カードローン初心者の教科書「初めてのカードローン」

初めてのカードローン(初心者向け)

最近カードローンを利用する方が増えています。特に初めてカードローンを利用する新規申込者が多いようです。

現在、日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関の各種統計データによれば、消費者金融やクレジットカードの利用者は、約1,100万人にも及ぶといわれています。単純に計算すると日本人の12人に1人が利用しているという計算になりますね。

カードローンの利用する際の目的TOP4は「娯楽・交際費」「生活費」「車関連費」「旅行費用」となっています。借金=生活苦というイメージはもはや過去の話?じつはカードローンの利用者は「将来の収入を前借りして賢く使っている」のです。

ただ初心者の方が「いざ申込みしてみよう!」となると実際は分からないことだらけで不安に感じる方も多いのではないでしょうか…。

その理由として
「使い方が分からない」
「どの業者がいいのか分からない」
「どのように申込みしたらいいのか分からない」
が原因です。

ここでは、カードローン初心者のために今後利用するにあたっての基本的な使い方や、特徴を解説いたします。

カードローン初心者に知ってほしい豆知識

カードローンとは、資金使途が自由で、利用限度額の範囲内で繰り返し自由に借り入れや返済することができる無担保ローンのことをいいます。

専用ローンカードを使って、ATMなどでお金を引き出したり、返済することができます。

カードはインターネットで申込みした場合、審査に通れば自宅へ郵送、もしくは自動契約機へ直接取りにいくこともできます。

自動契約機で申込みをする場合は、審査からカード受け取りまでをおこなうことができ、自動契約機が設置してある無人店舗はATMもあったりするのですぐにお金を引き出しすることができます。

カードローンだから「カードを使って」というイメージが強いですが、カードローン会社から自分が持っている銀行口座へ振込みしてくれる「振込キャッシング」も対応しています。

また、返済するときも同様に、自分が持っている銀行口座をカードローン会社に伝えればその口座から自動引き落としによる返済も可能です。

このように、カードローンといっても、カードを使わずに利用することができ、財布の中を見られるのを気にする方でもカードレスでお金を借りることもできます。

  • お金の使い道は原則自由
  • 限度額内であれば自由に借入・返済できる
  • 審査に通らないと使えない
  • 金利はカードローン会社によって違う

特徴1:お金の使い道は原則自由

カードローンは借りたお金の使い道は原則自由となっています。旅行費、車の購入資金、教育費など、幅広い用途に使うことができます。

自動車ローンや住宅ローンでは、お金を借りる目的がはっきりしていないとローンを利用することができませんが、カードローンでは「もしもの時のためにとりあえず持っておく」という方法も可能です。

また、原則自由とあるように使うことができないものもあります。各カードローン会社によって様々ですが「事業性資金」として利用ができないところもあります。

金融機関名 使い道 適用外
三井住友銀行カードローン 原則自由 事業性資金不可
オリックス銀行カードローン 原則自由 事業性資金不可
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック さまざまな用途に利用可能 事業性資金不可
みずほ銀行カードローン 原則自由 事業性資金不可
楽天銀行カードローン スーパーローン 原則自由 事業性資金不可
アコム 原則自由
プロミス 生計費

ちなみに事業性資金とは、個人事業主や企業が事業をおこなうために必要となる、開業費、創業費、事務用品、水道光熱費、などの事業費のことです。

事業をされている方が申込みできないという訳ではないですが、申込者によってはカードローン会社から利用目的を聞かれることもあります。

特徴2:限度額内であれば自由に借入・返済できる

カードローンは申込みをするときにいくら必要なのかを記入して、審査に通ればそのお金を借りることができます。そしてその限度額内で自由に借入・返済が可能です。

例えば、限度額100万円の契約をした場合、50万円を引き出したとすると、残高は50万円です。残りの50万円を引き出しすると残高は0円となりますが、60万円返済すればまた60万円までは借入れすることができるようになります。

カードローンで限度額の範囲内であれば、必要な時に必要な分を借りることができます。給料日前のピンチな時なんかでも役に立つ便利さがウリです。

特徴3:カードローンの最大の難関?

