アイフルの審査の流れと審査基準

アイフルでお金を借りたいけれどどうすれば審査に通るのだろうか?これは永遠のテーマですよね。

アイフルは独立系の大手消費者金融として利用者に高い知名度を持つ貸金業者です。アコムやプロミスなどの銀行系グループの消費者金融とは異なり、アイフルは独自の審査基準でカードローンを融資しています。

この記事では、アイフルの審査の流れや審査基準について元銀行員の筆者が分かりやすく解説します。

アイフルではどんな審査基準で貸出をおこなっているのか、審査のプロセスや通るための対策法などを詳しく説明します。

アイフルのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

アイフルの審査の流れ

アイフルも貸金業者であるためカードローンの契約には審査があります。

またアイフルには独自の審査基準が定められており、その審査基準をクリアすることで利用者はアイフルのキャッシングローンを利用できます。

ではアイフルの審査基準とは一体どのようなものでしょうか?それをひとつずつ確認していきたいと思いますが、まずはその前にアイフルの審査にもそれに至る流れがあります。

審査の流れを知らずしてアイフルの対策方法を説明しても理解が難しいと思います。そこでまずは、アイフルの審査の流れを把握しておきましょう。

アイフルの仮審査と本審査の流れ

アイフルの審査方式は仮審査・本審査の2段階です。貸金業者の多くがこの方式を採用しています。

アイフルの仮審査ではまず申込者からの申告内容に基づきスコアリング(本人個人情報の得点化)がおこなわれ、一定以下のスコアになった人はこの段階で落とされます。

スコアリングはコンピュータによる自動審査ですので、相対的に属性評価が低いほどスコアも低くなる仕組みです。

アイフルが設定した基準点を下回った人は審査で落とされてしまいます。スコアリングの審査に通った人だけが次の本審査に進むことができるのです。

アイフルの本審査では、スタッフにより申込者から送られてきた各種書類と申込内容の突合や精査、信用情報機関への問い合わせ、勤務先への在籍確認などがおこなわれます。

このようにアイフルの審査では機械と人的対応を組み合せることで多面的に審査をおこない、最終的に申込者の信用力を判定して合否の結果を伝えるという流れとなります。

以下がアイフルの仮審査と本審査の流れです。

  1. アイフル公式サイトから申し込み
  2. 仮審査の開始
  3. 仮審査結果の回答(電話またはメール)
  4. 必要書類の提出(本人確認書類、所得確認書類等)
  5. 本審査の開始(在籍確認含む)
  6. 本審査結果の回答(電話またはメール)
  7. 契約手続き・アイフルカードを発行
  8. 借り入れ

アイフルの「1秒診断」で審査の対策

アイフルには申込前に利用できる独自の融資診断システムがあり、それが「1秒診断」と呼ばれているものです。

「1秒診断」では、「年齢、雇用形態、年収、他社借入金額」の4項目のみを入れることで、アイフルで借入できるかどうか判断してくれます。

ただしこれは簡易診断に過ぎず、あくまで仮審査でないので注意のこと。筆者もフリーランスですが、無職で入力したら、「借入不可」と結果が出ました。やはり収入がない人にはアイフルの借入は難しそうです。

