。

審査結果の回答は原則メールですが、稀に電話連絡での回答もあります。

ただし在籍確認のように会社ではなく直接本人宛に連絡がきますので安心してください。

Q5.適用金利はどのようにして決まる?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利はそれぞれの限度額に応じた金利幅が設定されています。

例えば利用限度額100万円だと借入利率は年9.6%~14.5%です。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の利用限度額・金利
利用限度額金利(年率)
800万円1.9~4.5%
600万円以上800万未満3.0~7.8%
500万円以上600万未満4.5~7.8%
350万円以上500万円未満4.9~8.9%
300万円以上350万円未満4.9~12.5%
200万円以上300万円未満6.9~14.5%
100万円以上200万円未満9.6~14.5%
100万円未満14.5%

適用金利はあくまで楽天銀行による総合的な審査により決められた幅の中で、それぞれの申込者の信用力や返済能力に沿って決めることになります。

Q6.勤務先に在籍確認はある?

楽天銀行では審査の一環として勤務先へ電話で在籍確認を行っています。

ただし楽天銀行では申込者のプライバシーを考慮して、基本的に電話は非通知設定・担当者個人名でかけています。

もし電話を取った相手から社名を尋ねられた場合には「楽天銀行の○○(担当者名)です。」と名乗ります

また勤務先が電話に非通知拒否設定をしている場合、そのままでは電話がかけられないので、楽天銀行としては電話番号を通知ONにして再度電話をかけることになります。

Q7.学生でも審査はしてもらえる?

日本国内に居住する満20歳以上62歳以下の人なら、働いていて毎月安定した収入があれば誰でも楽天銀行カードローン「スーパーローン」に申込みができます。

学生でもアルバイトやパートをしていて毎月安定した収入があれば、楽天銀行カードローン「スーパーローン」への申し込みは可能です。

Q8.他社のローン、キャッシング、クレカの審査に落ちると申し込みできない?

他社の銀行ローン・キャッシング・クレジットカードの審査に落ちた方でも、楽天銀行カードローン「スーパーローン」は申込み可能です。

ただし楽天銀行の審査結果によっては対応できない場合もあります。

また短期間の内に複数社へ申込みをおこなうと、どのローン審査にも通りづらくなるので注意しましょう。

Q9.審査に落ちたけど再度申込みは可能?

過去6ケ月以内に楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申込みをして審査に落ちていた場合、楽天銀行の規定により再度の申込みはできません。

過去6ケ月以上前に申込みしていた人でも再申込みは可能ですが、審査結果によっては対応できない場合もありますので留意してください。

楽天銀行スーパーローンの増額審査

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査には「新規契約時の審査」と「増額時の審査」があります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の増額審査では新規時とはやや異なった視点から審査があるので、できればその審査のポイントや対策・利用上の注意点なども知っておいた方がいいと思います。

以下に簡単にまとめてみたので参考にしてください。

増額審査の条件と申込の手順

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の増額依頼には最低限、最初の申込みから6ケ月以上の利用実績が必要になります。したがっていつでもできるというものではありません。

また増額審査は最新の情報(年収、勤務先、信用情報など)に利用実績を加味して再審査されるので、そのつもりで審査を受けてください。

増額の申込方法は以下の2つです。

・楽天銀行公式サイトの会員ページにログインして増額メニューから申込み
平日・土日祝日関係なく申込み可能です。

・楽天銀行カードセンター(TEL:0120-730-115)に電話して増額依頼する
受付時間は平日9:00~21:00で土日祝日に増額の申し込みはできません。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の増額審査に通ったら、楽天銀行より本人宛に電話連絡が入ります。

一方、増額審査に落ちた場合は、楽天銀行よりメールまたは郵送で通知されます。

もし楽天銀行カードローン「スーパーローン」増額ができると今まで以上に利用極度額が増えるので、ふところぐあいに余裕ができるばかりか、限度額が増えることで金利引き下げのメリットも期待できます。

増額審査の唯一のデメリットとしては、増額審査を受けた結果、増額どころか利用限度額の減額または利用停止となる可能性があることです。

原因は増額審査をしたときに転職などで年収がダウンしていたとか、返済遅延を起こして信用情報を悪化させていたような場合です。

ただしこれは楽天銀行としても、既存のローン利用者に対しても定期的に個人信用情報の信用照会を行っているので、このような対応が増額審査の時だけに取られるものでもありません。

増額の案内はある?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では増額の案内はあるのでしょうか?