カードローンに申込みするにあたって一番ネックになるのは「審査」です。審査では主に返済能力があるかどうかを見られます。

住所や電話番号などの基本情報の他にも、勤務先名や年収などの勤務先情報、他社の借入件数や借入総額の借入状況を伝えなければいけません。

審査の基準はカードローンの申込先によって異なるので、審査に通りやすいカードローンもあれば、審査に通りにくいカードローンもあったりします。

一般的には銀行カードローンは審査が厳しい、消費者金融は審査が緩いと思われているようですが、大手の銀行の審査は実は消費者金融がおこなっているので、一概にそうだとはいえません。

審査に通る為には必須項目の嘘をつかない、入力ミスがないようにしっかりと確認することはもちろん、返済が厳しくない程度の金額を借りるようにすることが大事です。

初めての申込みの場合は多くても30万円以内に設定した方がいいでしょう。年収がそこそこあったとしても初回で100万円を借りようとすると審査に通ることが非常に困難になります。

借入れした分を遅れることなく返済していけば、増額することもできるようになるので、まず審査に通るために少額に設定するようにしましょう。

特徴4:金利はカードローン会社によって違う

カードローンの種類は多く、銀行や消費者金融の他にも信販会社や、信用金庫、JAバンク、ろうきん(労働金庫)、ゆうちょ銀行などが取り扱っています。そしてカードローンによって金利や借入れできる限度額やサービス面でも違いがあり、それぞれの金融機関では申込みできる条件も異なります。

10万円借入れするとした場合、消費者金融の金利はだいたい18.0%、銀行では14%前後で借入れすることになります。ろうきんでは10%を下回る金利で貸付しているところもあるので、カードローン選びをするときは多方面で比較するようにしてくださいね。

カードローンの申込みはWebが楽チン

カードローンの申し込み方法はだいたい以下の2パターンです。

  • 無人契約機で申込み
  • webで申込み

無人契約機で申込みする場合は、来店しないといけないという手間があります。また、近くに店舗があればいいのですが、遠くにある場合は特に面倒です。

申込み→審査→カード受け取り→その場で借入れできるので、「急いでお金を借りたい!」方には、店舗が近くにあれば、インターネット経由で申込みするよりは手っ取り早いこともあります。

Web申込みはお手持ちのスマホやパソコンを使って、自宅や勤務先からでもいつでも申込みすることができます。カードは後日、自宅に郵送で届きますし、カードが不要な場合は、銀行口座への振込みキャッシングにも対応しています。

「カードが届くまで待てないよ!」というときは、Web申込みをしてから無人契約機へカードを受け取りに行くこともできます。

Webからの申込みがオススメな理由としては、無人契約機からの申込みは、審査中もずっと待機しておかなければいけない事と、もし審査に通らなかった場合は無駄足になってしまうからです。せっかく店舗まで来たのに審査落ちしてしまうと帰りが憂鬱です……。

Web申込みであれば、待機時間も好きなことで時間をつぶせますし、カードは審査が終わってから取りに行けば、郵送で届くのを待つ必要もありません。

初心者におすすめのカードローン

カードローンを初めて利用する場合、基本的な知識を身に着けておくことによってカードローン選びの失敗を避けることができます。

おすすめ第1位:アコム

初心者におすすめのカードローン第1位は「アコム」!