また1秒診断の入力項目から、アイフルでは、特にこの4項目を審査で重要視していることがよく分かります。

ここをしっかり押さえて申込みすることが、審査を確実に通る近道となることは間違いないと思います。

1秒診断をおこなっても、その入力情報が個人信用情報機関に登録されることはありませんので安心してください。

アイフルの審査基準

アイフルも貸金業者である以上、一定の審査基準があります。

ただしアイフルの審査基準は企業秘密ですので一般公開はされていません。あくまでアイフル公式サイトの表記や貸付条件などから推定するしかありません。

しかし、元銀行員の筆者としては貸金業者の審査基準は共通した項目も多いのである程度の予測はつきます。そのため、アイフルの審査基準は主に以下の3点であると考えます。

  • 属性スコアリング審査
  • 信用情報チェック
  • 在籍確認

これらの項目がアイフルの審査にどのような影響を及ぼすのでしょうか?アイフルの審査基準について考えてみましょう。

属性スコアリング審査

アイフルではスコアリングを仮審査の第一弾としておこなっています。

スコアリングでは本人の個人情報を統計的手法で処理をおこないスコア化し、スコアの合計点がアイフルの基準を上回った人を審査に通すという手法です。

ただし貸金業者間でもスコアの取扱いには違いがあります。その取扱いの違いは以下の2つです。

  • 貸金業者によってスコアの基準点に差があること
  • 貸金業者によってスコア算出時にどの属性を高く評価するかに違いがあること

信用情報チェック

アイフルの加盟している指定信用情報機関はCICとJICC(日本信用情報機構)のふたつです。

アイフルでは、申込者の審査にあたり、このふたつの信用情報機関に信用照会して、本人の信用情報をチェックします。

チェック内容としては、現在のローン、クレジット等の利用状況、過去の各種返済状態、債務整理や代位弁済、強制解約などの金融事故の有無などです。

勤務先への在籍確認

在籍確認とは、アイフルがカードローンの申込情報に基づき、本人の勤務先(自営者の場合は自宅等)に電話をかけて、本当に本人が働いているかどうかを確認する手続きのことをいいます。

勤務先の確認で間接的に収入源を探ることができるので、この手続きはアイフルの審査では欠かせない手続きとなっています。

在籍確認が取れるまでアイフルカードは発行されませんし、どうしても在籍確認が取れない場合、最終的に審査に落ちることになります。

アイフルの審査で在籍確認はどのタイミング?

在籍確認が審査で欠かせないことを説明したので、この章ではさらにアイフルの在籍確認について掘り下げて解説します。

アイフルでは申し込みしたあとにすぐ電話がかかってきて、審査で在籍確認がある旨の説明があります。そこでアイフルにいろいろな相談ができるので、もし申込者がスムーズに在籍確認を終わらせたいのなら自身のニーズをきちんと担当者に伝えることが肝心です。

  • 電話をかけてもらう日時は指定できるのか?
  • 電話をかけてもらう相手の指定はできるか?
  • 自分がその場所にいて電話を受け取ってもいいか?

これらのニーズを担当者に相談して、もしアイフルが了解してくれるならそれに沿ってできる限り在籍確認がスムーズに終わる方法を担当者と協力して取れるようにしましょう。

アイフルの在籍確認は一般的には本審査の最終段階で取られることが多いです。

在籍確認は本人にとってもアイフルにとってもナイーブな手続きなのでほぼ審査で通ることが確定した段階でなされることが多くなります。

もちろん手続きの基本はアイフルから勤務先への電話でおこなわれます。

ただし電話だと在籍確認の日時が土日・祝日や夜中になった場合、社会的な常識にしたがってアイフルの確認手続きが後日に回される可能性もあるので注意が必要です。

電話以外で在籍確認の方法はある?

アイフルでも在籍確認の手続で電話以外の方法を取ってくれるケースはあります。それは書類による確認です。

その場合の条件として、アイフルでは以下の2種類の書類を合わせての提出が必要になります。

  • 社会保険証(会社名が入ったもの)
  • 給与明細書(直近2ケ月)または源泉徴収票(直近分)

アイフルでも希望限度額が50万円以下の申込みなら、所得証明書類の提出が不要なので、在籍確認でもこの金額以下の申込みなら上記のような書類対応で在籍確認をしてくれる可能性もあります。

ただし、絶対ではありませんし申込者の信用力によってアイフルの対応も異なってきます。在籍確認において電話でなく書類で対応してもらいたい人は、まずは申込後にアイフルからかかってくる電話で事情を説明して担当者にその旨相談してみてください。

アイフルの審査に通らない人の特徴

アイフルに申し込んでも審査に落ちて通らない人もいます。その原因は一体何なのでしょうか?

アイフルの審査に通らない人、落ちる人の特徴や原因を探っていきましょう。

貸付条件の基準を満たしていない

アイフルの申込条件に「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」というのがあります。

これに照らすと、年収ゼロの無職や専業主婦、年金以外の定期収入のない年金生活者などはすでにこの基準から外れていますし、満19歳以下の個人あるいは満70歳を超える個人も年齢制限に引っかかって、このような人が仮にアイフルに申込みしても審査に落ちることになります。

もちろん未成年や専業主婦でも、保証能力のある連帯保証人を立てたらOKなどいうマイカーのディーラーローンにあるような弾力的な対応もアイフルではありません。

定期的な収入がない

定期的かつ安定した収入がないとアイフルの審査を通ることができません。

定期的な収入とは基本的に月1回の継続した収入のことをいいます。もちろん定期的な収入にはさまざまな定義や解釈がありますが、少なくても収入が入ったり入らなかったりする状況を定期的とか継続的とは呼びません。