結論から先に書けばこれは何とも言えません。答えとしてはあるかもしれないし、ないかもしれない、これが現時点での回答です。

正直なところ、人気の高いカードローンなのでわざわざ増額案内しなくてもどんどん新規申込みもあり、ネットバンクとして審査スタッフも人数的に限りがあるので増額案内まで手が回るかどうか疑問です。

また楽天銀行公式サイトにも、ネットの口コミにも、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の増額案内に関するコメントは見つけることができませんでした。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では増額の案内が来るのを待つのでなく、以下に述べるような対策を取りながらコツコツと地道に準備をしておくほうが大事だと筆者は感じています。

借入および返済の利用実績を上げる

楽天銀行カードローン「スーパーローン」で増額依頼するには最低限、最初の申込みから6ケ月以上の利用実績が必要です。

筆者としてもまさにこの利用実績を積み上げていくことが、増額審査を成功に導くポイントだと考えています。利用実績を上げるには、時間をかけて継続して借入・返済を繰り返すことがとても大事です。

1回限りの大きな額の利用より、少額からでも繰り返し借入することが楽天銀行への信用を築きます。信用は急には作れません。楽天銀行との地道な取引を心がけてください。

利用開始後も信用状態を維持する

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の利用開始後も、申込者が自分の信用状態をきちんと維持しておくことが増額審査にはとても大事です。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の新規借入時にいくら信用状態がよくても、そのあと増額審査時に返済遅延や金融事故を起こして自分の信用情報に傷をつけていたら審査で通るものも通らなくなります。

日頃から自分の信用状態が無傷で維持できるよう、返済面も含めてきちんと管理徹底してください。

まとめ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査の流れ、どんな審査基準で貸出審査をしているのか、申込者は審査を通るためにはどんな対策や準備をしたらいいかなど詳しく解説してきました。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」はネットをフル活用することで必要に合わせて融資が受けられるだけでなく、ローンカードを利用すれば提携先の金融機関・コンビニATM(約100,000台)のほとんどで借入や返済が手数料無料で利用できる本当に便利なカードローンです。

一方、2018年に入っても銀行カードローンの自主規制がますます広がりを見せています。

そのような環境下では、いくらネットバンクといっても同じ銀行業界に属し金融庁の監督を受けている楽天銀行だけが自由にカードローンの販売ができるわけではありません。

実際に楽天銀行もいくつかの面ですでにカードローンの販売に関して自主規制を実施しています。

それだけに、これからカードローンの申込みを考えている人はその自主規制の動向もしっかり把握し、十分な対策と準備をしてから楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査を受けることをおすすめします。

この記事が楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通るための参考になることを切に願っています。

NEXT楽天銀行カードローン スーパーローンを借りるメリット・デメリット

■監修者より一言
楽天銀行の「スーパーローン」は、銀行のカードローンだけあって消費者金融よりも好金利かつ大口の貸し付けが可能なのがメリットです。その一方で、在籍確認は避けられませんので、在籍確認がNGの人は消費者金融へ相談を。楽天銀行カードローンの最大の魅力といえるのが楽天ユーザーなら審査が優遇されるという点です。まずは楽天グループで実績を作ってから申し込むのが王道でもあり近道といえそうです。ただし審査時間についての優遇はなし!余裕を持って申し込みましょう。

監修:飯田道子
執筆者:nobu shige/元銀行員