  • 利用者数延べ1,000万人
  • 女性利用者数200万人突破
  • 審査通過率(成約率)No.1
  • 最短審査30分回答
  • 最短即日融資も可能
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 振込実施時間延長で平日15時以降も振込融資が可能(*2)

(*2)三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方

消費者金融アコムの基本情報
アコムのカードローン
資金の使い道 原則自由
対象年齢 20歳以上の方
申込条件 安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
金利 3.0~18.0%(実質年率)
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息サービス 契約日の翌日から30日間
各回の返済額 5,000円(借入金額10万円の場合)
各回の返済期日 1回の支払につき35日以内または毎月払い(口座振替のみ毎月6日)
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料

※新規契約時に印紙代200円必要です

アコムのキャッシング・カードローン

アコムお急ぎの方&はじめての方はコチラ

おすすめ第2位:SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

初心者におすすめのカードローン第2位は「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」!

  • 新規申込者数No.1
  • 最短審査30分回答
  • 最短即日融資も可能
  • 初めてなら30日間無利息(*3)
  • 新規契約で三井住友VISAプリペイド最大2,000円プレゼント
  • Web完結申し込みでカードレスキャッシング
  • 三井住友銀行内のローン契約機(ACM)でカード受取り可能

(*3)メールアドレス登録と書面の受取方法で「Web明細」を選択された方のみ

消費者金融SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」の基本情報
プロミス フリーキャッシング
資金の使い道 生計費に限る(個人事業主は、生計費および事業費に限る)
対象年齢 年齢20歳以上69歳以下
申込条件 ・本人に安定した収入のある方
(主婦、学生でもアート・アルバイトによる安定した収入がある場合に申し込みが可能)
・プロミスの審査基準を満たす方
金利 4.5~17.8%(実質年率)
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息期間 初回出金日の翌日から30日間
毎月返済額 2,000円(5万円借入れの場合)
返済日 5日、15日、25日、末日から選択可
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料

※生計費とは生活費、レジャー資金、冠婚葬祭費用、教育資金など多岐にわたります

プロミスのカードローン

プロミスお急ぎの方&はじめての方はコチラ

おすすめ第3位:アイフル

初心者におすすめのカードローン第3位は「アイフル」!

  • カードレスで利用可能
  • セブン銀行ATMにて原則24時間利用可能
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし
  • 審査最短30分回答
  • 最短1時間の即日融資も可能
  • 初めてなら最大30日間利息0円
  • ネット申込み完了後、フリーダイヤルに電話すると審査時間が短縮
消費者金融アイフルの基本情報
アイフル キャッシングローン
資金の使い道 原則自由
対象年齢 満20歳~満69歳まで(*4)
申込条件 (1)定期的な収入と返済能力を有する方
(2)アイフルの基準を満たす方
金利 3.0~18.0%(実質年率)
融資金額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間
無利息サービス 契約日の翌日から30日間
毎月返済額 4,000円(借入額10万円以下で返済日を約定日払いにした場合)
返済日 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料

(*4)取引期間中に満70歳になった時点で新たな融資が停止されます

アイフル

アイフルお急ぎの方&はじめての方はコチラ

おすすめ第4位:SMBCモビット

初心者におすすめのカードローン第4位は「SMBCモビット」!

  • 2018年オリコン日本顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン第1位
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 最短即日融資も可能
  • 10秒簡易審査
  • 勤務先への電話連絡・郵送物なしの「Web完結申込(*5)」
  • カードローン業界初のスマホATM取引(セブン銀行ATM対応)
  • 三井住友銀行内のローン契約機(ACM)でカード受取り可能

(*5)三井住友銀行または三菱UFJ銀行に普通預金口座をお持ちの方
※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

消費者金融SMBCモビットの基本情報
SMBCモビットカードローン
資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できません)
対象年齢 満20歳以上~69歳の方
申込条件 (1)毎月安定した収入のある方(パート、アルバイト、自営業も利用可能)
(2)SMBCモビットの審査基準を満たす方
金利 3.0~18.0%(実質年率)
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 最短即日
約定支払日 毎月5日、15日、25日、末日より選択
毎月返済額 最低4,000円(借入後残高10万円以下の場合)
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料

smbcモビットのキャッシング・カードローン

SMBCモビットお急ぎの方&はじめての方はコチラ