世の中には一定数このように収入の入りが不定期な仕事や職種の人もいるので、この方々がアイフルに申込みすれば審査で落ちるリスクが高くなっています。

もちろん1回に入ってくる収入金額が大きくても入りのサイクルが不定期なら審査に落ちやすいです。

希望限度額が収入に比べて高すぎる

希望限度額が本人年収に比べて過大だとアイフルの審査に通りづらくなります。

このようなケースでは、そもそも本人が借入や返済に伴う責任感に希薄なケースが多く、だからこそ実力以上の申込みをするのですが、このような人に希望通り貸付してもすぐに返済遅延や滞納を起こすリスクが高いです。

そのような人にはさすがにアイフルもお金を貸しません。

返済比率が極めて高い

本人の年間借入返済額に対する年収の比率を返済比率といいますが、この比率が4~5割を超え出すとアイフルとしても審査で落とす可能性が高くなってきます。

現実問題として、返済比率が4割を超え出すと、給与以外他に何も定期収入がない場合、生活の中でどこかで資金の過不足が常に生じる状況になります。

したがって、このような状態で仮に病気やケガで収入が途絶えると、途端にローンの返済遅延や滞納が起こります。

それだけに、アイフルとしてもすでにこのような借入状態の人には追加融資をしない可能性が高いです。

勤続年数が短い

勤続年数が短いとアイフルの審査に通らないことがあります。

勤続年数が短いとアイフルに申し込んでも審査に落ちるばかりか、さらに自身の信用情報を傷つけるだけなので、その場合は申し込みを控えたほうがいいでしょう。1年とはいいません、最低でも3ケ月以上の勤務実績を作ってから申し込みすべきだと考えています。

他社借入件数が3~4社以上ある

申込時点ですでに他社借入件数が3件~4件あるとアイフルの審査に落ちやすくなっています。

多重債務者の定義は貸金業者によって多少の違いはあっても、この「他社借入件数が3~4件」という水準が平均的なものです。

したがってアイフルとしてもわざわざそのような貸出リスクの高い申込者の審査を通す愚は犯しません。

在籍確認が取れない

在籍確認が取れなかったらアイフルの審査には通りません。

在籍確認というのは、むしろカードローンを借りたい申込者がアイフルに協力して自分の勤務先や働いている場所をきちんと証明すべきものです。

そのようなシンプルな手続きさえ電話や書類で証明できない申込者はアイフルの審査で落とされてしまいます。

他社の借入額を合わせると本人年収の3分の1を超えてしまう

アイフルは正式な貸金業者として他の消費者金融と同様に国から総量規制を受けています。総量規制の下では貸金業者は申込者の年収の3分の1までしか総額で融資ができません。

アイフルの申込時点でもし本人の借入額がすでにこの基準を超えていたとか、借入後大幅に基準を超えてしまうようならアイフルの判断で審査に落とすことがあります。

申込みの入力内容が乱雑または嘘を申告した

インターネット申し込みの場合、プログラムがそのまま入力内容を読み込んでスコアリング判定するので、申込フォームの入力内容が乱雑に申告されているとスコア結果が悪くなってアイフルの審査に落ちるほか、仮に担当者が目視でチェックしてもその印象が悪いと審査で落とすこともあります。

特に最悪なのはアイフルで嘘の内容を申告することです。あくまで入力項目は自己申告なので、年収、勤務先、雇用形態など何でも虚偽の内容を申告するができます。

でも結局その後の本審査で提出資料や信用照会で裏付け調査されるので、いずれ嘘がバレる可能性が高いです。

もちろん嘘がバレればアイフルも審査に通すことはありませんし、その後も信用を落としてしまったため悪影響が続くことになります。

信用情報に傷がついている

申込時点で本人の信用状態に傷がついていたらアイフルの審査にはほぼ通りません。

アイフルではカードローンの申し込みに際し、2つの信用情報機関(CICとJICC)に信用照会しますので、本人の信用が厳しく評価される情報が信用情報機関に登録されていたら、間違いなくアイフルの審査に落ちてしまいます。

過去にアイフルでトラブルを起こしたか今も他社で延滞中

過去の取引でアイフルと金融トラブルを起こした人が再度アイフルに申し込みしても確実に審査で落とされます。

これはアイフルで過去の取引データ、とりわけ金融事故に関する情報が永久保存されているからです。

またアイフルから信用情報機関への信用照会では、他社のローン等の現時点の返済状態も分かるので、そこで返済の遅延を何度も繰り返していたら、それも審査が落ちる原因になります。

カードローンを短期間に複数申込んだ

1ヶ月~3ヶ月くらいの短期間に他社カードローンを繰り返し申込みしていたら、これもアイフルの審査に落ちる原因になります。

貸金業者はこのような短絡的な行動をする人を、「信用に足らない人物」とみなして特に嫌いますので、極力次の申込みは、信用情報機関で申込情報が消える6ケ月以上空けて行うことが大切です。

アイフルの審査に落ちないために

アイフルの審査に通らない・通りにくい原因が分かったとして、次に同じアイフルに申し込んだ時にどのようにすれば審査を通ることができるのでしょうか?

アイフルの審査に落ちないための対策について考えてみました。

属性を上げる

アイフルの審査に落ちた原因のひとつがスコアリング(属性審査)の基準点を超えられなかった場合です。

このようなケースでの対策としては、とにかく次のカードローンを申込むまでのあいだにひたすら自分の属性評価を上げる努力を続けることです。

具体的な方法としては、一生懸命に働いて年収を上げる、勤続年数を増やす、雇用形態を非正規雇用から正規雇用に上げるなどがあります。

これらの実現には忍耐や時間も必要ですが、属性評価を一番早く引き上げる近道になります。

異動情報が信用情報機関で抹消されるまで待つ

異動情報とは、信用情報機関に登録された個人情報のうち、最も貸金業者が深刻に捉えて審査で即日落とす原因となる情報のことです。

具体的には、ローンの返済で3ケ月以上遅らせた滞納に関する情報や、破産等の債務整理、代位弁済、強制解約等の事実の記録がこの異動情報に当たります。

これらの情報が登録されているということは、過去に関係した貸金業者に直接迷惑や金銭的被害を与えていることを示しているので、貸金業者が審査にあたりこの異動情報にナーバスになるのも仕方ありません。

またこれらの異動情報が、信用情報機関から保存期間を過ぎて登録抹消されるまで5年~10年かかります。

したがってその間、本人は一切ローンやクレジットカード取引ができないので、とにかく情報が抹消されるまで我慢強く待つしかありません。

しかしこれだけは忠告しておきますが、いくら借りたくて焦っても、間違っても闇金等にその解決を求めてはいけません。

事態をもっと悪くするだけなので、くれぐれも悪徳業者への接触だけは避けてください。

申込フォームの入力内容、電話応対に問題がなかったか反省する

審査に落ちて再度アイフルに申込みするにせよ、他社に申込みするにせよ、今回申込みした記入内容に問題がなかったか、またアイフルからかかってきた確認の電話応対に問題がなかったか、よく振り返って反省してみるのも、次の失敗を繰り返さないための対策です。

申込フォームに入力すべき重要な個所を面倒臭がって埋めなかったとか、記憶だけに頼ってうろ覚えで書いてしまった、あるいは担当者からの電話に横柄な態度で対応したために、審査で落とされた可能性は十分にあります。

同じ過ちを繰り返さないためにも、謙虚になって自分の行動を反省してみましょう。

審査に落ちてもすぐに他社へ申し込みしない

審査に落ちたら悔しさも手伝って、急いで他社に申込みに行きたい気持ちも分からないではありません。

しかし、その性急な態度がローンの場合だけは逆効果となることを十分に認識してもらいたいと思います。

貸金業者は申込者のローンの申込み状態を信用情報機関への照会を通じて正確に把握しています。申込情報は最低6ケ月間保存することが信用情報機関共通のルールになっているので、短期間に複数申込みした情報は信用照会を通じて各業者に筒抜けです。

短期間での複数申込みは貸金業者に不信感を植え付けるだけの結果となります。申し込みの間隔を6ケ月間は空けることで、その悪影響は小さくなるのでぜひ心得ておいてください。

アイフルの審査対策や申込前の注意点

前章ではアイフルの審査に落ちた場合の対策を解説しました。

本章では逆にアイフルの審査に落ちないためにできる申込前の対策や注意点について解説します。

繰り返しになる箇所もありますが、それだけ重要なことなので、何度も読んでよく内容を理解しておいてください。

申告内容で絶対に嘘をつかない

アイフルのカードローンを申し込む際に嘘の内容を申告しないことはもとより、アイフルの担当者に虚偽の内容を伝えることは厳禁です。

人間は弱い動物なので、特に金融機関でローンを借りるようなときに自分を良く見せようとしてこの悪い部分が出てしまうことがあります。

しかし、カードローンの契約が一般の他の約束事と大きく異なる点は、ローンの根拠が「信用」で成り立っていることです。

嘘をつくことはその「信用」を申込者自らが破壊する行為に外ならず、当然嘘が相手に分かった時点で信用は地に堕ちてしまいます。そうなったからではもう手遅れです。後は何を取り繕っても無駄になります。

小さな嘘でも軽んぜず、アイフルのカードローンを申し込む際にはすべて事実を入力しましょう。

アイフルからの電話はいつでも取れるようにしておく

アイフルが申込人にわざわざ電話をかけてくる意味はたくさんあります。

もちろん申込内容について再度確認する目的もありますが、それ以外に電話の応対で担当者が「本当に信頼に値する人物かどうか」チェックする意図も入っています。

そのような重要な電話にもかかわらず平気で無視するとか、自分の都合で電話に出るのを後回しにする申込者もいます。こういう態度がアイフルの審査結果に好影響を及ぼすはずはありません。

どんなことがあってもかかってきた電話にはすぐに対応し、知らない番号でも無視しない態度が大切です。もちろん電話に出たらきちんと最後まで丁寧に応対するのは申し上げるまでもありません。

複数社へのカードローン申し込みは厳禁

以前、ローンの多重債務者は貸金業者に信用がないと解説しました。

多重債務者とは、必要以上に複数社のローン取引がある個人を差しますが、本来貸金業者に信用がある個人というのは、カードローンでも1社~3社までの契約状態の人をいいます。

しかし「鉄砲、数打てば当たる」とばかり、希望限度額を小さくして複数社に申込みした場合、仮に契約に至っても、それが最終的には、貸金業者に対する自分の信用を下げてしまうことに早く気づいてほしいと思います。

カードローンの申し込みでは適切な間隔を空けて、節度を保ちながら取引したい会社を1社ずつきちんと契約していく堅実な姿勢が大切です。

まとめ

アイフルの審査基準を説明しながら、審査に通らない人の落ちる原因やその対策について詳しく解説してきました。

アイフルは独立系消費者金融業者として、カードローン以外にも品ぞろえが豊富な金融業者です。

例えばカードローン以外にも「借り換えMAX」や「おまとめMAX」のように、他社の高金利のカードローンを借り換えるとか、返済額軽減を目的として複数社のカードローンをまとめてしまうローンまでいろいろあります。

ただし、おまとめローンの審査は借入金額が大きくなる他、低金利も期待できるのでカードローンの単独審査よりやや厳しいのが現状です。

その他にも、アイフルには女性専用カードローンSuLaLi「スラリ」があり、これは働く女性を対象に一律10万円まで貸せるカードローンです。

アイフルSuLaLiは限度額が低い分だけ一般のカードローンより審査基準が低く設定されており女性でも利用しやすいローンです。

さらには自営業者にも使える事業サポートローンも用意されており、一般のカードローンが自営業者に厳しいことを考えれば、これを利用するのも考え方のひとつです。

このように、これからアイフルの利用を検討中の人は、この豊富な品ぞろえの中から、自分のニーズに応じて、また審査の難易度も勘案して自分に最も合った商品を選んでもいいのではないかと考えています。

その際には、上記で紹介したアイフルの審査に通るテクニックも状況にあわせて試してほしいと筆者は期待しています。

NEXTアイフルのカードローンを借りるメリット・デメリット

■監修者より一言
24時間いつでも申込みができ、即日融資も可能なアイフルのカードローン。気軽に利用できるのが魅力です。お金の使い道は自由で、何度でも借り入れできるとあって、管理を怠ると、返済のために利用を重ね、あっという間に借金が膨れあがってしまうことにも。借入枠が増えても借りすぎない、日常的に借りないことが肝心です。急な入用で一時的にお金が必要になったときなどに頼りになるサービスですから、確実な返済計画を立てて賢く利用しましょう。

監修:森文子
執筆:nobu shige/元銀行員